【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132646.html
九州男児に多い性格

九州男児に多い性格 | LADYCO

LADYCO
九州男児に多い性格

九州男児と聞いて、貴方は良いイメージを持ちますか?

 それとも悪いイメージでしょうか?

九州で育った男性を九州男児と言います 九州男児はどのような性格の持ち主なのでしょうか。

  • 家事はしない
  • 男尊女卑の概念を持っている
  • 女性をリードする
  • 愛情表現はしない
  • お酒好き
  • 都会へのコンプレックス
  • 家を継ぐ意識が強い
  • まとめ

1. 家事はしない

家事はしない

家事は女性の役割と言う常識が九州には根強く残っています。

その為、台所に立ったことが無い、せいぜいカップラーメン位しか作ったことが無いと言う九州男児は多いようです。

料理以外の他の家事も、出来ない男性が多いでしょう。

理由は母親が男の子に家事を手伝わせると言う概念が無いからです。

一人暮らしなどを経験しても、家事は最低限度のことしかしなかったりします。

2. 男尊女卑の概念を持っている

男尊女卑の概念を持っている

男尊女卑と言う概念は昔よりは随分少なくなっているでしょうが、今でも持っているでしょう。

女性を見下していると言うよりは、男性と女性の役割が違うと言う概念のようです。

また、男性が女性を引っ張るべきだと言う考えです。

決して悪いものばかりではありません。

3. 女性をリードする

女性をリードする

九州男児の中でも内向的な男性もいますが、女性のリードについては、しっかり行う人が多いようです。

デートの時に、女性の好みを尋ねることはあまりせず、自分が連れて行きたい場所に連れて行くタイプです。

デートは男性がプランを決めて当たり前と言う価値観です。

最近は草食男子と言う、受け身の男性が増えてきていますが、九州男児の場合は、その率はかなり低いでしょう。

女性に引っ張られると言うのは、自分のアイデンティティの否定されたと同じだと言う捉え方をします。

4. 愛情表現はしない

愛情表現はしない

日本人の男性は、愛情表現が下手と言われています。

その中でも、九州男児は愛情表現は下手と言うより、しないタイプです。

その理由は、「黙って俺についてこい」の精神が有るからです。

女性を口説く場合でも、饒舌に喋るわけではなく、少々強引に展開を進めていき、自分の彼女にするのが、九州男児のパターンです。

その強引さに、つい気持ちが惹かれてしまうと言う女性も多いようです。

5. お酒好き

お酒好き

九州の人達は、お酒が強い人が多いようです。

九州の中には、焼酎が名産と言う地域も多く、お酒について、良いイメージを持っている人が多いです。

また、九州は東京と異なり、農業・漁業・林業・畜産業などが盛んです。

朝早くから仕事をし、夜は早めに帰宅する男性が多いのです。

その為、呑み会などが多く開かれ、呑み会好きが多いようです。

九州男児は饒舌ではない男性も多いので、お酒の力を借りて、本音を語る人が多く、お酒は身近な存在のようです。

6. 都会へのコンプレックス

都会へのコンプレックス

九州は、首都東京から、とても離れた地域です。

その為、今でも東京と言う場所は、九州の人からすれば、遠い存在です。

そのためか、都会へのコンプレックスを抱いている人は多いようです。

九州男児の中には、大学進学の為に上京する人も少なくはないでしょう。

しかし、コンプレックスが完全に無くなることは無いようです。

東京や関東に住み着いた九州男児達は、同じ九州男児と偶然出会うと、とても親切にします。

都会へのコンプレックスが有る反面、九州を愛している人達は多いようです。

7. 家を継ぐ意識が強い

家を継ぐ意識が強い

九州地方は、家制度を重んじています。

長男は家を継ぐべき、先祖代々の墓守をすべきなどの考えは、今でも受け継がれています。

そういう意味では、長男の結婚については、親や親族が口うるさく言ってくることも有ります。

長男が相手の名字を名乗るなどはもってのほかと言う考えです。

長男の場合は、小さい頃から、「〇〇家の跡取り」と言われ続けています。

その為、自分が、家を継ぐと言う意識が強いのです。

ですので、大学進学をきっかけに上京しても、卒業後、または卒業して数年経った後、実家にUターンする男性は多いです。

まとめ

九州男児は、古き良き日本男児の面を、今でもたくさん持っている人達です。

お酒が入らないと饒舌にはならない人も多いですが、女性に対しては、時に強引さが有っても、好きになった女性は守ろうと言う気持ちが有る男性が多いのではないでしょうか。

九州男児と聞いて、貴方は良いイメージを持ちますか?

 それとも悪いイメージでしょうか?

九州で育った男性を九州男児と言います 九州男児はどのような性格の持ち主なのでしょうか。


家事はしない

家事は女性の役割と言う常識が九州には根強く残っています。

その為、台所に立ったことが無い、せいぜいカップラーメン位しか作ったことが無いと言う九州男児は多いようです。

料理以外の他の家事も、出来ない男性が多いでしょう。

理由は母親が男の子に家事を手伝わせると言う概念が無いからです。

一人暮らしなどを経験しても、家事は最低限度のことしかしなかったりします。

男尊女卑の概念を持っている

男尊女卑と言う概念は昔よりは随分少なくなっているでしょうが、今でも持っているでしょう。

女性を見下していると言うよりは、男性と女性の役割が違うと言う概念のようです。

また、男性が女性を引っ張るべきだと言う考えです。

決して悪いものばかりではありません。

女性をリードする

九州男児の中でも内向的な男性もいますが、女性のリードについては、しっかり行う人が多いようです。

デートの時に、女性の好みを尋ねることはあまりせず、自分が連れて行きたい場所に連れて行くタイプです。

デートは男性がプランを決めて当たり前と言う価値観です。

最近は草食男子と言う、受け身の男性が増えてきていますが、九州男児の場合は、その率はかなり低いでしょう。

女性に引っ張られると言うのは、自分のアイデンティティの否定されたと同じだと言う捉え方をします。

愛情表現はしない

日本人の男性は、愛情表現が下手と言われています。

その中でも、九州男児は愛情表現は下手と言うより、しないタイプです。

その理由は、「黙って俺についてこい」の精神が有るからです。

女性を口説く場合でも、饒舌に喋るわけではなく、少々強引に展開を進めていき、自分の彼女にするのが、九州男児のパターンです。

その強引さに、つい気持ちが惹かれてしまうと言う女性も多いようです。

お酒好き

九州の人達は、お酒が強い人が多いようです。

九州の中には、焼酎が名産と言う地域も多く、お酒について、良いイメージを持っている人が多いです。

また、九州は東京と異なり、農業・漁業・林業・畜産業などが盛んです。

朝早くから仕事をし、夜は早めに帰宅する男性が多いのです。

その為、呑み会などが多く開かれ、呑み会好きが多いようです。

九州男児は饒舌ではない男性も多いので、お酒の力を借りて、本音を語る人が多く、お酒は身近な存在のようです。

都会へのコンプレックス

九州は、首都東京から、とても離れた地域です。

その為、今でも東京と言う場所は、九州の人からすれば、遠い存在です。

そのためか、都会へのコンプレックスを抱いている人は多いようです。

九州男児の中には、大学進学の為に上京する人も少なくはないでしょう。

しかし、コンプレックスが完全に無くなることは無いようです。

東京や関東に住み着いた九州男児達は、同じ九州男児と偶然出会うと、とても親切にします。

都会へのコンプレックスが有る反面、九州を愛している人達は多いようです。

家を継ぐ意識が強い

九州地方は、家制度を重んじています。

長男は家を継ぐべき、先祖代々の墓守をすべきなどの考えは、今でも受け継がれています。

そういう意味では、長男の結婚については、親や親族が口うるさく言ってくることも有ります。

長男が相手の名字を名乗るなどはもってのほかと言う考えです。

長男の場合は、小さい頃から、「〇〇家の跡取り」と言われ続けています。

その為、自分が、家を継ぐと言う意識が強いのです。

ですので、大学進学をきっかけに上京しても、卒業後、または卒業して数年経った後、実家にUターンする男性は多いです。

九州男児は、古き良き日本男児の面を、今でもたくさん持っている人達です。

お酒が入らないと饒舌にはならない人も多いですが、女性に対しては、時に強引さが有っても、好きになった女性は守ろうと言う気持ちが有る男性が多いのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-