【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132607.html
魅力がある?明るいけれど影がある男性の特徴

魅力がある?明るいけれど影がある男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
魅力がある?明るいけれど影がある男性の特徴

案外と世間に多いのが、明るく見えてどこか影のある男性です。

とにもかくにも、いつでも脳天気といった男性とは異なり、どこか「?」と思わせる瞬間があるのが彼らです。

一般にはちょっと惹かれるところを持つ男性ともいえますが、個々に事情も異なります。

彼らにはどういった特徴があるか、考えてみましょう。

  • 元の性格は明るいが、過去につらい経験がある
  • 本来大人しいのに、無理をして明るくするクセがついている
  • 接客・営業などの仕事経験が長いが、そもそも明るくはない
  • なかなか人に言えない悩みごとがある
  • そのような自分を演出している
  • なんとなく体調が悪い
  • まとめ

1. 元の性格は明るいが、過去につらい経験がある

元の性格は明るいが、過去につらい経験がある

元々の性格が明るくても、過去に仕事や学業で大きな失敗をしたり、いじめを受けたり、あるいは家庭で何か不幸な出来事があった男性などでは、元の性格による明るさが前面に出ていても、どこか寂しそうだったり、ふと悲しい表情を見せたりすることがあります。

つらい過去は、信頼できる間柄なら話したほうが楽になることもありますが、大した関係でない人には話さないほうが楽であることもありますね。

さして親しくない場合、無理に話して引き出そうとするのはNGです。

関係性に応じて、それとなく「つらい経験とかって誰でもあるよね、私だと…」などと切り出し、聞いてみたりしましょう。

2. 本来大人しいのに、無理をして明るくするクセがついている

本来大人しいのに、無理をして明るくするクセがついている

こちらは、「1」とは反対のパターンです。

学校、あるいは家庭などで「もっと元気に明るく振る舞う方がいい」などと言われた結果、本来の性格を曲げて明るく振る舞うようになり、それがクセになっている男性もいます。

こうした男性では、明るく振る舞うことが無意識にもストレスになっていることがあり、親しい友人や恋人などに対しては、もの静かに振る舞いたいと思っていることも多いものです。

3. 接客・営業などの仕事経験が長いが、そもそも明るくはない

接客・営業などの仕事経験が長いが、そもそも明るくはない

接客や営業などに長く従事していると、ある程度明るい人柄になってくるものです。

ただ、それが本人の性格をそのまま表しているかといえば、そうでもありません。

元々の性格が明るい場合、接客や営業において「調子に乗りすぎてしまう」こともあり得ますが、実際には控えめな性格の場合、そういうお調子者的なミスが少なく、高評価になることもあります。

しかし本人としては、「本当は一人でできる仕事がしたい」などと考えていることもあり、どこか影が見えたりします。

4. なかなか人に言えない悩みごとがある

なかなか人に言えない悩みごとがある

大きな借金がある、一見分からない身体的コンプレックスがある、家族関係に悩みがあるなど、人に言いにくい悩みを抱えている男性では、明るく振る舞っていてもどこかで影を感じさせるものです。

こういった男性は、何かしらのきっかけさえあれば、親友や恋人などには悩みを打ち明けることがあります。

「私、実は人に言えない悩みがあって…」などと話を持ち出せば「実は僕も…」と心をひらいてくれる可能性を持っています。

5. そのような自分を演出している

そのような自分を演出している

ひたすら明るいとか、常にもの静かであるのでは「人受け」が悪いと考え、自分の性格に意図的に濃淡を付けてみせる男性もいます。

かなりの手練というか、「人たらし」名面を持つ男性といえます。

やや小狡い、計算高い性格ともいえますが、世渡りが上手く、人間関係を保つことにも長けていることが多いので、トラブルを起こすことも少なくなります。

一概に悪いとも決めつけられません。

6. なんとなく体調が悪い

なんとなく体調が悪い

案外見逃しがちなのが、これです。

人間の体と心は密接に関連しており、どこからが身体でどこからが精神なのか、はっきりと分けられないという考えもあります。

自覚していなくても何らかの持病がある男性では、時々寂しげな表情を見せたりして、周りを若干戸惑わせることもあります。

この問題に関していうと、元々大人しい男性より、明るい男性の方が、周囲の人が微妙な変化・影に気づきやすいと考えられます。

まとめ

明るいけれど影がある男性と一口にいっても、そのようになっている理由は多数あります。

いくつかのタイプに分けられますが、ここで挙げていないような理由ももちろん考えられますね。

人間、あるいは男性を知っていく上では、このような男性と親しくなってみることも、勉強となるでしょう。

どことなく人を引きつけるだけに、親しくなるメリットを秘めていることも多いものです。

案外と世間に多いのが、明るく見えてどこか影のある男性です。

とにもかくにも、いつでも脳天気といった男性とは異なり、どこか「?」と思わせる瞬間があるのが彼らです。

一般にはちょっと惹かれるところを持つ男性ともいえますが、個々に事情も異なります。

彼らにはどういった特徴があるか、考えてみましょう。


元の性格は明るいが、過去につらい経験がある

元々の性格が明るくても、過去に仕事や学業で大きな失敗をしたり、いじめを受けたり、あるいは家庭で何か不幸な出来事があった男性などでは、元の性格による明るさが前面に出ていても、どこか寂しそうだったり、ふと悲しい表情を見せたりすることがあります。

つらい過去は、信頼できる間柄なら話したほうが楽になることもありますが、大した関係でない人には話さないほうが楽であることもありますね。

さして親しくない場合、無理に話して引き出そうとするのはNGです。

関係性に応じて、それとなく「つらい経験とかって誰でもあるよね、私だと…」などと切り出し、聞いてみたりしましょう。

本来大人しいのに、無理をして明るくするクセがついている

こちらは、「1」とは反対のパターンです。

学校、あるいは家庭などで「もっと元気に明るく振る舞う方がいい」などと言われた結果、本来の性格を曲げて明るく振る舞うようになり、それがクセになっている男性もいます。

こうした男性では、明るく振る舞うことが無意識にもストレスになっていることがあり、親しい友人や恋人などに対しては、もの静かに振る舞いたいと思っていることも多いものです。

接客・営業などの仕事経験が長いが、そもそも明るくはない

接客や営業などに長く従事していると、ある程度明るい人柄になってくるものです。

ただ、それが本人の性格をそのまま表しているかといえば、そうでもありません。

元々の性格が明るい場合、接客や営業において「調子に乗りすぎてしまう」こともあり得ますが、実際には控えめな性格の場合、そういうお調子者的なミスが少なく、高評価になることもあります。

しかし本人としては、「本当は一人でできる仕事がしたい」などと考えていることもあり、どこか影が見えたりします。

なかなか人に言えない悩みごとがある

大きな借金がある、一見分からない身体的コンプレックスがある、家族関係に悩みがあるなど、人に言いにくい悩みを抱えている男性では、明るく振る舞っていてもどこかで影を感じさせるものです。

こういった男性は、何かしらのきっかけさえあれば、親友や恋人などには悩みを打ち明けることがあります。

「私、実は人に言えない悩みがあって…」などと話を持ち出せば「実は僕も…」と心をひらいてくれる可能性を持っています。

そのような自分を演出している

ひたすら明るいとか、常にもの静かであるのでは「人受け」が悪いと考え、自分の性格に意図的に濃淡を付けてみせる男性もいます。

かなりの手練というか、「人たらし」名面を持つ男性といえます。

やや小狡い、計算高い性格ともいえますが、世渡りが上手く、人間関係を保つことにも長けていることが多いので、トラブルを起こすことも少なくなります。

一概に悪いとも決めつけられません。

なんとなく体調が悪い

案外見逃しがちなのが、これです。

人間の体と心は密接に関連しており、どこからが身体でどこからが精神なのか、はっきりと分けられないという考えもあります。

自覚していなくても何らかの持病がある男性では、時々寂しげな表情を見せたりして、周りを若干戸惑わせることもあります。

この問題に関していうと、元々大人しい男性より、明るい男性の方が、周囲の人が微妙な変化・影に気づきやすいと考えられます。

明るいけれど影がある男性と一口にいっても、そのようになっている理由は多数あります。

いくつかのタイプに分けられますが、ここで挙げていないような理由ももちろん考えられますね。

人間、あるいは男性を知っていく上では、このような男性と親しくなってみることも、勉強となるでしょう。

どことなく人を引きつけるだけに、親しくなるメリットを秘めていることも多いものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-