【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132555.html
普段は優しいけれど怒らせたら怖い男性の特徴

普段は優しいけれど怒らせたら怖い男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
普段は優しいけれど怒らせたら怖い男性の特徴

普段は温厚で、怒る姿すら想像できない男性がいます。

しかし、実際にこういった男性を怒らせると、とても怖い場合があります。

ではいったいこのような男性にはどのような特徴があるのでしょうか。

いくつか例を挙げて考えていきたいと思います。

  • 気配り上手
  • 一歩間違えると犯罪者気質
  • 消極的である
  • 忍耐強いスポーツマンタイプ
  • 正義感が強く、悪口はいけないと考えている
  • 結婚したら奥さんには頭が上がらないタイプ
  • まとめ

1. 気配り上手

気配り上手

周囲の人への配慮が出来ていて、みんなに好かれている男性はまわりへの気遣いができていますね。

協力しあう気持ちや、困った人に手を貸したいという、やさしい気持ちがある人です。

ですからそれに反した態度をとった場合に、とても怒ることでしょう。

そして、それは自分の為だけでなくまわりの人の気持ちを代表して怒っているわけですから、怒りが倍増しています。

もしもこのような事態が起こってしまったら理由をきちんと確かめて素直に謝りましょう。

2. 一歩間違えると犯罪者気質

一歩間違えると犯罪者気質

ニュースで大きな事件がおきると犯人の事を良く知る知人が、インタビューを受けているのを見かけることがあります。

そこでは「そんな悪い人には見えない。

とっても優しくて良い人だ」とコメントしているのを聞くことがあります。

これは普段はやさしい気質で、どちらかというと受け身なのでしょう。

その分、主張したいことを我慢している可能性があります。

ですから何らかの拍子に感情が爆発して、必要以上に高圧的な態度に出してしまうことも。

やさしいからといって日頃からそれに甘んじたりしないで相手を尊重するように心がけましょう。

3. 消極的である

消極的である

普段は自信を持って行動できなくて消極的。

でも、頭の中ではああしたい、こうしたいなど理想がある場合も突然に怒って非常に怖い場合があります。

自ら進んで何かに立候補することも苦手。

ですから、人をリードして先頭に立つ能力がありません。

そのくせ、リーダーに立った人に落ち度があると激しく怒るといった事もありがちです。

謙虚な気持ちと、遠慮がちで消極的な態度とは違います。

それをわきまえて区別して欲しいものですね。

4. 忍耐強いスポーツマンタイプ

忍耐強いスポーツマンタイプ

我慢強くて忍耐強い人は、普段の生活で不満があっても口には出しません。

困難にも耐え抜きたいと考えている人に多いのも特徴です。

スポーツマンタイプに多く、学生時代にも厳しい練習や上下関係など経験したのでしょう。

そして、こういった人は培ってきた精神面が強いため怒ると非常に怖いのが特徴です。

5. 正義感が強く、悪口はいけないと考えている

正義感が強く、悪口はいけないと考えている

曲がったことが大嫌いで正義感に溢れている人。

絶対に他人の悪口は言ってはならないと、心に信念を持っている人も怒らせたら怖いと言えるでしょう。

何気ない一言が悪口に聞こえて誤解されると厄介ですが、良い悪いを判別するには、こういう人は世の中に必要なのかもしれません。

上手に付き合う必要がありそうです。

6. 結婚したら奥さんには頭が上がらないタイプ

結婚したら奥さんには頭が上がらないタイプ

女性の方が力が弱いのに、なぜか男性の方が女の人を怖がっているという場合。

そう世の中で言う「かかあ天下」になりがちな男性は怒らせたら、怖いと言えそうです。

見えない怒りは蓄積されています。

小出しにして発散させてくれれば良いのですが、執念深く出来事を忘れずにずっと覚えていたりします。

怒らせたら最後「離婚だ!」なんて事になりかねません。

それでも良いなら話は別ですが大切な人を無くしたくないのなら、気遣いも必要ですね。

まとめ

いつでも怒っている人は「またか」という感じで怖いというより、諦めに近い感情を抱きます。

一方普段は優しいけれど、怒らせたら怖い男性は胸に秘めていることが多いようです。

それをいかに汲み取れるかが、怒らせない秘訣と言えそうです。

怒らせてしまったら最後。

きっと対処に困る事になるでしょうから、普段から他人の心に配慮して気を付けたいものですね。

普段は温厚で、怒る姿すら想像できない男性がいます。

しかし、実際にこういった男性を怒らせると、とても怖い場合があります。

ではいったいこのような男性にはどのような特徴があるのでしょうか。

いくつか例を挙げて考えていきたいと思います。


気配り上手

周囲の人への配慮が出来ていて、みんなに好かれている男性はまわりへの気遣いができていますね。

協力しあう気持ちや、困った人に手を貸したいという、やさしい気持ちがある人です。

ですからそれに反した態度をとった場合に、とても怒ることでしょう。

そして、それは自分の為だけでなくまわりの人の気持ちを代表して怒っているわけですから、怒りが倍増しています。

もしもこのような事態が起こってしまったら理由をきちんと確かめて素直に謝りましょう。

一歩間違えると犯罪者気質

ニュースで大きな事件がおきると犯人の事を良く知る知人が、インタビューを受けているのを見かけることがあります。

そこでは「そんな悪い人には見えない。

とっても優しくて良い人だ」とコメントしているのを聞くことがあります。

これは普段はやさしい気質で、どちらかというと受け身なのでしょう。

その分、主張したいことを我慢している可能性があります。

ですから何らかの拍子に感情が爆発して、必要以上に高圧的な態度に出してしまうことも。

やさしいからといって日頃からそれに甘んじたりしないで相手を尊重するように心がけましょう。

消極的である

普段は自信を持って行動できなくて消極的。

でも、頭の中ではああしたい、こうしたいなど理想がある場合も突然に怒って非常に怖い場合があります。

自ら進んで何かに立候補することも苦手。

ですから、人をリードして先頭に立つ能力がありません。

そのくせ、リーダーに立った人に落ち度があると激しく怒るといった事もありがちです。

謙虚な気持ちと、遠慮がちで消極的な態度とは違います。

それをわきまえて区別して欲しいものですね。

忍耐強いスポーツマンタイプ

我慢強くて忍耐強い人は、普段の生活で不満があっても口には出しません。

困難にも耐え抜きたいと考えている人に多いのも特徴です。

スポーツマンタイプに多く、学生時代にも厳しい練習や上下関係など経験したのでしょう。

そして、こういった人は培ってきた精神面が強いため怒ると非常に怖いのが特徴です。

正義感が強く、悪口はいけないと考えている

曲がったことが大嫌いで正義感に溢れている人。

絶対に他人の悪口は言ってはならないと、心に信念を持っている人も怒らせたら怖いと言えるでしょう。

何気ない一言が悪口に聞こえて誤解されると厄介ですが、良い悪いを判別するには、こういう人は世の中に必要なのかもしれません。

上手に付き合う必要がありそうです。

結婚したら奥さんには頭が上がらないタイプ

女性の方が力が弱いのに、なぜか男性の方が女の人を怖がっているという場合。

そう世の中で言う「かかあ天下」になりがちな男性は怒らせたら、怖いと言えそうです。

見えない怒りは蓄積されています。

小出しにして発散させてくれれば良いのですが、執念深く出来事を忘れずにずっと覚えていたりします。

怒らせたら最後「離婚だ!」なんて事になりかねません。

それでも良いなら話は別ですが大切な人を無くしたくないのなら、気遣いも必要ですね。

いつでも怒っている人は「またか」という感じで怖いというより、諦めに近い感情を抱きます。

一方普段は優しいけれど、怒らせたら怖い男性は胸に秘めていることが多いようです。

それをいかに汲み取れるかが、怒らせない秘訣と言えそうです。

怒らせてしまったら最後。

きっと対処に困る事になるでしょうから、普段から他人の心に配慮して気を付けたいものですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-