【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401130338.html
誕生日を祝うのが下手な男性の特徴

誕生日を祝うのが下手な男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
誕生日を祝うのが下手な男性の特徴

人の誕生日をお祝いする時には相手を喜ばせることが大事ですが、それが苦手な男性にはどのような特徴があるのか紹介します。

  • 友達が少ない
  • 彼女がいたことがない
  • 面倒くさがり
  • 笑顔が苦手
  • 積極性があまりない
  • 人と共感できない
  • まとめ

1. 友達が少ない

友達が少ない

友達が少ない男性は人とのコミュニケーションになれていない為、誕生日に自分がどのようにお祝いをすれば喜ばれるのかイメージが湧きません。

友達がすくないと友人を祝う機会が少ないですので、経験が浅いままです。

たくさんの経験があれば誕生日のお祝いも上手くできる感覚をつかめますし、レパートリーも増えて相手が喜びそうなことをすぐに思いつくことができます。

友達が多くてお祝いの場に行く回数が多くなれば自然と身につくものなので、誕生日を祝うのが苦手な男性は友達が少ない人が多いです。

2. 彼女がいたことがない

彼女がいたことがない

彼女ができたら誕生日には相手に喜んでもらえるように、なにかしてあげたいなと思いますが、彼女がいたことがない男性は初めての経験で想像が膨らみません。

女性が喜びそうなことがわからなくて困ってしまいます。

男性が誕生日に慣れていなくてそわそわしている様子は初々しさがあって、彼女からは可愛いと思ってもらえることがあります。

3. 面倒くさがり

面倒くさがり

誕生日を祝って相手に喜んでもらうためには、少しは努力が必要ですので面倒くさがりな男性には向いていません。

相手に喜んでもらうためのプレゼントや言葉を事前に考えておかなければなりませんが、そういう相手の気持ちを考えるのが面倒くさくなって途中でやめてしまいます。

誕生日の当日になって焦ったり、適当なプレゼントを用意しても相手は心から喜んではくれません。

相手のことを考えるのが面倒くさいと思ってしまう男性は誕生日のお祝いに向いていません。

ちょっとした手間をかけるだけで相手の喜びは格段に上がります。

4. 笑顔が苦手

笑顔が苦手

笑顔でいるだけで周りの人たちも笑顔になるものです。

誕生日のお祝いに笑顔で「おめでとう」を言うだけで言われた相手は、すごく嬉しくなりますので笑顔はすごく重要。

日ごろから笑って話をすることが少ない男性は自然と笑顔になることがなく無理に微笑もうとしても顔がひきつって上手く表情をよくすることが出来ません。

表情のかたい人に誕生日のお祝いをされても、相手に気持ちは伝わりにくいです。

笑顔の苦手な男性は心の底から笑えるように努力することで自然な笑顔が出来るようになります。

5. 積極性があまりない

積極性があまりない

誕生日のお祝いをするには笑顔と明るい話し方が大事です。

誕生日の相手には自分から積極的に明るい話題を笑顔でしたほうが楽しませることが出来ますが、消極的だと自分から盛り上げることが出来ずにその場が楽しくありません。

あまりしゃべらずに静かにしていると相手にお祝いの気持ちが伝わりませんし、話しかけても話題が広がらないと思われてしまいます。

普段から積極的に話しかけない男性は、誕生日のようなお祝いの場でも上手く話すことができないのです。

普段でも積極的に話せるように心がけることが大事です。

6. 人と共感できない

人と共感できない

誕生日を祝うためには相手を喜ばせてあげることが大事ですが、祝うのが下手な男性は人と共感できることがなかなかありません。

相手が喜んでくれそうなことをすぐに想像できる人は、誕生日に相手を喜ばせて祝うことが得意です。

共感があまりできない男性は、誕生日のお祝いのときに何をすれば相手が喜んでくれるのか想像がつきませんので、盛り上がらずに喜んでもらえなくなります。

相手に喜んでもらうためには、相手のことを日ごろからじっくり観察して、好きなものや性格を知る必要があります。

色々情報が分かれば自分がどういう行動をとれば喜んでもらえるのかが分かってきます。

まとめ

誕生日を祝うことは日常的によくあることではありませんので、苦手な男性は普段からの性格が出て上手く行動したり表現したり出来なくなります。

人の誕生日をお祝いする時には相手を喜ばせることが大事ですが、それが苦手な男性にはどのような特徴があるのか紹介します。


友達が少ない

友達が少ない男性は人とのコミュニケーションになれていない為、誕生日に自分がどのようにお祝いをすれば喜ばれるのかイメージが湧きません。

友達がすくないと友人を祝う機会が少ないですので、経験が浅いままです。

たくさんの経験があれば誕生日のお祝いも上手くできる感覚をつかめますし、レパートリーも増えて相手が喜びそうなことをすぐに思いつくことができます。

友達が多くてお祝いの場に行く回数が多くなれば自然と身につくものなので、誕生日を祝うのが苦手な男性は友達が少ない人が多いです。

彼女がいたことがない

彼女ができたら誕生日には相手に喜んでもらえるように、なにかしてあげたいなと思いますが、彼女がいたことがない男性は初めての経験で想像が膨らみません。

女性が喜びそうなことがわからなくて困ってしまいます。

男性が誕生日に慣れていなくてそわそわしている様子は初々しさがあって、彼女からは可愛いと思ってもらえることがあります。

面倒くさがり

誕生日を祝って相手に喜んでもらうためには、少しは努力が必要ですので面倒くさがりな男性には向いていません。

相手に喜んでもらうためのプレゼントや言葉を事前に考えておかなければなりませんが、そういう相手の気持ちを考えるのが面倒くさくなって途中でやめてしまいます。

誕生日の当日になって焦ったり、適当なプレゼントを用意しても相手は心から喜んではくれません。

相手のことを考えるのが面倒くさいと思ってしまう男性は誕生日のお祝いに向いていません。

ちょっとした手間をかけるだけで相手の喜びは格段に上がります。

笑顔が苦手

笑顔でいるだけで周りの人たちも笑顔になるものです。

誕生日のお祝いに笑顔で「おめでとう」を言うだけで言われた相手は、すごく嬉しくなりますので笑顔はすごく重要。

日ごろから笑って話をすることが少ない男性は自然と笑顔になることがなく無理に微笑もうとしても顔がひきつって上手く表情をよくすることが出来ません。

表情のかたい人に誕生日のお祝いをされても、相手に気持ちは伝わりにくいです。

笑顔の苦手な男性は心の底から笑えるように努力することで自然な笑顔が出来るようになります。

積極性があまりない

誕生日のお祝いをするには笑顔と明るい話し方が大事です。

誕生日の相手には自分から積極的に明るい話題を笑顔でしたほうが楽しませることが出来ますが、消極的だと自分から盛り上げることが出来ずにその場が楽しくありません。

あまりしゃべらずに静かにしていると相手にお祝いの気持ちが伝わりませんし、話しかけても話題が広がらないと思われてしまいます。

普段から積極的に話しかけない男性は、誕生日のようなお祝いの場でも上手く話すことができないのです。

普段でも積極的に話せるように心がけることが大事です。

人と共感できない

誕生日を祝うためには相手を喜ばせてあげることが大事ですが、祝うのが下手な男性は人と共感できることがなかなかありません。

相手が喜んでくれそうなことをすぐに想像できる人は、誕生日に相手を喜ばせて祝うことが得意です。

共感があまりできない男性は、誕生日のお祝いのときに何をすれば相手が喜んでくれるのか想像がつきませんので、盛り上がらずに喜んでもらえなくなります。

相手に喜んでもらうためには、相手のことを日ごろからじっくり観察して、好きなものや性格を知る必要があります。

色々情報が分かれば自分がどういう行動をとれば喜んでもらえるのかが分かってきます。

誕生日を祝うことは日常的によくあることではありませんので、苦手な男性は普段からの性格が出て上手く行動したり表現したり出来なくなります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-