【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401130253.html
女性と喋るのが苦手な男性の性格や特徴

女性と喋るのが苦手な男性の性格や特徴 | LADYCO

LADYCO
女性と喋るのが苦手な男性の性格や特徴

社会に一定数いる、女性と喋ることを苦手とする男性。

程度問題でもありますが、女性や周囲も戸惑ってしまうことがあります。

彼らの性格や特徴にはどんなものがあるでしょう。

  • 女性と接した経験が少ない
  • お喋り全般が苦手である
  • 言い負かされると思いこんでいる
  • 論理性にこだわりすぎる傾向がある
  • 単にシャイである
  • 相手と自分との関係性を気にしすぎてしまう
  • 好かれたいという気持ちが強い
  • 浮気などの心配は少ない
  • まとめ

1. 女性と接した経験が少ない

女性と接した経験が少ない

たとえば、何らかの理由で母親や祖母、おばなどと接した経験が少ないとか、きょうだいが全て男であるか一人っ子であるとか、学校も主に男子校であったなどでは、「女性」という存在と接した経験が乏しくなり、彼女らがどういった存在であるか皆目見当がつかなくなります。

こういった特徴を持つ男性も、女性と話すことを苦手とします。

2. お喋り全般が苦手である

お喋り全般が苦手である

女性は、傾向としてはお喋り好きで、これといった目的がなくても「話すこと自体」を好みます。

お喋り好きな男性では、ひとまず女性に合わせたり、聞き役に徹するなど、臨機応変な対応をとり、お喋り自体を特にストレスと感じません。

女性と話すことを苦手とする男性では、相手の性別を問わず、何かと最低限の話のみをし、「なんとなく」のお喋り全般を苦手とする傾向があります。

こういった男性は、何気ない会話を好むタイプの同性からも苦手とされる場合があります。

3. 言い負かされると思いこんでいる

言い負かされると思いこんでいる

若干の口論や口げんかとなると、大体において女性が勝つ、というのが一般的傾向です。

女性との接触を苦手としない男性では、そのようなことはいわば当然と考え、特に気にしません。

しかし女性とのお喋りを苦手とする男性では、そのように言い負かされたりすることにひどく傷ついたり、傷つくことを恐れたりし、お喋り自体を敬遠してしまう傾向があります。

4. 論理性にこだわりすぎる傾向がある

論理性にこだわりすぎる傾向がある

女性のお喋りでは、特に結論や「オチ」がないというのも、世間で良く言われることです。

しかし、ではなぜ話に結論やオチが必要か?といえば、それがどうしてかは説明できないものですね。

論理性にこだわりすぎ、すぐに話しの結論を考え出す男性も、女性とのお喋りを苦手とすることが多いものです。

何気ないお喋りを「しない」というのも言ってみれば非論理的なのですが、彼らにはそれが納得できません。

5. 単にシャイである

単にシャイである

単純にシャイな男性では、相手が同性でも異性でも、あるいは子どもでもお年寄りでも、話全般を苦手とすることが珍しくありません。

その中でも女性に対しては、特に引っ込み思案になってしまうのが彼らの性格的特徴です。

必ずしも悪いことではないものの、度が過ぎてくると職場や学校でのコミュニケーション上、問題が出てきます。

6. 相手と自分との関係性を気にしすぎてしまう

相手と自分との関係性を気にしすぎてしまう

「考え過ぎ」タイプの男性も、女性とのお喋りを苦手とすることがあります。

たとえば、「今度一人旅に行きたいんだけど、AとB、どちらの観光地が良いと思う?」などと聞かれた場合、ナチュラルに女性と接することができる男性では、特に構えず自分の考えやフィーリングを述べられます。

ところが、「考え過ぎ」タイプの男性では、「本当は自分と旅に行きたいのではないか」とか、「彼氏と旅行にいくのに、自分が利用されているのではないか」とか、あれやこれやと考えを巡らせすぎてしまうのです。

結果としてぎこちないお喋りとなり、ハタから見ても不自然なものとなってしまいます。

7. 好かれたいという気持ちが強い

好かれたいという気持ちが強い

コミュニケーションにおいては、相手を傷つけたりしない範囲で、言いたいことを言うのも大事なことです。

しかし、女性とのお喋りを苦手とする男性では、「自分を良く見せたい」「自分が嫌われることを避けたい」と思うがあまり、無口になったり、杓子定規な話しかできなくなってしまうことがあります。

控えめといえば聞こえは良いですが、彼らは、実は結構自分勝手な性格であることも多いのです。

8. 浮気などの心配は少ない

浮気などの心配は少ない

女性とのお喋りが苦手な男性であれば、そうそう浮気をしたりはできません。

仮にそうした気持ちが発生したとしても、何をどのように話し、どう誘って良いものか迷ってしまうわけですから、物理的に難しい話です。

良い傾向ともいえるものの、単に異性とのお喋りが苦手なだけであり、誠実であることとは必ずしも結びつきません。

まとめ

女性とのお喋りを苦手とする男性では、いろいろな特徴が見られます。

好ましく捉えればシャイで控えめな男性といったくくりでも捉えられますから、チャラいとか、口ばっかりとかいったイメージの男性よりは、彼らを良く思う女性もいることでしょう。

しかし、相手の気持を理解する気がないとか、コミュニケーションを取る気がないとか、理屈ばかりであるとか、マイナスな面も見え隠れしています。

ここは気をつけたいところ。

どういう性格傾向から女性との話を苦手としているのか、もし彼らと親しくなるならばしっかり見極めたいものです。

社会に一定数いる、女性と喋ることを苦手とする男性。

程度問題でもありますが、女性や周囲も戸惑ってしまうことがあります。

彼らの性格や特徴にはどんなものがあるでしょう。


女性と接した経験が少ない

たとえば、何らかの理由で母親や祖母、おばなどと接した経験が少ないとか、きょうだいが全て男であるか一人っ子であるとか、学校も主に男子校であったなどでは、「女性」という存在と接した経験が乏しくなり、彼女らがどういった存在であるか皆目見当がつかなくなります。

こういった特徴を持つ男性も、女性と話すことを苦手とします。

お喋り全般が苦手である

女性は、傾向としてはお喋り好きで、これといった目的がなくても「話すこと自体」を好みます。

お喋り好きな男性では、ひとまず女性に合わせたり、聞き役に徹するなど、臨機応変な対応をとり、お喋り自体を特にストレスと感じません。

女性と話すことを苦手とする男性では、相手の性別を問わず、何かと最低限の話のみをし、「なんとなく」のお喋り全般を苦手とする傾向があります。

こういった男性は、何気ない会話を好むタイプの同性からも苦手とされる場合があります。

言い負かされると思いこんでいる

若干の口論や口げんかとなると、大体において女性が勝つ、というのが一般的傾向です。

女性との接触を苦手としない男性では、そのようなことはいわば当然と考え、特に気にしません。

しかし女性とのお喋りを苦手とする男性では、そのように言い負かされたりすることにひどく傷ついたり、傷つくことを恐れたりし、お喋り自体を敬遠してしまう傾向があります。

論理性にこだわりすぎる傾向がある

女性のお喋りでは、特に結論や「オチ」がないというのも、世間で良く言われることです。

しかし、ではなぜ話に結論やオチが必要か?といえば、それがどうしてかは説明できないものですね。

論理性にこだわりすぎ、すぐに話しの結論を考え出す男性も、女性とのお喋りを苦手とすることが多いものです。

何気ないお喋りを「しない」というのも言ってみれば非論理的なのですが、彼らにはそれが納得できません。

単にシャイである

単純にシャイな男性では、相手が同性でも異性でも、あるいは子どもでもお年寄りでも、話全般を苦手とすることが珍しくありません。

その中でも女性に対しては、特に引っ込み思案になってしまうのが彼らの性格的特徴です。

必ずしも悪いことではないものの、度が過ぎてくると職場や学校でのコミュニケーション上、問題が出てきます。

相手と自分との関係性を気にしすぎてしまう

「考え過ぎ」タイプの男性も、女性とのお喋りを苦手とすることがあります。

たとえば、「今度一人旅に行きたいんだけど、AとB、どちらの観光地が良いと思う?」などと聞かれた場合、ナチュラルに女性と接することができる男性では、特に構えず自分の考えやフィーリングを述べられます。

ところが、「考え過ぎ」タイプの男性では、「本当は自分と旅に行きたいのではないか」とか、「彼氏と旅行にいくのに、自分が利用されているのではないか」とか、あれやこれやと考えを巡らせすぎてしまうのです。

結果としてぎこちないお喋りとなり、ハタから見ても不自然なものとなってしまいます。

好かれたいという気持ちが強い

コミュニケーションにおいては、相手を傷つけたりしない範囲で、言いたいことを言うのも大事なことです。

しかし、女性とのお喋りを苦手とする男性では、「自分を良く見せたい」「自分が嫌われることを避けたい」と思うがあまり、無口になったり、杓子定規な話しかできなくなってしまうことがあります。

控えめといえば聞こえは良いですが、彼らは、実は結構自分勝手な性格であることも多いのです。

浮気などの心配は少ない

女性とのお喋りが苦手な男性であれば、そうそう浮気をしたりはできません。

仮にそうした気持ちが発生したとしても、何をどのように話し、どう誘って良いものか迷ってしまうわけですから、物理的に難しい話です。

良い傾向ともいえるものの、単に異性とのお喋りが苦手なだけであり、誠実であることとは必ずしも結びつきません。

女性とのお喋りを苦手とする男性では、いろいろな特徴が見られます。

好ましく捉えればシャイで控えめな男性といったくくりでも捉えられますから、チャラいとか、口ばっかりとかいったイメージの男性よりは、彼らを良く思う女性もいることでしょう。

しかし、相手の気持を理解する気がないとか、コミュニケーションを取る気がないとか、理屈ばかりであるとか、マイナスな面も見え隠れしています。

ここは気をつけたいところ。

どういう性格傾向から女性との話を苦手としているのか、もし彼らと親しくなるならばしっかり見極めたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-