【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401130235.html
自分が一番じゃないと嫌な男子の特徴

自分が一番じゃないと嫌な男子の特徴 | LADYCO

LADYCO
自分が一番じゃないと嫌な男子の特徴

なんでも自分が一番じゃないと気がすまないという男子が少なくありません。

ここでは、一番じゃないと嫌な男子に注目して、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • 努力家で向上心が強い
  • リーダーになって仕切りたがる
  • 目立ちたがり屋
  • 人から高く評価されたい
  • 幼児性が強い
  • チームプレイが苦手
  • まとめ

1. 努力家で向上心が強い

努力家で向上心が強い

勉強でも仕事でもスポーツでも、趣味に関することでも、ただ「一番になりたい」と漫然と思っているだけでは、一番になることはできません。

たとえば、勉強で一番になりたいと思ったとしましょう。

よほど生まれながらに頭がよく、たいして勉強しなくても一番になれるという天才肌の人ならともかく、そうでない場合は、人一倍たくさん勉強をする必要があります。

クラスには勉強ができる人は何人もいるはずですから、彼らと同じだけの努力をしていたのでは、一番にはなれません。

誰よりも努力して初めて、誰よりも良い成績を収めることができるのです。

勉強に限らず、強い向上心をもって、人に負けない努力をすることができること、これが、一番じゃないと嫌な男子の特徴ということになるでしょう。

2. リーダーになって仕切りたがる

リーダーになって仕切りたがる

自分が一番じゃないと嫌な男子は、人に従ったり、人に仕切られたりすることを好みません。

たとえば、あるグループに属しているとしましょう。

そのグループの中にリーダー的な存在の人がいて、その人の指示に従ったり、その人の意見に合わせるということが嫌いなのです。

自分がサブリーダー的な存在になったとしたら、それは一番ではなく二番の存在と言うことになるでしょう。

それを嫌うのが一番じゃないと嫌な男子なのですから、どんなグループの中にあっても、常にリーダーになろうとします。

集団内のナンバーワンの存在になって、その集団を仕切ろうとするのが、一番でないと気がすまない男子の特徴なのです。

3. 目立ちたがり屋

目立ちたがり屋

一番になれば、当然目立ちます。

人から注目を集めるのが、一番の存在と言っていいでしょう。

一番じゃないと嫌な男子は、そのように人から注目されることが大好きです。

そこには強い自己愛があると考えていいでしょう。

人から注目を集めることによって、強い自己愛を満足させているのです。

注目されたいという欲求が強いこと、つまり、「目立ちたがり屋」というのが、一番じゃないと嫌な男子の特徴といっていいでしょう。

4. 人から高く評価されたい

人から高く評価されたい

一番じゃないと嫌な男子は、勉強や仕事、スポーツなどで一番になりたがるだけではありません。

人から一番に扱われたいという欲求も人一倍強いのです。

何をするにも、人より後回しにされることを嫌います。

人から一番に扱われるためには、人から高く評価される必要があるでしょう。

つまり、人から高く評価されたいという欲求が強いこと、人一倍承認欲求が強いことが、一番じゃないと嫌な男子の特徴なのです。

5. 幼児性が強い

幼児性が強い

「一番じゃないと嫌」というのは、子供っぽい心理と考えていいでしょう。

小さな男の子は、「なんでも僕が一番じゃないと嫌」という心理を持つことがよくあります。

つまり、一番じゃないと気がすまない男子は、そのように小さな子どもと同じ心理をもっていると考えられます。

ひとことでいうと、幼児性が強いのです。

6. チームプレイが苦手

チームプレイが苦手

目立ちたがり屋で一番になりたがる男子は、チームプレイが苦手です。

たとえば、スポーツで団体競技をするとしましょう。

団体競技にはチームワークが欠かせません。

チームの中の自分の役割をきちいんと把握し、ほかのメンバーと力を合わせて試合を運んでいく必要があります。

しかし、一番じゃないと嫌な男子は、そのようなチームの中にあっても自分が一番であろうとしますので、チームワークをないがしろにしてしまうことが少なくありません。

「おれが、おれが」という意識が強いため、スタンドプレーに走り、チームワークを乱してしまうのが、一番じゃないと嫌な男子の特徴といっていいでしょう。

まとめ

一番じゃないと嫌な男子の主な特徴を6種類紹介しました。

身近にそういう男子がいるという方は、参考になさってください。

なんでも自分が一番じゃないと気がすまないという男子が少なくありません。

ここでは、一番じゃないと嫌な男子に注目して、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。


努力家で向上心が強い

勉強でも仕事でもスポーツでも、趣味に関することでも、ただ「一番になりたい」と漫然と思っているだけでは、一番になることはできません。

たとえば、勉強で一番になりたいと思ったとしましょう。

よほど生まれながらに頭がよく、たいして勉強しなくても一番になれるという天才肌の人ならともかく、そうでない場合は、人一倍たくさん勉強をする必要があります。

クラスには勉強ができる人は何人もいるはずですから、彼らと同じだけの努力をしていたのでは、一番にはなれません。

誰よりも努力して初めて、誰よりも良い成績を収めることができるのです。

勉強に限らず、強い向上心をもって、人に負けない努力をすることができること、これが、一番じゃないと嫌な男子の特徴ということになるでしょう。

リーダーになって仕切りたがる

自分が一番じゃないと嫌な男子は、人に従ったり、人に仕切られたりすることを好みません。

たとえば、あるグループに属しているとしましょう。

そのグループの中にリーダー的な存在の人がいて、その人の指示に従ったり、その人の意見に合わせるということが嫌いなのです。

自分がサブリーダー的な存在になったとしたら、それは一番ではなく二番の存在と言うことになるでしょう。

それを嫌うのが一番じゃないと嫌な男子なのですから、どんなグループの中にあっても、常にリーダーになろうとします。

集団内のナンバーワンの存在になって、その集団を仕切ろうとするのが、一番でないと気がすまない男子の特徴なのです。

目立ちたがり屋

一番になれば、当然目立ちます。

人から注目を集めるのが、一番の存在と言っていいでしょう。

一番じゃないと嫌な男子は、そのように人から注目されることが大好きです。

そこには強い自己愛があると考えていいでしょう。

人から注目を集めることによって、強い自己愛を満足させているのです。

注目されたいという欲求が強いこと、つまり、「目立ちたがり屋」というのが、一番じゃないと嫌な男子の特徴といっていいでしょう。

人から高く評価されたい

一番じゃないと嫌な男子は、勉強や仕事、スポーツなどで一番になりたがるだけではありません。

人から一番に扱われたいという欲求も人一倍強いのです。

何をするにも、人より後回しにされることを嫌います。

人から一番に扱われるためには、人から高く評価される必要があるでしょう。

つまり、人から高く評価されたいという欲求が強いこと、人一倍承認欲求が強いことが、一番じゃないと嫌な男子の特徴なのです。

幼児性が強い

「一番じゃないと嫌」というのは、子供っぽい心理と考えていいでしょう。

小さな男の子は、「なんでも僕が一番じゃないと嫌」という心理を持つことがよくあります。

つまり、一番じゃないと気がすまない男子は、そのように小さな子どもと同じ心理をもっていると考えられます。

ひとことでいうと、幼児性が強いのです。

チームプレイが苦手

目立ちたがり屋で一番になりたがる男子は、チームプレイが苦手です。

たとえば、スポーツで団体競技をするとしましょう。

団体競技にはチームワークが欠かせません。

チームの中の自分の役割をきちいんと把握し、ほかのメンバーと力を合わせて試合を運んでいく必要があります。

しかし、一番じゃないと嫌な男子は、そのようなチームの中にあっても自分が一番であろうとしますので、チームワークをないがしろにしてしまうことが少なくありません。

「おれが、おれが」という意識が強いため、スタンドプレーに走り、チームワークを乱してしまうのが、一番じゃないと嫌な男子の特徴といっていいでしょう。

一番じゃないと嫌な男子の主な特徴を6種類紹介しました。

身近にそういう男子がいるという方は、参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-