【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401130232.html
自己陶酔しやすい男性の特徴

自己陶酔しやすい男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
自己陶酔しやすい男性の特徴

世の中には自己陶酔しやすい男性って、時々いますね。

その中にはモテたりする人も多いようです。

今回は自己陶酔しやすい男性の特徴について、探っていきましょう。

  • こだわりのデートをプランニングする
  • デートプランの際、自分がどこに行って、何を話すかを事前に決めている
  • 自分語りを好む
  • 過去の恋愛話をしたがる
  • 人の意見は聞かない
  • 母親が甘い
  • まとめ

1. こだわりのデートをプランニングする

こだわりのデートをプランニングする

自己陶酔しやすい男性は、デートにこだわりを持っていたりします。

また計画をすることが好きなのも特徴です。

食事やお酒を楽しむ場所に妥協をしません。

その為、トレンドのデートスポットをしっかり調べ、常に新しいデートスポットを開拓するタイプです。

ですので、マンネリ化、雰囲気の悪い場所でのデートになることはないでしょう。

2. デートプランの際、自分がどこに行って、何を話すかを事前に決めている

デートプランの際、自分がどこに行って、何を話すかを事前に決めている

自己陶酔しやすい男性は、イメージングが得意と言えます。

その為、彼女をデートに誘った際、しっかりしたプランニングをします。

このレストランで食事をし、次に、あのバーに行くと言うふうな感じです。

「バーで、あの話を彼女にしよう。

きっと、彼女は賞賛してくれるだろう」
と、話題をしっかり計画していたりします。

3. 自分語りを好む

自分語りを好む

自己陶酔タイプは、自分を賞賛されることを常に欲しています。

その為、バーで自分語りをしたりすることも多いです。

また、ドラマティックな話を好む為、自分の過去の成功話をドラマ仕立てで話したりもします。

自己陶酔をしやすい男性は、「後輩のピンチを救った自分の過去」を話す場合、時系列、そして、自分の所感を入れながら、時間をかけて、自分のヒーロー話をします。

そこで求めているものは、聞き手からの強いリアクションや賞賛です。

もし、貴方の彼が自己陶酔タイプの彼だったら、長めの彼の自分語りも、瞳をキラキラさせながら、大袈裟に相槌を打ちながら聞くと良いでしょう。

4. 過去の恋愛話をしたがる

過去の恋愛話をしたがる

自己陶酔タイプの男性は、交際相手の彼女に、彼女が尋ねてもいないのに、過去の恋話をすることが有ります。

その内容は様々です。

「すごく好きだった女性からフラれてしまった」「すごく尽くして愛した彼女だったのに、裏切られた」など、過去の交際についての話は、悲恋話も有ります。

自己陶酔タイプの男性は、自己肯定感が高い人が殆どです。

自己陶酔タイプの男性が、なぜ悲恋を語るのでしょうか。

その理由は、すごく愛情深い自分を、過去の話に混ぜて、表現しているのです。

愛情深い自分を、もっと愛してほしいと言う思いを間接的に訴えてきているのです。

また、自己陶酔タイプの男性は、自分に対して片思いをしている女性に対しては、「自分はモテる」と言う武勇伝を語ることも多いです。

「僕と言うブランドは、すごく価値が高いんだよ、分かってる?」と間接的に訴えているのです。

このような彼に片思いをしている場合、ここでしっかりと「貴方ってやっぱりすごいのね!」と賞賛すれば、その後、両想いになる可能性も充分に有ります。

5. 人の意見は聞かない

人の意見は聞かない

自己陶酔タイプは、自分自身を愛しており、また、人から賞賛されることを常に望んでいます。

その為、その反対のようなものは好みません。

まず、自己愛が強い為、人に興味が薄いです。

ですので、たとえ彼女の話であろうと、人の意見は聞きません。

もし、自己陶酔タイプの男性に、相手への不満や要求の意見を言うと、著しく機嫌を損ねてしまうことも有ります。

6. 母親が甘い

母親が甘い

自己陶酔タイプの男性の母親は、殆どが甘いタイプです。

息子が小さい頃から、自分の彼氏の代わりかのように褒めおだてて育てるのです。

自己陶酔タイプの男性は、自分の母親が自分をことで常に喜んでくれ、賞賛してくれていたので、彼女にも同じことを当たり前のように求めてしまいがちです。

まとめ

いかがでしたか?

自己陶酔しやすい男性は、自分がかっこよくいることを中心に考えて、決定したり行動したりします。

交際する場合は、常に愛情表現をし、賞賛することが良いでしょう。

世の中には自己陶酔しやすい男性って、時々いますね。

その中にはモテたりする人も多いようです。

今回は自己陶酔しやすい男性の特徴について、探っていきましょう。


こだわりのデートをプランニングする

自己陶酔しやすい男性は、デートにこだわりを持っていたりします。

また計画をすることが好きなのも特徴です。

食事やお酒を楽しむ場所に妥協をしません。

その為、トレンドのデートスポットをしっかり調べ、常に新しいデートスポットを開拓するタイプです。

ですので、マンネリ化、雰囲気の悪い場所でのデートになることはないでしょう。

デートプランの際、自分がどこに行って、何を話すかを事前に決めている

自己陶酔しやすい男性は、イメージングが得意と言えます。

その為、彼女をデートに誘った際、しっかりしたプランニングをします。

このレストランで食事をし、次に、あのバーに行くと言うふうな感じです。

「バーで、あの話を彼女にしよう。

きっと、彼女は賞賛してくれるだろう」
と、話題をしっかり計画していたりします。

自分語りを好む

自己陶酔タイプは、自分を賞賛されることを常に欲しています。

その為、バーで自分語りをしたりすることも多いです。

また、ドラマティックな話を好む為、自分の過去の成功話をドラマ仕立てで話したりもします。

自己陶酔をしやすい男性は、「後輩のピンチを救った自分の過去」を話す場合、時系列、そして、自分の所感を入れながら、時間をかけて、自分のヒーロー話をします。

そこで求めているものは、聞き手からの強いリアクションや賞賛です。

もし、貴方の彼が自己陶酔タイプの彼だったら、長めの彼の自分語りも、瞳をキラキラさせながら、大袈裟に相槌を打ちながら聞くと良いでしょう。

過去の恋愛話をしたがる

自己陶酔タイプの男性は、交際相手の彼女に、彼女が尋ねてもいないのに、過去の恋話をすることが有ります。

その内容は様々です。

「すごく好きだった女性からフラれてしまった」「すごく尽くして愛した彼女だったのに、裏切られた」など、過去の交際についての話は、悲恋話も有ります。

自己陶酔タイプの男性は、自己肯定感が高い人が殆どです。

自己陶酔タイプの男性が、なぜ悲恋を語るのでしょうか。

その理由は、すごく愛情深い自分を、過去の話に混ぜて、表現しているのです。

愛情深い自分を、もっと愛してほしいと言う思いを間接的に訴えてきているのです。

また、自己陶酔タイプの男性は、自分に対して片思いをしている女性に対しては、「自分はモテる」と言う武勇伝を語ることも多いです。

「僕と言うブランドは、すごく価値が高いんだよ、分かってる?」と間接的に訴えているのです。

このような彼に片思いをしている場合、ここでしっかりと「貴方ってやっぱりすごいのね!」と賞賛すれば、その後、両想いになる可能性も充分に有ります。

人の意見は聞かない

自己陶酔タイプは、自分自身を愛しており、また、人から賞賛されることを常に望んでいます。

その為、その反対のようなものは好みません。

まず、自己愛が強い為、人に興味が薄いです。

ですので、たとえ彼女の話であろうと、人の意見は聞きません。

もし、自己陶酔タイプの男性に、相手への不満や要求の意見を言うと、著しく機嫌を損ねてしまうことも有ります。

母親が甘い

自己陶酔タイプの男性の母親は、殆どが甘いタイプです。

息子が小さい頃から、自分の彼氏の代わりかのように褒めおだてて育てるのです。

自己陶酔タイプの男性は、自分の母親が自分をことで常に喜んでくれ、賞賛してくれていたので、彼女にも同じことを当たり前のように求めてしまいがちです。

いかがでしたか?

自己陶酔しやすい男性は、自分がかっこよくいることを中心に考えて、決定したり行動したりします。

交際する場合は、常に愛情表現をし、賞賛することが良いでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-