【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401130217.html
黒が好きな男子の特徴

黒が好きな男子の特徴 | LADYCO

LADYCO
黒が好きな男子の特徴

冠婚葬祭などフォーマルな場所やシーンでお馴染みの黒色ですが、日常的に黒色のファッションをしている男性もいます。

黒が好きな男子は一体どんな性格や特徴を持っているのでしょう。

  • 他人からの干渉を好まない
  • 自分を大きく見せたい
  • 感受性が豊か
  • おひとりさまになりやすい
  • 裏と表が激しい
  • 大人の対応が得意
  • 黒が好きな男子は一体どんな性格や特徴
  • まとめ

1. 他人からの干渉を好まない

他人からの干渉を好まない

黒が好きな男性はまわりからの影響に嫌悪感を抱いています。

黒という色はほかの色に対して影響を受けにくい色です。

そのため黒色のファッションを日常的にしているという場合、他人からの影響、おせっかいを受けたくないと示しているのです。

まわりからは頑固で、融通が利かない人と思われることもあるでしょうが、仕事などにおいては厳格なイメージで大きなプロジェクトを任されることも少なくはありません。

黒色が好きな男性は早くから自分というものを確立しているのです。

2. 自分を大きく見せたい

自分を大きく見せたい

自分自身に自信を持っていますが、黒をあえて好むという場合より自分を大きく見せたいという心理があります。

黒が好きな男子は人から馬鹿にされたり過小評価されることを恐れています。

つい虚栄心から実力以上に見せてしまうこともあり、ハードルをどんどんあげてしまい罪悪感を感じてしまうケースもあるでしょう。

女性に対しても仕事ができると思われたくて、プライベートな会話に仕事のことを語ってしまい、仕事人間だと誤解されることもあります。

弱みを見せたり内面をさらすことが苦手なのです。

3. 感受性が豊か

感受性が豊か

他者からの干渉をとことん排除しようとする黒が好きな男子は、感受性が豊かです。

感受性が豊かだからこそ人にペースを乱されたくないと警戒しているのです。

警戒心が強すぎると人間不信に陥りやすく、他人に頼ることをしなくなり、時にそれは独りよがり、独裁者などとイメージを与えてしまうこともあるでしょう。

また、感受性が豊かなので芸術方面への興味が高いのも特徴的です。

映画鑑賞や美術館巡りなどおしゃれな趣味を持っている男子も多いです。

そしておしゃれな趣味を持っている自身に満足感を覚えてしまうのも特徴でしょう。

4. おひとりさまになりやすい

おひとりさまになりやすい

人生設計を堅実にしているのも黒が好きな男子ならではですが、結婚やパートナーを必ずしも必要としていません。

そのためおひとりさまになりやすいのです。

また結婚をしても自分だけの時間を確保したいと考えるので、パートナーにも明かさない隠れ家や趣味を持っているケースもあるでしょう。

それが行き過ぎるとパートナーからは不信感を抱かれてしまうこともあり、結局おひとりさまに逆戻りということも出てきます。

元々精神的に逆境に強いタイプなので誰かといないと寂しいと思うこともあまりなく、人生を謳歌できる性格です。

5. 裏と表が激しい

裏と表が激しい

人には多少なり裏と表がありますが、それが激しいのが黒が好きな男子です。

黒が好きな男子は仕事の時とプライベートではまったく異なる顔を持っているということも少なくはありません。

仕事の時は愚痴もいわずに黙々と作業こなすクールな男性でも、家に帰れば気の置ける人に愚痴をこぼしているなんてこともあるでしょう。

また、仕事の場のデスクがきれいに整頓されているため片付け上手とまわりに思われても、家では散らかしっぱなしで足の踏み場もない汚部屋の住民になりやすいです。

6. 大人の対応が得意

大人の対応が得意

感情をコントロールし仕事では完璧に振る舞おうとしているのが黒が好きな男子の特徴です。

だけど一歩仕事場を離れれば、プライベートモードに切り替わります。

家に仕事は持ち込みたくないので、残業は深夜、朝までコースを選ぶ男性も少なくありません。

その代わり休日はしっかり確保と、オンとオフを瞬時に切り替えられる管理能力が高いです。

外で虚勢を張っている分、家やプライベートではその反動からだらしなくなりやすいですが、仕事とプライベートをきちんと分けて考える大人の対応を得意としています。

色の中で最も影響を受けにくく存在感がある黒に惹かれるという場合、自分自身を安売りしたり下手に出ることを好まない性格や特徴をしています。

黒が好きな男子はプライドが高い傾向にありますが、自慢話をひけらかすことは少ないでしょう。

不言実行で大成しやすいタイプです。

7. 黒が好きな男子は一体どんな性格や特徴

黒が好きな男子は一体どんな性格や特徴

冠婚葬祭などフォーマルな場所やシーンでお馴染みの黒色ですが、日常的に黒色のファッションをしている男性もいます。

  • 他人からの干渉を好まない
  • 自分を大きく見せたい
  • 感受性が豊か
  • おひとりさまになりやすい
  • 裏と表が激しい
  • 大人の対応が得意

7-1. 他人からの干渉を好まない

黒が好きな男性はまわりからの影響に嫌悪感を抱いています。

黒という色はほかの色に対して影響を受けにくい色です。

そのため黒色のファッションを日常的にしているという場合、他人からの影響、おせっかいを受けたくないと示しているのです。

まわりからは頑固で、融通が利かない人と思われることもあるでしょうが、仕事などにおいては厳格なイメージで大きなプロジェクトを任されることも少なくはありません。

黒色が好きな男性は早くから自分というものを確立しているのです。

7-2. 自分を大きく見せたい

自分自身に自信を持っていますが、黒をあえて好むという場合より自分を大きく見せたいという心理があります。

黒が好きな男子は人から馬鹿にされたり過小評価されることを恐れています。

つい虚栄心から実力以上に見せてしまうこともあり、ハードルをどんどんあげてしまい罪悪感を感じてしまうケースもあるでしょう。

女性に対しても仕事ができると思われたくて、プライベートな会話に仕事のことを語ってしまい、仕事人間だと誤解されることもあります。

弱みを見せたり内面をさらすことが苦手なのです。

7-3. 感受性が豊か

他者からの干渉をとことん排除しようとする黒が好きな男子は、感受性が豊かです。

感受性が豊かだからこそ人にペースを乱されたくないと警戒しているのです。

警戒心が強すぎると人間不信に陥りやすく、他人に頼ることをしなくなり、時にそれは独りよがり、独裁者などとイメージを与えてしまうこともあるでしょう。

また、感受性が豊かなので芸術方面への興味が高いのも特徴的です。

映画鑑賞や美術館巡りなどおしゃれな趣味を持っている男子も多いです。

そしておしゃれな趣味を持っている自身に満足感を覚えてしまうのも特徴でしょう。

7-4. おひとりさまになりやすい

人生設計を堅実にしているのも黒が好きな男子ならではですが、結婚やパートナーを必ずしも必要としていません。

そのためおひとりさまになりやすいのです。

また結婚をしても自分だけの時間を確保したいと考えるので、パートナーにも明かさない隠れ家や趣味を持っているケースもあるでしょう。

それが行き過ぎるとパートナーからは不信感を抱かれてしまうこともあり、結局おひとりさまに逆戻りということも出てきます。

元々精神的に逆境に強いタイプなので誰かといないと寂しいと思うこともあまりなく、人生を謳歌できる性格です。

7-5. 裏と表が激しい

人には多少なり裏と表がありますが、それが激しいのが黒が好きな男子です。

黒が好きな男子は仕事の時とプライベートではまったく異なる顔を持っているということも少なくはありません。

仕事の時は愚痴もいわずに黙々と作業こなすクールな男性でも、家に帰れば気の置ける人に愚痴をこぼしているなんてこともあるでしょう。

また、仕事の場のデスクがきれいに整頓されているため片付け上手とまわりに思われても、家では散らかしっぱなしで足の踏み場もない汚部屋の住民になりやすいです。

7-6. 大人の対応が得意

感情をコントロールし仕事では完璧に振る舞おうとしているのが黒が好きな男子の特徴です。

だけど一歩仕事場を離れれば、プライベートモードに切り替わります。

家に仕事は持ち込みたくないので、残業は深夜、朝までコースを選ぶ男性も少なくありません。

その代わり休日はしっかり確保と、オンとオフを瞬時に切り替えられる管理能力が高いです。

外で虚勢を張っている分、家やプライベートではその反動からだらしなくなりやすいですが、仕事とプライベートをきちんと分けて考える大人の対応を得意としています。

まとめ

色の中で最も影響を受けにくく存在感がある黒に惹かれるという場合、自分自身を安売りしたり下手に出ることを好まない性格や特徴をしています。

黒が好きな男子はプライドが高い傾向にありますが、自慢話をひけらかすことは少ないでしょう。

不言実行で大成しやすいタイプです。

冠婚葬祭などフォーマルな場所やシーンでお馴染みの黒色ですが、日常的に黒色のファッションをしている男性もいます。

黒が好きな男子は一体どんな性格や特徴を持っているのでしょう。


他人からの干渉を好まない

黒が好きな男性はまわりからの影響に嫌悪感を抱いています。

黒という色はほかの色に対して影響を受けにくい色です。

そのため黒色のファッションを日常的にしているという場合、他人からの影響、おせっかいを受けたくないと示しているのです。

まわりからは頑固で、融通が利かない人と思われることもあるでしょうが、仕事などにおいては厳格なイメージで大きなプロジェクトを任されることも少なくはありません。

黒色が好きな男性は早くから自分というものを確立しているのです。

自分を大きく見せたい

自分自身に自信を持っていますが、黒をあえて好むという場合より自分を大きく見せたいという心理があります。

黒が好きな男子は人から馬鹿にされたり過小評価されることを恐れています。

つい虚栄心から実力以上に見せてしまうこともあり、ハードルをどんどんあげてしまい罪悪感を感じてしまうケースもあるでしょう。

女性に対しても仕事ができると思われたくて、プライベートな会話に仕事のことを語ってしまい、仕事人間だと誤解されることもあります。

弱みを見せたり内面をさらすことが苦手なのです。

感受性が豊か

他者からの干渉をとことん排除しようとする黒が好きな男子は、感受性が豊かです。

感受性が豊かだからこそ人にペースを乱されたくないと警戒しているのです。

警戒心が強すぎると人間不信に陥りやすく、他人に頼ることをしなくなり、時にそれは独りよがり、独裁者などとイメージを与えてしまうこともあるでしょう。

また、感受性が豊かなので芸術方面への興味が高いのも特徴的です。

映画鑑賞や美術館巡りなどおしゃれな趣味を持っている男子も多いです。

そしておしゃれな趣味を持っている自身に満足感を覚えてしまうのも特徴でしょう。

おひとりさまになりやすい

人生設計を堅実にしているのも黒が好きな男子ならではですが、結婚やパートナーを必ずしも必要としていません。

そのためおひとりさまになりやすいのです。

また結婚をしても自分だけの時間を確保したいと考えるので、パートナーにも明かさない隠れ家や趣味を持っているケースもあるでしょう。

それが行き過ぎるとパートナーからは不信感を抱かれてしまうこともあり、結局おひとりさまに逆戻りということも出てきます。

元々精神的に逆境に強いタイプなので誰かといないと寂しいと思うこともあまりなく、人生を謳歌できる性格です。

裏と表が激しい

人には多少なり裏と表がありますが、それが激しいのが黒が好きな男子です。

黒が好きな男子は仕事の時とプライベートではまったく異なる顔を持っているということも少なくはありません。

仕事の時は愚痴もいわずに黙々と作業こなすクールな男性でも、家に帰れば気の置ける人に愚痴をこぼしているなんてこともあるでしょう。

また、仕事の場のデスクがきれいに整頓されているため片付け上手とまわりに思われても、家では散らかしっぱなしで足の踏み場もない汚部屋の住民になりやすいです。

大人の対応が得意

感情をコントロールし仕事では完璧に振る舞おうとしているのが黒が好きな男子の特徴です。

だけど一歩仕事場を離れれば、プライベートモードに切り替わります。

家に仕事は持ち込みたくないので、残業は深夜、朝までコースを選ぶ男性も少なくありません。

その代わり休日はしっかり確保と、オンとオフを瞬時に切り替えられる管理能力が高いです。

外で虚勢を張っている分、家やプライベートではその反動からだらしなくなりやすいですが、仕事とプライベートをきちんと分けて考える大人の対応を得意としています。

色の中で最も影響を受けにくく存在感がある黒に惹かれるという場合、自分自身を安売りしたり下手に出ることを好まない性格や特徴をしています。

黒が好きな男子はプライドが高い傾向にありますが、自慢話をひけらかすことは少ないでしょう。

不言実行で大成しやすいタイプです。

黒が好きな男子は一体どんな性格や特徴

冠婚葬祭などフォーマルな場所やシーンでお馴染みの黒色ですが、日常的に黒色のファッションをしている男性もいます。

  • 他人からの干渉を好まない
  • 自分を大きく見せたい
  • 感受性が豊か
  • おひとりさまになりやすい
  • 裏と表が激しい
  • 大人の対応が得意

7-1. 他人からの干渉を好まない

黒が好きな男性はまわりからの影響に嫌悪感を抱いています。

黒という色はほかの色に対して影響を受けにくい色です。

そのため黒色のファッションを日常的にしているという場合、他人からの影響、おせっかいを受けたくないと示しているのです。

まわりからは頑固で、融通が利かない人と思われることもあるでしょうが、仕事などにおいては厳格なイメージで大きなプロジェクトを任されることも少なくはありません。

黒色が好きな男性は早くから自分というものを確立しているのです。

7-2. 自分を大きく見せたい

自分自身に自信を持っていますが、黒をあえて好むという場合より自分を大きく見せたいという心理があります。

黒が好きな男子は人から馬鹿にされたり過小評価されることを恐れています。

つい虚栄心から実力以上に見せてしまうこともあり、ハードルをどんどんあげてしまい罪悪感を感じてしまうケースもあるでしょう。

女性に対しても仕事ができると思われたくて、プライベートな会話に仕事のことを語ってしまい、仕事人間だと誤解されることもあります。

弱みを見せたり内面をさらすことが苦手なのです。

7-3. 感受性が豊か

他者からの干渉をとことん排除しようとする黒が好きな男子は、感受性が豊かです。

感受性が豊かだからこそ人にペースを乱されたくないと警戒しているのです。

警戒心が強すぎると人間不信に陥りやすく、他人に頼ることをしなくなり、時にそれは独りよがり、独裁者などとイメージを与えてしまうこともあるでしょう。

また、感受性が豊かなので芸術方面への興味が高いのも特徴的です。

映画鑑賞や美術館巡りなどおしゃれな趣味を持っている男子も多いです。

そしておしゃれな趣味を持っている自身に満足感を覚えてしまうのも特徴でしょう。

7-4. おひとりさまになりやすい

人生設計を堅実にしているのも黒が好きな男子ならではですが、結婚やパートナーを必ずしも必要としていません。

そのためおひとりさまになりやすいのです。

また結婚をしても自分だけの時間を確保したいと考えるので、パートナーにも明かさない隠れ家や趣味を持っているケースもあるでしょう。

それが行き過ぎるとパートナーからは不信感を抱かれてしまうこともあり、結局おひとりさまに逆戻りということも出てきます。

元々精神的に逆境に強いタイプなので誰かといないと寂しいと思うこともあまりなく、人生を謳歌できる性格です。

7-5. 裏と表が激しい

人には多少なり裏と表がありますが、それが激しいのが黒が好きな男子です。

黒が好きな男子は仕事の時とプライベートではまったく異なる顔を持っているということも少なくはありません。

仕事の時は愚痴もいわずに黙々と作業こなすクールな男性でも、家に帰れば気の置ける人に愚痴をこぼしているなんてこともあるでしょう。

また、仕事の場のデスクがきれいに整頓されているため片付け上手とまわりに思われても、家では散らかしっぱなしで足の踏み場もない汚部屋の住民になりやすいです。

7-6. 大人の対応が得意

感情をコントロールし仕事では完璧に振る舞おうとしているのが黒が好きな男子の特徴です。

だけど一歩仕事場を離れれば、プライベートモードに切り替わります。

家に仕事は持ち込みたくないので、残業は深夜、朝までコースを選ぶ男性も少なくありません。

その代わり休日はしっかり確保と、オンとオフを瞬時に切り替えられる管理能力が高いです。

外で虚勢を張っている分、家やプライベートではその反動からだらしなくなりやすいですが、仕事とプライベートをきちんと分けて考える大人の対応を得意としています。

色の中で最も影響を受けにくく存在感がある黒に惹かれるという場合、自分自身を安売りしたり下手に出ることを好まない性格や特徴をしています。

黒が好きな男子はプライドが高い傾向にありますが、自慢話をひけらかすことは少ないでしょう。

不言実行で大成しやすいタイプです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-