【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401115226.html
魚釣りにハマりやすい男性の特徴

魚釣りにハマりやすい男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
魚釣りにハマりやすい男性の特徴

魚釣りにハマる男性はどうして夢中になってしまうのでしょうか?ここではいくつかの特徴をまとめてご紹介します。

  • 本能的なもの
  • 寂しさを紛らわす
  • 達成感を味わいたい
  • ライバルに勝ちたい
  • 魚を食べるのが好き
  • ゲーム感覚で楽しんでいる
  • どんな魚がいるか興味がある
  • 祖父や父親からの遺伝
  • ストレス発散
  • まとめ

1. 本能的なもの

本能的なもの

大昔は自給自足をしていたので海の近くに住んでいれば必然的に魚を獲って食べていました。

狩りに出るという人間の本能的なものが出た形で釣りにハマることがあります。

今の時代は魚市場に行けば魚は買えますし、スーパーに行けば手頃な値段で手に入ります。

それなのにわざわざ釣りに出かけるというのは、血が騒ぐ本能的なものがあるからといえます。

2. 寂しさを紛らわす

寂しさを紛らわす

釣りをしている間というのは嫌なことを忘れたり、寂しい気持ちを紛らわしてくれます。

川や海を眺めているだけで自然と触れ合えますし、渓流であれば鳥や虫の鳴き声も聞こえてきます。

また釣り場に行けば仲間もいますから、同じ趣味をしている人達同士で知り合いになることができて会話も楽しむことができます。

3. 達成感を味わいたい

達成感を味わいたい

魚が釣れたときの達成感というのは何にも代えがたいものがあります。

特にビッグサイズの魚が釣れたときの爽快感は言葉に言い表せません。

昔は魚拓を取って楽しんでいましたが、今はスマホで撮影してツイッターやブログなどにアップして自慢することもあります。

釣れたときの達成感をまた味わいたいと思い、暇さえあれば釣りにハマるようになっていきます。

4. ライバルに勝ちたい

ライバルに勝ちたい

負けず嫌いな人は他の人が釣った魚の大きさを気にします。

同じ川や海で釣れることがわかれば自分も負けていられないとなり、同じ場所でより大きな魚を釣って相手を見返してやりたいという気持ちになります。

同じ種類の魚が釣れるまで日が暮れても粘ることがあります。

その日釣れなければ釣り竿やエサを替えてまた同じ場所で大きな魚を釣ろうとするので、ライバルに勝つまで続けることもあります。

5. 魚を食べるのが好き

魚を食べるのが好き

魚を釣るのも好きだが食べるのも好きという人はハマりやすいです。

生の刺し身を食べてみたいという欲求もあり、スーパーなどでは売ってない魚を釣りに行くこともあります。

釣れた魚はシラスサイズでなければ持って帰ってその日のおかずにします。

高級魚を釣れればエサ代や釣り道具にかけた分の費用は元が取れてしまうわけですから、趣味も兼ねて節約したいと思うとハマるようになります。

6. ゲーム感覚で楽しんでいる

ゲーム感覚で楽しんでいる

魚釣りのゲームがありますが、それと同じような感覚でリアルでも楽しんでいる人がいます。

攻略することに生きがいを感じているので、ゲームで高得点を取るような気持ちで魚が釣れるのをじっくり楽しんでいます。

魚釣りのゲームだと釣った魚の大きさや種類などで得点が付いてきますが、実際の魚釣りでも大きさに応じて得点に置き換える大会があるので練習も兼ねてハマっていきます。

7. どんな魚がいるか興味がある

どんな魚がいるか興味がある

海や川にはどんな種類の魚が潜んでいるのか釣れるまでは判りません。

季節によって釣れる魚は大体決まっているので予想はできるのですが、いざ釣りをしてみるととんでもないのが釣れたりします。

特に海で魚釣りをすると潮の流れで釣れる魚も違ってきます。

また昼間と夜でも釣れる魚は異なってくるので、どんな魚がいるんだろうと興味津々でハマることがあります。

8. 祖父や父親からの遺伝

祖父や父親からの遺伝

本能的なものと似ていますが、子供の頃に祖父や父親の釣りを見ていたのを脳裏に焼き付いていれば、大人になってから釣りにハマるという遺伝的なものもあります。

子供の頃の記憶というのは大人になっても忘れませんから、釣り竿が家にあれば思い出して釣りに行くようになってきます。

9. ストレス発散

ストレス発散

仕事から解放されたいがために釣りを楽しむ人もいます。

ストレスを発散するにはカラオケに行ったり、旅行したり、ギャンブルにハマったりすることで解消しますが、魚釣りはお金がかからないストレス発散法なので、週末の休みの日は家にいるより釣りにハマるようになります。

まとめ

魚釣りにハマる男性は基本的に釣りが好きだからという理由ですが、負けず嫌いの人もいるのでその人の性格が釣り方によって現れてきます。

魚釣りにハマる男性はどうして夢中になってしまうのでしょうか?ここではいくつかの特徴をまとめてご紹介します。


本能的なもの

大昔は自給自足をしていたので海の近くに住んでいれば必然的に魚を獲って食べていました。

狩りに出るという人間の本能的なものが出た形で釣りにハマることがあります。

今の時代は魚市場に行けば魚は買えますし、スーパーに行けば手頃な値段で手に入ります。

それなのにわざわざ釣りに出かけるというのは、血が騒ぐ本能的なものがあるからといえます。

寂しさを紛らわす

釣りをしている間というのは嫌なことを忘れたり、寂しい気持ちを紛らわしてくれます。

川や海を眺めているだけで自然と触れ合えますし、渓流であれば鳥や虫の鳴き声も聞こえてきます。

また釣り場に行けば仲間もいますから、同じ趣味をしている人達同士で知り合いになることができて会話も楽しむことができます。

達成感を味わいたい

魚が釣れたときの達成感というのは何にも代えがたいものがあります。

特にビッグサイズの魚が釣れたときの爽快感は言葉に言い表せません。

昔は魚拓を取って楽しんでいましたが、今はスマホで撮影してツイッターやブログなどにアップして自慢することもあります。

釣れたときの達成感をまた味わいたいと思い、暇さえあれば釣りにハマるようになっていきます。

ライバルに勝ちたい

負けず嫌いな人は他の人が釣った魚の大きさを気にします。

同じ川や海で釣れることがわかれば自分も負けていられないとなり、同じ場所でより大きな魚を釣って相手を見返してやりたいという気持ちになります。

同じ種類の魚が釣れるまで日が暮れても粘ることがあります。

その日釣れなければ釣り竿やエサを替えてまた同じ場所で大きな魚を釣ろうとするので、ライバルに勝つまで続けることもあります。

魚を食べるのが好き

魚を釣るのも好きだが食べるのも好きという人はハマりやすいです。

生の刺し身を食べてみたいという欲求もあり、スーパーなどでは売ってない魚を釣りに行くこともあります。

釣れた魚はシラスサイズでなければ持って帰ってその日のおかずにします。

高級魚を釣れればエサ代や釣り道具にかけた分の費用は元が取れてしまうわけですから、趣味も兼ねて節約したいと思うとハマるようになります。

ゲーム感覚で楽しんでいる

魚釣りのゲームがありますが、それと同じような感覚でリアルでも楽しんでいる人がいます。

攻略することに生きがいを感じているので、ゲームで高得点を取るような気持ちで魚が釣れるのをじっくり楽しんでいます。

魚釣りのゲームだと釣った魚の大きさや種類などで得点が付いてきますが、実際の魚釣りでも大きさに応じて得点に置き換える大会があるので練習も兼ねてハマっていきます。

どんな魚がいるか興味がある

海や川にはどんな種類の魚が潜んでいるのか釣れるまでは判りません。

季節によって釣れる魚は大体決まっているので予想はできるのですが、いざ釣りをしてみるととんでもないのが釣れたりします。

特に海で魚釣りをすると潮の流れで釣れる魚も違ってきます。

また昼間と夜でも釣れる魚は異なってくるので、どんな魚がいるんだろうと興味津々でハマることがあります。

祖父や父親からの遺伝

本能的なものと似ていますが、子供の頃に祖父や父親の釣りを見ていたのを脳裏に焼き付いていれば、大人になってから釣りにハマるという遺伝的なものもあります。

子供の頃の記憶というのは大人になっても忘れませんから、釣り竿が家にあれば思い出して釣りに行くようになってきます。

ストレス発散

仕事から解放されたいがために釣りを楽しむ人もいます。

ストレスを発散するにはカラオケに行ったり、旅行したり、ギャンブルにハマったりすることで解消しますが、魚釣りはお金がかからないストレス発散法なので、週末の休みの日は家にいるより釣りにハマるようになります。

魚釣りにハマる男性は基本的に釣りが好きだからという理由ですが、負けず嫌いの人もいるのでその人の性格が釣り方によって現れてきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-