【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401115211.html
家にいるのが好きな男性の特徴

家にいるのが好きな男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
家にいるのが好きな男性の特徴

休日はどこかに出かけて過ごすよりも、お家でゆっくり過ごしたい。

そんな男性は、いったいどんな性格や心理を持っているのでしょうか。

  • のんびり過ごす時間が好き
  • 一人でいるのが好き
  • インドアな趣味を持っている
  • お金をなるべく使いたくない
  • 友達が少ない
  • 人と話すことが苦手
  • 受身な性格をしている
  • まとめ

1. のんびり過ごす時間が好き

のんびり過ごす時間が好き

「好きな時に好きなものを食べ、特におしゃれをするわけでもなく過ごす」 家の中では、外とは違って人の目を気にせずマイペースに過ごすことができます。

みんなでワイワイ騒ぐことが苦手で、静かに少人数でのんびりと過ごすことが好きな人です。

家で過ごすことが好きな人は、旅行へ行ったときにでも、 忙しく過ごすことよりも、まったりと過ごすことで疲れが癒される人が多いです。

2. 一人でいるのが好き

一人でいるのが好き

家で過ごすことが好きな人は、自分の時間を大切にしている人、と言えるでしょう。

周りに人がいると、気持ちが休まらず疲れてしまう、という人もいます。

人混みが苦手、という人も多いでしょう。

周りに人がたくさんいると、周りの目が気になってしまって落ち着かない、など。

一人でいることが好きな人は、外との世界から離れて、家の中で自分の時間を過ごすことに楽しみを感じます。

家で過ごすことが好きな人は、1人でいることが苦ではなく、むしろ気が楽、と言えます。

接客業を仕事としている人も、普段たくさんの人とお話ししているので、社会人になってから1人が好きになった、ということもよくあることです。

3. インドアな趣味を持っている

インドアな趣味を持っている

読書や料理、編み物、映画鑑賞、ゲーム、ガーデニングなどなど、インドアな趣味を持っている人は、家にいることが多くなります。

インドアな趣味は、1人でできることも多いですし、自然とお家で過ごすことが増え、1人で過ごす時間も増えていきます。

いまではインターネットで外の世界と繋がることも簡単にできますし、家で1人で過ごしていても、寂しくなることは少ないでしょう。

4. お金をなるべく使いたくない

お金をなるべく使いたくない

休日に外に出て過ごすとなると、お金を使う場面が多くなります。

家で過ごすとなると、余計なお金を使わずに済むため、なるべく家で過ごす、という人もいます。

同じ映画鑑賞の趣味を持っている人でも、映画館まで出向いて観るのとDVDを借りて家で観るのとでは、かかるお金が随分変わってきますからね。

家で過ごすことが多い人は、「あまりお金を使いたくない」と考えているのかもしれませんね。

5. 友達が少ない

友達が少ない

家で過ごすことが好きな人の特徴として、「友達が少ない」ことが挙げられます。

友達が少ないことは、決して悪いことではなく、そういう人は、友達とは狭く深く仲良くなるタイプ、といえるでしょう。

人とのつい会い方も、人によっていろいろですが、きっと量より質、ということですね。

6. 人と話すことが苦手

人と話すことが苦手

家で過ごすことが好きな人の中には、人と話すことを苦手としている人もいます。

人と、なんて会話をすればいいのかと考えながら話すのはとても疲れることです。

そんな人は、自然と家で過ごすことが好きになっていくのもわかりますね。

7. 受身な性格をしている

受身な性格をしている

遊びのお誘いなどをあまり自分からはしない人も、家で過ごすことが好きと言えるでしょう。

誘われることがあるとしても、狭く深く友達との関係を築いているので、誘われる回数も少なくなるでしょう。

いざ外に出るとなると準備をするだけでも大変な気持ちになってしまう人もいるかもしれませんね。

まとめ

以上、家にいることが好きな男性の特徴や心理について、7つご紹介しました。

インドアな男性は暗いというイメージを持っている人がいるかもしれませんが、たまには一緒にお家で過ごすこともまったりできて楽しいですよ。

自分から誘うのが苦手、という人もいますし、昔はよく外に出て遊んでいた、という人もいますので、少しだけ積極的になって、誘ってみると良いですね。

休日はどこかに出かけて過ごすよりも、お家でゆっくり過ごしたい。

そんな男性は、いったいどんな性格や心理を持っているのでしょうか。


のんびり過ごす時間が好き

「好きな時に好きなものを食べ、特におしゃれをするわけでもなく過ごす」 家の中では、外とは違って人の目を気にせずマイペースに過ごすことができます。

みんなでワイワイ騒ぐことが苦手で、静かに少人数でのんびりと過ごすことが好きな人です。

家で過ごすことが好きな人は、旅行へ行ったときにでも、 忙しく過ごすことよりも、まったりと過ごすことで疲れが癒される人が多いです。

一人でいるのが好き

家で過ごすことが好きな人は、自分の時間を大切にしている人、と言えるでしょう。

周りに人がいると、気持ちが休まらず疲れてしまう、という人もいます。

人混みが苦手、という人も多いでしょう。

周りに人がたくさんいると、周りの目が気になってしまって落ち着かない、など。

一人でいることが好きな人は、外との世界から離れて、家の中で自分の時間を過ごすことに楽しみを感じます。

家で過ごすことが好きな人は、1人でいることが苦ではなく、むしろ気が楽、と言えます。

接客業を仕事としている人も、普段たくさんの人とお話ししているので、社会人になってから1人が好きになった、ということもよくあることです。

インドアな趣味を持っている

読書や料理、編み物、映画鑑賞、ゲーム、ガーデニングなどなど、インドアな趣味を持っている人は、家にいることが多くなります。

インドアな趣味は、1人でできることも多いですし、自然とお家で過ごすことが増え、1人で過ごす時間も増えていきます。

いまではインターネットで外の世界と繋がることも簡単にできますし、家で1人で過ごしていても、寂しくなることは少ないでしょう。

お金をなるべく使いたくない

休日に外に出て過ごすとなると、お金を使う場面が多くなります。

家で過ごすとなると、余計なお金を使わずに済むため、なるべく家で過ごす、という人もいます。

同じ映画鑑賞の趣味を持っている人でも、映画館まで出向いて観るのとDVDを借りて家で観るのとでは、かかるお金が随分変わってきますからね。

家で過ごすことが多い人は、「あまりお金を使いたくない」と考えているのかもしれませんね。

友達が少ない

家で過ごすことが好きな人の特徴として、「友達が少ない」ことが挙げられます。

友達が少ないことは、決して悪いことではなく、そういう人は、友達とは狭く深く仲良くなるタイプ、といえるでしょう。

人とのつい会い方も、人によっていろいろですが、きっと量より質、ということですね。

人と話すことが苦手

家で過ごすことが好きな人の中には、人と話すことを苦手としている人もいます。

人と、なんて会話をすればいいのかと考えながら話すのはとても疲れることです。

そんな人は、自然と家で過ごすことが好きになっていくのもわかりますね。

受身な性格をしている

遊びのお誘いなどをあまり自分からはしない人も、家で過ごすことが好きと言えるでしょう。

誘われることがあるとしても、狭く深く友達との関係を築いているので、誘われる回数も少なくなるでしょう。

いざ外に出るとなると準備をするだけでも大変な気持ちになってしまう人もいるかもしれませんね。

以上、家にいることが好きな男性の特徴や心理について、7つご紹介しました。

インドアな男性は暗いというイメージを持っている人がいるかもしれませんが、たまには一緒にお家で過ごすこともまったりできて楽しいですよ。

自分から誘うのが苦手、という人もいますし、昔はよく外に出て遊んでいた、という人もいますので、少しだけ積極的になって、誘ってみると良いですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-