【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401115153.html
モテるオラオラ系男子の特徴

モテるオラオラ系男子の特徴 | LADYCO

LADYCO
モテるオラオラ系男子の特徴

一般には嫌われたり、空振り感・滑り感も生じさせたりするオラオラ系男子ですが、では全てのそれ系男子がモテないかといえば、そうは言い切れません。

モテる系のオラオラ男子の特徴を見てみましょう。

  • とにかく自信がある
  • リード力がある
  • 女性にも自信をつけさせる面がある
  • 実力が伴っている
  • 他人と自分を比較しない
  • 彼女や配偶者の顔色を気にしすぎない
  • 実は尻に敷かれている状況が多い
  • ストレートな表現を好む
  • まとめ

1. とにかく自信がある

とにかく自信がある

オラオラ系男子は、自分の立場がどうであれ、いわば根拠のない自信を持っています。

そう書くとバカバカしくも感じますが、「僕はどうせダメなんだ」とか「こんなこと言ったって嫌われるんじゃないか」などとオドオド、マゴマゴしている男性にはない迫力・自信があるのは事実です。

女性は基本的には自信のある男性を好む傾向があり、オラオラ系男子は、その意味での第一関門をひとまずクリアしているとはいえるのです。

2. リード力がある

リード力がある

オラオラ系男子は、女性の気持ちを過剰には読まず、自分のしたいデートプランなどを率直にぶつけてきます。

少々自分勝手とはいえても、自分で何も決められない男性と比べると、頼りがいがあるなどと感じる女性も少なくはありません。

3. 女性にも自信をつけさせる面がある

女性にも自信をつけさせる面がある

ソフトな男子にも魅力はたくさんありますが、ともすれば「自信がない」とか「色々なことを自分で決められない」あるいは「自己評価が低そう」など、女性にマイナスな印象を与えてしまうこともあります。

そういった男子と接していると、女子の自己評価も低くなりがちです。

オラオラ系男子では、特に根拠がなくとも自信にあふれているため、女子側としても「ひとまず私はこの人と一緒に歩んでいこう」などと、自信ある前向きな考えになれるのです。

4. 実力が伴っている

実力が伴っている

ただ単に空威張りをするだけのオラオラ系男子は、やはりモテません。

しかし、学業なり仕事なり、あるいは趣味なりでそれ相応の実力を発揮している場合、「オラオラ感」はむしろ輝いて見えるものです。

過剰に自己卑下や謙遜をせず、堂々としていればいい、というのが彼らの考えですね。

5. 他人と自分を比較しない

他人と自分を比較しない

オラオラ度の強い、かつモテる男子では、他の男性と自分を比較することをしません。

「自分は自分であれば良い」というような考えが強いのが、彼らの特徴です。

他の男性より収入が低くても、身長が低くても、一般に言うルックスが今一つでも、そんなことは気にしないのです。

この自立心が女性を引きつける面があります。

6. 彼女や配偶者の顔色を気にしすぎない

彼女や配偶者の顔色を気にしすぎない

気遣いのできる男子では、彼女や配偶者がどのような気持ちでいるか、なにかと気にするものです。

良く言えば「気配り男子」とも考えられますが、この傾向があまりにも強いと女性側としては「面倒くさい」さらには「うざい」といった気持ちも持ってしまうものです。

モテるオラオラ系男子は、一定以上は女子の顔色をうかがったりしません。

そのことを無神経ととる女子もいますが、気楽で好ましいと考える女子もいるのです。

7. 実は尻に敷かれている状況が多い

実は尻に敷かれている状況が多い

オラオラ系男子では、見かけとしては恋人や配偶者をリードするイメージを持ちますが、重要な局面では相手女性に全面的に頼るなど、「尻に敷かれる」ことを厭わない傾向があります。

見かけ上対等な関係を重視する男性の方が、案外とこの「尻に敷かれる」を拒否する傾向があるのです。

8. ストレートな表現を好む

ストレートな表現を好む

ストレートな表現、素直な表現を好むのも、オラオラ系男子の特徴です。

たとえば、「好きだけど結婚したいかどうかはわからない」だとか、「今はいい関係だとは思うけど、先々のことは正直考えてない」だとか、とても素直な気持ちを、いわばぶしつけに押し付けてくるのが彼らの特徴です。

しかし、その素直さに引かれてしまう女性が多いのも事実で、妙に先読みばかりする男性よりモテることもあるのが、彼らモテる系オラオラ男子なのです。

まとめ

オラオラ系男子といっても様々ですが、モテる系のオラオラ男子の場合、女性の心をつかむ、独自の魅力を多々備えている場合もかなりあります。

粗暴であるとかは論外ですが、少し、雰囲気としてオラオラであるぐらいであれば、あえて付き合ってみることも人生勉強になるのではないでしょうか。

一般には嫌われたり、空振り感・滑り感も生じさせたりするオラオラ系男子ですが、では全てのそれ系男子がモテないかといえば、そうは言い切れません。

モテる系のオラオラ男子の特徴を見てみましょう。


とにかく自信がある

オラオラ系男子は、自分の立場がどうであれ、いわば根拠のない自信を持っています。

そう書くとバカバカしくも感じますが、「僕はどうせダメなんだ」とか「こんなこと言ったって嫌われるんじゃないか」などとオドオド、マゴマゴしている男性にはない迫力・自信があるのは事実です。

女性は基本的には自信のある男性を好む傾向があり、オラオラ系男子は、その意味での第一関門をひとまずクリアしているとはいえるのです。

リード力がある

オラオラ系男子は、女性の気持ちを過剰には読まず、自分のしたいデートプランなどを率直にぶつけてきます。

少々自分勝手とはいえても、自分で何も決められない男性と比べると、頼りがいがあるなどと感じる女性も少なくはありません。

女性にも自信をつけさせる面がある

ソフトな男子にも魅力はたくさんありますが、ともすれば「自信がない」とか「色々なことを自分で決められない」あるいは「自己評価が低そう」など、女性にマイナスな印象を与えてしまうこともあります。

そういった男子と接していると、女子の自己評価も低くなりがちです。

オラオラ系男子では、特に根拠がなくとも自信にあふれているため、女子側としても「ひとまず私はこの人と一緒に歩んでいこう」などと、自信ある前向きな考えになれるのです。

実力が伴っている

ただ単に空威張りをするだけのオラオラ系男子は、やはりモテません。

しかし、学業なり仕事なり、あるいは趣味なりでそれ相応の実力を発揮している場合、「オラオラ感」はむしろ輝いて見えるものです。

過剰に自己卑下や謙遜をせず、堂々としていればいい、というのが彼らの考えですね。

他人と自分を比較しない

オラオラ度の強い、かつモテる男子では、他の男性と自分を比較することをしません。

「自分は自分であれば良い」というような考えが強いのが、彼らの特徴です。

他の男性より収入が低くても、身長が低くても、一般に言うルックスが今一つでも、そんなことは気にしないのです。

この自立心が女性を引きつける面があります。

彼女や配偶者の顔色を気にしすぎない

気遣いのできる男子では、彼女や配偶者がどのような気持ちでいるか、なにかと気にするものです。

良く言えば「気配り男子」とも考えられますが、この傾向があまりにも強いと女性側としては「面倒くさい」さらには「うざい」といった気持ちも持ってしまうものです。

モテるオラオラ系男子は、一定以上は女子の顔色をうかがったりしません。

そのことを無神経ととる女子もいますが、気楽で好ましいと考える女子もいるのです。

実は尻に敷かれている状況が多い

オラオラ系男子では、見かけとしては恋人や配偶者をリードするイメージを持ちますが、重要な局面では相手女性に全面的に頼るなど、「尻に敷かれる」ことを厭わない傾向があります。

見かけ上対等な関係を重視する男性の方が、案外とこの「尻に敷かれる」を拒否する傾向があるのです。

ストレートな表現を好む

ストレートな表現、素直な表現を好むのも、オラオラ系男子の特徴です。

たとえば、「好きだけど結婚したいかどうかはわからない」だとか、「今はいい関係だとは思うけど、先々のことは正直考えてない」だとか、とても素直な気持ちを、いわばぶしつけに押し付けてくるのが彼らの特徴です。

しかし、その素直さに引かれてしまう女性が多いのも事実で、妙に先読みばかりする男性よりモテることもあるのが、彼らモテる系オラオラ男子なのです。

オラオラ系男子といっても様々ですが、モテる系のオラオラ男子の場合、女性の心をつかむ、独自の魅力を多々備えている場合もかなりあります。

粗暴であるとかは論外ですが、少し、雰囲気としてオラオラであるぐらいであれば、あえて付き合ってみることも人生勉強になるのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-