【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401114531.html
ツンデレ男子の特徴

ツンデレ男子の特徴 | LADYCO

LADYCO
ツンデレ男子の特徴

好きな人の前では素直になれないものの突如デレを見せるのがツンデレですが、ツンデレ男子の特徴は他にはどんなことがあるのでしょう。

  • 話し下手な天邪鬼
  • 電話よりメールやチャットを好む
  • 人の目を見ながら会話するのが苦手
  • 積極的に迫ると警戒心が強くなる
  • 嫉妬深くスキンシップが多い
  • 嘘をついてもすぐバレてしまう
  • まとめ

1. 話し下手な天邪鬼

話し下手な天邪鬼

ツンデレ男子は好意を寄せる相手の前ほど、素直な自分を見せることに戸惑っています。

興味関心がある相手には、好意に比例するように天邪鬼になってしまうのです。

嫌われていると思ってたと相手から打ち明けられて、あらぬ誤解を与えていたと気づいた経験もあるでしょう。

ツンデレ男子の特徴として自身がツンデレであることを恥ずかしくてまわりに対してはけして認めませんが、心の中でどうして素直にいえないのだろうと罪悪感を抱いています。

話し下手なだけで元々は素直な性格なので、取り繕ったり大人の対応を見せるのが苦手なのです。

2. 電話よりメールやチャットを好む

電話よりメールやチャットを好む

ツンデレ男子は自らの言動が理想にほど遠いと気づいていても軽く修正はできないのです。

なぜかというと、いい格好を見せたい、だめなところを見せたくない、だけど親しくなりたいという気持ちが複雑に入り組んでいるからです。

積極的に人と関わりたいのに、緊張しやすいため気持ちと行動が伴っていないのです。

そのため好意を寄せる相手に気持ちを伝える手段としてメールやチャットを好みます。

突発的な事象によるツンデレを発揮しなくて済むようになるからです。

考える時間のゆとりが持てるメールやチャットをよく使用するのが特徴です。

3. 人の目を見ながら会話するのが苦手

人の目を見ながら会話するのが苦手

会話のキャッチボールというと人の目を見て会話するのが常ですが、ツンデレ男子にとってそれはハードルが高い作業です。

というのもツンデレ男子は人の目を見ながら会話するのがとても苦手です。

目は口ほどにものを言うということわざの通り、相手に目を見られて自らの心理を探られることに抵抗感があるからです。

そのため二人きりの空間でも妙に視線をあわせなかったり、手持ち無沙汰を装ってゲームやスマホに没頭しているということもあるでしょう。

4. 積極的に迫ると警戒心が強くなる

積極的に迫ると警戒心が強くなる

人と距離感をとってしまうツンデレ男子ですが相手からいきなり積極的になられると、逆に警戒心がより強くなってしまいます。

つまり時間をかけて仲を深めないといけなく、短期間でツンデレ男子と仲良くなるのは難しいのです。

ツンデレ男子も相手に対して積極的に行動やアピールができるタイプではないので、焦りすぎは禁物です。

仲を深めたいという時は相手のペースに合わせて、落ち着いて話ができる場所へと誘ってみるのがいいでしょう。

好意を寄せられていることに鈍くはないので次第に心を開いてくれます。

5. 嫉妬深くスキンシップが多い

嫉妬深くスキンシップが多い

ツンデレ男子といざ付き合い始めるとスキンシップが多く、甘えたがりな性格が顕著にあらわれます。

天邪鬼にならなくていい相手だと判断が下されれば、ツンデレ男子はツンモードからデレモードへとシフトチェンジします。

そうすると恋人に対してスキンシップが多くなります。

一途な恋愛観を持っているので、器用に複数の相手と付き合うことはまずないでしょう。

また恋人のスマホを盗み見たり必要以上に浮気を疑ったりと嫉妬深さもあります。

6. 嘘をついてもすぐバレてしまう

嘘をついてもすぐバレてしまう

嘘をついてもすぐにバレてしまうのがツンデレ男子の素直な魅力ですが、本人にとっても嘘をついたままいることが心苦しくて、勝手に自白してしまうこともあるでしょう。

隠し事が苦手なのです。

好意を寄せている相手にはデレモードの比率が高いため誠実です。

まとめ

ツンデレ男子は女性が放っておけないような可愛い性格ですが、親しくないうちはなかなかその本性を見せてくれないでしょう。

天邪鬼気質なため表面的には冷たそう、厳格そうに見えても、仲良くなれば案外扱いやすい特徴があります。

好きな人の前では素直になれないものの突如デレを見せるのがツンデレですが、ツンデレ男子の特徴は他にはどんなことがあるのでしょう。


話し下手な天邪鬼

ツンデレ男子は好意を寄せる相手の前ほど、素直な自分を見せることに戸惑っています。

興味関心がある相手には、好意に比例するように天邪鬼になってしまうのです。

嫌われていると思ってたと相手から打ち明けられて、あらぬ誤解を与えていたと気づいた経験もあるでしょう。

ツンデレ男子の特徴として自身がツンデレであることを恥ずかしくてまわりに対してはけして認めませんが、心の中でどうして素直にいえないのだろうと罪悪感を抱いています。

話し下手なだけで元々は素直な性格なので、取り繕ったり大人の対応を見せるのが苦手なのです。

電話よりメールやチャットを好む

ツンデレ男子は自らの言動が理想にほど遠いと気づいていても軽く修正はできないのです。

なぜかというと、いい格好を見せたい、だめなところを見せたくない、だけど親しくなりたいという気持ちが複雑に入り組んでいるからです。

積極的に人と関わりたいのに、緊張しやすいため気持ちと行動が伴っていないのです。

そのため好意を寄せる相手に気持ちを伝える手段としてメールやチャットを好みます。

突発的な事象によるツンデレを発揮しなくて済むようになるからです。

考える時間のゆとりが持てるメールやチャットをよく使用するのが特徴です。

人の目を見ながら会話するのが苦手

会話のキャッチボールというと人の目を見て会話するのが常ですが、ツンデレ男子にとってそれはハードルが高い作業です。

というのもツンデレ男子は人の目を見ながら会話するのがとても苦手です。

目は口ほどにものを言うということわざの通り、相手に目を見られて自らの心理を探られることに抵抗感があるからです。

そのため二人きりの空間でも妙に視線をあわせなかったり、手持ち無沙汰を装ってゲームやスマホに没頭しているということもあるでしょう。

積極的に迫ると警戒心が強くなる

人と距離感をとってしまうツンデレ男子ですが相手からいきなり積極的になられると、逆に警戒心がより強くなってしまいます。

つまり時間をかけて仲を深めないといけなく、短期間でツンデレ男子と仲良くなるのは難しいのです。

ツンデレ男子も相手に対して積極的に行動やアピールができるタイプではないので、焦りすぎは禁物です。

仲を深めたいという時は相手のペースに合わせて、落ち着いて話ができる場所へと誘ってみるのがいいでしょう。

好意を寄せられていることに鈍くはないので次第に心を開いてくれます。

嫉妬深くスキンシップが多い

ツンデレ男子といざ付き合い始めるとスキンシップが多く、甘えたがりな性格が顕著にあらわれます。

天邪鬼にならなくていい相手だと判断が下されれば、ツンデレ男子はツンモードからデレモードへとシフトチェンジします。

そうすると恋人に対してスキンシップが多くなります。

一途な恋愛観を持っているので、器用に複数の相手と付き合うことはまずないでしょう。

また恋人のスマホを盗み見たり必要以上に浮気を疑ったりと嫉妬深さもあります。

嘘をついてもすぐバレてしまう

嘘をついてもすぐにバレてしまうのがツンデレ男子の素直な魅力ですが、本人にとっても嘘をついたままいることが心苦しくて、勝手に自白してしまうこともあるでしょう。

隠し事が苦手なのです。

好意を寄せている相手にはデレモードの比率が高いため誠実です。

ツンデレ男子は女性が放っておけないような可愛い性格ですが、親しくないうちはなかなかその本性を見せてくれないでしょう。

天邪鬼気質なため表面的には冷たそう、厳格そうに見えても、仲良くなれば案外扱いやすい特徴があります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-