【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401114525.html
すぐ拗ねる男性の特徴

すぐ拗ねる男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
すぐ拗ねる男性の特徴

ちょっとしたことですぐ目くじらを立てたり場の雰囲気を白けさせたりする男性は少なくはありません。

そんな子供っぽい言動をしてしまうすぐ拗ねる男性の特徴を挙げていきます。

  • 優越感に浸りたい
  • 自分が中心にいないと気が済まない
  • 悪口を言うが他意はない
  • 子供扱いすると怒る
  • 彼女を母親代わりにしている傾向もある
  • 無邪気な言動でグループ内では人気者
  • まとめ

1. 優越感に浸りたい

優越感に浸りたい

なぜすぐ拗ねてしまうのかというと、相手にどれだけ自分を受け入れてもらえるのか試したいという心理があるからです。

わざと手こずらせることで、相手との信頼関係や愛情をはかろうとしています。

相手にとって自分は特別だという優越感に浸りたいのです。

ただ大人になっても子供時代と同様にすぐ拗ねてしまうことを繰り返していると、そのうち愛想を尽かされてしまい、そのことで日常的フラストレーションを溜め込んでいる場合もあるのです。

2. 自分が中心にいないと気が済まない

自分が中心にいないと気が済まない

拗ねることで場の雰囲気を壊したり乱したりするのは、自分自身に関心が集まっていないことへの抗議の意味もあります。

どんな集まりや場所であっても、主役気分でいたい願望が強いのです。

そのため友人グループの集まりや親戚などの集まりでも、盛り上げ役として活躍します。

しかし本人の思い通りに盛り上がってくれないと一気に熱が冷めてしまい、ふて腐れた態度を平気でとってしまうこともあります。

そうならないようにするためには、まわりはすぐ拗ねる男性を手のひらの上で転がすくらいの余裕がないといけません。

3. 悪口を言うが他意はない

悪口を言うが他意はない

感情を抑えることを好まないため、人の悪口をいってしまうのがすぐ拗ねる男性の特徴です。

けれど、本人にしたら別に他意はないという場合がほとんどです。

つまり当人を陥れようとしたり遠回しに別の何かを批判しようとしているわけではないのです。

そういう意味では腹黒くない、ストレートな性格です。

腹に一物がないため職場の同僚や上司にとって、付き合いやすいタイプと評価されることもあるでしょう。

4. 子供扱いすると怒る

子供扱いすると怒る

日頃は子供っぽい原因ですぐ拗ねてしまうのに、いざ子供扱いしようとすると怒ってしまうのがすぐ拗ねる男性の特徴です。

子供同様に特別待遇で接してほしいと訴えてくる割に、勝手に人に決断されたり無理だと諫めたりすると途端に機嫌が悪くなります。

ご都合主義になりやすい性格で、理解者でないと判断した相手には例え目上であったとしてもきつく当たることもあります。

5. 彼女を母親代わりにしている傾向もある

彼女を母親代わりにしている傾向もある

すぐ拗ねる男性にとって恋人は自分を甘やかしてくれる最良の存在です。

そのため恋人に対して必要以上にかっこつけようとは考えていません。

心を開くのが早く、ありのままの自分自身を見せたいという素直さがあります。

一般的な他の男性と比較すると、彼女を守ってあげないとという意識は低くなりがちです。

すぐ拗ねる男性は彼女を母親のように、どんなことでも受け入れてくれる存在として認識しています。

恋人にはそういった相手を選ぶことが多く、母性に惹かれているのです。

なのですぐ拗ねる男性に頼りがいを求めることは難しいでしょう。

6. 無邪気な言動でグループ内では人気者

無邪気な言動でグループ内では人気者

稚拙な拗ね方をするので周囲からは呆れられることも珍しくはないですが、年上の相手にとっては無邪気な性格に映ることもあります。

年齢が上の相手と交流をすることが上手なので、甘えたり人に頼って何かしてもらうことを得意としています。

裏表のない性格なので警戒心を解くのも巧みなのです。

年上グループに混じれば条件付きですが、人気者になりやすい傾向があります。

まとめ

男性は女性に比べて精神年齢が低いと言われがちですが、その中でも特にすぐ拗ねる男性はいつまでも子供気分が抜けないのです。

その特徴をいいところとして認識するか悪いところとしてイライラするかによって好感度は変わってくるでしょう。

ちょっとしたことですぐ目くじらを立てたり場の雰囲気を白けさせたりする男性は少なくはありません。

そんな子供っぽい言動をしてしまうすぐ拗ねる男性の特徴を挙げていきます。


優越感に浸りたい

なぜすぐ拗ねてしまうのかというと、相手にどれだけ自分を受け入れてもらえるのか試したいという心理があるからです。

わざと手こずらせることで、相手との信頼関係や愛情をはかろうとしています。

相手にとって自分は特別だという優越感に浸りたいのです。

ただ大人になっても子供時代と同様にすぐ拗ねてしまうことを繰り返していると、そのうち愛想を尽かされてしまい、そのことで日常的フラストレーションを溜め込んでいる場合もあるのです。

自分が中心にいないと気が済まない

拗ねることで場の雰囲気を壊したり乱したりするのは、自分自身に関心が集まっていないことへの抗議の意味もあります。

どんな集まりや場所であっても、主役気分でいたい願望が強いのです。

そのため友人グループの集まりや親戚などの集まりでも、盛り上げ役として活躍します。

しかし本人の思い通りに盛り上がってくれないと一気に熱が冷めてしまい、ふて腐れた態度を平気でとってしまうこともあります。

そうならないようにするためには、まわりはすぐ拗ねる男性を手のひらの上で転がすくらいの余裕がないといけません。

悪口を言うが他意はない

感情を抑えることを好まないため、人の悪口をいってしまうのがすぐ拗ねる男性の特徴です。

けれど、本人にしたら別に他意はないという場合がほとんどです。

つまり当人を陥れようとしたり遠回しに別の何かを批判しようとしているわけではないのです。

そういう意味では腹黒くない、ストレートな性格です。

腹に一物がないため職場の同僚や上司にとって、付き合いやすいタイプと評価されることもあるでしょう。

子供扱いすると怒る

日頃は子供っぽい原因ですぐ拗ねてしまうのに、いざ子供扱いしようとすると怒ってしまうのがすぐ拗ねる男性の特徴です。

子供同様に特別待遇で接してほしいと訴えてくる割に、勝手に人に決断されたり無理だと諫めたりすると途端に機嫌が悪くなります。

ご都合主義になりやすい性格で、理解者でないと判断した相手には例え目上であったとしてもきつく当たることもあります。

彼女を母親代わりにしている傾向もある

すぐ拗ねる男性にとって恋人は自分を甘やかしてくれる最良の存在です。

そのため恋人に対して必要以上にかっこつけようとは考えていません。

心を開くのが早く、ありのままの自分自身を見せたいという素直さがあります。

一般的な他の男性と比較すると、彼女を守ってあげないとという意識は低くなりがちです。

すぐ拗ねる男性は彼女を母親のように、どんなことでも受け入れてくれる存在として認識しています。

恋人にはそういった相手を選ぶことが多く、母性に惹かれているのです。

なのですぐ拗ねる男性に頼りがいを求めることは難しいでしょう。

無邪気な言動でグループ内では人気者

稚拙な拗ね方をするので周囲からは呆れられることも珍しくはないですが、年上の相手にとっては無邪気な性格に映ることもあります。

年齢が上の相手と交流をすることが上手なので、甘えたり人に頼って何かしてもらうことを得意としています。

裏表のない性格なので警戒心を解くのも巧みなのです。

年上グループに混じれば条件付きですが、人気者になりやすい傾向があります。

男性は女性に比べて精神年齢が低いと言われがちですが、その中でも特にすぐ拗ねる男性はいつまでも子供気分が抜けないのです。

その特徴をいいところとして認識するか悪いところとしてイライラするかによって好感度は変わってくるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-