【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401113948.html
ギラギラしている男性の特徴

ギラギラしている男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ギラギラしている男性の特徴

ギラギラしている男性といってあなたは何を思い浮かべますか? 言葉の意味を考えると、「ギラギラ」は強烈に光っている様を表す副詞です。

では、そんな光っている意味を指す男性とは一体どのような男性なのでしょうか。

例を挙げて考えていきたいと思います。

  • 某ダンスアーティストのファン。
  • 趣味のバイクやファッションの一環。
  • 目立ちたい。
  • 夜の仕事をしている。
  • 周囲の男性を威嚇している。
  • モテたい。
  • 野心がある。
  • 反骨精神や世の中に不満がある。
  • 不良だった。
  • ギラギラしている男性といってあなたは何を思い浮かべますか?

1. 某ダンスアーティストのファン。

某ダンスアーティストのファン。

ダンスしながら歌う、あの某有名アーティストファンに多いのがこのタイプです。

そのアーティストと似たような格好をしたがります。

確かにかっこいいのですが、一般の社会人が全く同じ感性でいると派手に見られて常識を疑われます。

とくに会社では通用しないので要注意です。

公私混同しないようにしなければならないようです。

2. 趣味のバイクやファッションの一環。

趣味のバイクやファッションの一環。

革のライダースにゴールドやシルバーと言った雰囲気だったり、骸骨モチーフの派手なTシャツだったりを好んで着用します。

バイク好きなのはわかりますが、時と場所を選んで欲しいものです。

また、好きなプライベートのファッションブランドがその傾向の場合もあります。

好みは自由ですから、休日の趣味の時間など楽しめる場所を選べばギラギラしていても良さそうです。

3. 目立ちたい。

目立ちたい。

目立ちたがりな人はギラギラしています。

注目を浴びたいので声が大きいのも特徴です。

流行に敏感で常に話題のネタを探していたりもします。

気持ちはわかりますが、ほどほどにしないと周囲から迷惑な存在と言われてしまいそうです。

4. 夜の仕事をしている。

夜の仕事をしている。

ホストやバーテンダーなどが良い例です。

黒いスーツやギラギラした服装をしていますね。

職業に良し悪しはありませんが、昼間の出社時間の会社の人とはやはり出で立ちが違います。

5. 周囲の男性を威嚇している。

周囲の男性を威嚇している。

コワモテの要素を含んで「強さ」をアピールしている可能性があります。

大袈裟な歩き方をしていたりもします。

喧嘩っぱやいのも特徴で、町中で他人と言い争いなど平気でします。

あまり素行の良くないタイプなので、なるべく一緒にいたくないと感じますね。

6. モテたい。

モテたい。

ギラギラしているということは他の人と差を付けたがっている訳です。

一種の自己アピールですね。

ロックバンドをはじめる男性の理由に「モテたいから」と言うのが以外に多いことをご存じでしょうか。

ギラギラもモテたいという一種のアピールな訳です。

ただ、最近ではギラギラしている男性が女性に人気があるかはわかりません。

草食男子などがもてはやされる時代ですので、逆な傾向があります。

モテにも流行がありそうです。

7. 野心がある。

野心がある。

野望を持った人は目がギラギラしています。

行動も素早く、計算しているかのようです。

獲物を狙う動物も目が鋭いですね。

現代では服装や出で立ちの事もギラギラしているという場合がありますが、この場合に使われている「ギラギラ」は精神面が目つきに表れた事を指しています。

8. 反骨精神や世の中に不満がある。

反骨精神や世の中に不満がある。

世の中に不満があると、態度に出ます。

そして服装にも表れます。

精神面が、外的要素に深く関わっているので好みの色なども変わってきたりします。

9. 不良だった。

不良だった。

これは王道な理由ですね。

学生の頃に不良としてひねくれてしまう人は、金髪だったり派手なものを好んだりしがちです。

そのまま大人になってしまって、ぎらぎらしたままなのでしょう。

社会人になったら不良も卒業した方がよさそうです。

ギラギラしている男性といってあなたは何を思い浮かべますか?

言葉の意味を考えると、「ギラギラ」は強烈に光っている様を表す副詞です。

では、そんな光っている意味を指す男性とは一体どのような男性なのでしょうか。

例を挙げて考えていきたいと思います。

ギラギラしている男性といってあなたは何を思い浮かべますか? 言葉の意味を考えると、「ギラギラ」は強烈に光っている様を表す副詞です。

では、そんな光っている意味を指す男性とは一体どのような男性なのでしょうか。

例を挙げて考えていきたいと思います。


某ダンスアーティストのファン。

ダンスしながら歌う、あの某有名アーティストファンに多いのがこのタイプです。

そのアーティストと似たような格好をしたがります。

確かにかっこいいのですが、一般の社会人が全く同じ感性でいると派手に見られて常識を疑われます。

とくに会社では通用しないので要注意です。

公私混同しないようにしなければならないようです。

趣味のバイクやファッションの一環。

革のライダースにゴールドやシルバーと言った雰囲気だったり、骸骨モチーフの派手なTシャツだったりを好んで着用します。

バイク好きなのはわかりますが、時と場所を選んで欲しいものです。

また、好きなプライベートのファッションブランドがその傾向の場合もあります。

好みは自由ですから、休日の趣味の時間など楽しめる場所を選べばギラギラしていても良さそうです。

目立ちたい。

目立ちたがりな人はギラギラしています。

注目を浴びたいので声が大きいのも特徴です。

流行に敏感で常に話題のネタを探していたりもします。

気持ちはわかりますが、ほどほどにしないと周囲から迷惑な存在と言われてしまいそうです。

夜の仕事をしている。

ホストやバーテンダーなどが良い例です。

黒いスーツやギラギラした服装をしていますね。

職業に良し悪しはありませんが、昼間の出社時間の会社の人とはやはり出で立ちが違います。

周囲の男性を威嚇している。

コワモテの要素を含んで「強さ」をアピールしている可能性があります。

大袈裟な歩き方をしていたりもします。

喧嘩っぱやいのも特徴で、町中で他人と言い争いなど平気でします。

あまり素行の良くないタイプなので、なるべく一緒にいたくないと感じますね。

モテたい。

ギラギラしているということは他の人と差を付けたがっている訳です。

一種の自己アピールですね。

ロックバンドをはじめる男性の理由に「モテたいから」と言うのが以外に多いことをご存じでしょうか。

ギラギラもモテたいという一種のアピールな訳です。

ただ、最近ではギラギラしている男性が女性に人気があるかはわかりません。

草食男子などがもてはやされる時代ですので、逆な傾向があります。

モテにも流行がありそうです。

野心がある。

野望を持った人は目がギラギラしています。

行動も素早く、計算しているかのようです。

獲物を狙う動物も目が鋭いですね。

現代では服装や出で立ちの事もギラギラしているという場合がありますが、この場合に使われている「ギラギラ」は精神面が目つきに表れた事を指しています。

反骨精神や世の中に不満がある。

世の中に不満があると、態度に出ます。

そして服装にも表れます。

精神面が、外的要素に深く関わっているので好みの色なども変わってきたりします。

不良だった。

これは王道な理由ですね。

学生の頃に不良としてひねくれてしまう人は、金髪だったり派手なものを好んだりしがちです。

そのまま大人になってしまって、ぎらぎらしたままなのでしょう。

社会人になったら不良も卒業した方がよさそうです。

言葉の意味を考えると、「ギラギラ」は強烈に光っている様を表す副詞です。

では、そんな光っている意味を指す男性とは一体どのような男性なのでしょうか。

例を挙げて考えていきたいと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-