【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401113358.html
お節介が多い男子の特徴

お節介が多い男子の特徴 | LADYCO

LADYCO
お節介が多い男子の特徴

ありがた迷惑な世話焼きをしようとする男子がいます。

そんなお節介な男子はどんな性格や特徴を持っているのか、見ていくことにしましょう。

  • 心配性
  • 人情に厚い
  • 人とコミュニケーションをとるのが好き
  • 自己本位で、相手の気持ちが読めない
  • 人のことが気になってしかたない
  • まとめ

1. 心配性

心配性

お節介な男子は、人の世話を焼こうとするのですが、そこには「相手の人が心配」という心理があると考えていいでしょう。

たとえば、自分の身近に彼氏と別れた女子がいるとします。

彼氏にフラれて別れた場合、その女子のことが心配でなりません。

「きっと、深く心傷ついているに違いない。

もしかすると男性不信になっているかもしれない」
というように考えるのです。

そして、その女子に「彼氏、紹介しようか?

という申し出をします。

女子のほうはそれほど傷ついておらず、「でも、しばらく恋愛はパスしたいな」と思っているとしましょう。

その場合、男子からの申し出はありがた迷惑なことでしかありませんが、男子のほうは心配心から、そうした世話を焼こうとするのです。

心配性というのが、お節介が多い男子の性格ということになるでしょう。

2. 人情に厚い

人情に厚い

人情家というのも、お節介の多い男子の性格と言っていいでしょう。

困っている人や、落ち込んでいる人、悩みを抱えているような人を見ると、ほうっておくことができません。

人一倍、情が厚いために、「何とかしてあげたい。

その人のためにひと肌脱いであげたい」
と思うのです。

お節介というのは、受ける相手にとっては迷惑なことでしかありませんが、お節介を焼く人のほうは、純粋な親切心からそうしていると考えていいでしょう。

その親切心は、情の深さ、人情の厚さから生まれるものです。

人に対する愛情が深いために、時には自分にとって損になるようなことになっても、あるいはわが身を削ってでも、その人の役に立とうとするのが、お節介が多い男子の特徴といっていいでしょう。

3. 人とコミュニケーションをとるのが好き

人とコミュニケーションをとるのが好き

お節介な男子は、人から頼まれなくても、自発的に人の役に立つことをしようとします。

それは、「人間が好き」だからにほかなりません。

人間が好きで、人間とかかわることが大好きです。

また、人の世話を焼くためには、人とコミュニケーションをとらなくてはならないでしょう。

「人の役に立ちたい」と思っていても、その気持ちを言葉で表現し、「サポートしましょうか」という申し出を相手にうまく伝えることができなければ、人の世話を焼くことはできません。

お節介な人は、人のサポート役を買って出て、相手から「けっこうです」と言われても、「遠慮することないよ」と言って世話を焼くわけですが、そのように相手を説得するコミュニケーション能力をもっていると考えていいでしょう。

人とコミュニケーションをとるのが好きというのも、お節介が多い男子の特徴の一つです。

4. 自己本位で、相手の気持ちが読めない

自己本位で、相手の気持ちが読めない

自分は人に対して親切なことをしていると信じて疑わないのが、お節介が多い男子です。

相手が迷惑に感じているとは、夢にも思っていません。

それは、相手の気持ちを読めないからにほかならないでしょう。

人の世話を焼こうとしたとき、相手が迷惑そうな表情を見せても、それに気づきません。

気づいたとしても、「遠慮しているだけだ」と決めつけてしまいます。

「相手は迷惑に感じているかもしれない」という想像をすることができないのです。

そこには自己本位で主観でしかものごとを見ることができないという特徴があると考えていいでしょう。

5. 人のことが気になってしかたない

人のことが気になってしかたない

人の世話焼きをしたがるのは、人のことが気になってしかたないからです。

常に周囲の人に目を配り、「何か困っていることはないだろうか。

自分の役に立てるようなことはないだろうか」
とチェックしています。

そのため、周囲の人のようすの変化などに気づき、世話焼きをしようとするのです。

周りの人のことが気になってしかたないというのも、お節介が多い男子の性格であり、特徴ということになるでしょう。

まとめ

お節介が多い男子の性格や特徴を、ここでは5種類紹介しました。

身近にお節介な男子がいる方は、その人のことを知るための参考になさってください。

ありがた迷惑な世話焼きをしようとする男子がいます。

そんなお節介な男子はどんな性格や特徴を持っているのか、見ていくことにしましょう。


心配性

お節介な男子は、人の世話を焼こうとするのですが、そこには「相手の人が心配」という心理があると考えていいでしょう。

たとえば、自分の身近に彼氏と別れた女子がいるとします。

彼氏にフラれて別れた場合、その女子のことが心配でなりません。

「きっと、深く心傷ついているに違いない。

もしかすると男性不信になっているかもしれない」
というように考えるのです。

そして、その女子に「彼氏、紹介しようか?

という申し出をします。

女子のほうはそれほど傷ついておらず、「でも、しばらく恋愛はパスしたいな」と思っているとしましょう。

その場合、男子からの申し出はありがた迷惑なことでしかありませんが、男子のほうは心配心から、そうした世話を焼こうとするのです。

心配性というのが、お節介が多い男子の性格ということになるでしょう。

人情に厚い

人情家というのも、お節介の多い男子の性格と言っていいでしょう。

困っている人や、落ち込んでいる人、悩みを抱えているような人を見ると、ほうっておくことができません。

人一倍、情が厚いために、「何とかしてあげたい。

その人のためにひと肌脱いであげたい」
と思うのです。

お節介というのは、受ける相手にとっては迷惑なことでしかありませんが、お節介を焼く人のほうは、純粋な親切心からそうしていると考えていいでしょう。

その親切心は、情の深さ、人情の厚さから生まれるものです。

人に対する愛情が深いために、時には自分にとって損になるようなことになっても、あるいはわが身を削ってでも、その人の役に立とうとするのが、お節介が多い男子の特徴といっていいでしょう。

人とコミュニケーションをとるのが好き

お節介な男子は、人から頼まれなくても、自発的に人の役に立つことをしようとします。

それは、「人間が好き」だからにほかなりません。

人間が好きで、人間とかかわることが大好きです。

また、人の世話を焼くためには、人とコミュニケーションをとらなくてはならないでしょう。

「人の役に立ちたい」と思っていても、その気持ちを言葉で表現し、「サポートしましょうか」という申し出を相手にうまく伝えることができなければ、人の世話を焼くことはできません。

お節介な人は、人のサポート役を買って出て、相手から「けっこうです」と言われても、「遠慮することないよ」と言って世話を焼くわけですが、そのように相手を説得するコミュニケーション能力をもっていると考えていいでしょう。

人とコミュニケーションをとるのが好きというのも、お節介が多い男子の特徴の一つです。

自己本位で、相手の気持ちが読めない

自分は人に対して親切なことをしていると信じて疑わないのが、お節介が多い男子です。

相手が迷惑に感じているとは、夢にも思っていません。

それは、相手の気持ちを読めないからにほかならないでしょう。

人の世話を焼こうとしたとき、相手が迷惑そうな表情を見せても、それに気づきません。

気づいたとしても、「遠慮しているだけだ」と決めつけてしまいます。

「相手は迷惑に感じているかもしれない」という想像をすることができないのです。

そこには自己本位で主観でしかものごとを見ることができないという特徴があると考えていいでしょう。

人のことが気になってしかたない

人の世話焼きをしたがるのは、人のことが気になってしかたないからです。

常に周囲の人に目を配り、「何か困っていることはないだろうか。

自分の役に立てるようなことはないだろうか」
とチェックしています。

そのため、周囲の人のようすの変化などに気づき、世話焼きをしようとするのです。

周りの人のことが気になってしかたないというのも、お節介が多い男子の性格であり、特徴ということになるでしょう。

お節介が多い男子の性格や特徴を、ここでは5種類紹介しました。

身近にお節介な男子がいる方は、その人のことを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-