【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521113020.html
赤ちゃんが抱っこしても泣き止まない時に多い原因

赤ちゃんが抱っこしても泣き止まない時に多い原因 | LADYCO

LADYCO
赤ちゃんが抱っこしても泣き止まない時に多い原因

赤ちゃんは笑っているときは可愛いくて癒されたりしますが、泣いてしまうと慣れていない人はビックリしますよね。 抱っこしても泣き止まないときは何らかの原因があるようです。 そこで、今回は赤ちゃんが抱っこしても泣き止まない時に多い原因についてお届けいたします。

  • 赤ちゃんが抱っこしても泣きやまないのはお腹が空いているとき
  • おむつが汚れている
  • ゲップが上手く出ずに苦しいとき
  • 赤ちゃんが抱っこをしても泣き止まないのは、耳の病気の可能性がある
  • 赤ちゃんが抱っこしても泣き止まないのは睡眠不足が原因
  • 赤ちゃんが泣きやまないのは発熱が原因
  • 赤ちゃんが泣きやまない時は病気や怪我をしている場合もある
  • まとめ

1. 赤ちゃんが抱っこしても泣きやまないのはお腹が空いているとき

赤ちゃんが抱っこしても泣きやまないのはお腹が空いているとき

赤ちゃんがいくら抱っこをしてもなかなか泣き止まない時に多いのは、お腹が空いているときです。 しっかりおっぱいが飲めていないといくら抱っこをしてもおさまらないものです。 新生児で上手におっぱいが飲むことができず寝てしまったり、離乳食時期に遊びながらご飯を食べてそのまま寝てしまったりするような赤ちゃんはお腹が満腹していないため突然火が付いたように泣き始めたりすることも多いようです。

また、何らかの体調不良でおっぱいが飲めなかったり食べ物がお腹に入っていない場合も赤ちゃんは、抱っこをしても泣き止まないことが多いのです。

2. おむつが汚れている

おむつが汚れている

赤ちゃんが抱っこをしてもなかなか泣き止まない時の原因で考えられるのは、おむつです。 おむつが汚れていると赤ちゃんはイライラしてしまいます。 おむつの中の湿度はとても高く少量のおしっこをしてもムレがきつくなってしまい不快感を感じてしまうのです。

また、おむつの中でおむつかぶれやただれなどのトラブルがあるとかゆみや、痛みなどでどうすることができず火が付いたように泣いてしまうことがあるのです。 大人のように言葉で上手く伝えられない分、不快感を泣くことで表しているんでしょうね。

3. ゲップが上手く出ずに苦しいとき

ゲップが上手く出ずに苦しいとき

赤ちゃんが抱っこをしてもなかなか泣き止まない原因で多いのは、ゲップが出なくて苦しいときでしょう。 ゲップは胃の中に溜まった食べ物が消化するときにできるガスです。 小さな赤ちゃんの胃は大人のように完全ではありません。

そのため、おっぱいを飲んで消化吸収がきちんと出来ないときがありゲップが上手く出ない場合も多いといわれています。 ゲップをしないと気管におっぱいが逆流してしまったり、腸に空気が溜まりお腹がパンパンに張ってしまうなどの症状をおこしてしまうためしっかりとゲップをすることが必要なのです。 そんな、大切なゲップがしっかり出ないまんま寝てしまうと、途中で苦しくなって大泣きしてしまうことが多いのです。

4. 赤ちゃんが抱っこをしても泣き止まないのは、耳の病気の可能性がある

赤ちゃんが抱っこをしても泣き止まないのは、耳の病気の可能性がある

赤ちゃんが、抱っこをしても泣き止まない時の原因で多いのが、耳の病気になっている時でしょう。 赤ちゃんは、お母さんのおっぱいを飲んでいて免疫力もあると思われていますが、鼻やのどなどの病気になりやすく中でも耳の病気にかかりやすいといわれています。

耳の病気は風邪気味が続いたり、お風呂の水が耳に入ったり、無意識に耳の中を掻き毟ったりすることでなってしまいます。 耳の半ばに炎症がおこる中耳炎などは痛みが強く不快感も大きいため、赤ちゃんは大泣きすることも多いのです。 赤ちゃんが耳を触りながら大泣きしていたら耳の病気を疑ったらよいかもしれませんね。

5. 赤ちゃんが抱っこしても泣き止まないのは睡眠不足が原因

赤ちゃんが抱っこしても泣き止まないのは睡眠不足が原因

赤ちゃん時期はしっかり寝るのが仕事だといわれるほど、良く寝る赤ちゃんが多いものです。 けれど、睡眠サイクルが整っていない小さな赤ちゃんも多く、そんなときは睡眠不足の状態が続き抱っこをしてもなかなか泣き止まないことも多いのです。

また、環境が変ったり、精神的にストレスを感じていたり、体に何らかの不調を感じていたりしていても、赤ちゃんはしっかり睡眠がとれておらず抱っこをしても泣き止まないことが多いようです。

6. 赤ちゃんが泣きやまないのは発熱が原因

赤ちゃんが泣きやまないのは発熱が原因

赤ちゃんは、機嫌が悪くても家族抱っこされるとたいていが泣き止むものです。 でも、抱っこしてもなかなか泣き止まないときは発熱しているか、発熱前の体の不調を訴えている時なのです。

風邪気味で微熱が出ていたり、急に熱がでる突発性の発熱などの時の体がしんどく赤ちゃんは抱っこをしても泣き止まないことが多いのです。 赤ちゃんはもともと体温が高く少し触ったくらいでは分かりつらく、気がつくと高熱になってしまっていることもあるため、普段から熱の管理をするよう心掛けてあげましょう。

7. 赤ちゃんが泣きやまない時は病気や怪我をしている場合もある

赤ちゃんが泣きやまない時は病気や怪我をしている場合もある

赤ちゃんが泣きやまない原因で、早い対処が必要なのが病気や怪我をしているときです。 風邪だと思っていたら実は肺炎だったり危険な病気になっているときも赤ちゃんは精一杯サインを出すために大泣きすることがあります。

また、骨が折れていたり体に傷があるときも普段とは違う泣き方をするのです。 そんな時は直ちに専門の医療機関で受診するようにしましょう。 少し泣き止んだから大丈夫だと思うのは危険です。 赤ちゃんは体力を振り絞って泣いているため泣き疲れているだけの時があります。 自己判断は禁物です。

まとめ

赤ちゃんが抱っこをしても泣きやまない原因についてご紹介しました。 赤ちゃんは話せないため泣くことで何かのサインを出しているのです。 そのため、泣き止まなかったらしっかりチェックしてあげることが必要ですね。

赤ちゃんは笑っているときは可愛いくて癒されたりしますが、泣いてしまうと慣れていない人はビックリしますよね。 抱っこしても泣き止まないときは何らかの原因があるようです。 そこで、今回は赤ちゃんが抱っこしても泣き止まない時に多い原因についてお届けいたします。


赤ちゃんが抱っこしても泣きやまないのはお腹が空いているとき

赤ちゃんがいくら抱っこをしてもなかなか泣き止まない時に多いのは、お腹が空いているときです。 しっかりおっぱいが飲めていないといくら抱っこをしてもおさまらないものです。 新生児で上手におっぱいが飲むことができず寝てしまったり、離乳食時期に遊びながらご飯を食べてそのまま寝てしまったりするような赤ちゃんはお腹が満腹していないため突然火が付いたように泣き始めたりすることも多いようです。

また、何らかの体調不良でおっぱいが飲めなかったり食べ物がお腹に入っていない場合も赤ちゃんは、抱っこをしても泣き止まないことが多いのです。

おむつが汚れている

赤ちゃんが抱っこをしてもなかなか泣き止まない時の原因で考えられるのは、おむつです。 おむつが汚れていると赤ちゃんはイライラしてしまいます。 おむつの中の湿度はとても高く少量のおしっこをしてもムレがきつくなってしまい不快感を感じてしまうのです。

また、おむつの中でおむつかぶれやただれなどのトラブルがあるとかゆみや、痛みなどでどうすることができず火が付いたように泣いてしまうことがあるのです。 大人のように言葉で上手く伝えられない分、不快感を泣くことで表しているんでしょうね。

1 / 4
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-