【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105244.html
夫婦喧嘩は子供はいない場所でするのがお勧めな理由

夫婦喧嘩は子供はいない場所でするのがお勧めな理由 | LADYCO

LADYCO
夫婦喧嘩は子供はいない場所でするのがお勧めな理由

夫婦喧嘩は子供のいない場所でするのがお勧めな理由を10選でご紹介。

子供への気遣いだけではないメリットもあるので参考にしてみてください。

  • 見たことのない怖い表情を見て怯えてしまう
  • 夫婦の上下関係を知ってしまう
  • 異性や結婚に対するトラウマになってしまう
  • 自分のせいだと責任を感じて苦しむ
  • 裏表があることを知って常に警戒してしまう
  • 悪い言葉、残酷な言葉を覚えてしまう
  • 泣いている方に情が移って相手を敵対してしまう
  • 邪魔されずにゆっくり話し合える
  • 子供には関係ないことだから
  • 言いたいことを全て言える

1. 見たことのない怖い表情を見て怯えてしまう

見たことのない怖い表情を見て怯えてしまう

いつも優しくてにこにこ笑っていた親がある時夫婦喧嘩で見たことのない怖い表情をしてにらみ合っているとします。

それを見た子供は幼ければ幼いほど驚き、トラウマのように記憶にやきついてしまうでしょう。

穏やかな人だと思っていた人もこんな顔をするんだと知って怯えてしまい、その後親の機嫌が直ってからも今までのようにわがままを言ったり甘えることにためらいが生じるようになったりします。

2. 夫婦の上下関係を知ってしまう

夫婦の上下関係を知ってしまう

子供の前では平等またはどちらかが上だと夫婦関係を見せてきたのに喧嘩する姿を見れば本当の上下関係も一目瞭然。

いつもえばっていたお父さんがヘコヘコ謝っている、いつも後ろから支えていたお母さんがえらそうに怒鳴っている、本当はこっちが上だったんだと知ると子供の前で見せていた夫婦の姿はウソだったんだとがっかりしてしまいます。

そのせいでその後も下である親の方を見下したり、上である親の方にいい顔をするようになってしまったら悲しいですね。

3. 異性や結婚に対するトラウマになってしまう

異性や結婚に対するトラウマになってしまう

夫婦喧嘩を見てしまうと異性ってこんな風に怒るんだ、結婚ってこんな風に辛いんだと知ってトラウマとなるでしょう。

恋愛や結婚に恐怖心を感じ、一人の方が気楽でいいやという発想にもなってしまいます。

子供にいつか結婚して欲しいと願うなら子供のうちから夢をつぶさないようにしたいですね。

異性や結婚に対する難しさは大人になってから徐々に伝えていきましょう。

4. 自分のせいだと責任を感じて苦しむ

自分のせいだと責任を感じて苦しむ

夫婦喧嘩の理由は子供が原因になっていることも多いものです。

教育費の問題、進路の問題、友達とのトラブル…それが子供の耳に入ると自分のせいで喧嘩をしていると知り、責任を感じて苦しむことでしょう。

こんなに喧嘩が絶えないのに離婚できないのも自分のせいだなんて思ってしまう子もいます。

子供のことで真剣に話し合う夫婦の姿を知ってもらうのはいいことですが、喧嘩になるほどまでを望んでいる子供なんていませんよね。

5. 裏表があることを知って常に警戒してしまう

裏表があることを知って常に警戒してしまう

夫婦仲のいい姿を見せてきたなら裏表のあることを知って常に親を警戒してしまうようにもなります。

その言葉にはどんな本心が隠されているのだろうかと深読みするようになったり、この表情は機嫌がいいのかな?と顔色を伺うようになったり。

そして親だけではなく先生や友達に対してまでも本当の気持ちを探るクセがつき、人を信用できなくなってしまうので気をつけましょうね。

特に繊細な子供を持つ親御さんは注意が必要です。

6. 悪い言葉、残酷な言葉を覚えてしまう

悪い言葉、残酷な言葉を覚えてしまう

夫婦喧嘩を子供の前で見せてしまうと悪い言葉遣いや相手を陥れるような残酷な言葉を覚えてしまう心配もあります。

それを学校で友達に使ってしまったりする危険性があるので気をつけましょう。

喧嘩の最終はお互いに冷静でいられずについ過剰な言い方になることもあるので、気をつけようと思ってもなかなか難しいのです。

それならいっそ子供の前では喧嘩をしないと決めてしまう方が安全ですね。

7. 泣いている方に情が移って相手を敵対してしまう

泣いている方に情が移って相手を敵対してしまう

純粋な子は泣いている親の方に加勢したくなります。

そして泣かせた親の方を敵対するようになり、態度が悪くなる可能性もあります。

喧嘩の本当の原因なんて関係なく情が移って真実が見えなくなりやすいので知っておきましょう。

親側も子供に味方されて自分を正当化し、喧嘩をこじらせるようなことにならないようにしたいですね。

8. 邪魔されずにゆっくり話し合える

邪魔されずにゆっくり話し合える

子供がいない場所で夫婦喧嘩をした方が子供の存在に気が散ったり話しかけられて会話をストップさせられることなくじっくり話し合うことができます。

子供が家にいる日でどうしても近くにいる時なら部屋を移って「これから話し合う」と宣言するだけでもまだマシ。

しかしできることなら子供が寝静まった夜などに話し合えると理想的ですね。

話を止めずにじっくり話し合うことで解決もスムーズにいくことが多いはずです。

9. 子供には関係ないことだから

子供には関係ないことだから

夫婦喧嘩は夫婦のもの。

子供には全く関係ないものとして二人で解決しようとするべきです。

子供が大きい場合は意見を求めたくなることもあると思いますが、子供からすると本心を言っていいのかどちらかを裏切ることにならないだろうかと苦しんでしまいます。

そんな風に巻き込まずに喧嘩を二人で終わらせられるのが夫婦の理想形ではないでしょうか?

10. 言いたいことを全て言える

子供が近くで聞いていると思うと本当に言いたいことも遠慮したり、相手をフォローしながらの喧嘩になってしまいます。

相手が100%悪くて徹底的に責めたい時にはすっきりできませんし、本当に怒っていることが相手にもいまいち伝わりません。

言うだけ言ってすっきりする喧嘩が目的なら二人だけの空間で話し合うべきです。

そうすれば子供もストレスにならず、言いたい気持ちの親もストレスになりません。

夫婦喧嘩は子供のいない場所でするのがお勧めな理由を10選でご紹介。

子供への気遣いだけではないメリットもあるので参考にしてみてください。


見たことのない怖い表情を見て怯えてしまう

いつも優しくてにこにこ笑っていた親がある時夫婦喧嘩で見たことのない怖い表情をしてにらみ合っているとします。

それを見た子供は幼ければ幼いほど驚き、トラウマのように記憶にやきついてしまうでしょう。

穏やかな人だと思っていた人もこんな顔をするんだと知って怯えてしまい、その後親の機嫌が直ってからも今までのようにわがままを言ったり甘えることにためらいが生じるようになったりします。

夫婦の上下関係を知ってしまう

子供の前では平等またはどちらかが上だと夫婦関係を見せてきたのに喧嘩する姿を見れば本当の上下関係も一目瞭然。

いつもえばっていたお父さんがヘコヘコ謝っている、いつも後ろから支えていたお母さんがえらそうに怒鳴っている、本当はこっちが上だったんだと知ると子供の前で見せていた夫婦の姿はウソだったんだとがっかりしてしまいます。

そのせいでその後も下である親の方を見下したり、上である親の方にいい顔をするようになってしまったら悲しいですね。

異性や結婚に対するトラウマになってしまう

夫婦喧嘩を見てしまうと異性ってこんな風に怒るんだ、結婚ってこんな風に辛いんだと知ってトラウマとなるでしょう。

恋愛や結婚に恐怖心を感じ、一人の方が気楽でいいやという発想にもなってしまいます。

子供にいつか結婚して欲しいと願うなら子供のうちから夢をつぶさないようにしたいですね。

異性や結婚に対する難しさは大人になってから徐々に伝えていきましょう。

自分のせいだと責任を感じて苦しむ

夫婦喧嘩の理由は子供が原因になっていることも多いものです。

教育費の問題、進路の問題、友達とのトラブル…それが子供の耳に入ると自分のせいで喧嘩をしていると知り、責任を感じて苦しむことでしょう。

こんなに喧嘩が絶えないのに離婚できないのも自分のせいだなんて思ってしまう子もいます。

子供のことで真剣に話し合う夫婦の姿を知ってもらうのはいいことですが、喧嘩になるほどまでを望んでいる子供なんていませんよね。

裏表があることを知って常に警戒してしまう

夫婦仲のいい姿を見せてきたなら裏表のあることを知って常に親を警戒してしまうようにもなります。

その言葉にはどんな本心が隠されているのだろうかと深読みするようになったり、この表情は機嫌がいいのかな?と顔色を伺うようになったり。

そして親だけではなく先生や友達に対してまでも本当の気持ちを探るクセがつき、人を信用できなくなってしまうので気をつけましょうね。

特に繊細な子供を持つ親御さんは注意が必要です。

悪い言葉、残酷な言葉を覚えてしまう

夫婦喧嘩を子供の前で見せてしまうと悪い言葉遣いや相手を陥れるような残酷な言葉を覚えてしまう心配もあります。

それを学校で友達に使ってしまったりする危険性があるので気をつけましょう。

喧嘩の最終はお互いに冷静でいられずについ過剰な言い方になることもあるので、気をつけようと思ってもなかなか難しいのです。

それならいっそ子供の前では喧嘩をしないと決めてしまう方が安全ですね。

泣いている方に情が移って相手を敵対してしまう

純粋な子は泣いている親の方に加勢したくなります。

そして泣かせた親の方を敵対するようになり、態度が悪くなる可能性もあります。

喧嘩の本当の原因なんて関係なく情が移って真実が見えなくなりやすいので知っておきましょう。

親側も子供に味方されて自分を正当化し、喧嘩をこじらせるようなことにならないようにしたいですね。

邪魔されずにゆっくり話し合える

子供がいない場所で夫婦喧嘩をした方が子供の存在に気が散ったり話しかけられて会話をストップさせられることなくじっくり話し合うことができます。

子供が家にいる日でどうしても近くにいる時なら部屋を移って「これから話し合う」と宣言するだけでもまだマシ。

しかしできることなら子供が寝静まった夜などに話し合えると理想的ですね。

話を止めずにじっくり話し合うことで解決もスムーズにいくことが多いはずです。

子供には関係ないことだから

夫婦喧嘩は夫婦のもの。

子供には全く関係ないものとして二人で解決しようとするべきです。

子供が大きい場合は意見を求めたくなることもあると思いますが、子供からすると本心を言っていいのかどちらかを裏切ることにならないだろうかと苦しんでしまいます。

そんな風に巻き込まずに喧嘩を二人で終わらせられるのが夫婦の理想形ではないでしょうか?

子供が近くで聞いていると思うと本当に言いたいことも遠慮したり、相手をフォローしながらの喧嘩になってしまいます。

相手が100%悪くて徹底的に責めたい時にはすっきりできませんし、本当に怒っていることが相手にもいまいち伝わりません。

言うだけ言ってすっきりする喧嘩が目的なら二人だけの空間で話し合うべきです。

そうすれば子供もストレスにならず、言いたい気持ちの親もストレスになりません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-