【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521102351.html
子育て中にイライラする旦那の行動

子育て中にイライラする旦那の行動 | LADYCO

LADYCO
子育て中にイライラする旦那の行動

子育て中の母親は何かとイライラしてしまうものですが、それは旦那に対してという場合もかなりあります。

旦那のどんな行動にイライラしてしまうのでしょうか。

  • 早めに帰宅してくれない
  • 人任せと思えるセリフを吐く
  • 自分だけ寝息を立てている
  • 相談しても期待はずれの答えが返ってくる
  • 妻の体型の変化や身だしなみについて指摘する
  • 無駄遣いをする
  • 頼まないと何もしない
  • 休みの日にでかけてしまう
  • 子供にべったりで妻を女性として見てくれない
  • まとめ

1. 早めに帰宅してくれない

早めに帰宅してくれない

特に新生児のうちなど子供に手がかかる頃は夫の育児参加が欠かせません。

しかし、残業ばかりで仕事中心の旦那や職場の飲み会ばかりに参加する旦那似はイライラしてしまいます。

旦那としては働くことで父親としての勤めを果たしているつもりかもしれませんが、取り残された気分になって寂しくなったり自分だけという被害妄想で妻は悩むでしょう。

急いで帰宅してくれるだけで気の利いたことをしてくれなくてもほっとできるということをわかっていないのです。

2. 人任せと思えるセリフを吐く

人任せと思えるセリフを吐く

子育て中ではなくても人任せと思えるセリフを吐かれるとイライラします。

例えば、子供が泣いている時に「ほら、泣いてるよ?いいの?」とか、「おむつ替えたほうがいいんじゃない?」というようなことがあてはまります。

妻にしかできないことならともかく、旦那にだってできることをこんな風にのんきに言われると「あんたの子供でしょ?!」とストレスがたまります。

たとえ妻にしかできないようなことだとしても言われる方の気持ちを考えて言うべきです。

3. 自分だけ寝息を立てている

自分だけ寝息を立てている

新生児の頃は夜泣きや授乳で睡眠時間の確保が難しく、妻は常に寝不足が溜まっています。

それなのに旦那だけ近くで寝息を立ててスヤスヤ寝ている様子を見ると妻はやるせなくなってきます。

「ちょっとくらい子育てを代わって寝させてくれたらいいのに!」と、気の利かない旦那を見ながらイライラしたり苦しくなったりし、孤独感の中で育児を楽しめなくなる可能性もあります。

4. 相談しても期待はずれの答えが返ってくる

相談しても期待はずれの答えが返ってくる

子供が熱を出した、怪我をした、言葉が遅い、あまり食べない…など、子育て中は心配にることが毎日のように起こります。

それを最初に相談できる相手は旦那のはずですが、相談をしても「気にしすぎだよ」とか「大丈夫じゃない?わからないけど」などと適当な返事をされるとイライラが募り、ますます不安にもなってしまいます。

子供のことも自分のこともどうでもいいように思えてくるため、気持ちのすれ違いに繋がっていくでしょう。

5. 妻の体型の変化や身だしなみについて指摘する

妻の体型の変化や身だしなみについて指摘する

産後太りに悩む妻は多いですし、子育て中は忙しくて身だしなみにもなかなか注意を払えません。

しかし、そんな妻に対して「頑張っている証拠」と捉えるのではなく「太ったよね」とはっきり言ってしまう旦那もいます。

「オシャレしないの?」「もうちょっとどうにかならないの?」こんなデリカシーのない言葉の中で子育てをするのは女性として辛い以外の何ものでもないでしょう。

6. 無駄遣いをする

無駄遣いをする

子供ができるとおむつ代や入園料などお金がかかることは簡単に想像できるというのに、そんなことはお構いナシに無駄遣いを続ける旦那もいて妻はイライラしてしまいます。

自分の洋服を買ったり、趣味にお金を浪費したり、ギャンブルでどんどん使い込むなどというのは常に子供のために節約に励む妻から見れば納得がいきません。

7. 頼まないと何もしない

頼まないと何もしない

頼めば快くやってくれる旦那というのは一見いい旦那に感じます。

しかし、忙しい妻は頼まなくても気づいたらどんどんやってほしいと思っているのが本音ですし、そもそも二人の子供なはずなのに「手伝ってと頼む」ということ自体おかしいのでは?と感じたりもします。

頼まないと何もしないということを深く考えてみると、結局は子育ては妻の仕事と思っているからかもしれません。

8. 休みの日にでかけてしまう

休みの日にでかけてしまう

旦那の休みの日は子育てから少しだけ解放されるのでは?と期待している妻も多いですが、その期待を裏切って勝手にでかけてしまう旦那にはイライラするのも納得です。

自由に行動できない妻からすると羨ましくもあって悲しい気持ちになってしまいます。

でかけるなら子供も一緒に連れ出して家族で楽しめる企画をしてくれるならまだマシです。

それに気づかない身勝手な旦那には父性が足りないように思います。

9. 子供にべったりで妻を女性として見てくれない

子供にべったりで妻を女性として見てくれない

子供にべったりで妻をほったらかしたまま、もはや女性としてすら見てくれないような「お父さん」になってしまったような旦那にはイライラします。

子供の面倒はみてくれるので助かる部分もありますが、女性ですからやっぱり女性として見続けてほしいという思いもあります。

その思いが強くなって子供を可愛いと思えなくなる心配もあるのでけっこう危険な要素ではないでしょうか。

まとめ

子育て中はホルモンバランスや生活リズムか崩れることで女性はイライラしやすいものですが、ただでさえこんな時期にさらにイライラさせるのは手がかかる子供よりも旦那の存在ということもあります。

しかしそれに気づいていない旦那も多いので、良好な夫婦関係を築くには言い聞かせるしかないのかもしれません。

子供のためにも夫婦が円満でいられるように努力したいですね。

子育て中の母親は何かとイライラしてしまうものですが、それは旦那に対してという場合もかなりあります。

旦那のどんな行動にイライラしてしまうのでしょうか。


早めに帰宅してくれない

特に新生児のうちなど子供に手がかかる頃は夫の育児参加が欠かせません。

しかし、残業ばかりで仕事中心の旦那や職場の飲み会ばかりに参加する旦那似はイライラしてしまいます。

旦那としては働くことで父親としての勤めを果たしているつもりかもしれませんが、取り残された気分になって寂しくなったり自分だけという被害妄想で妻は悩むでしょう。

急いで帰宅してくれるだけで気の利いたことをしてくれなくてもほっとできるということをわかっていないのです。

人任せと思えるセリフを吐く

子育て中ではなくても人任せと思えるセリフを吐かれるとイライラします。

例えば、子供が泣いている時に「ほら、泣いてるよ?いいの?」とか、「おむつ替えたほうがいいんじゃない?」というようなことがあてはまります。

妻にしかできないことならともかく、旦那にだってできることをこんな風にのんきに言われると「あんたの子供でしょ?!」とストレスがたまります。

たとえ妻にしかできないようなことだとしても言われる方の気持ちを考えて言うべきです。

自分だけ寝息を立てている

新生児の頃は夜泣きや授乳で睡眠時間の確保が難しく、妻は常に寝不足が溜まっています。

それなのに旦那だけ近くで寝息を立ててスヤスヤ寝ている様子を見ると妻はやるせなくなってきます。

「ちょっとくらい子育てを代わって寝させてくれたらいいのに!」と、気の利かない旦那を見ながらイライラしたり苦しくなったりし、孤独感の中で育児を楽しめなくなる可能性もあります。

相談しても期待はずれの答えが返ってくる

子供が熱を出した、怪我をした、言葉が遅い、あまり食べない…など、子育て中は心配にることが毎日のように起こります。

それを最初に相談できる相手は旦那のはずですが、相談をしても「気にしすぎだよ」とか「大丈夫じゃない?わからないけど」などと適当な返事をされるとイライラが募り、ますます不安にもなってしまいます。

子供のことも自分のこともどうでもいいように思えてくるため、気持ちのすれ違いに繋がっていくでしょう。

妻の体型の変化や身だしなみについて指摘する

産後太りに悩む妻は多いですし、子育て中は忙しくて身だしなみにもなかなか注意を払えません。

しかし、そんな妻に対して「頑張っている証拠」と捉えるのではなく「太ったよね」とはっきり言ってしまう旦那もいます。

「オシャレしないの?」「もうちょっとどうにかならないの?」こんなデリカシーのない言葉の中で子育てをするのは女性として辛い以外の何ものでもないでしょう。

無駄遣いをする

子供ができるとおむつ代や入園料などお金がかかることは簡単に想像できるというのに、そんなことはお構いナシに無駄遣いを続ける旦那もいて妻はイライラしてしまいます。

自分の洋服を買ったり、趣味にお金を浪費したり、ギャンブルでどんどん使い込むなどというのは常に子供のために節約に励む妻から見れば納得がいきません。

頼まないと何もしない

頼めば快くやってくれる旦那というのは一見いい旦那に感じます。

しかし、忙しい妻は頼まなくても気づいたらどんどんやってほしいと思っているのが本音ですし、そもそも二人の子供なはずなのに「手伝ってと頼む」ということ自体おかしいのでは?と感じたりもします。

頼まないと何もしないということを深く考えてみると、結局は子育ては妻の仕事と思っているからかもしれません。

休みの日にでかけてしまう

旦那の休みの日は子育てから少しだけ解放されるのでは?と期待している妻も多いですが、その期待を裏切って勝手にでかけてしまう旦那にはイライラするのも納得です。

自由に行動できない妻からすると羨ましくもあって悲しい気持ちになってしまいます。

でかけるなら子供も一緒に連れ出して家族で楽しめる企画をしてくれるならまだマシです。

それに気づかない身勝手な旦那には父性が足りないように思います。

子供にべったりで妻を女性として見てくれない

子供にべったりで妻をほったらかしたまま、もはや女性としてすら見てくれないような「お父さん」になってしまったような旦那にはイライラします。

子供の面倒はみてくれるので助かる部分もありますが、女性ですからやっぱり女性として見続けてほしいという思いもあります。

その思いが強くなって子供を可愛いと思えなくなる心配もあるのでけっこう危険な要素ではないでしょうか。

子育て中はホルモンバランスや生活リズムか崩れることで女性はイライラしやすいものですが、ただでさえこんな時期にさらにイライラさせるのは手がかかる子供よりも旦那の存在ということもあります。

しかしそれに気づいていない旦那も多いので、良好な夫婦関係を築くには言い聞かせるしかないのかもしれません。

子供のためにも夫婦が円満でいられるように努力したいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-