【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514114058.html
反抗期に入ったの中学生の子供との接し方

反抗期に入ったの中学生の子供との接し方 | LADYCO

LADYCO
反抗期に入ったの中学生の子供との接し方

反抗期に入ったの中学生の子供との接し方をまとめました、反抗期の息子や娘とはこうやって接しましょう。

  • 反抗期に入った中学生の特徴
  • 子供の好きなように生活させる
  • イライラしているときはそっとする
  • 「来る者拒まず去る者追わず」で対応
  • 夫婦で共通認識を持つ
  • 適切な距離を保つ
  • 絶対に許せないラインは決めておく
  • 反抗期がない場合もある

1. 反抗期に入った中学生の特徴

反抗期に入った中学生の特徴

反抗期に入った中学生は、それがどんな正論であったとしても、親の言うことに反発するようになります。

反抗期に入ると親の言うことに対して否定的な反応が多くなります。

親の意見を否定しないと気がすまない、これが反抗期最大の特徴なのです。

この特徴の他にも、反抗期には親との行動を避けるようになるという特徴もあります。

それまで親と一緒に買い物をしていたのに、急に単独行動を取るようになります。

今まで親にべったりだった子供が親から離れ始めたら、反抗期が来たんだなと思った方がいいでしょう。

2. 子供の好きなように生活させる

子供の好きなように生活させる

反抗期が来た子供に、あれをしなさいこれをしなさいと言うと、反発されて親子関係が険悪になります。

なので、反抗期が来たらある程度のことは子供の好きなように生活させてみましょう。

もちろん限度というものはありますが、ある程度子供の好きなように生活させることで、 子供が自分自身で生き方というものを学ぶことができる上に、生活力がつきますので、色々なことを子供に任せてみるといいでしょう。

3. イライラしているときはそっとする

イライラしているときはそっとする

人間イライラしている時に話しかけられると誰でも攻撃的になるものです。

だから、子供がイライラしているなと思ったら、しばらく何も言わずそっとしておきましょう。

そうすれば、相手がちょっとしたカッとすることもありませんし、落ち着いた時を見計らって話すことで、余計な喧嘩も回避することができます。

なので、子供がむすっと黙り込んでいたり舌打ちしたりしている時は、しばらく放置しておきましょう。

4. 「来る者拒まず去る者追わず」で対応

「来る者拒まず去る者追わず」で対応

反抗期の子供に対して最も効果的なスタンス、それが来る者拒まず去る者追わずという対応です。

相手がこちらに来る時は、あまり攻撃的な時ではありませんので、ゆっくりと迎え入れて話を聞く、逆に相手がこちらに対して関わりたくないというサインを出している時は、しばらく放置しておく、これが反抗期の子供と関わる上でもっとも大切です。

子供の状態をよく見極めたうえで、今は話をするべき時か距離を取るべきか決めるといいでしょう。

5. 夫婦で共通認識を持つ

夫婦で共通認識を持つ

反抗期に入った子供に対する対応が、夫婦で違うと子供が混乱する時があります。

例えば、夫は反抗期だからといって甘やかしていたらつけあがると強硬な態度を取り、妻が反抗期の子供には優しくしないといけないと優しい態度をとったら、子供はどうしたらいいのかわからなくなります。

なので、子供に対してどのような態度を保つべきか、共通認識を持っておいたほうがいいです。

優しくするのか、それとも厳しくするのか、距離を置くべきか、それとも距離を縮めるべきか、それくらいは夫婦で同じ態度を取ったほうがいいでしょう。

6. 適切な距離を保つ

適切な距離を保つ

反抗期に入った子供は、近付きすぎるとうっとうしいから近付いてくるなと拒否し、遠ざけすぎると私のことに興味がないのかと怒ってくる面倒な存在です。

距離を近くしても遠くしても問題が起こるので、その真ん中の適切な距離を保ち続けていきましょう。

はじめは、どの距離が適切な距離なのかがわからず、悪戦苦闘するでしょうが、そのうち、適切な距離がどの程度の距離か、それがわかってくることでしょう。

7. 絶対に許せないラインは決めておく

絶対に許せないラインは決めておく

反抗期の子供はうかつにつつくと相手が親であっても反撃してきます。

子供がどうしても許せないことをした場合、毅然とした態度で叱る必要があります。

これをしないと、何をやっても許されるんだと子供が勘違いし、とんでもないことをすることがありますので、そうならないように、人を傷つけるなどのことをしたら子供が恐れるくらいの勢いで叱りましょう。

そうすれば、親にとってどこからが許せないラインなのか、それを理解してくれることでしょう。

8. 反抗期がない場合もある

子供には必ず反抗期が来ると思っている人もいますが、実は反抗期がない子供も中にはいます。

このタイプの子供は、大人になるまで親の言うことをよく聞いて育つので、親にとっては手のかからない子になります。

反抗期のない子供は大人になってから問題を起こすという説もありますが、これも確実にそうなると決まったわけではなく、大人になっても特に問題を起こさない子供もたくさんいます。

全ては親の育て方次第なので、子供に反抗期が来なくても深刻に考える必要はありません。

大人になるまでいい子でいてくれてありがたい、くらいの気持ちでドンと構えておけばいいでしょう。

反抗期に入ったの中学生の子供との接し方をまとめました、反抗期の息子や娘とはこうやって接しましょう。


反抗期に入った中学生の特徴

反抗期に入った中学生は、それがどんな正論であったとしても、親の言うことに反発するようになります。

反抗期に入ると親の言うことに対して否定的な反応が多くなります。

親の意見を否定しないと気がすまない、これが反抗期最大の特徴なのです。

この特徴の他にも、反抗期には親との行動を避けるようになるという特徴もあります。

それまで親と一緒に買い物をしていたのに、急に単独行動を取るようになります。

今まで親にべったりだった子供が親から離れ始めたら、反抗期が来たんだなと思った方がいいでしょう。

子供の好きなように生活させる

反抗期が来た子供に、あれをしなさいこれをしなさいと言うと、反発されて親子関係が険悪になります。

なので、反抗期が来たらある程度のことは子供の好きなように生活させてみましょう。

もちろん限度というものはありますが、ある程度子供の好きなように生活させることで、 子供が自分自身で生き方というものを学ぶことができる上に、生活力がつきますので、色々なことを子供に任せてみるといいでしょう。

イライラしているときはそっとする

人間イライラしている時に話しかけられると誰でも攻撃的になるものです。

だから、子供がイライラしているなと思ったら、しばらく何も言わずそっとしておきましょう。

そうすれば、相手がちょっとしたカッとすることもありませんし、落ち着いた時を見計らって話すことで、余計な喧嘩も回避することができます。

なので、子供がむすっと黙り込んでいたり舌打ちしたりしている時は、しばらく放置しておきましょう。

「来る者拒まず去る者追わず」で対応

反抗期の子供に対して最も効果的なスタンス、それが来る者拒まず去る者追わずという対応です。

相手がこちらに来る時は、あまり攻撃的な時ではありませんので、ゆっくりと迎え入れて話を聞く、逆に相手がこちらに対して関わりたくないというサインを出している時は、しばらく放置しておく、これが反抗期の子供と関わる上でもっとも大切です。

子供の状態をよく見極めたうえで、今は話をするべき時か距離を取るべきか決めるといいでしょう。

夫婦で共通認識を持つ

反抗期に入った子供に対する対応が、夫婦で違うと子供が混乱する時があります。

例えば、夫は反抗期だからといって甘やかしていたらつけあがると強硬な態度を取り、妻が反抗期の子供には優しくしないといけないと優しい態度をとったら、子供はどうしたらいいのかわからなくなります。

なので、子供に対してどのような態度を保つべきか、共通認識を持っておいたほうがいいです。

優しくするのか、それとも厳しくするのか、距離を置くべきか、それとも距離を縮めるべきか、それくらいは夫婦で同じ態度を取ったほうがいいでしょう。

適切な距離を保つ

反抗期に入った子供は、近付きすぎるとうっとうしいから近付いてくるなと拒否し、遠ざけすぎると私のことに興味がないのかと怒ってくる面倒な存在です。

距離を近くしても遠くしても問題が起こるので、その真ん中の適切な距離を保ち続けていきましょう。

はじめは、どの距離が適切な距離なのかがわからず、悪戦苦闘するでしょうが、そのうち、適切な距離がどの程度の距離か、それがわかってくることでしょう。

絶対に許せないラインは決めておく

反抗期の子供はうかつにつつくと相手が親であっても反撃してきます。

子供がどうしても許せないことをした場合、毅然とした態度で叱る必要があります。

これをしないと、何をやっても許されるんだと子供が勘違いし、とんでもないことをすることがありますので、そうならないように、人を傷つけるなどのことをしたら子供が恐れるくらいの勢いで叱りましょう。

そうすれば、親にとってどこからが許せないラインなのか、それを理解してくれることでしょう。

子供には必ず反抗期が来ると思っている人もいますが、実は反抗期がない子供も中にはいます。

このタイプの子供は、大人になるまで親の言うことをよく聞いて育つので、親にとっては手のかからない子になります。

反抗期のない子供は大人になってから問題を起こすという説もありますが、これも確実にそうなると決まったわけではなく、大人になっても特に問題を起こさない子供もたくさんいます。

全ては親の育て方次第なので、子供に反抗期が来なくても深刻に考える必要はありません。

大人になるまでいい子でいてくれてありがたい、くらいの気持ちでドンと構えておけばいいでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-