【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517174855.html
育児ができる女性の特徴

育児ができる女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
育児ができる女性の特徴

育児ができる女性はどのような特徴を持っているのでしょうか?

もともと向いている性格や努力によって成り立っているところもあります。

知ってみましょう。

  • 人に尽くすのが好き
  • 褒められなくてもいい
  • 手際がいい
  • ポジティブな性格
  • 体力がある
  • 反面教師の存在がある
  • 調べたり相談することに抵抗がない
  • 社交的である
  • まとめ

1. 人に尽くすのが好き

人に尽くすのが好き

人に尽くすのが好きな女性は育児に向いています。

まずは子供の世話ですが、赤ちゃんのうちはオムツを替えてもミルクを与えても笑ったり感謝してくれたりしません。

それでも楽しいとかこれが自分の務めだと思える気持ちがなくてはやっていけないからです。

子供の世話をしながら夫も世話をやく必要もありますし、人に尽くすのが好きならみすぼらしくなっていく自分も嫌になったりせず認めることができるでしょう。

2. 褒められなくてもいい

褒められなくてもいい

褒められなくても自分が楽しければいいとか、子供や夫が理解してくれているならそれでいいというような女性は育児ができる母になれます。

子育てをしていると虚しくなってくる瞬間もあります。

でも、夫からの信頼や子供からの愛情を感じながら自分に誇りを持って育児ができていると、周りからの評価なんてどうでもいいと思えます。

3. 手際がいい

手際がいい

育児はとにかく忙しいので手際の良さも肝心です。

手際が悪くても頑張ることで良くなっていきますし、努力や人からの協力でもカバーできるのであきらめないでください。

元々手際がいいというだけではなく手際よくやろうという気持ちも大切です。

焦るということではありません。

無駄をいかに削り、ささっと済ませるかが重要なのです。

4. ポジティブな性格

ポジティブな性格

ポジティブな性格でいる方が育児は楽になりますし育児ができる女性として周りにも見てもらえます。

楽観的すぎると子供の病気を見逃したりしてしまうようなことにも繋がりますが、日常的な部分においては極端に悩みすぎないポジティブさがないとストレスがたまります。

自分が無理なら人に頼ろう、子供が泣くならだっこしてあげればいいじゃない、そんな考え方も自分を助けてくれます。

5. 体力がある

体力がある

体力がある方が寝不足にも耐えられ、子供と元気いっぱい遊んであげることができますね。

そんな母親でいる方が子供も嬉しいですし、夫も安心して妻を見ていることができます。

家で育児に専念しすぎると体力も落ちてくるので子供と一緒にストレッチをしたりなるべく公園遊びや散歩をするなどして母親の体力維持も心がけましょう。

休める時は無理せずに休むことも大切なことです。

6. 反面教師の存在がある

反面教師の存在がある

自分の親があまりいい育児をしてくれなかったという実感があり、それを反面教師として自らの育児に生かしていこうという女性もいます。

理解できないママ友のトンデモ育児の姿もそうですが、周りにこのような存在があるおかげで自分は冷静になれて良し悪しがわかるということもあります。

人の失敗や子供の立場で感じてきたことを繰り返さないようにすることで見えている悪い結末だけは防ぐことができます。

7. 調べたり相談することに抵抗がない

調べたり相談することに抵抗がない

育児は自分本位で頑なになってしまうことがありますが、わからないことを調べたり人に相談することに抵抗がないと知らなかった知識を知ることもすんなり受け入れることも可能になります。

悩んでいる時間は無駄ですし、急がなければいけないケースもあると知って行動に移せる女性が理想的ですね。

8. 社交的である

社交的である

社交的な女性は助産師さんやママ友にも育児でわからないことを気軽に相談できます。

だからいろいろなケースを学びながら自分の育児に変えていくことができます。

大人しい女性であってもなるべくママ友の輪に入ろうとしてみてください。

差し伸べてくれる手を払いのけていては誰も助けてはくれませんが、自分から手を伸ばすと掴んでくれる人はいるのです。

まとめ

いかがですか?

育児ができる女性は前向きで頑張りやさんですが、頑張れない時には素直になって助けを求めることができるような可愛げのある女性なのです。

意識して育児を楽しんでみてください。

育児ができる女性はどのような特徴を持っているのでしょうか?

もともと向いている性格や努力によって成り立っているところもあります。

知ってみましょう。


人に尽くすのが好き

人に尽くすのが好きな女性は育児に向いています。

まずは子供の世話ですが、赤ちゃんのうちはオムツを替えてもミルクを与えても笑ったり感謝してくれたりしません。

それでも楽しいとかこれが自分の務めだと思える気持ちがなくてはやっていけないからです。

子供の世話をしながら夫も世話をやく必要もありますし、人に尽くすのが好きならみすぼらしくなっていく自分も嫌になったりせず認めることができるでしょう。

褒められなくてもいい

褒められなくても自分が楽しければいいとか、子供や夫が理解してくれているならそれでいいというような女性は育児ができる母になれます。

子育てをしていると虚しくなってくる瞬間もあります。

でも、夫からの信頼や子供からの愛情を感じながら自分に誇りを持って育児ができていると、周りからの評価なんてどうでもいいと思えます。

手際がいい

育児はとにかく忙しいので手際の良さも肝心です。

手際が悪くても頑張ることで良くなっていきますし、努力や人からの協力でもカバーできるのであきらめないでください。

元々手際がいいというだけではなく手際よくやろうという気持ちも大切です。

焦るということではありません。

無駄をいかに削り、ささっと済ませるかが重要なのです。

ポジティブな性格

ポジティブな性格でいる方が育児は楽になりますし育児ができる女性として周りにも見てもらえます。

楽観的すぎると子供の病気を見逃したりしてしまうようなことにも繋がりますが、日常的な部分においては極端に悩みすぎないポジティブさがないとストレスがたまります。

自分が無理なら人に頼ろう、子供が泣くならだっこしてあげればいいじゃない、そんな考え方も自分を助けてくれます。

体力がある

体力がある方が寝不足にも耐えられ、子供と元気いっぱい遊んであげることができますね。

そんな母親でいる方が子供も嬉しいですし、夫も安心して妻を見ていることができます。

家で育児に専念しすぎると体力も落ちてくるので子供と一緒にストレッチをしたりなるべく公園遊びや散歩をするなどして母親の体力維持も心がけましょう。

休める時は無理せずに休むことも大切なことです。

反面教師の存在がある

自分の親があまりいい育児をしてくれなかったという実感があり、それを反面教師として自らの育児に生かしていこうという女性もいます。

理解できないママ友のトンデモ育児の姿もそうですが、周りにこのような存在があるおかげで自分は冷静になれて良し悪しがわかるということもあります。

人の失敗や子供の立場で感じてきたことを繰り返さないようにすることで見えている悪い結末だけは防ぐことができます。

調べたり相談することに抵抗がない

育児は自分本位で頑なになってしまうことがありますが、わからないことを調べたり人に相談することに抵抗がないと知らなかった知識を知ることもすんなり受け入れることも可能になります。

悩んでいる時間は無駄ですし、急がなければいけないケースもあると知って行動に移せる女性が理想的ですね。

社交的である

社交的な女性は助産師さんやママ友にも育児でわからないことを気軽に相談できます。

だからいろいろなケースを学びながら自分の育児に変えていくことができます。

大人しい女性であってもなるべくママ友の輪に入ろうとしてみてください。

差し伸べてくれる手を払いのけていては誰も助けてはくれませんが、自分から手を伸ばすと掴んでくれる人はいるのです。

いかがですか?

育児ができる女性は前向きで頑張りやさんですが、頑張れない時には素直になって助けを求めることができるような可愛げのある女性なのです。

意識して育児を楽しんでみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-