【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515174640.html
育児中の父親がしてはいけない行動10選

育児中の父親がしてはいけない行動10選 | LADYCO

LADYCO
育児中の父親がしてはいけない行動10選

赤ちゃんが生まれ、いざ子育てへ. .  父親としての心構えや態度もまた大切なものです。

育児中に父親がしてはいけない行動をまとめてみました。

  • 浮気や不倫をする
  • 仕事を理由に育児に関わらない
  • 母子を大声でどなったり、妻と喧嘩をする
  • 家事を手伝わない
  • 育児中にお母さん(妻)の悪口を言う
  • 赤ちゃんの泣き声を聞いてうるさいと言う
  • 外面だけイクメンを装う
  • 妻の話や悩みを聞かない
  • 趣味や遊びに熱中する
  • アルコールやギャンブルに依存する

1. 浮気や不倫をする

浮気や不倫をする

妻の妊娠中や、子供が生まれたころは、夫が一番浮気、不倫しやすいといいます。

妻は妊娠することで、母親として体や心が変化し、異性としての魅力よりも母性を大切にするようになります。

また妊娠中は、夜の営みができなくなるという点もあります。

子が生まれた後も、旦那よりも子育てを優先するのが常です。

そのため夫の方がさびしがり、浮気や不倫に走ってしまうのです。

とはいえ、いくら寂しいからといって浮気や不倫をしてはいけません。

最悪、家庭を壊してしまい、妻も子も守れないのであれば、父親失格です。

2. 仕事を理由に育児に関わらない

仕事を理由に育児に関わらない

仕事を理由に育児に一切かかわらないのもダメです。

夫が忙しいのも、疲れているのも、妻はよく分かっています。

しかし、子育ての大変さや喜びを分かち合うこともまた、夫婦や家族にとって大切な経験になります。

少しでもいいので、ミルクを与えたり、おむつを替えたりすることが大事です。

母親の大変さや命の尊さや育てることのむずかしさを、父として学んでいきましょう。

また、最近の若い男性は、潔癖な人が多く、赤ちゃんの食べこぼしや、使用済みのおむつが触れないといった問題もあるようです。

3. 母子を大声でどなったり、妻と喧嘩をする

母子を大声でどなったり、妻と喧嘩をする

母子を大声でどなったり、赤ちゃんの前で妻と喧嘩するのはやめましょう。

赤ん坊だから覚えていないだろう、忘れるだろうと侮ってはいけません。

幼いころの記憶や経験も脳に影響を与えます。

怒りや暴力をぶつけることで、脳の記憶系統が委縮し、学習能力にも悪影響するのです。

父親のどなり声がトラウマになる子供もいるでしょう。

感情的にならずに冷静に見守り、妻を労わり、子を愛することが大切です。

4. 家事を手伝わない

家事を手伝わない

家事を一切手伝わないのもダメです。

全て、仕事をしているからといって、奥さんに丸投げではよい旦那とは言えません。

手伝う余裕がある時は、積極的にサポートしましょう。

また、ただでさえ子育てに疲れている妻に、家事について文句をいうのもNGです。

要求したりクレームを言ったりする暇があったら、自分で行いましょう。

人として自立することもまた、父親としての成長に大切なことです。

5. 育児中にお母さん(妻)の悪口を言う

育児中にお母さん(妻)の悪口を言う

父親が赤ちゃんのお世話をしている時に、母親の悪口を言うこともダメです。

これは逆もしかりで、一方をないがしろにするような発言を赤ちゃんに言うのはよくないです。

前述の通り、たとえ赤ん坊でも記憶力はあります。

こうした悪口を覚え、一方、あるいは両親への評価が歪んでしまいます。

親といても安心できない、信用できないと思った子は、健全な成長ができない傾向にあるのです。

悪口を言うことよりも褒めることを覚えましょう。

6. 赤ちゃんの泣き声を聞いてうるさいと言う

赤ちゃんの泣き声を聞いてうるさいと言う

赤ちゃんの泣き声を聞いてうるさいと母子に文句を言うこともいけません。

赤ちゃんの仕事は泣くことです。

生きるために泣いて、自分の快・不快や、異常などを、親に伝えるのが役目なのです。

たしかにうるさいと思うこともありますが、何度もあからさまに嫌な顔をしたり、怒ったりするのはモラル違反です。

「明日仕事だから寝なくちゃいけないんだけど」という妻への文句はNGワードです。

自分も赤ん坊の時は泣いていて、親にお世話してもらったということを思い出しましょう。

おのずと軽率な文句は言えなくなるはずです。

7. 外面だけイクメンを装う

外面だけイクメンを装う

流行のイクメンを装うのも残念な行為です。

家では全然、子育てに関与しないのに、外出先では赤ちゃんをあやしたり、ベビーカーを押したり、ミルクをあげたりと、周囲に、できる父親アピールをすることに、母親はうんざりします。

また、薄っぺらいイクメンアピールは、分かる人には虚偽だとすぐバレます。

恥ずかしいので、そうした偽装工作はやめた方が身のためです。

普段から愛情をもって、出来る範囲でいいので、子育てをしましょう。

8. 妻の話や悩みを聞かない

妻の話や悩みを聞かない

妻の話や悩みを聞こうとしない父親もダメです。

子育てや家事に、旦那家族との付き合いにと、妻も様々なストレスを抱えてしまいます。

初めての出産と子育てであれば、より神経質なっても仕方ありません。

そうした辛い状況の妻の悩みや話を聞いてあげることが大切です。

すぐには解決ができなくても、会話をするということだけでも、ストレスの緩和には繋がります。

お互い苛立ちやすい時期ではありますが、思いやりをもってコミュニケーションをしましょう。

9. 趣味や遊びに熱中する

趣味や遊びに熱中する

趣味や遊びに熱中し、子育てをしない父親もよくないです。

気分転換に趣味に打ち込むことは大切ですが、そこに重きを置きすぎてはいけません。

自分は赤ちゃんにつきっきりなのに、丸一日遊びにいく旦那を見て、妻はよく思わないはずです。

また、趣味にお金をかけすぎることもダメです。

将来のため、子供のためにも貯蓄をしたり、保険を見直したり、するべきことをしましょう。

自分の稼いだお金なのだから全部自由に使って良いと思っている人は、結婚には向いていません。

まして、無計画に子供を作ることも許されません。

10. アルコールやギャンブルに依存する

アルコールやギャンブルに依存するのもよくないです。

依存症状がひどく、母子に暴言を浴びせたり、暴力をふるったりすることもあります。

そうした家庭育った子供は、精神的、肉体的に健全に成長できない場合が多いです。

また、母子の前でたばこを吸うのもやめましょう。

煙草を吸った際に出る、煙は周囲の人にも害悪になります。

自分自身だけではなく家族のガンや肺疾患の原因にもなるので、禁煙をおすすめします。

赤ちゃんが生まれ、いざ子育てへ. .  父親としての心構えや態度もまた大切なものです。

育児中に父親がしてはいけない行動をまとめてみました。


浮気や不倫をする

妻の妊娠中や、子供が生まれたころは、夫が一番浮気、不倫しやすいといいます。

妻は妊娠することで、母親として体や心が変化し、異性としての魅力よりも母性を大切にするようになります。

また妊娠中は、夜の営みができなくなるという点もあります。

子が生まれた後も、旦那よりも子育てを優先するのが常です。

そのため夫の方がさびしがり、浮気や不倫に走ってしまうのです。

とはいえ、いくら寂しいからといって浮気や不倫をしてはいけません。

最悪、家庭を壊してしまい、妻も子も守れないのであれば、父親失格です。

仕事を理由に育児に関わらない

仕事を理由に育児に一切かかわらないのもダメです。

夫が忙しいのも、疲れているのも、妻はよく分かっています。

しかし、子育ての大変さや喜びを分かち合うこともまた、夫婦や家族にとって大切な経験になります。

少しでもいいので、ミルクを与えたり、おむつを替えたりすることが大事です。

母親の大変さや命の尊さや育てることのむずかしさを、父として学んでいきましょう。

また、最近の若い男性は、潔癖な人が多く、赤ちゃんの食べこぼしや、使用済みのおむつが触れないといった問題もあるようです。

母子を大声でどなったり、妻と喧嘩をする

母子を大声でどなったり、赤ちゃんの前で妻と喧嘩するのはやめましょう。

赤ん坊だから覚えていないだろう、忘れるだろうと侮ってはいけません。

幼いころの記憶や経験も脳に影響を与えます。

怒りや暴力をぶつけることで、脳の記憶系統が委縮し、学習能力にも悪影響するのです。

父親のどなり声がトラウマになる子供もいるでしょう。

感情的にならずに冷静に見守り、妻を労わり、子を愛することが大切です。

家事を手伝わない

家事を一切手伝わないのもダメです。

全て、仕事をしているからといって、奥さんに丸投げではよい旦那とは言えません。

手伝う余裕がある時は、積極的にサポートしましょう。

また、ただでさえ子育てに疲れている妻に、家事について文句をいうのもNGです。

要求したりクレームを言ったりする暇があったら、自分で行いましょう。

人として自立することもまた、父親としての成長に大切なことです。

育児中にお母さん(妻)の悪口を言う

父親が赤ちゃんのお世話をしている時に、母親の悪口を言うこともダメです。

これは逆もしかりで、一方をないがしろにするような発言を赤ちゃんに言うのはよくないです。

前述の通り、たとえ赤ん坊でも記憶力はあります。

こうした悪口を覚え、一方、あるいは両親への評価が歪んでしまいます。

親といても安心できない、信用できないと思った子は、健全な成長ができない傾向にあるのです。

悪口を言うことよりも褒めることを覚えましょう。

赤ちゃんの泣き声を聞いてうるさいと言う

赤ちゃんの泣き声を聞いてうるさいと母子に文句を言うこともいけません。

赤ちゃんの仕事は泣くことです。

生きるために泣いて、自分の快・不快や、異常などを、親に伝えるのが役目なのです。

たしかにうるさいと思うこともありますが、何度もあからさまに嫌な顔をしたり、怒ったりするのはモラル違反です。

「明日仕事だから寝なくちゃいけないんだけど」という妻への文句はNGワードです。

自分も赤ん坊の時は泣いていて、親にお世話してもらったということを思い出しましょう。

おのずと軽率な文句は言えなくなるはずです。

外面だけイクメンを装う

流行のイクメンを装うのも残念な行為です。

家では全然、子育てに関与しないのに、外出先では赤ちゃんをあやしたり、ベビーカーを押したり、ミルクをあげたりと、周囲に、できる父親アピールをすることに、母親はうんざりします。

また、薄っぺらいイクメンアピールは、分かる人には虚偽だとすぐバレます。

恥ずかしいので、そうした偽装工作はやめた方が身のためです。

普段から愛情をもって、出来る範囲でいいので、子育てをしましょう。

妻の話や悩みを聞かない

妻の話や悩みを聞こうとしない父親もダメです。

子育てや家事に、旦那家族との付き合いにと、妻も様々なストレスを抱えてしまいます。

初めての出産と子育てであれば、より神経質なっても仕方ありません。

そうした辛い状況の妻の悩みや話を聞いてあげることが大切です。

すぐには解決ができなくても、会話をするということだけでも、ストレスの緩和には繋がります。

お互い苛立ちやすい時期ではありますが、思いやりをもってコミュニケーションをしましょう。

趣味や遊びに熱中する

趣味や遊びに熱中し、子育てをしない父親もよくないです。

気分転換に趣味に打ち込むことは大切ですが、そこに重きを置きすぎてはいけません。

自分は赤ちゃんにつきっきりなのに、丸一日遊びにいく旦那を見て、妻はよく思わないはずです。

また、趣味にお金をかけすぎることもダメです。

将来のため、子供のためにも貯蓄をしたり、保険を見直したり、するべきことをしましょう。

自分の稼いだお金なのだから全部自由に使って良いと思っている人は、結婚には向いていません。

まして、無計画に子供を作ることも許されません。

アルコールやギャンブルに依存するのもよくないです。

依存症状がひどく、母子に暴言を浴びせたり、暴力をふるったりすることもあります。

そうした家庭育った子供は、精神的、肉体的に健全に成長できない場合が多いです。

また、母子の前でたばこを吸うのもやめましょう。

煙草を吸った際に出る、煙は周囲の人にも害悪になります。

自分自身だけではなく家族のガンや肺疾患の原因にもなるので、禁煙をおすすめします。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-