【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517174907.html
新生児の夜泣きの対処方法

新生児の夜泣きの対処方法 | LADYCO

LADYCO
新生児の夜泣きの対処方法

待ちに待った赤ちゃんとの生活。

でも思い通りにいかないのも育児。

「なんで寝てくれないの?」そんな悩みを持つ人に提案です。

  • お腹がすいている。
  • おむつが濡れている、漏れている。
  • 適正な体温調節をする。
  • 寝ている周囲の状況を確認する。
  • 睡眠リズムを作る。
  • 抱っこする。
  • 風にあたる。
  • 泣かせておく。
  • お勧めできませんがドライブをするかたもいます

1. お腹がすいている。

お腹がすいている。

お腹がすいていると、寝たと思っていてもすぐに泣きだしてしまいます。

ミルクの人は哺乳瓶の目盛りを見て飲んだ量を確認、母乳の人は飲む前と飲んだ後の体重差で飲んだ量を確認し、それぞれ適量を把握しましょう。

そして飲ませた後は、できるだけゲップさせることも忘れずに。

吐き戻しの苦しさから熟睡できないこともあります。

2. おむつが濡れている、漏れている。

おむつが濡れている、漏れている。

この頃の子どもは排泄機能がまだ未熟なため、おしっこをためておくことができません。

少量でもすぐにおしっこが出ます。

そのため「さっきおむつを変えたばっかりなのに」ということもよくあります。

またうんちも柔らかく、その上、体に対しておむつが大きいとおむつの横から漏れてしまうこともあります。

寝るときだけでなく、衛生面からもいっても普段からおむつはこまめにチェックするようにしましょう。

3. 適正な体温調節をする。

適正な体温調節をする。

夏、暑いからと言ってクーラーや扇風機の冷気が直接当たるところに子どもを寝かせていたり、また冬は寒いからと言って服を着せ過ぎ・布団を掛け過ぎていたりすると、自力での体温調節が未熟なため、不快さから泣きだしてしまいます。

例えば冬の場合、子どもは大人と比較して体温が高いので、大人が着ている服の枚数より1枚減らしましょう。

4. 寝ている周囲の状況を確認する。

寝ている周囲の状況を確認する。

布団が顔にかかっている、枕が合っていない、光が眩しい、音がうるさい、など周りの状況から寝付けないこともあります。

見落としがちなのが、体の下や手のひらに何かが挟まっていてそれが違和感となり泣いてしまうことも。

また虫さされによるかゆみ・痛みから寝付けないこともあります。

熟睡できる状況になっているか周囲の状況を確認してみましょう。

5. 睡眠リズムを作る。

睡眠リズムを作る。

ミルク・母乳を飲んでは寝て、飲んでは寝て。

また卒乳していてもまだまだ体力のない子どもにはお昼寝も必要です。

しかしこの昼間の睡眠が度を越してしまうと、昼間は活動、夜には眠るという睡眠サイクルが狂ってしまい、夜、熟睡することができません。

睡眠は心と体の成長にとても大事な役目を果たします。

これからの成長のためにも昼間の睡眠をコントロールしましょう。

6. 抱っこする。

抱っこする。

身体的な不快からではなく、甘えたくて泣くこともよくあります。

抱っこはなによりの精神安定剤です。

抱っこすることで泣き止むのならしばらく抱っこしてあげてください。

寝たと思って布団に置いたらまた泣く、なんてこともありますが時間の許す限り根気よく抱っこしてあげてください。

抱っこはお互いにとってなによりのコミュニケーションです。

7. 風にあたる。

風にあたる。

ドライブできる状況にない場合は、外に出てみましょう。

暑いから、寒いからといって室内に閉じこもっていると知らず識らずのうちに室内の換気・温度が不快になっているかもしれません。

外の空気に触れることで気分が変わります。

外出が難しければ窓を開けて空気の入れ換えをしてみましょう。

8. 泣かせておく。

泣かせておく。

泣かせることは必ずしも悪いことではありません。

言葉でのコミュニケーションが難しい子どもにとって泣くことは手段の一つです。

それが危険・不快を示すものであれば早急に対処しなければなりませんが、泣くことで気持ちを発散させているのであれば、しばらく泣かせて様子をみて見ることも必要です。

育児にとって正解は一つではありません。

何が正しく何が間違っているかは時に難しい判断です。

子ども一人一人顔も違い、性格も違い、成長の度合いも違います。

しかし「夜泣き」の時期はいつか必ず終わります。

みんな悩んで大変な思いをしながらその時期を過ごしました。

いつか終わりますが、しかし助けが必要ならどうぞ一人で抱え込まないでください。

あなたに助けを差し伸べる手はきっとあります。

9. お勧めできませんがドライブをするかたもいます

車に乗るとよく寝る、という子どもいます。

車の揺れが心地いいリズムをつくるのでしょう。

また車窓を流れる夜景やお気に入りのCDなどで気が紛れ、泣き止むこともあります。

無理に寝かしつけないで、寝る前の環境を変えてあげることも一つの方法です。

ただし運転にはくれぐれも気を付けて。

睡眠不足のままドライブに出かけることのないようにしてください。

待ちに待った赤ちゃんとの生活。

でも思い通りにいかないのも育児。

「なんで寝てくれないの?」そんな悩みを持つ人に提案です。


お腹がすいている。

お腹がすいていると、寝たと思っていてもすぐに泣きだしてしまいます。

ミルクの人は哺乳瓶の目盛りを見て飲んだ量を確認、母乳の人は飲む前と飲んだ後の体重差で飲んだ量を確認し、それぞれ適量を把握しましょう。

そして飲ませた後は、できるだけゲップさせることも忘れずに。

吐き戻しの苦しさから熟睡できないこともあります。

おむつが濡れている、漏れている。

この頃の子どもは排泄機能がまだ未熟なため、おしっこをためておくことができません。

少量でもすぐにおしっこが出ます。

そのため「さっきおむつを変えたばっかりなのに」ということもよくあります。

またうんちも柔らかく、その上、体に対しておむつが大きいとおむつの横から漏れてしまうこともあります。

寝るときだけでなく、衛生面からもいっても普段からおむつはこまめにチェックするようにしましょう。

適正な体温調節をする。

夏、暑いからと言ってクーラーや扇風機の冷気が直接当たるところに子どもを寝かせていたり、また冬は寒いからと言って服を着せ過ぎ・布団を掛け過ぎていたりすると、自力での体温調節が未熟なため、不快さから泣きだしてしまいます。

例えば冬の場合、子どもは大人と比較して体温が高いので、大人が着ている服の枚数より1枚減らしましょう。

寝ている周囲の状況を確認する。

布団が顔にかかっている、枕が合っていない、光が眩しい、音がうるさい、など周りの状況から寝付けないこともあります。

見落としがちなのが、体の下や手のひらに何かが挟まっていてそれが違和感となり泣いてしまうことも。

また虫さされによるかゆみ・痛みから寝付けないこともあります。

熟睡できる状況になっているか周囲の状況を確認してみましょう。

睡眠リズムを作る。

ミルク・母乳を飲んでは寝て、飲んでは寝て。

また卒乳していてもまだまだ体力のない子どもにはお昼寝も必要です。

しかしこの昼間の睡眠が度を越してしまうと、昼間は活動、夜には眠るという睡眠サイクルが狂ってしまい、夜、熟睡することができません。

睡眠は心と体の成長にとても大事な役目を果たします。

これからの成長のためにも昼間の睡眠をコントロールしましょう。

抱っこする。

身体的な不快からではなく、甘えたくて泣くこともよくあります。

抱っこはなによりの精神安定剤です。

抱っこすることで泣き止むのならしばらく抱っこしてあげてください。

寝たと思って布団に置いたらまた泣く、なんてこともありますが時間の許す限り根気よく抱っこしてあげてください。

抱っこはお互いにとってなによりのコミュニケーションです。

風にあたる。

ドライブできる状況にない場合は、外に出てみましょう。

暑いから、寒いからといって室内に閉じこもっていると知らず識らずのうちに室内の換気・温度が不快になっているかもしれません。

外の空気に触れることで気分が変わります。

外出が難しければ窓を開けて空気の入れ換えをしてみましょう。

泣かせておく。

泣かせることは必ずしも悪いことではありません。

言葉でのコミュニケーションが難しい子どもにとって泣くことは手段の一つです。

それが危険・不快を示すものであれば早急に対処しなければなりませんが、泣くことで気持ちを発散させているのであれば、しばらく泣かせて様子をみて見ることも必要です。

育児にとって正解は一つではありません。

何が正しく何が間違っているかは時に難しい判断です。

子ども一人一人顔も違い、性格も違い、成長の度合いも違います。

しかし「夜泣き」の時期はいつか必ず終わります。

みんな悩んで大変な思いをしながらその時期を過ごしました。

いつか終わりますが、しかし助けが必要ならどうぞ一人で抱え込まないでください。

あなたに助けを差し伸べる手はきっとあります。

車に乗るとよく寝る、という子どもいます。

車の揺れが心地いいリズムをつくるのでしょう。

また車窓を流れる夜景やお気に入りのCDなどで気が紛れ、泣き止むこともあります。

無理に寝かしつけないで、寝る前の環境を変えてあげることも一つの方法です。

ただし運転にはくれぐれも気を付けて。

睡眠不足のままドライブに出かけることのないようにしてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-