【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521102406.html
飲みニケーションがうまい女性の特徴

飲みニケーションがうまい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
飲みニケーションがうまい女性の特徴

友達や同僚の中にひとりくらいいて欲しい「飲みニケーションがうまい女性」とはどんな特徴を持っている人を言うのでしょうか。 ぜひ目指してみたいですね。

  • お酒に強く泥酔しない
  • お酒の席でも礼儀やマナーを守る
  • 場を盛り上げようと意識する
  • その人が好む雰囲気作りができる
  • いじると面白くなる人をうまく生かす
  • お店選びのセンスがいい
  • 雰囲気が悪くなる重たい話や暗い歌を避ける
  • まとめ

1. お酒に強く泥酔しない

お酒に強く泥酔しない

泥酔してしまうと盛り上げることも話をちゃんと聞くこともままならなくなってしまいますので、お酒に強い女性の方が飲みニケーションを意識した言動も意識することが可能と考えます。

冷静でいられれば周りに配慮できる余裕があるのでみんなが気持ちのいい空間作りができます。 真剣な話にも付き合うことができ、相手からの信頼も得ることができるでしょう。 ただ、お酒が強すぎてもつまらなそうな素振りを見せると周りをしらけさせてしまうため、酔っていなくても楽しそうに振舞う心がけを忘れないようにしてください。

2. お酒の席でも礼儀やマナーを守る

お酒の席でも礼儀やマナーを守る

お酒の席でテンションが上がってしまって馴れ馴れしくなりすぎたりマナーが悪くなるような女性は周りにひかれてしまいます。 飲みニケーションがうまい女性と言われる人は「無礼講でいいから」とか「楽しもう!」と言われても最低限の礼儀やマナーをちゃんと守る女性に当てはまるのではないでしょうか。

そのおかげで目上の人を不機嫌にさせたり部下が恥ずかしい思いをすることもなくなります。 彼氏なら彼女の品の良さに惚れ直すということもありそうです。 ただ、真面目過ぎてもしらけます。 適度な加減が必要になってきます。

3. 場を盛り上げようと意識する

場を盛り上げようと意識する

大勢の飲み会では自分が話したい人の隣に座って他の人とのコミュニケーションを意識していない行動をとる女性を見かけることがありますが、それでは全体としてのコミュニケーションは良い状態と言えません。

自分勝手に思えてしまいますし、仕方なく参加しているようにも見えて周りをがっかりさせます。 理想的なのは話に入り込みすぎないようにして盛り上げるべき場面ではしっかりそちらに意識を向け反応することです。 多くの中のひとりであるという認識が飲みニケーションを良くします。

4. その人が好む雰囲気作りができる

その人が好む雰囲気作りができる

飲みニケーションを意識するからといってはしゃぐことでみんなが喜ぶとは言い切れません。 中には静かに飲みたい人もいますし、飲むよりも食事を楽しみに参加しているような人もいます。

飲みニケーションがうまい女性は一緒に飲む相手がどんな雰囲気を好むのかを考えてお店を選んだり飲んだりすることができます。 ゆっくりじっくり飲みたい人とは騒がしいお店を避けて予約するとか、お酒より食事重視の人となら飲む量を控えたり食事が美味しいと評判のお店で一緒に食べることを楽しむなどということができる女性です。

5. いじると面白くなる人をうまく生かす

いじると面白くなる人をうまく生かす

飲みニケーションを意識しても自分だけの工夫や努力ではうまくいかないこともあるため、その場でいじると面白くなりそうな人を目ざとく見つけることができると便利です。

それができれば飲みニケーションがうまい女性という印象を与えることも可能でしょう。 歌がうまい人に得意な曲をリクエストしてみたり、誕生日の人や出生が決まっている人をお祝いするように働きかけたりすることで、ただ飲んでいるだけの席が違う盛り上がりを見せることもあります。

6. お店選びのセンスがいい

お店選びのセンスがいい

飲みニケーションを充実させたものにするためにはお店選びのセンスも必要になってきます。 楽しい話題も薄暗く陰気な雰囲気の店内では台無しですし、深刻な悩み相談を賑やかすぎるお店で聞くのも騒々しすぎて何度も聞き返さなければいけないという事態になってしまうかもしれません。

相手がどんなお店を選んでくれるかというのはその飲みの席の大切な掴みの部分です。 そこから自分を気に入ってもらえば飲みニケーションにも活かせますし、そこまで考えてくれる人とならまた飲みたいと感じてくれるはずです。

7. 雰囲気が悪くなる重たい話や暗い歌を避ける

雰囲気が悪くなる重たい話や暗い歌を避ける

せっかくの楽しい飲み会なのに雰囲気が悪くなるような重たい話をしてしまうと空気が読めない人というレッテルを貼られてしまいます。

そんな人とは飲みニケーションを諦めてしまうこともあるでしょう。 飲みニケーションがうまい女性というのは、自分が重い話をしたり暗めの曲を歌いたくても雰囲気に合わなければそれを控えることができる空気が読める人のことを言うのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。 飲みニケーションを意識するがために羽目を外しすぎて酔いつぶれたり失礼なことを言ってしまうのは周りに迷惑をかけるだけです。 あくまでもみんなが気持ちよく飲めることを考えながら過ごすのが大切ですから、まずは自分自身が楽しく飲めるようにお酒の量や飲むペースを意識しつつ周りへの気遣いも忘れないでください。

ひとりがそうやって意識することで周りも自然とそんな空気ができて雰囲気が良くなっていきます。 誰かが始める前に真っ先に行動に移せる女性になりたいですね。

友達や同僚の中にひとりくらいいて欲しい「飲みニケーションがうまい女性」とはどんな特徴を持っている人を言うのでしょうか。 ぜひ目指してみたいですね。


お酒に強く泥酔しない

泥酔してしまうと盛り上げることも話をちゃんと聞くこともままならなくなってしまいますので、お酒に強い女性の方が飲みニケーションを意識した言動も意識することが可能と考えます。

冷静でいられれば周りに配慮できる余裕があるのでみんなが気持ちのいい空間作りができます。 真剣な話にも付き合うことができ、相手からの信頼も得ることができるでしょう。 ただ、お酒が強すぎてもつまらなそうな素振りを見せると周りをしらけさせてしまうため、酔っていなくても楽しそうに振舞う心がけを忘れないようにしてください。

お酒の席でも礼儀やマナーを守る

お酒の席でテンションが上がってしまって馴れ馴れしくなりすぎたりマナーが悪くなるような女性は周りにひかれてしまいます。 飲みニケーションがうまい女性と言われる人は「無礼講でいいから」とか「楽しもう!」と言われても最低限の礼儀やマナーをちゃんと守る女性に当てはまるのではないでしょうか。

そのおかげで目上の人を不機嫌にさせたり部下が恥ずかしい思いをすることもなくなります。 彼氏なら彼女の品の良さに惚れ直すということもありそうです。 ただ、真面目過ぎてもしらけます。 適度な加減が必要になってきます。

場を盛り上げようと意識する

大勢の飲み会では自分が話したい人の隣に座って他の人とのコミュニケーションを意識していない行動をとる女性を見かけることがありますが、それでは全体としてのコミュニケーションは良い状態と言えません。

自分勝手に思えてしまいますし、仕方なく参加しているようにも見えて周りをがっかりさせます。 理想的なのは話に入り込みすぎないようにして盛り上げるべき場面ではしっかりそちらに意識を向け反応することです。 多くの中のひとりであるという認識が飲みニケーションを良くします。

その人が好む雰囲気作りができる

飲みニケーションを意識するからといってはしゃぐことでみんなが喜ぶとは言い切れません。 中には静かに飲みたい人もいますし、飲むよりも食事を楽しみに参加しているような人もいます。

飲みニケーションがうまい女性は一緒に飲む相手がどんな雰囲気を好むのかを考えてお店を選んだり飲んだりすることができます。 ゆっくりじっくり飲みたい人とは騒がしいお店を避けて予約するとか、お酒より食事重視の人となら飲む量を控えたり食事が美味しいと評判のお店で一緒に食べることを楽しむなどということができる女性です。

いじると面白くなる人をうまく生かす

飲みニケーションを意識しても自分だけの工夫や努力ではうまくいかないこともあるため、その場でいじると面白くなりそうな人を目ざとく見つけることができると便利です。

それができれば飲みニケーションがうまい女性という印象を与えることも可能でしょう。 歌がうまい人に得意な曲をリクエストしてみたり、誕生日の人や出生が決まっている人をお祝いするように働きかけたりすることで、ただ飲んでいるだけの席が違う盛り上がりを見せることもあります。

お店選びのセンスがいい

飲みニケーションを充実させたものにするためにはお店選びのセンスも必要になってきます。 楽しい話題も薄暗く陰気な雰囲気の店内では台無しですし、深刻な悩み相談を賑やかすぎるお店で聞くのも騒々しすぎて何度も聞き返さなければいけないという事態になってしまうかもしれません。

相手がどんなお店を選んでくれるかというのはその飲みの席の大切な掴みの部分です。 そこから自分を気に入ってもらえば飲みニケーションにも活かせますし、そこまで考えてくれる人とならまた飲みたいと感じてくれるはずです。

雰囲気が悪くなる重たい話や暗い歌を避ける

せっかくの楽しい飲み会なのに雰囲気が悪くなるような重たい話をしてしまうと空気が読めない人というレッテルを貼られてしまいます。

そんな人とは飲みニケーションを諦めてしまうこともあるでしょう。 飲みニケーションがうまい女性というのは、自分が重い話をしたり暗めの曲を歌いたくても雰囲気に合わなければそれを控えることができる空気が読める人のことを言うのではないでしょうか。

いかがでしょうか。 飲みニケーションを意識するがために羽目を外しすぎて酔いつぶれたり失礼なことを言ってしまうのは周りに迷惑をかけるだけです。 あくまでもみんなが気持ちよく飲めることを考えながら過ごすのが大切ですから、まずは自分自身が楽しく飲めるようにお酒の量や飲むペースを意識しつつ周りへの気遣いも忘れないでください。

ひとりがそうやって意識することで周りも自然とそんな空気ができて雰囲気が良くなっていきます。 誰かが始める前に真っ先に行動に移せる女性になりたいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-