【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171209172406.html
食べるのが遅い女性に共通する特徴と性格

食べるのが遅い女性に共通する特徴と性格 | LADYCO

LADYCO
食べるのが遅い女性に共通する特徴と性格

一緒に食事をしていてもなかなか食べ終わらない、食べるのが遅い女性に共通する特徴や、性格についてご紹介します。

  • 性格的にマイペースである
  • 何事にも夢中になりやすい性格である
  • お嬢さん育ちの可能性がある
  • 家族や兄弟・姉妹が少ない
  • 健康的な食べ方を実践している
  • そもそも素早い行動や判断が苦手である
  • 控えめな性格である
  • 自信家ゆえに食事が遅い場合もある
  • まとめ

1. 性格的にマイペースである

性格的にマイペースである

自分は食べるのが遅いことに無自覚で、食べるペースを人と合わせようとしない女性の場合、性格的にマイペースであることが考えられます。

彼女は食べるのが遅いことを指摘されたことが無く、また指摘されたとしてもあまり気にしない性格で、今まで育ってきた環境の中で、周囲のペースに合わせて食べるように、厳しく言いつけられた経験がほとんどありません。

食べるペースを合わせたり、歩調も合わせずらいなど、マイペースゆえのつきあいの難しさがある半面、のんびりとした、気の長い性格であることも多く、喧嘩しにくい性格です。

2. 何事にも夢中になりやすい性格である

何事にも夢中になりやすい性格である

食べることが遅い女性は、何事にも夢中になりやすい傾向があります。

友達との食事ではおしゃべりに夢中になり、一人での食事ではスマホに夢中になり、食事より周囲の環境に気を取られてしまい、食事のリズムが損なわれ、ペースが乱れてしまうのです。

パスタを上手に巻こうとしたり、分厚いサンドイッチをきれいに食べようとしたり、嫌いなニンジンを弾いたりしていることに夢中になり、食べるのが遅くなってしまうこともあります。

3. お嬢さん育ちの可能性がある

お嬢さん育ちの可能性がある

自分は食べるのが遅いと自覚しているのに、早く食べられない女性もいます。

一生懸命早く食べる努力をしていても、食事が終わるのはいつも最後になってしまうと、気に病んでいる女性もいます。

そういう女性は、幼い頃から、よく噛んで食べるように躾けられていたり、喉や胃が早食いを受け付けない体質である可能性もあり、その場合は早く食べる訓練を日々繰り返しても、なかなか克服しにくいようです。

また名家の出身の方は、総じて食べるのが遅いことが多く、幼少期から食事をせかされた経験がない、お嬢さん育ちの可能性もあります。

4. 家族や兄弟・姉妹が少ない

家族や兄弟・姉妹が少ない

一般的に、家族の人数が多い家庭では、食事が奪い合いになる傾向が強く、そのため「早く食べないと食べ物が無くなってしまう」という経験を積んでいることが多いようです。

つまり、兄弟や家族が多い家に生まれると、自然と食べるのが早くなることが多いのです。

裏を返せば、食べるのが遅い女性には、食事の奪い合いになる経験があまりなかった、と分析できます。

つまり、兄弟姉妹が少ない、または一人っ子などが多いと考えられます。

5. 健康的な食べ方を実践している

健康的な食べ方を実践している

食べるのが遅い女性の中には、あえて健康に留意して、遅くしている場合があります。

一般的に、ゆっくり食事をすることで、食事中に満腹感が得られ、食べ過ぎが減らせると言われており、食べる速度の速いほど、BMIが高いという報告もあるほどです。

以前は食べる速度が普通だったのに、最近食べるのが遅くなったという女性の場合は、健康やダイエットのためにあえて遅くしている可能性があります。

6. そもそも素早い行動や判断が苦手である

そもそも素早い行動や判断が苦手である

食事が遅い女性は、素早い行動や判断が苦手という特徴があります。

例えば、食事のメニュー、洋服、旅行先をどうするか、いつもなかなか決められず、容易そうな判断でも重く悩むタイプの女性がいますが、こういう女性は素早い動作も苦手で、更に食べるのも遅い傾向が強いです。

そういう女性はステーキの肉をカットするのも遅いですし、熱いラーメンを無理にすするのも苦手、ハンバーガーを口いっぱいにほおばるもの嫌いで、適温で適量の食べ物を少しずつ、ゆっくりと噛みしめながら食べるのが彼女のペースなのです。

7. 控えめな性格である

控えめな性格である

食べるのが遅い女性は、今まで食事を奪い合った経験が少ないと分析できます。

幼少期から定期的に食事が与えられていた可能性が高いため、強い食欲がなく、とにかくガツガツ食べたいと思ったり、他人より先に食べておきたいと思う欲求も薄めです。

いつも適度な要求に満たされていたため、確固たる意志を自覚しづらく、性格的に控えめになりがちです。

欲しがる必要が無く、奉仕されることの方が得意で、ある意味とても女性らしい性格といえます。

8. 自信家ゆえに食事が遅い場合もある

自信家ゆえに食事が遅い場合もある

食事のペースが遅い女性の中には、稀に、自信家であるがゆえに遅いという人がいます。

常に自分の行動に自信があり、時間の使い方やペース配分にもゆとりがあるのです。

自らの考えに疑いもなく、とにかく自信たっぷりで、落ち着いた状態で、ゆったりとよく噛んで食事を摂っている内に、食べるのが遅くなっていくのです。

一種のマイペース人間であり、周囲とペースをあわせる気持ちもない、という証ともいえます。

まとめ

食べるのが遅い女性の中は、それを自覚して思い悩んでいて、努力を重ねて早く食べようとしている場合があります。

そういう女性は、どうか温かく見守ってあげてください。

一方、食べるのが遅いけれど、食事ペースを上げる気が全くない、マイペースな女性もいます。

その場合は、今後、彼女のペースにあわせる必要が出てくるでしょう。

こういった特徴や性格を参考に、食べるのが遅い女性に接してみてください。

一緒に食事をしていてもなかなか食べ終わらない、食べるのが遅い女性に共通する特徴や、性格についてご紹介します。


性格的にマイペースである

自分は食べるのが遅いことに無自覚で、食べるペースを人と合わせようとしない女性の場合、性格的にマイペースであることが考えられます。

彼女は食べるのが遅いことを指摘されたことが無く、また指摘されたとしてもあまり気にしない性格で、今まで育ってきた環境の中で、周囲のペースに合わせて食べるように、厳しく言いつけられた経験がほとんどありません。

食べるペースを合わせたり、歩調も合わせずらいなど、マイペースゆえのつきあいの難しさがある半面、のんびりとした、気の長い性格であることも多く、喧嘩しにくい性格です。

何事にも夢中になりやすい性格である

食べることが遅い女性は、何事にも夢中になりやすい傾向があります。

友達との食事ではおしゃべりに夢中になり、一人での食事ではスマホに夢中になり、食事より周囲の環境に気を取られてしまい、食事のリズムが損なわれ、ペースが乱れてしまうのです。

パスタを上手に巻こうとしたり、分厚いサンドイッチをきれいに食べようとしたり、嫌いなニンジンを弾いたりしていることに夢中になり、食べるのが遅くなってしまうこともあります。

1 / 4
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-