【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180113135708.html
水色が似合う女性の特徴

水色が似合う女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
水色が似合う女性の特徴

人にはファッションにおいてそれぞれ似合う色とそうでない色があります。

それは見た目的な問題であったり、周囲の人からの印象という部分も関係してくるでしょう。

たとえば、いつも男の子のようにおてんばな女の子が女の子らしいピンクのお洋服を着けると、どこかしっくりこないということはありませんか。

色が人に与える印象とそれを身につける人の普段の印象がかけ離れていると、チグハグな感じがしてしまうのです。

また、自分が好きな色が必ずしも自分に似合う色ではないということも自覚しておかなければならないでしょう。

今回は「水色が似合う女性の特徴」について書いていきます。

  • 色白であること
  • 落ち着いた印象の女性
  • ジェンダーを前に出さない女性
  • 若過ぎない女性
  • ヘアスタイルがスッキリ見える女性
  • 普段から寒色を身につけている女性
  • まとめ

1. 色白であること

色白であること

水色という色は、青と白を混ぜた色です。

赤やオレンジのようなビビットカラーではないのです。

つまり“うすい色"なのです。

ですので、どちらかというと日に焼けた小麦色の肌よりも、透き通るような色白の女性に似合う色と言えるのではないでしょうか。

色白ではないにしても、顔立ちが“薄め"ということでも良いでしょう。

ちなみにこの顔立ちや肌の色に関しては、どうしようも変えられないと思うかもしれませんが、それは違います。

変える方法は「メイク」です。

ファンデーションの色を明るくしたり、ナチュラルに見えるようなメイクに変えるのです。

そうすることで、水色という色にマッチする“色素の薄い"顔立ちを演出できます。

2. 落ち着いた印象の女性

落ち着いた印象の女性

色が人に与えるイメージから考えていきましょう。

水色は「青色」の性質が入っていることから、寒色という分類です。

そして「青色」が人に与える印象は、"冷たい“だとか"ドライ“というものでしょうが水色はそれほどのきついイメージではないはずです。

そうは言っても、赤色やオレンジ色のような「暖色」の与えるような"温かい“だとかいうイメージでもないはずです。

つまり、冷たくはないけれど熱くもない。

具体的なイメージとしては、"涼しげ“だとか"清楚““冷静沈着"というものではないでしょうか。

ですので、何事にも一生懸命でエネルギッシュな女性よりも、落ち着いていて涼やかに微笑んでいるような女性にこそ「水色」は似合うのです。

3. ジェンダーを前に出さない女性

ジェンダーを前に出さない女性

これも水色の与える印象の1つなのですが、水色はピンク色のように明らかな「女性らしい色」ではありません。

かといってボーイッシュとまではいかないというのが水色の印象ではないでしょうか。

つまり女性らしくありながらも、それをわざわざ主張しないということです。

ですので女性らしいプロポーションを強調するようなファッションを好むような女性ではなく、清楚な女性らしさを好む女性にこそ似合う色だと言えるでしょう。

4. 若過ぎない女性

若過ぎない女性

水色は落ち着いた印象を周囲の人に与えるので、若くてキャピキャピしているような女性には似合わないでしょう。

また、年齢の割に若作りをしているような女性にもそぐわないはずです。

それがよくわかるのは、和服です。

たとえば二十歳で振袖を着るときは、水色よりも赤色やピンク色などハッキリしたような原色に近い色合いのものが多いです。

そしてその振袖というのは“未婚"であるという意味合いもあります。

一方で年齢を問わず、未婚か既婚かも関係なく着られる「訪問着」というものは薄い黄色や水色が一般的です。

日本では昔から、若いときには“派手な"色合いを着て、そこから少し年齢を重ねると“落ち着いた"色合いのものを着るという習慣があるのです。

5. ヘアスタイルがスッキリ見える女性

ヘアスタイルがスッキリ見える女性

水色の与える印象から、奇抜なヘアスタイルや色の髪は似合わないということは想像がつくはずです。

そして、水色のファッションではスッキリとまとまった髪型が良いと思われます。

ロングヘアよりもショートやミディアムヘアのほうがしっくりくるでしょう。

もしもロングヘアのときには、ツインテールやポニーテールのようなスタイルではなく、お団子にまとめたほうがスッキリ見えることからそのヘアスタイルをオススメします。

これは先ほど述べた、女性らしさを押し出し過ぎないということにも関わってきます。

6. 普段から寒色を身につけている女性

普段から寒色を身につけている女性

これは当たり前のことかもしれませんが、普段から寒色を身につけている女性は「水色」の服や差し色としての小物使いも他の人よりも長けています。

また、人の目の意識も「寒色を身につける人」として定着しているはずなので目新しい印象を与えたり、悪目立ちすることもないでしょう。

まとめ

このように「水色が似合う女性の特徴」というのが分かれば、自分をそこに近づけることができるはずです。

そのためには自分をしっかりと客観的に捉える必要があります。

また、「色」が人に与える印象というものを考えていけば、その場に応じて自分をどう見せたいか。

ということにも発展させて考えていけるようになります。

好きな色や、同じ色ばかりにこだわらずに普段からどんな色も着こなせられるような自分を日々作り上げていけると良いでしょう。

人にはファッションにおいてそれぞれ似合う色とそうでない色があります。

それは見た目的な問題であったり、周囲の人からの印象という部分も関係してくるでしょう。

たとえば、いつも男の子のようにおてんばな女の子が女の子らしいピンクのお洋服を着けると、どこかしっくりこないということはありませんか。

色が人に与える印象とそれを身につける人の普段の印象がかけ離れていると、チグハグな感じがしてしまうのです。

また、自分が好きな色が必ずしも自分に似合う色ではないということも自覚しておかなければならないでしょう。

今回は「水色が似合う女性の特徴」について書いていきます。


色白であること

水色という色は、青と白を混ぜた色です。

赤やオレンジのようなビビットカラーではないのです。

つまり“うすい色"なのです。

ですので、どちらかというと日に焼けた小麦色の肌よりも、透き通るような色白の女性に似合う色と言えるのではないでしょうか。

色白ではないにしても、顔立ちが“薄め"ということでも良いでしょう。

ちなみにこの顔立ちや肌の色に関しては、どうしようも変えられないと思うかもしれませんが、それは違います。

変える方法は「メイク」です。

ファンデーションの色を明るくしたり、ナチュラルに見えるようなメイクに変えるのです。

そうすることで、水色という色にマッチする“色素の薄い"顔立ちを演出できます。

落ち着いた印象の女性

色が人に与えるイメージから考えていきましょう。

水色は「青色」の性質が入っていることから、寒色という分類です。

そして「青色」が人に与える印象は、"冷たい“だとか"ドライ“というものでしょうが水色はそれほどのきついイメージではないはずです。

そうは言っても、赤色やオレンジ色のような「暖色」の与えるような"温かい“だとかいうイメージでもないはずです。

つまり、冷たくはないけれど熱くもない。

具体的なイメージとしては、"涼しげ“だとか"清楚““冷静沈着"というものではないでしょうか。

ですので、何事にも一生懸命でエネルギッシュな女性よりも、落ち着いていて涼やかに微笑んでいるような女性にこそ「水色」は似合うのです。

ジェンダーを前に出さない女性

これも水色の与える印象の1つなのですが、水色はピンク色のように明らかな「女性らしい色」ではありません。

かといってボーイッシュとまではいかないというのが水色の印象ではないでしょうか。

つまり女性らしくありながらも、それをわざわざ主張しないということです。

ですので女性らしいプロポーションを強調するようなファッションを好むような女性ではなく、清楚な女性らしさを好む女性にこそ似合う色だと言えるでしょう。

若過ぎない女性

水色は落ち着いた印象を周囲の人に与えるので、若くてキャピキャピしているような女性には似合わないでしょう。

また、年齢の割に若作りをしているような女性にもそぐわないはずです。

それがよくわかるのは、和服です。

たとえば二十歳で振袖を着るときは、水色よりも赤色やピンク色などハッキリしたような原色に近い色合いのものが多いです。

そしてその振袖というのは“未婚"であるという意味合いもあります。

一方で年齢を問わず、未婚か既婚かも関係なく着られる「訪問着」というものは薄い黄色や水色が一般的です。

日本では昔から、若いときには“派手な"色合いを着て、そこから少し年齢を重ねると“落ち着いた"色合いのものを着るという習慣があるのです。

ヘアスタイルがスッキリ見える女性

水色の与える印象から、奇抜なヘアスタイルや色の髪は似合わないということは想像がつくはずです。

そして、水色のファッションではスッキリとまとまった髪型が良いと思われます。

ロングヘアよりもショートやミディアムヘアのほうがしっくりくるでしょう。

もしもロングヘアのときには、ツインテールやポニーテールのようなスタイルではなく、お団子にまとめたほうがスッキリ見えることからそのヘアスタイルをオススメします。

これは先ほど述べた、女性らしさを押し出し過ぎないということにも関わってきます。

普段から寒色を身につけている女性

これは当たり前のことかもしれませんが、普段から寒色を身につけている女性は「水色」の服や差し色としての小物使いも他の人よりも長けています。

また、人の目の意識も「寒色を身につける人」として定着しているはずなので目新しい印象を与えたり、悪目立ちすることもないでしょう。

このように「水色が似合う女性の特徴」というのが分かれば、自分をそこに近づけることができるはずです。

そのためには自分をしっかりと客観的に捉える必要があります。

また、「色」が人に与える印象というものを考えていけば、その場に応じて自分をどう見せたいか。

ということにも発展させて考えていけるようになります。

好きな色や、同じ色ばかりにこだわらずに普段からどんな色も着こなせられるような自分を日々作り上げていけると良いでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-