【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171125180828.html
自分のことを話さない女性の特徴

自分のことを話さない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
自分のことを話さない女性の特徴

自分のことを話したがる女性は少なくありませんが、中には、自分のことを話さない女性もいます。

そういう女性にはどんな特徴があるのか見てみましょう。

  • 自信がない
  • 恥ずかしがりや
  • 自己主張すること自体を「みっともない」と感じている
  • 自分をミステリアスに見せようとしている
  • 人間不信の傾向があり、警戒心が強い
  • コミュニケーションが苦手
  • まとめ

1. 自信がない

自信がない

自分のことを話すということは、相手に自分のことをアピールする行為にほかなりません。

「自分はこんな人間だ」ということを知ってほしいがために、自分の話をすると考えていいでしょう。

それをしない女性には、「自己評価が低く、自信がない」という特徴があります。

そういう女性は、自分の経歴、自分の能力、自分の人間性などを高く評価することができません。

そのため、「そんな自分」のことを人に話す気持ちになれないのです。

人に聞いてもらうほどのものを自分はもっていないと感じていること、自分には自己主張すべきような美点は何もないと考えていること、これが、自分のことを話さない女性の心理的特徴ということになるでしょう。

2. 恥ずかしがりや

恥ずかしがりや

恥ずかしがりやというのも、自分のことを話そうとしない女性の特徴でしょう。

自分のことを人に話すというのは、つまり、自分を人前にさらけ出すことにほかなりません。

たとえば、人から「休日はどんなことをして過ごしているの?」と質問されたとしましょう。

それに答えることは、つまり、自分のプライベートを相手に教えることになるわけです。

シャイな性格の人は、それを「恥ずかしいこと」と認識します。

別に秘密にすべきような内容の答えでなくても、プライベートを人に教えること自体が、恥ずかしく思われてなりません。

趣味のことに関しても、同様です。

「自分にはこんな趣味がある」と人に伝えることが、「自分という人間の姿を、人前にさらす行為」のように感じられてしまうのです。

人から質問されれば、やむなくそれに答えるということはしますが、自分から積極的に自分のことを話そうとはしません。

それが、シャイな性格の人なのです。

3. 自己主張すること自体を「みっともない」と感じている

自己主張すること自体を「みっともない」と感じている

自己主張を「よくないこと」と考えているために、意図的に自分の話をしないというケースも少なくありません。

すべてとは言いませんが、自分に関する話をする際、自慢話になってしまうことがよくあるでしょう。

自己主張を嫌う女性は、それを「みっともない」と感じます。

自慢話にはならなくても、自分の話ばかりしたがる人は、客観性を欠く傾向にあります。

自分を客観的に見ることができる人は、自分の話ばかりして、自己主張しようとはしないでしょう。

そうした姿は「みっともないもの」だからです。

自分のことを話そうとしない女性は、自分がそんなみっともない姿になることを許せません。

「奥ゆかしいことが人間の美徳」と考えているというのが、このケースでの自分の話をしない女性の意識と考えていいでしょう。

4. 自分をミステリアスに見せようとしている

自分をミステリアスに見せようとしている

自分のことをほとんど話さない女性が身近にいると、「あの人はなんとなくミステリアス」と感じるものでしょう。

どんなことが好きなのか、休日はどんなふうにして過ごしているのか、交際している異性はいるのかなど、その人のことを知らなければ知らないほど、その人がミステリアスに見えるというのが、自然な人間心理です。

自分の話をほとんどしない女性には、そのことを意図しているというケースもあります。

つまり、自分をミステリアスに見せたいがために、意図的に自分の話をしないのです。

こういうケースでは、人から「休日は何をしているの?」と質問されても、まともに答えようとはしません。

あいまいな答えを返したり、「私のことはいいから、あなたのことを話して」と言うように、話をはぐらかしてしまいます。

秘密主義に徹し、自分をミステリアスに見せようとするのが、自分のことを話さない女性の特徴ということになるでしょう。

5. 人間不信の傾向があり、警戒心が強い

人間不信の傾向があり、警戒心が強い

人間に対して警戒心が強いために、自分のことを話さないというケースもあります。

先ほどもお話ししたとおり、自分のことを相手に話すというのは、自分を相手にさらけ出す行為です。

警戒心の強い人は、自分をさらけ出すのは危険な行為だと感じます。

特に、人間不信の傾向がある人はそうでしょう。

過去に人間関係で大きな心の傷を負ったことがあるような人は、どうしても人間をかんたんに信じるということができません。

相手が悪意をもって自分に接していることもありえるでしょう。

そんな人に自分のことを正直に話すのはリスキーです。

それを警戒して自分の話をしないというのが、このケースでの心理と言うことになるでしょう。

6. コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手

もっと単純な理由で、自分のことを話さない女性も少なくありません。

そういう人に見られる特徴は「人とコミュニケーションをとるのが苦手」というものです。

要するに、口下手で、人とうまく会話することができないために、自分の話をしないのです。

このケースでは、自分の話をしないだけではなく、人と会話する際、ほとんどの場合、聞き役に回ると考えていいでしょう。

口数が少なく、話すこと自体が苦手と言うのが、このケースでの自分のことを話さない女性の特徴なのです。

まとめ

自分のことを話そうとしない女性にはどんな特徴があるのか、主に心理面の特徴を6種類紹介しました。

自分の話をしない女性を理解するための参考になさってください。

自分のことを話したがる女性は少なくありませんが、中には、自分のことを話さない女性もいます。

そういう女性にはどんな特徴があるのか見てみましょう。


自信がない

自分のことを話すということは、相手に自分のことをアピールする行為にほかなりません。

「自分はこんな人間だ」ということを知ってほしいがために、自分の話をすると考えていいでしょう。

それをしない女性には、「自己評価が低く、自信がない」という特徴があります。

そういう女性は、自分の経歴、自分の能力、自分の人間性などを高く評価することができません。

そのため、「そんな自分」のことを人に話す気持ちになれないのです。

人に聞いてもらうほどのものを自分はもっていないと感じていること、自分には自己主張すべきような美点は何もないと考えていること、これが、自分のことを話さない女性の心理的特徴ということになるでしょう。

恥ずかしがりや

恥ずかしがりやというのも、自分のことを話そうとしない女性の特徴でしょう。

自分のことを人に話すというのは、つまり、自分を人前にさらけ出すことにほかなりません。

たとえば、人から「休日はどんなことをして過ごしているの?」と質問されたとしましょう。

それに答えることは、つまり、自分のプライベートを相手に教えることになるわけです。

シャイな性格の人は、それを「恥ずかしいこと」と認識します。

別に秘密にすべきような内容の答えでなくても、プライベートを人に教えること自体が、恥ずかしく思われてなりません。

趣味のことに関しても、同様です。

「自分にはこんな趣味がある」と人に伝えることが、「自分という人間の姿を、人前にさらす行為」のように感じられてしまうのです。

人から質問されれば、やむなくそれに答えるということはしますが、自分から積極的に自分のことを話そうとはしません。

それが、シャイな性格の人なのです。

1 / 4
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-