【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180111165205.html
青が似合う女性の特徴

青が似合う女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
青が似合う女性の特徴

自分に似合う色の事をパーソナルカラーと呼び、好きな色=似合う色ではありません。

青い色が似合う女性の特徴をまとめてみました。

【色占い】青色の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴
【参考元】青い服を着る心理・青い服が似合う人の特徴
  • クールな女性
  • 色白な女性
  • 黒髪の女性
  • 大人な雰囲気の女性
  • 清潔感がある女性
  • 知的な女性
  • 品のある女性
  • サッパリした女性
  • まとめ

1. クールな女性

クールな女性

色は主に寒色、暖色に分かれます。

青、緑、黒、グレーなど、冷たさを感じる色を寒色と呼び、赤、黄色、オレンジ、茶色など明るさのある暖か色を暖色と呼びます。

読んで字のごとく、クールでカッコイイ女性は寒色がサマになり、可愛らしい童顔の女性と寒色の相性はあまり良くありません。

可愛らしい女性は、赤や黄色などの暖かみのある色が良く似合い、チャームポイントを引き立ててくれます。

クールなパーソナリティーには、青や黒など男性も好んで身につけられるカラーがぴったりです。

2. 色白な女性

色白な女性

透き通るような白い肌を持つ女性は、青が良く似合います。

白い肌の人が顔まわりに青を持ってくる事で、青白さが飛び、血色の良い明るい肌に見えるのです。

逆に赤を顔まわりに持ってくると、顔が青白く見えてしまい、綺麗な白い肌が、映えないのです。

黄色を顔まわりに持ってくると、白い肌がくすんで見えます。

色白美人はどんな服を着るよりも、青い服を着ると、さらに綺麗に見えるのです。

3. 黒髪の女性

黒髪の女性

黒髪の女性に青は良く似合います。

黒髪はおしとやかなイメージが強いので、落ち着いた寒色が自然と馴染みます。

しかし、黒髪に黒の服を合わせてしまうと、凄く重苦しい雰囲気になってしまい、メイクで華やかさを出さないと、邪悪な雰囲気を醸し出してしまいます。

青や藍色、濃紺など、青みがかった色を合わせる事で、清楚な感じを保ちつつ、暗くなりすぎない、洗練された女性に見えるのです。

美しい黒髪をまとめて、日本人らしく、青色の浴衣を着こなせば、涼しげで奥ゆかしい女性に見えるでしょう。

4. 大人な雰囲気の女性

大人な雰囲気の女性

心を落ち着ける作用がある「青」は、成熟した大人の女性の色でもあります。

大人の女性は、シックな黒を身につけるよりも、程よい明るさを出す青を身に付ける方が、品良くスレンダーに見えます。

一言に「青」と言っても、青にはたくさんの表情があり、細かく分けると30色以上もの青が存在すると言われています。

そのどれもが美しいさを秘めていて、微妙なニュアンスを出せる青は、経験を積んだ女性にはピッタリです。

群青色、瑠璃色、空色、紺碧、藍色、露草色。

経験を重ねて、人間性に深みが増したそれぞれの女性に似合う「青」が必ず見つかるでしょう。

5. 清潔感がある女性

清潔感がある女性

清潔感を感じる青い色は、爽やかなイメージで男性からも人気です。

女性でも青い色が似合う人はサッパリとした清潔感を感じます。

すれ違うと爽やかなシャンプーの匂いがほのかに香る女性、笑った時に白い歯が輝く女性など、清潔感のある女性が青い色の物を身に付けると、持ち前の魅力がさらに引き立つでしょう。

青の中でも特に、白を含んだ淡い青色を身に付ければ、より清潔感をアップがアップします。

6. 知的な女性

知的な女性

冷静を意味する青は、知性的な女性には特に似合います。

心理学の分野でも、勉強部屋の壁は青にすると集中力が高まって良いと言われています。

青をパーソナルカラーに持っている人は、勉強や仕事など、やるべき事に高い集中力を発揮して、知識を深め身に付けることが出来るのです。

知的な女性は、青い色のイメージのように理論立てて物事を考える冷静さを内側に秘めています。

賢い女性は、青色を好み、青色が似合うのが特徴です。

7. 品のある女性

品のある女性

青い色は、きちんとした感じを与え、育ちが良く、品がある女性に好まれる色味でもあります。

決して派手で、チャラチャラしていないのに華やかさがあり、上品な女性によく似合う色なのです。

また、少し控えめな色なので、パールやダイヤ、装飾品を身に付けた時に、装飾品の美しいさを際立ててくれる色なのです。

青い色だけでは華美ではないものの、身に付ける人や物の本来の美しいさを引き出す力があるのです。

8. サッパリした女性

サッパリした女性

見た目にも性格的にも、サッパリとした女性にとても似合います。

目は一重まぶたか、奥二重で、どちらかと言うと薄い顔立ちの女性で、スラッと背が高く細身なスタイルの女性は、青がとてもよく似合います。

性格的にも、小さな事でクヨクヨ悩まず、1人でもサラッと行動できてしまうような、サッパリとした性格は、カラッと晴れた青空のようで、青色を身に付けても違和感がありません。

考え方も女性特有のネチネチした執着がなく、男性と気が合うサッパリとした性格は青い色のイメージとそのまま一致するのです。

まとめ

情熱をイメージする赤色、明るさを表す黄色、冷静な印象を与える青色。

色にはそれぞれ、与えるイメージがあり、身に付ける人のイメージと色のイメージが一致した時、凄く魅力的に見えます。

自分の性格、外見を思い浮かべた時、1番先に思い浮かぶ色は、パーソナリティーに最も一致する色なのです。

パーソナルカラーは大事な時に身に付けると、いつも以上の力を発揮出来るなど、お守りのように持ち主を守ってくれるでしょう。

自分に似合う色の事をパーソナルカラーと呼び、好きな色=似合う色ではありません。

青い色が似合う女性の特徴をまとめてみました。

【色占い】青色の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴
【参考元】青い服を着る心理・青い服が似合う人の特徴

クールな女性

色は主に寒色、暖色に分かれます。

青、緑、黒、グレーなど、冷たさを感じる色を寒色と呼び、赤、黄色、オレンジ、茶色など明るさのある暖か色を暖色と呼びます。

読んで字のごとく、クールでカッコイイ女性は寒色がサマになり、可愛らしい童顔の女性と寒色の相性はあまり良くありません。

可愛らしい女性は、赤や黄色などの暖かみのある色が良く似合い、チャームポイントを引き立ててくれます。

クールなパーソナリティーには、青や黒など男性も好んで身につけられるカラーがぴったりです。

色白な女性

透き通るような白い肌を持つ女性は、青が良く似合います。

白い肌の人が顔まわりに青を持ってくる事で、青白さが飛び、血色の良い明るい肌に見えるのです。

逆に赤を顔まわりに持ってくると、顔が青白く見えてしまい、綺麗な白い肌が、映えないのです。

黄色を顔まわりに持ってくると、白い肌がくすんで見えます。

色白美人はどんな服を着るよりも、青い服を着ると、さらに綺麗に見えるのです。

1 / 4
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-