【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519151907.html
彼氏に依存しやすい女子の特徴

彼氏に依存しやすい女子の特徴 | LADYCO

LADYCO
彼氏に依存しやすい女子の特徴

男性も女性も付き合ってみないと本当の姿は見えてきません。

表面的には自立しているようでも、実は相手に頼る気満々なタイプもいます。

ここでは彼氏に依存しやすい女子の特徴をまとめてみました。

参考にしてみてくださいね。

  • 仕事嫌い
  • 趣味がない
  • 女友達が少ない
  • 結婚願望が強い
  • 年齢的に焦りを感じている
  • 自己中、ワガママ
  • 親に甘やかされて育った
  • 自分で何とかしようという気持ちがない
  • 自信がない
  • 理想が高い
  • 疑り深い
  • 相手を支配したがる
  • 彼氏中心の生活スタイルになる
  • まとめ

1. 仕事嫌い

仕事嫌い

彼氏に依存しやすい女子のわかりやすい特徴に、仕事が嫌い、長続きしないというところがあります。

ちょっと気に入らないことがあったらすぐに辞めるとか、どうせ結婚するからバイトでいいなど仕事に本気になれないのです。

仕事よりも恋愛、恋愛をしたら恋愛一辺倒、他のことはどうでもよくなる、こういった女子は恋愛依存、彼氏依存になりやすいのです。

2. 趣味がない

趣味がない

彼氏に依存しやすい女子に共通するのは、趣味がない、暇であるということです。

仕事が終わったらあとは何も予定がなく、休みの日も基本的に暇というタイプです。

趣味がある人は空いた時間を趣味に費やすものですが、趣味がない人は時間が余ります。

彼氏ができたら彼氏とデート、これが趣味、生きがいのようになってしまうのです。

彼氏が趣味が多い場合は束縛されて息苦しさを感じてしまうこともあります。

3. 女友達が少ない

女友達が少ない

彼氏に依存する女子は、今現在一緒に遊べる女友達が少ない、いないといったこともあります。

進学、就職、結婚と友達と疎遠になってしまって新しい友達もできず一人で過ごすことが多いというタイプです。

彼氏ができたら、彼氏に女友達の役割も求めてしまうのか、いつでも一緒というのを望みます。

彼氏からしたら一人の時間や友達と過ごす時間も欲しいと思うのですが、その気持ちが理解できず執着してしまう、依存状態になってしまうのです。

4. 結婚願望が強い

結婚願望が強い

彼氏に依存する女子に多いのが、結婚願望が強いことです。

仕事や趣味など打ち込めることもなく、一生一人で生きていく気もなく、早くいい人を見つけて結婚したいという気持ちが強いのが特徴。

仕事で頑張るより、家庭に入って落ち着きたい、働きたくない、楽をしたいという安易な考えを持っている場合もあります。

ですから捕まえた彼氏は絶対に逃さない、何が何でも結婚に持ち込むといった策略家な面もあります。

5. 年齢的に焦りを感じている

年齢的に焦りを感じている

彼氏に依存してしまう女子というと、若い女性ばかりではなくむしろアラサー以降の女子にもその傾向は多いのです。

若い時は遊びに夢中でさほど考えなかった人でも30を過ぎるぐらいから、将来的なことを考え始めます。

結婚、出産のこと、老後のことを考えると結婚しないといけないという焦りが強くなります。

彼氏に「いつ結婚するの」とせっついたりします。

倦怠期で別れたがる彼氏にも「絶対別れない」と縋りつくこともあります。

彼氏にというよりは結婚、出産、世間体といったことにこだわるので、結婚後に仮面夫婦になることもあります。

6. 自己中、ワガママ

自己中、ワガママ

彼氏に依存する女子は、一見男性に尽くしているように見えますが、実はその反対。

自己中でワガママなことが多いです。

本来、相手のことを尊重できる性格であるならば、彼氏に依存することは良くないとわかりますし、精神的自立をしようと頑張るものです。

彼氏に依存することは彼氏に甘えて、自分は何も成長していないのです。

7. 親に甘やかされて育った

親に甘やかされて育った

彼氏に依存する傾向にある女子は、本人の性格もありますが、育ち方、家庭に問題がかくれていることもあります。

親が過保護に育てた、過剰に甘やかした、何でも言う通りにしてあげたなどが考えられます。

依存する相手が親から彼氏に変わっただけで本人としては常に誰かに面倒を見てもらって当たり前という感覚なのです。

8. 自分で何とかしようという気持ちがない

自分で何とかしようという気持ちがない

彼氏に依存する女子の性格は、普段から自分で問題を解決する気がなく誰かに頼ればいい、自分はできないと責任放棄型であることが多いのです。

女友達も面倒見のいいタイプにひっついて自分は何もしないということが特徴。

常に誰かに導いてもらう、自分では考えない、行動しないというタイプです。

9. 自信がない

自信がない

自分に自信がなくコンプレックスが強い女子は、彼氏ができたら全部彼氏に任せて言いなりになるところがあります。

彼氏に決めてもらえば安心、自分は何もできないからという気持ちがあります。

男性からすればか弱く何もできない、守ってあげなくてはと庇護欲を刺激されることもありますので、ぐいぐい引っ張るのが大好きな男性とならば相性はぴったりといえるでしょう。

10. 理想が高い

理想が高い

彼氏に依存する女子は、つい彼氏にこれぐらいしてくれて当たり前とか、普通はこうでしょうといった調子で自分の価値観を相手に押しつける傾向があります。

自分では何もせず相手に求める理想だけは高いのです。

男性も最初は頑張るのですがだんだん力不足を感じてきて離れていくといったパターンになりやすいです。

11. 疑り深い

疑り深い

彼氏に依存する女子ほど、彼氏の浮気などに神経をとがらせています。

疑り深く彼氏の言うことを信じられない時もあります。

そういうことが重なって彼氏が疲弊してくるのがお決まりコースです。

実際は浮気などしていないのに疑われ続けたことによって本当に彼女から逃げたいとなってしまうのです。

12. 相手を支配したがる

相手を支配したがる

彼氏に依存している女子は、彼氏が一日何をしていたかとか、帰宅時間とか常にチェックしたがります。

相手のことを心から信頼はできていません。

また束縛が激しく女性の多い場所に出かけるのを嫌がったり、交友関係に口を出したりと支配したがります。

13. 彼氏中心の生活スタイルになる

彼氏中心の生活スタイルになる

彼氏に依存している女子にありがちな特徴に、彼氏中心の生活スタイルになってしまうことがあります。

女友達とのつきあいが悪くなったり、習い事や趣味も止めてしまったり、仕事は適当、ミスが増えるなどがわかりやすい変化です。

また彼氏好みになるべく、ファッション、髪型、メイクも変わってしまいます。

自分がなく流されやすいところがあり、はたからみると彼氏の言いなりになっていて情けなくもあります。

まとめ

いかかでしたでしょうか。

彼氏に依存しやすい女子の特徴を紹介しました。

いくら好きでも、依存してしまうのはいい恋愛とはいえません。

自立している人同士であることがいい関係を作れるのです。

頼る、頼られるというのは上手くいっている時はいいのですが、頼られる側がいずれ負担に感じる時がきたら最後です。

そうならないためにもお互い依存せず自立することが必要ですね。

男性も女性も付き合ってみないと本当の姿は見えてきません。

表面的には自立しているようでも、実は相手に頼る気満々なタイプもいます。

ここでは彼氏に依存しやすい女子の特徴をまとめてみました。

参考にしてみてくださいね。


仕事嫌い

彼氏に依存しやすい女子のわかりやすい特徴に、仕事が嫌い、長続きしないというところがあります。

ちょっと気に入らないことがあったらすぐに辞めるとか、どうせ結婚するからバイトでいいなど仕事に本気になれないのです。

仕事よりも恋愛、恋愛をしたら恋愛一辺倒、他のことはどうでもよくなる、こういった女子は恋愛依存、彼氏依存になりやすいのです。

趣味がない

彼氏に依存しやすい女子に共通するのは、趣味がない、暇であるということです。

仕事が終わったらあとは何も予定がなく、休みの日も基本的に暇というタイプです。

趣味がある人は空いた時間を趣味に費やすものですが、趣味がない人は時間が余ります。

彼氏ができたら彼氏とデート、これが趣味、生きがいのようになってしまうのです。

彼氏が趣味が多い場合は束縛されて息苦しさを感じてしまうこともあります。

女友達が少ない

彼氏に依存する女子は、今現在一緒に遊べる女友達が少ない、いないといったこともあります。

進学、就職、結婚と友達と疎遠になってしまって新しい友達もできず一人で過ごすことが多いというタイプです。

彼氏ができたら、彼氏に女友達の役割も求めてしまうのか、いつでも一緒というのを望みます。

彼氏からしたら一人の時間や友達と過ごす時間も欲しいと思うのですが、その気持ちが理解できず執着してしまう、依存状態になってしまうのです。

結婚願望が強い

彼氏に依存する女子に多いのが、結婚願望が強いことです。

仕事や趣味など打ち込めることもなく、一生一人で生きていく気もなく、早くいい人を見つけて結婚したいという気持ちが強いのが特徴。

仕事で頑張るより、家庭に入って落ち着きたい、働きたくない、楽をしたいという安易な考えを持っている場合もあります。

ですから捕まえた彼氏は絶対に逃さない、何が何でも結婚に持ち込むといった策略家な面もあります。

年齢的に焦りを感じている

彼氏に依存してしまう女子というと、若い女性ばかりではなくむしろアラサー以降の女子にもその傾向は多いのです。

若い時は遊びに夢中でさほど考えなかった人でも30を過ぎるぐらいから、将来的なことを考え始めます。

結婚、出産のこと、老後のことを考えると結婚しないといけないという焦りが強くなります。

彼氏に「いつ結婚するの」とせっついたりします。

倦怠期で別れたがる彼氏にも「絶対別れない」と縋りつくこともあります。

彼氏にというよりは結婚、出産、世間体といったことにこだわるので、結婚後に仮面夫婦になることもあります。

自己中、ワガママ

彼氏に依存する女子は、一見男性に尽くしているように見えますが、実はその反対。

自己中でワガママなことが多いです。

本来、相手のことを尊重できる性格であるならば、彼氏に依存することは良くないとわかりますし、精神的自立をしようと頑張るものです。

彼氏に依存することは彼氏に甘えて、自分は何も成長していないのです。

親に甘やかされて育った

彼氏に依存する傾向にある女子は、本人の性格もありますが、育ち方、家庭に問題がかくれていることもあります。

親が過保護に育てた、過剰に甘やかした、何でも言う通りにしてあげたなどが考えられます。

依存する相手が親から彼氏に変わっただけで本人としては常に誰かに面倒を見てもらって当たり前という感覚なのです。

自分で何とかしようという気持ちがない

彼氏に依存する女子の性格は、普段から自分で問題を解決する気がなく誰かに頼ればいい、自分はできないと責任放棄型であることが多いのです。

女友達も面倒見のいいタイプにひっついて自分は何もしないということが特徴。

常に誰かに導いてもらう、自分では考えない、行動しないというタイプです。

自信がない

自分に自信がなくコンプレックスが強い女子は、彼氏ができたら全部彼氏に任せて言いなりになるところがあります。

彼氏に決めてもらえば安心、自分は何もできないからという気持ちがあります。

男性からすればか弱く何もできない、守ってあげなくてはと庇護欲を刺激されることもありますので、ぐいぐい引っ張るのが大好きな男性とならば相性はぴったりといえるでしょう。

理想が高い

彼氏に依存する女子は、つい彼氏にこれぐらいしてくれて当たり前とか、普通はこうでしょうといった調子で自分の価値観を相手に押しつける傾向があります。

自分では何もせず相手に求める理想だけは高いのです。

男性も最初は頑張るのですがだんだん力不足を感じてきて離れていくといったパターンになりやすいです。

疑り深い

彼氏に依存する女子ほど、彼氏の浮気などに神経をとがらせています。

疑り深く彼氏の言うことを信じられない時もあります。

そういうことが重なって彼氏が疲弊してくるのがお決まりコースです。

実際は浮気などしていないのに疑われ続けたことによって本当に彼女から逃げたいとなってしまうのです。

相手を支配したがる

彼氏に依存している女子は、彼氏が一日何をしていたかとか、帰宅時間とか常にチェックしたがります。

相手のことを心から信頼はできていません。

また束縛が激しく女性の多い場所に出かけるのを嫌がったり、交友関係に口を出したりと支配したがります。

彼氏中心の生活スタイルになる

彼氏に依存している女子にありがちな特徴に、彼氏中心の生活スタイルになってしまうことがあります。

女友達とのつきあいが悪くなったり、習い事や趣味も止めてしまったり、仕事は適当、ミスが増えるなどがわかりやすい変化です。

また彼氏好みになるべく、ファッション、髪型、メイクも変わってしまいます。

自分がなく流されやすいところがあり、はたからみると彼氏の言いなりになっていて情けなくもあります。

いかかでしたでしょうか。

彼氏に依存しやすい女子の特徴を紹介しました。

いくら好きでも、依存してしまうのはいい恋愛とはいえません。

自立している人同士であることがいい関係を作れるのです。

頼る、頼られるというのは上手くいっている時はいいのですが、頼られる側がいずれ負担に感じる時がきたら最後です。

そうならないためにもお互い依存せず自立することが必要ですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-