【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519142733.html
指名の本数が増えないキャバ嬢の共通点11選

指名の本数が増えないキャバ嬢の共通点11選 | LADYCO

LADYCO
指名の本数が増えないキャバ嬢の共通点11選

夜の世界は華やかに感じます。

ブランド品や、好きな事言ってお酒飲んで騒いで楽しそう。

一見そう見えますが、彼女達はやはりとてつもない努力をしています。

そして華やかなのは全員ではありません。

今回はどうしても指名の本数が増えないキャバ嬢の共通点についてお話します。

  • 噂話ばかりする
  • 悪口を言う
  • 身だしなみ
  • 話し方
  • 気遣いがない
  • マメでない
  • お客様のタイプを知る
  • 自分のタイプを知る
  • お店のカラーに合わせる
  • 臨機応変に対応する
  • マイナスの会話をする
  • まとめ

1. 噂話ばかりする

噂話ばかりする

お話の流れによっては噂話になる場合もありますが、やはりペラペラ人の事や噂をするとお客様は信用が出来ない、自分も余計な事を流されるかもしれないと思います。

例え内容がいい事でも相槌や軽く突っ込むくらいがよいでしょう。

2. 悪口を言う

悪口を言う

お客様の事は勿論ですが、他のキャバ嬢の悪口を席で言うのは良くありません。

お客様が言い出したとしても、面白がってるだけかもしれませんので、一緒に乗らずにサラっと交わし、自分からは発信しないでおきましょう。

3. 身だしなみ

身だしなみ

好みは十人十色なので一概には言えませんが、お客様は高い代金を支払って来て下さってます。

空間も代金に含まれていると考え、TPOに相応しい自分に合った装いをするべきだと思います。

4. 話し方

話し方

それぞれのカラーがあるので一概には言えませんが、お酒が入ると特にどちらがお客様か分からなくなるような場合があります。

ハタから見ると美しい物ではありませんし、自分のお客様だけが良かったらいいのでしょうか。

他のお客様も見ていらっしゃいますし、度を超えるのは良くないと思います。

5. 気遣いがない

気遣いがない

基本的な事ですが、お話に夢中になって仕事や相手の気持ちに気付かない事です。

所作が粗いのは勿論、会話の中で相手を労ったり感謝がない、自分の意見を押し付けるなどをすると、何の為に来ているか分かりません。

まずは、お話を聞くのが基本なので上手くお話をしながら気持ちを御察ししましょう。

6. マメでない

マメでない

基本中の基本ですが、連絡不精です。

自分の気分が向いた時だけ、返事はしない、御礼の連絡もしないとなると、キャバ嬢という話ではなく人としての問題になります。

お客様によっては、しょっちゅうあると営業臭いから嫌だと感じる方もいます。

仕事や環境によっては、タイミングの問題でなかなか密に取れないかもしれません。

それでも、相手の事を考えているという気持ちは日頃の連絡内容や接し方で分かります。

御礼の連絡は当たり前ですが、自分が来て欲しい時だけではなく日頃から定期的に連絡は取った方がいいでしょう。

7. お客様のタイプを知る

お客様のタイプを知る

お客様の中にはコンスタントに来る方もいれば、集中して来てあとは来なくなる方、あまり来ないけど、一度に沢山使う方など沢山いらっしゃいます。

お店の使い方はお客様の自由です。

ただその回数や金額を増やすのがキャバ嬢のお仕事です。

お客様の癖がわかれば接客の仕方も分かりますし、色々なタイプのお客様を掴む参考になり、あとあと自分自身もお客様が切れることが無くなり楽になります。

自分が臨機応変になる事で息の長いキャバ嬢になれます。

8. 自分のタイプを知る

自分のタイプを知る

お客様もキャバ嬢もタイプも個性も千差万別です。

No.1の方のやり方や容姿を丸々真似たとこで1位になるかは別ですし、その人その人の魅力を殺してしまう事になります。

無い努力より元々持っている有る努力をした方が、自分自身が気持ちよく安定すると思いますし、自分を決め付けず違う自分になってみるのもいいと思います。

9. お店のカラーに合わせる

お店のカラーに合わせる

これは難しいのですが、例えばどれだけ上品で知的で美しくても、騒いだり客層の年齢層や雰囲気に合わないと面白くないキャバ嬢になります。

上手に発揮できればいいですが、お店や客層によって品格より、その場のノリ優先、そしてその逆もあります。

善し悪しではなく、お客様もお店によって遊び方を変えるのは当然なので、先方が望む形を提供する事が大切です。

10. 臨機応変に対応する

臨機応変に対応する

夜の世界ですし、お酒も入っていますので、はっきり言ってお昼の仕事では出ない言葉や、普段の生活では考えられない事を言われてしまう事もあります。

容姿や育ちの事を、冗談で言われてるとわかっても傷付いてしまうかもしれません。

最初はびっくりするかもしれませんが、いちいち気にしたり、真面目に言い返すのは空気を乱します。

臨機応変に面白おかしく言い返したり対応するようにしましょう。

空気の流れが読めないのは致命的ですので、その場は女優になったつもりで流して下さい。

11. マイナスの会話をする

マイナスの会話をする

多少はいいですが、延々と身の上話や苦労話をする方がいます。

お客様の中には同情して下さる方もいらっしゃると思いますが、ずっとマイナス話ばかりだと疲れてしまいます。

先方によっては、何か企んでいるんじゃないかと思ってしまうかもしれません。

楽しみに来ているので、不幸話は会話のエッセンス位に留めて基本的には癒されたりハッピーになるような会話をしましょう。

まとめ

いくつかあげましたが、成績が上がらないと負のスパイラルにはまってしまいます。

決してその人に魅力がない訳ではないので、時と場合、その人が持つ個性ややり方と努力が合致した時に一段と花が咲くと思っています。

そのタイミングは働いている本人にしか正直分からないのでその人しか持っていない宝物で勝負して欲しいです。

夜の世界は華やかに感じます。

ブランド品や、好きな事言ってお酒飲んで騒いで楽しそう。

一見そう見えますが、彼女達はやはりとてつもない努力をしています。

そして華やかなのは全員ではありません。

今回はどうしても指名の本数が増えないキャバ嬢の共通点についてお話します。


噂話ばかりする

お話の流れによっては噂話になる場合もありますが、やはりペラペラ人の事や噂をするとお客様は信用が出来ない、自分も余計な事を流されるかもしれないと思います。

例え内容がいい事でも相槌や軽く突っ込むくらいがよいでしょう。

悪口を言う

お客様の事は勿論ですが、他のキャバ嬢の悪口を席で言うのは良くありません。

お客様が言い出したとしても、面白がってるだけかもしれませんので、一緒に乗らずにサラっと交わし、自分からは発信しないでおきましょう。

身だしなみ

好みは十人十色なので一概には言えませんが、お客様は高い代金を支払って来て下さってます。

空間も代金に含まれていると考え、TPOに相応しい自分に合った装いをするべきだと思います。

話し方

それぞれのカラーがあるので一概には言えませんが、お酒が入ると特にどちらがお客様か分からなくなるような場合があります。

ハタから見ると美しい物ではありませんし、自分のお客様だけが良かったらいいのでしょうか。

他のお客様も見ていらっしゃいますし、度を超えるのは良くないと思います。

気遣いがない

基本的な事ですが、お話に夢中になって仕事や相手の気持ちに気付かない事です。

所作が粗いのは勿論、会話の中で相手を労ったり感謝がない、自分の意見を押し付けるなどをすると、何の為に来ているか分かりません。

まずは、お話を聞くのが基本なので上手くお話をしながら気持ちを御察ししましょう。

マメでない

基本中の基本ですが、連絡不精です。

自分の気分が向いた時だけ、返事はしない、御礼の連絡もしないとなると、キャバ嬢という話ではなく人としての問題になります。

お客様によっては、しょっちゅうあると営業臭いから嫌だと感じる方もいます。

仕事や環境によっては、タイミングの問題でなかなか密に取れないかもしれません。

それでも、相手の事を考えているという気持ちは日頃の連絡内容や接し方で分かります。

御礼の連絡は当たり前ですが、自分が来て欲しい時だけではなく日頃から定期的に連絡は取った方がいいでしょう。

お客様のタイプを知る

お客様の中にはコンスタントに来る方もいれば、集中して来てあとは来なくなる方、あまり来ないけど、一度に沢山使う方など沢山いらっしゃいます。

お店の使い方はお客様の自由です。

ただその回数や金額を増やすのがキャバ嬢のお仕事です。

お客様の癖がわかれば接客の仕方も分かりますし、色々なタイプのお客様を掴む参考になり、あとあと自分自身もお客様が切れることが無くなり楽になります。

自分が臨機応変になる事で息の長いキャバ嬢になれます。

自分のタイプを知る

お客様もキャバ嬢もタイプも個性も千差万別です。

No.1の方のやり方や容姿を丸々真似たとこで1位になるかは別ですし、その人その人の魅力を殺してしまう事になります。

無い努力より元々持っている有る努力をした方が、自分自身が気持ちよく安定すると思いますし、自分を決め付けず違う自分になってみるのもいいと思います。

お店のカラーに合わせる

これは難しいのですが、例えばどれだけ上品で知的で美しくても、騒いだり客層の年齢層や雰囲気に合わないと面白くないキャバ嬢になります。

上手に発揮できればいいですが、お店や客層によって品格より、その場のノリ優先、そしてその逆もあります。

善し悪しではなく、お客様もお店によって遊び方を変えるのは当然なので、先方が望む形を提供する事が大切です。

臨機応変に対応する

夜の世界ですし、お酒も入っていますので、はっきり言ってお昼の仕事では出ない言葉や、普段の生活では考えられない事を言われてしまう事もあります。

容姿や育ちの事を、冗談で言われてるとわかっても傷付いてしまうかもしれません。

最初はびっくりするかもしれませんが、いちいち気にしたり、真面目に言い返すのは空気を乱します。

臨機応変に面白おかしく言い返したり対応するようにしましょう。

空気の流れが読めないのは致命的ですので、その場は女優になったつもりで流して下さい。

マイナスの会話をする

多少はいいですが、延々と身の上話や苦労話をする方がいます。

お客様の中には同情して下さる方もいらっしゃると思いますが、ずっとマイナス話ばかりだと疲れてしまいます。

先方によっては、何か企んでいるんじゃないかと思ってしまうかもしれません。

楽しみに来ているので、不幸話は会話のエッセンス位に留めて基本的には癒されたりハッピーになるような会話をしましょう。

いくつかあげましたが、成績が上がらないと負のスパイラルにはまってしまいます。

決してその人に魅力がない訳ではないので、時と場合、その人が持つ個性ややり方と努力が合致した時に一段と花が咲くと思っています。

そのタイミングは働いている本人にしか正直分からないのでその人しか持っていない宝物で勝負して欲しいです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-