【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519105551.html
ノーと言わない人の特徴

ノーと言わない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ノーと言わない人の特徴

何かを頼まれた時や、誘われた時にノーと言わない人がいます。

ノーと言わない人は、どのような性格の人や特徴を持った人でしょうか。

  • 評判を気にする人
  • 人が喜ぶ顔が好きな人
  • がっかりされるのが嫌いな人
  • 人と一緒なら幸せな人
  • 人との付き合いに自信がない人
  • とりあえずOKする人
  • その時は楽しそうだと感じる
  • 予定がない人
  • 計画がない人
  • こだわりがない人
  • チャンスを逃したくない人
  • 「断れる」ことを知らない人
  • まとめ

1. 評判を気にする人

評判を気にする人

評判を気にする人は、あまりノーと言いません。

ノーと言った時の、周囲の評判がどうなるかが気になるからです。

様々な人に頼みごとをされて、全てにノーと言わないと、自分の時間が無くなってしまうほど予定が埋まって忙しくなります。

自分の人生を、評判を良くすることと交換してしまったような人です。

それでも評判が良くなるなら、それでもかまわないと思っている人は少なくありません。

「評判」という正体がないものを愛している人です。

2. 人が喜ぶ顔が好きな人

人が喜ぶ顔が好きな人

何かを頼まれた時に引き受けると、相手が喜び笑顔になります。

その笑顔を見るのが好きな人は、ノーと言わずに何でも引き受けることになります。

人生は人と人とのつながりで作られます。

人の笑顔を見て幸せを感じることができる人は、素敵な性格の持ち主です。

しかしあまり何でもOKしてしまうと、自分ではこなせないほど負担を背負ってしまうことがあります。

そうなると、頼まれごとをきちんとできずに、結果的に笑顔だった人の期待を裏切ってしまうことにもなりかねません。

自分ができる範囲でOKして、無理だと思ったらノーと言ったほうがいいでしょう。

3. がっかりされるのが嫌いな人

がっかりされるのが嫌いな人

ノーと言った時に、がっかりされるのが嫌な人がいます。

例えば子どもにお菓子を買って欲しいと言われた時に、ノーと言えずに買ってしまう親がいます。

子どものことを考えたら、ノーと言ったほうがいいことは頭では分かっているのです。

しかしがっかりされるのが嫌で、ノーと言えない親がいます。

彼女にがっかりされたくない彼女や、親友にがっかりされたくない人も同様です。

4. 人と一緒なら幸せな人

人と一緒なら幸せな人

誰かにイベントや飲み会に誘われた時に、ノーと言わずに参加をすればいつも誰かと一緒にいることができます。

一人でいるのが嫌いで、いつでも人と一緒にいたい人は誘いにノーと言いません。

他人に依存していて、自立していない状態です。

自分の時間を持つために誘いを断ることも必要でしょう。

5. 人との付き合いに自信がない人

人との付き合いに自信がない人

人づきあいに自信がないと、今の人間関係にしがみつきます。

そのため誘いや頼みごとにノーと言えません。

こちらの場合も、自立することが必要です。

仮に今の人間関係から孤立しても、一人で生きられるという自信を持ちたいところです。

6. とりあえずOKする人

とりあえずOKする人

とりあえずOKして、それから考える人がいます。

頼んだ人からすると、当然その通りにことが進んでいくと思うのですが、実際はそうならないことがあります。

例えばデートの誘いにOKをもらった彼が、デートのためにレストランを予約してプレゼントを購入するなど準備をします。

しかし当日に電話を掛けると「やっぱり行けない」と言われてしまいます。

この人のOKはあてにならないと学ぶまで、何度も同じような目にあうでしょう。

7. その時は楽しそうだと感じる

その時は楽しそうだと感じる

ノーと言わずに引き受けて、ドタキャンをしてしまう人は、頼まれた時は「楽しそう」と感じます。

しかし自宅に帰り、冷静になると「やっぱり嫌」となってしまいます。

その時に楽しそうと思ったのもOKしたのも嘘ではないのですが、後で嫌な気持ちになってしまうのも本当の気持ちです。

8. 予定がない人

予定がない人

予定がない人は、飲み会に誘われた時に断る理由がありません。

そのためノーと言いません。

飲み会などに誘う時「今日の夜、空いてる?」という聞かれ方をすることが多いため、予定がない場合は「空いてます」という返事になります。

「空いてるけれど行きたくない」と言えるほど、意志の強くない人は断れないでしょう。

嫌な誘いを受けやすい人で、断る勇気もない人は、楽しい予定や将来の役に立つ予定で、スケジュールを埋めておくといいでしょう。

9. 計画がない人

計画がない人

大きな目標や夢があって、それを達成するための計画がある人は、物事の優先順位を付けるとこができます。

海外旅行などに誘われたとしても、夏はこれ、秋はこれをしたいという大まかな見当がついているため、断ることができます。

特に計画がなくなんとなく生きている人は、先行きの展望がありません。

そのため「いつでもいいよ」と答えてしまいます。

周囲の人の思惑に流されやすい人でしょう。

10. こだわりがない人

こだわりがない人

特に強いこだわりがない人は、ノーと言わない人です。

何を頼まれても、どのようなイベントに誘われても、特に嫌ではないため断りません。

積極的に自分がしたいことや、行きたいイベントではないので、それほど楽しめないかもしれません。

それでも次回、同じことを頼んでも、嫌な顔をせずに引き受けてくれるでしょう。

11. チャンスを逃したくない人

チャンスを逃したくない人

どんなチャンスでも逃したくない人は、ノーと言いません。

例えばフリーランスで仕事をしている人は、仕事の発注があった時につい引き受けてしまう傾向があります。

ノート言ったら二度とチャンスが来ないかもと不安になるからです。

しかし二度とチャンスが来ないということはなく、少し視野を広げてみると様々なチャンスがあることに気付けるでしょう。

仕事以外にも恋愛などでも同様のことが言えます。

他にもチャンスがあると気付ければ、忙しすぎる時などはノーと言えるようになります。

12. 「断れる」ことを知らない人

「断れる」ことを知らない人

飲み会などに参加をする時に、いつも断らない新人社員がいて逆に心配になることがあります。

心配した同僚や先輩社員が「たまには断ってもいいんだよ」と言うと、「え?いいんですか?

と驚きの表情を浮かべます。

その新人社員はまだ社会に出て日が浅いためか、「飲み会は断ってもいい」ということを知らなかったわけです。

このように、参加するかどうか聞かれるイベントは、聞かれた方に選択権があります。

常に断れること、ノーと言ってもいいことを知っておきましょう。

まとめ

ノーと言わない人は、「ノーと言えない」人でもあります。

ノーと言う権利が自分にあることを再認識しましょう。

その上で本当に引き受けたい時はOKしましょう。

何かを頼まれた時や、誘われた時にノーと言わない人がいます。

ノーと言わない人は、どのような性格の人や特徴を持った人でしょうか。


評判を気にする人

評判を気にする人は、あまりノーと言いません。

ノーと言った時の、周囲の評判がどうなるかが気になるからです。

様々な人に頼みごとをされて、全てにノーと言わないと、自分の時間が無くなってしまうほど予定が埋まって忙しくなります。

自分の人生を、評判を良くすることと交換してしまったような人です。

それでも評判が良くなるなら、それでもかまわないと思っている人は少なくありません。

「評判」という正体がないものを愛している人です。

人が喜ぶ顔が好きな人

何かを頼まれた時に引き受けると、相手が喜び笑顔になります。

その笑顔を見るのが好きな人は、ノーと言わずに何でも引き受けることになります。

人生は人と人とのつながりで作られます。

人の笑顔を見て幸せを感じることができる人は、素敵な性格の持ち主です。

しかしあまり何でもOKしてしまうと、自分ではこなせないほど負担を背負ってしまうことがあります。

そうなると、頼まれごとをきちんとできずに、結果的に笑顔だった人の期待を裏切ってしまうことにもなりかねません。

自分ができる範囲でOKして、無理だと思ったらノーと言ったほうがいいでしょう。

がっかりされるのが嫌いな人

ノーと言った時に、がっかりされるのが嫌な人がいます。

例えば子どもにお菓子を買って欲しいと言われた時に、ノーと言えずに買ってしまう親がいます。

子どものことを考えたら、ノーと言ったほうがいいことは頭では分かっているのです。

しかしがっかりされるのが嫌で、ノーと言えない親がいます。

彼女にがっかりされたくない彼女や、親友にがっかりされたくない人も同様です。

人と一緒なら幸せな人

誰かにイベントや飲み会に誘われた時に、ノーと言わずに参加をすればいつも誰かと一緒にいることができます。

一人でいるのが嫌いで、いつでも人と一緒にいたい人は誘いにノーと言いません。

他人に依存していて、自立していない状態です。

自分の時間を持つために誘いを断ることも必要でしょう。

人との付き合いに自信がない人

人づきあいに自信がないと、今の人間関係にしがみつきます。

そのため誘いや頼みごとにノーと言えません。

こちらの場合も、自立することが必要です。

仮に今の人間関係から孤立しても、一人で生きられるという自信を持ちたいところです。

とりあえずOKする人

とりあえずOKして、それから考える人がいます。

頼んだ人からすると、当然その通りにことが進んでいくと思うのですが、実際はそうならないことがあります。

例えばデートの誘いにOKをもらった彼が、デートのためにレストランを予約してプレゼントを購入するなど準備をします。

しかし当日に電話を掛けると「やっぱり行けない」と言われてしまいます。

この人のOKはあてにならないと学ぶまで、何度も同じような目にあうでしょう。

その時は楽しそうだと感じる

ノーと言わずに引き受けて、ドタキャンをしてしまう人は、頼まれた時は「楽しそう」と感じます。

しかし自宅に帰り、冷静になると「やっぱり嫌」となってしまいます。

その時に楽しそうと思ったのもOKしたのも嘘ではないのですが、後で嫌な気持ちになってしまうのも本当の気持ちです。

予定がない人

予定がない人は、飲み会に誘われた時に断る理由がありません。

そのためノーと言いません。

飲み会などに誘う時「今日の夜、空いてる?」という聞かれ方をすることが多いため、予定がない場合は「空いてます」という返事になります。

「空いてるけれど行きたくない」と言えるほど、意志の強くない人は断れないでしょう。

嫌な誘いを受けやすい人で、断る勇気もない人は、楽しい予定や将来の役に立つ予定で、スケジュールを埋めておくといいでしょう。

計画がない人

大きな目標や夢があって、それを達成するための計画がある人は、物事の優先順位を付けるとこができます。

海外旅行などに誘われたとしても、夏はこれ、秋はこれをしたいという大まかな見当がついているため、断ることができます。

特に計画がなくなんとなく生きている人は、先行きの展望がありません。

そのため「いつでもいいよ」と答えてしまいます。

周囲の人の思惑に流されやすい人でしょう。

こだわりがない人

特に強いこだわりがない人は、ノーと言わない人です。

何を頼まれても、どのようなイベントに誘われても、特に嫌ではないため断りません。

積極的に自分がしたいことや、行きたいイベントではないので、それほど楽しめないかもしれません。

それでも次回、同じことを頼んでも、嫌な顔をせずに引き受けてくれるでしょう。

チャンスを逃したくない人

どんなチャンスでも逃したくない人は、ノーと言いません。

例えばフリーランスで仕事をしている人は、仕事の発注があった時につい引き受けてしまう傾向があります。

ノート言ったら二度とチャンスが来ないかもと不安になるからです。

しかし二度とチャンスが来ないということはなく、少し視野を広げてみると様々なチャンスがあることに気付けるでしょう。

仕事以外にも恋愛などでも同様のことが言えます。

他にもチャンスがあると気付ければ、忙しすぎる時などはノーと言えるようになります。

「断れる」ことを知らない人

飲み会などに参加をする時に、いつも断らない新人社員がいて逆に心配になることがあります。

心配した同僚や先輩社員が「たまには断ってもいいんだよ」と言うと、「え?いいんですか?

と驚きの表情を浮かべます。

その新人社員はまだ社会に出て日が浅いためか、「飲み会は断ってもいい」ということを知らなかったわけです。

このように、参加するかどうか聞かれるイベントは、聞かれた方に選択権があります。

常に断れること、ノーと言ってもいいことを知っておきましょう。

ノーと言わない人は、「ノーと言えない」人でもあります。

ノーと言う権利が自分にあることを再認識しましょう。

その上で本当に引き受けたい時はOKしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-