【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518114433.html
周りを気にしすぎる人の特徴

周りを気にしすぎる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
周りを気にしすぎる人の特徴

周りを気にしすぎる人の性格や特徴は様々なケースが考えられますが、一般的に以下の傾向がある人が多いです。

  • 自分を責める傾向のある人
  • 想像力が豊か過ぎる傾向の人
  • 傷つきやすい傾向の人
  • 思い詰める傾向のある人
  • 厳しく育てられた傾向のある人
  • 自意識が過剰な人
  • 思い込みの激しい人
  • 臆病な人
  • 心が優しすぎる人
  • まとめ

1. 自分を責める傾向のある人

自分を責める傾向のある人

最初に挙げられるのは自分を責める傾向にある人です。

そのような人は自分の言動や行動が常に間違っているかもしれないと思っていて、少しでも他人から直接的な言い方や批判をされると不安になってしまいます。

そのため周りが自分をどのように見ているか気になって仕方がないのです。

2. 想像力が豊か過ぎる傾向の人

想像力が豊か過ぎる傾向の人

頭がいい人、特に想像力が豊かな人は何気なく言われた一言を様々な角度から考えてしまいがちです。

特に独自のストーリーを作り上げてしまうので、周りの言動や視線がその想像に結び付けて考えてしまうこともあります。

気のせいで終わればいいのですが、様々な想像をし始めると気になって仕方なくなってしまいます。

3. 傷つきやすい傾向の人

傷つきやすい傾向の人

傷つきやすい性格の人は自分が傷つくのを極端に恐れます。

そのため周りが何を言っているか気になって仕方ない状況によく陥ってしまいがちです。

4. 思い詰める傾向のある人

思い詰める傾向のある人

何気ない一言でも、これはどういうことだろうと必要以上にその意味を考えてしまう人です。

逆を言えば、白黒はっきりしないと気が済まない、グレーゾーンが認められない人です。

このような人は他人の言動をすべて正面からキャッチしてしまうので、周りの言動を全部理解したいと思いがちです。

5. 厳しく育てられた傾向のある人

厳しく育てられた傾向のある人

これはもともとの性格というよりも環境的な要因が、そのような性格を形づくったというほうがいいかもしれませんが、親が周りの評価を気にして、本人の意思よりも周りがどう思うかで、指導した場合に多く見られます。

これは行き過ぎると常に周りの視線を気にするようになります。

6. 自意識が過剰な人

自意識が過剰な人

常に自分が大切で、自分中心に物事が動いていると思っていたり、自分はこのように見られたいと思う気持ちが強すぎる人は常に人の評価が気になります。

したがって周りが気になって仕方ありません。

実際に誰からもそんなに見られているわけでもないのに妄想が先走り、現実離れした状態になることもよくあります。

7. 思い込みの激しい人

思い込みの激しい人

人はこうあるべきだと思って、その思い込みが強い人はその考えに批判的な意見に敏感になります。

自分のこだわりや思い込みが壊されるのを恐れるため、その批判な視線や声を極度に気にするようになります。

このような人は常に自分と反対意見の人はいないかと逆に意識して周りを気にしすぎることもあるくらいです。

8. 臆病な人

臆病な人

臆病な性格の人は批判されたり、きつい一言で自分が追い込まれるのを極度に避けようとします。

そのための予防策として自分がどう思われていて、今後孤立したり攻撃される恐れがないか知りたくて仕方ありません。

そのためそのような情報をいち早くキャッチしたいがために、まわりの言動や視線に非常に敏感になりやすいです。

9. 心が優しすぎる人

心が優しすぎる人

最後に、心が優しい、時には優しすぎてしまう人はまわりの言動や行動が気になってしまいます。

自分以外のことでも、何かあると心配してあげたり、同情したりすることが多くなり、さらにもっと周りの言動を意識してしまうのです。

心が優しいことが副作用のようにマイナスに働くこともあるのです。

まとめ

以上9つのカテゴリーにまとめてみましたが、いづれも自分や他者への防衛本能から、できるだけ自分の身を守りたいという思いが強い人に、周りを気にしすぎる傾向があるようです。

また、まったく鈍感に生きるというのも考えものですが、それでもまあいいかとグレーゾーンを許容できるようにならないとこの傾向の度合いはさらにたかまるでしょう。

周りを気にしすぎる人の性格や特徴は様々なケースが考えられますが、一般的に以下の傾向がある人が多いです。


自分を責める傾向のある人

最初に挙げられるのは自分を責める傾向にある人です。

そのような人は自分の言動や行動が常に間違っているかもしれないと思っていて、少しでも他人から直接的な言い方や批判をされると不安になってしまいます。

そのため周りが自分をどのように見ているか気になって仕方がないのです。

想像力が豊か過ぎる傾向の人

頭がいい人、特に想像力が豊かな人は何気なく言われた一言を様々な角度から考えてしまいがちです。

特に独自のストーリーを作り上げてしまうので、周りの言動や視線がその想像に結び付けて考えてしまうこともあります。

気のせいで終わればいいのですが、様々な想像をし始めると気になって仕方なくなってしまいます。

傷つきやすい傾向の人

傷つきやすい性格の人は自分が傷つくのを極端に恐れます。

そのため周りが何を言っているか気になって仕方ない状況によく陥ってしまいがちです。

思い詰める傾向のある人

何気ない一言でも、これはどういうことだろうと必要以上にその意味を考えてしまう人です。

逆を言えば、白黒はっきりしないと気が済まない、グレーゾーンが認められない人です。

このような人は他人の言動をすべて正面からキャッチしてしまうので、周りの言動を全部理解したいと思いがちです。

厳しく育てられた傾向のある人

これはもともとの性格というよりも環境的な要因が、そのような性格を形づくったというほうがいいかもしれませんが、親が周りの評価を気にして、本人の意思よりも周りがどう思うかで、指導した場合に多く見られます。

これは行き過ぎると常に周りの視線を気にするようになります。

自意識が過剰な人

常に自分が大切で、自分中心に物事が動いていると思っていたり、自分はこのように見られたいと思う気持ちが強すぎる人は常に人の評価が気になります。

したがって周りが気になって仕方ありません。

実際に誰からもそんなに見られているわけでもないのに妄想が先走り、現実離れした状態になることもよくあります。

思い込みの激しい人

人はこうあるべきだと思って、その思い込みが強い人はその考えに批判的な意見に敏感になります。

自分のこだわりや思い込みが壊されるのを恐れるため、その批判な視線や声を極度に気にするようになります。

このような人は常に自分と反対意見の人はいないかと逆に意識して周りを気にしすぎることもあるくらいです。

臆病な人

臆病な性格の人は批判されたり、きつい一言で自分が追い込まれるのを極度に避けようとします。

そのための予防策として自分がどう思われていて、今後孤立したり攻撃される恐れがないか知りたくて仕方ありません。

そのためそのような情報をいち早くキャッチしたいがために、まわりの言動や視線に非常に敏感になりやすいです。

心が優しすぎる人

最後に、心が優しい、時には優しすぎてしまう人はまわりの言動や行動が気になってしまいます。

自分以外のことでも、何かあると心配してあげたり、同情したりすることが多くなり、さらにもっと周りの言動を意識してしまうのです。

心が優しいことが副作用のようにマイナスに働くこともあるのです。

以上9つのカテゴリーにまとめてみましたが、いづれも自分や他者への防衛本能から、できるだけ自分の身を守りたいという思いが強い人に、周りを気にしすぎる傾向があるようです。

また、まったく鈍感に生きるというのも考えものですが、それでもまあいいかとグレーゾーンを許容できるようにならないとこの傾向の度合いはさらにたかまるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-