【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518104216.html
内気な人の原因や性格改善方法

内気な人の原因や性格改善方法 | LADYCO

LADYCO
内気な人の原因や性格改善方法

内気な人は生まれもってそうだったという人ばかりではなく、生活の中で徐々に内にこもってしまう人も大勢います。

その原因やそうなりやすい性格の人はどんな人なのかを探りながら改善方法を見つけていきましょう。

  • 恥ずかしがりやさんは気持ちを隠す
  • 自分に自信がないせいで殻に閉じこもる
  • いじめられた経験から人を信じることができない
  • 出る杭は打たれる。
  • 一人が楽だと気づいてしまうと難しい
  • 気遣いも度が過ぎればどんどん内気になっていく
  • 無気力も内気に繋がる
  • 親が無感情だと子供もそうなりがち
  • 大人しいことや遠慮することを褒められることで加速する
  • 女性は内気=女性らしいなどと思ってしまう
  • 内気でいると落としやすそうに見えて男性にモテることもある
  • 意見を言わないことで丸く収まった経験がそうさせる
  • 楽しそうな人達を見ているだけで満足してしまう
  • 何事も今好きなだけ、今だけの付き合いと思ってしまう
  • 人が怒ったり困ったりすることばかり想像してしまう
  • 失敗への恐怖心が強い
  • 静かな環境で育つと静かでいることが快適に感じる
  • 物事に集中したいタイプである
  • 内気な自分にそもそも気づいていない
  • 見た目が大人しそうな顔だと内気な友達が寄って来る
  • まとめ

1. 恥ずかしがりやさんは気持ちを隠す

恥ずかしがりやさんは気持ちを隠す

恥ずかしがりやな性格の人は気持ちを表に出すことができず、隠してしまってどんどん内気になっていきます。

そんな人は恥ずかしさになれるためにあえてちょっと恥ずかしいことをたまにやるようにすることです。

自分でそれができないのであれば友達や親に協力してもらいながら背中を押されてでもやりましょう。

恥ずかしくてもやっているうちに徐々に慣れてきますし、あの時よりはできそうと自分で自分を励ますことができるようになっていきます。

2. 自分に自信がないせいで殻に閉じこもる

自分に自信がないせいで殻に閉じこもる

自分に自信がないとどんどん殻に閉じこもってしまいますから、少しでも自信をつける努力が大切です。

と言っても何でも挑戦して失敗ばかりするとかえって自信がなくなってしまうため、自分でもできそうなことや失敗してもできたらいいなと強く思えることから挑戦するようにしてみてください。

最初から欲張ってはいけません。

少しずつ段階を踏んでいかないと自分が疲れてしまいます。

3. いじめられた経験から人を信じることができない

いじめられた経験から人を信じることができない

いじめられた経験があると人を信じることができなくなって内気になっていきます。

自分の気持ちは我慢した方が身のためだという発想になってしまうからです。

まずは自分が心を開けそうな相手を見つけることから始めましょう。

親でもいいですし、大人しい友達を作ることでもOKです。

最初は狭い人付き合いの中で徐々に自分を出すトレーニングをし、受け入れてもらえるという安心感を持つことが大切です。

味方がいれば勇気もわいてきます。

4. 出る杭は打たれる。

出る杭は打たれる。

それを見てきた人は前に出られなくなる 前に出てばかりの人はひがまれたり鬱陶しがられたりすることがあり、そんな「出る杭は打たれる」姿を見てしまうと前に出る勇気がなくなってしまいます。

しかしどんな人でも同じことすれば打たれるわけではありません。

打たれる人には原因があるのです。

何がいけないのかよく見てみると、その人のやり方が強引であるとか矛盾しているという点に気づきます。

人をよく研究して反面教師にしてみましょう。

5. 一人が楽だと気づいてしまうと難しい

一人が楽だと気づいてしまうと難しい

一人が一番楽だと気づいてしまうとなかなか内気から抜け出せなくなってしまいます。

家にいることが増え、一人行動も増えていくので気持ちを出す機会も減り、内気が当たり前になっていくからです。

それではいけないとかつまらないと少しでも思っているなら意識した時くらいは誰かを誘ってみませんか?

人の目に触れる場所へ行ってみるのもいいことです。

一人ではない不自由さの中にも面白みがあります。

それを知ることです。

6. 気遣いも度が過ぎればどんどん内気になっていく

気遣いも度が過ぎればどんどん内気になっていく

周りによく気を遣う人も度が過ぎてしまうと相手の意見や考えばかりに合わせるようになっていきます。

そしてどんどん内気な自分に変化してしまうのです。

しかし本当に気を遣うのであれば何も意見しないのも相手に任せすぎるのも良いことではないはずです。

相手と一緒に考え、良い答えを出すために動いてこそ相手のためだと考えながら出るべき時は出るという気持ちを忘れないようにしてください。

7. 無気力も内気に繋がる

無気力も内気に繋がる

物事に対して無気力になってしまうと何もかも面倒になり、内気やネガティブな性格になっていきます。

やってみたいとか、できるようになりたいという気持ちがあるからこそ気持ちを出したり動いたりできる原動力になっているのです。

それを忘れては何も始まりません。

まずは興味を持とうとすることから始め、少しでも興味がわいたことはもう少し知る努力をしましょう。

ひとつ関心が増えればそこから派生していくことも多いので、簡単に結末を決め付けてしまうのはもったいない生き方です。

8. 親が無感情だと子供もそうなりがち

親が無感情だと子供もそうなりがち

親が感情を表に出さないタイプの時は子供もそうなりがちです。

反対によく笑う親や感受性が豊かな親の子は物事をよく考え、好奇心旺盛なことが多いです。

自分の親を見てみてください。

クールな人ではないでしょうか?

疲れ切ってそうなってしまっているのかもしれません。

自分を内気じゃなくしたいなら、まずは身近な親を変えてみましょう。

旅行に連れ出したり悩み事を聞いてあげたりしながら感情を出させるのです。

9. 大人しいことや遠慮することを褒められることで加速する

大人しいことや遠慮することを褒められることで加速する

大人しいことや遠慮することを謙虚で素晴らしいとか上品だとか言う人もいます。

しかしその経験が増えるとそうあるべきだと勘違いしてしまい、どんどん内気な性格が加速していってしまいます。

もちろん場をわきまえて抑えることも必要な時がありますが、内気なせいでやろうとせず逃げているように思われることもあります。

それを美徳だなんて思わないようにしましょう。

10. 女性は内気=女性らしいなどと思ってしまう

女性は内気=女性らしいなどと思ってしまう

女性は内気な人の方が女性らしいと思われたり思ってしまうことも多いようです。

そのせいで内気な自分になるようにむしろ努めてしまっている人もいます。

でも内気すぎる女性は感情が見えず、愛嬌を感じさせません。

男性から見る女性らしさというのはちょっと小悪魔なわがままも含まれています。

内気が一番というわけではないんです。

11. 内気でいると落としやすそうに見えて男性にモテることもある

内気でいると落としやすそうに見えて男性にモテることもある

内気な女性は恋愛慣れしているように見えず、落としやすそうに感じることで男性からモテることもあります。

そのためにそう見えるように自分を演技している女性もいますし、知らずにモテることでこれで問題ないと思ってしまっていることもあります。

しかし落としやすそうというだけで言い寄られるのは自分が可哀相です。

自分の本当の気持ちが言えない相手との付き合いはストレスがたまりますよ。

12. 意見を言わないことで丸く収まった経験がそうさせる

意見を言わないことで丸く収まった経験がそうさせる

意見を言わないことで丸く収まった経験があるとそうするべきなのだと学んでしまい、物事を決める場でとたんに内気になってしまいます。

例えば決まりそうな時に意見を言うことで長引いて周りが冷たい視線を送ってくるということがありますが、ぐっと堪えることで短時間で問題が片付くことも経験したことがあるのではないでしょうか。

しかしそれは無責任とも言えます。

本当に真剣に考える人は言いにくいことも言う勇気があります。

13. 楽しそうな人達を見ているだけで満足してしまう

楽しそうな人達を見ているだけで満足してしまう

楽しそうな人達を見ているだけで満足してしまってこれ以上盛り上げたら周りに迷惑ではないか?

などと思うこともあるでしょう。

また、自分が加わることで空気が冷めてしまうのを恐れている人もいそうです。

そうすると盛り上げ上手な人に場を任せ、自分は内気なまま傍観してしまうようになります。

しかしそれで本当に楽しめているのでしょうか。

内気だからこそ弾けてみせることでみんなはもっと盛り上がるはずですよ。

14. 何事も今好きなだけ、今だけの付き合いと思ってしまう

何事も今好きなだけ、今だけの付き合いと思ってしまう

物事に対してドライな考えを持つ人は今好きなだけとか今だけの付き合いだからどうでもいいと思ってしまい、気持ちがうまくノれません。

そのため気持ちがどんどん冷めていき、内気になっていきます。

しかしそんな自分でいても面白くないはずです。

のめり込むことで失敗することもありますが、のめり込んでいる自分も愛らしいものですよ。

何か夢中になれるものを見つけて気持ちを抑えられない経験をしてみましょう。

15. 人が怒ったり困ったりすることばかり想像してしまう

人が怒ったり困ったりすることばかり想像してしまう

人が怒ったり困ったりすることばかり想像してしまうと揉め事を避けるために気持ちを閉じ込めるようになってしまいます。

でも相手は気持ちを出してまで揉め事を作っていると思えば自分ばかり損していると思いませんか?

自分をもっと大切にして自分の気持ちをわかってもらうようにしてもやりすぎさえしなければいいはずです。

そうやってわかり合えることも多いものです。

16. 失敗への恐怖心が強い

失敗への恐怖心が強い

失敗への恐怖心が強いとやってみようと思ったりやってみるべきかどうかすら考えなくなります。

だからどんどん物事に関心がなくなっていき、内気でつまらない人になってしまいます。

やらないとわからないことはたくさんあり、やってみると案外できることもたくさんあるということは経験してこそわかることです。

失敗を恐れて逃げてばかりいてはいい経験も生まれないと理解してください。

17. 静かな環境で育つと静かでいることが快適に感じる

静かな環境で育つと静かでいることが快適に感じる

静かな環境で育った人はそんな環境こそ快適に感じ、内気な自分も正当化してしまいます。

自分が楽に感じてしまうとなかなか脱却できないものです。

人とたくさん関わりを持つようにし、ちょっと面倒だけれど魅力いっぱいな面白い人間と触れ合ってみましょう。

そんな人はいると邪魔にも感じますがいないとつまらないものです。

いつも静かでいるより刺激が増える方が人生が色とりどりになっていきます。

18. 物事に集中したいタイプである

物事に集中したいタイプである

物事に集中したいタイプの人は内気であることの方が何かと都合が良かったりします。

絵を描くのが趣味な人や読書好きな人などです。

しかしその時はその時、別の時間は楽しく過ごしたいですね。

メリハリをつけて過ごすようにするともっと楽しい時間も楽しく感じられるようになりますよ。

19. 内気な自分にそもそも気づいていない

内気な自分にそもそも気づいていない

自分が内気であることに気づいてすらいないケースもあります。

たまに自分を振り返ってみて周りにどう見られているかを考える時間も必要です。

理解者がそばにいるのであれば率直な意見を聞いて内気である自分に向き合いましょう。

まずはそこからです。

20. 見た目が大人しそうな顔だと内気な友達が寄って来る

見た目が大人しそうな顔だと内気な友達が寄って来る

見た目が大人しそうに見える顔であれば自然と内気な友達が気を許して寄って来て内気グループができてしまいます。

ファッションやメイクを工夫したり明るい笑顔を研究するなどして元気な自分に変わるようにしてみてください。

まとめ

内気な人は暗そうだとか何を考えているかわからないなどと誤解されてしまうこともありますが、優しそうとか信頼できそうというような良い印象を持たれることもあります。

内気をネガティブにばかり捉えなくてもいいのでせめて自分が損をしないようにはしていきたいですね。

内気な人は生まれもってそうだったという人ばかりではなく、生活の中で徐々に内にこもってしまう人も大勢います。

その原因やそうなりやすい性格の人はどんな人なのかを探りながら改善方法を見つけていきましょう。


恥ずかしがりやさんは気持ちを隠す

恥ずかしがりやな性格の人は気持ちを表に出すことができず、隠してしまってどんどん内気になっていきます。

そんな人は恥ずかしさになれるためにあえてちょっと恥ずかしいことをたまにやるようにすることです。

自分でそれができないのであれば友達や親に協力してもらいながら背中を押されてでもやりましょう。

恥ずかしくてもやっているうちに徐々に慣れてきますし、あの時よりはできそうと自分で自分を励ますことができるようになっていきます。

自分に自信がないせいで殻に閉じこもる

自分に自信がないとどんどん殻に閉じこもってしまいますから、少しでも自信をつける努力が大切です。

と言っても何でも挑戦して失敗ばかりするとかえって自信がなくなってしまうため、自分でもできそうなことや失敗してもできたらいいなと強く思えることから挑戦するようにしてみてください。

最初から欲張ってはいけません。

少しずつ段階を踏んでいかないと自分が疲れてしまいます。

いじめられた経験から人を信じることができない

いじめられた経験があると人を信じることができなくなって内気になっていきます。

自分の気持ちは我慢した方が身のためだという発想になってしまうからです。

まずは自分が心を開けそうな相手を見つけることから始めましょう。

親でもいいですし、大人しい友達を作ることでもOKです。

最初は狭い人付き合いの中で徐々に自分を出すトレーニングをし、受け入れてもらえるという安心感を持つことが大切です。

味方がいれば勇気もわいてきます。

出る杭は打たれる。

それを見てきた人は前に出られなくなる 前に出てばかりの人はひがまれたり鬱陶しがられたりすることがあり、そんな「出る杭は打たれる」姿を見てしまうと前に出る勇気がなくなってしまいます。

しかしどんな人でも同じことすれば打たれるわけではありません。

打たれる人には原因があるのです。

何がいけないのかよく見てみると、その人のやり方が強引であるとか矛盾しているという点に気づきます。

人をよく研究して反面教師にしてみましょう。

一人が楽だと気づいてしまうと難しい

一人が一番楽だと気づいてしまうとなかなか内気から抜け出せなくなってしまいます。

家にいることが増え、一人行動も増えていくので気持ちを出す機会も減り、内気が当たり前になっていくからです。

それではいけないとかつまらないと少しでも思っているなら意識した時くらいは誰かを誘ってみませんか?

人の目に触れる場所へ行ってみるのもいいことです。

一人ではない不自由さの中にも面白みがあります。

それを知ることです。

気遣いも度が過ぎればどんどん内気になっていく

周りによく気を遣う人も度が過ぎてしまうと相手の意見や考えばかりに合わせるようになっていきます。

そしてどんどん内気な自分に変化してしまうのです。

しかし本当に気を遣うのであれば何も意見しないのも相手に任せすぎるのも良いことではないはずです。

相手と一緒に考え、良い答えを出すために動いてこそ相手のためだと考えながら出るべき時は出るという気持ちを忘れないようにしてください。

無気力も内気に繋がる

物事に対して無気力になってしまうと何もかも面倒になり、内気やネガティブな性格になっていきます。

やってみたいとか、できるようになりたいという気持ちがあるからこそ気持ちを出したり動いたりできる原動力になっているのです。

それを忘れては何も始まりません。

まずは興味を持とうとすることから始め、少しでも興味がわいたことはもう少し知る努力をしましょう。

ひとつ関心が増えればそこから派生していくことも多いので、簡単に結末を決め付けてしまうのはもったいない生き方です。

親が無感情だと子供もそうなりがち

親が感情を表に出さないタイプの時は子供もそうなりがちです。

反対によく笑う親や感受性が豊かな親の子は物事をよく考え、好奇心旺盛なことが多いです。

自分の親を見てみてください。

クールな人ではないでしょうか?

疲れ切ってそうなってしまっているのかもしれません。

自分を内気じゃなくしたいなら、まずは身近な親を変えてみましょう。

旅行に連れ出したり悩み事を聞いてあげたりしながら感情を出させるのです。

大人しいことや遠慮することを褒められることで加速する

大人しいことや遠慮することを謙虚で素晴らしいとか上品だとか言う人もいます。

しかしその経験が増えるとそうあるべきだと勘違いしてしまい、どんどん内気な性格が加速していってしまいます。

もちろん場をわきまえて抑えることも必要な時がありますが、内気なせいでやろうとせず逃げているように思われることもあります。

それを美徳だなんて思わないようにしましょう。

女性は内気=女性らしいなどと思ってしまう

女性は内気な人の方が女性らしいと思われたり思ってしまうことも多いようです。

そのせいで内気な自分になるようにむしろ努めてしまっている人もいます。

でも内気すぎる女性は感情が見えず、愛嬌を感じさせません。

男性から見る女性らしさというのはちょっと小悪魔なわがままも含まれています。

内気が一番というわけではないんです。

内気でいると落としやすそうに見えて男性にモテることもある

内気な女性は恋愛慣れしているように見えず、落としやすそうに感じることで男性からモテることもあります。

そのためにそう見えるように自分を演技している女性もいますし、知らずにモテることでこれで問題ないと思ってしまっていることもあります。

しかし落としやすそうというだけで言い寄られるのは自分が可哀相です。

自分の本当の気持ちが言えない相手との付き合いはストレスがたまりますよ。

意見を言わないことで丸く収まった経験がそうさせる

意見を言わないことで丸く収まった経験があるとそうするべきなのだと学んでしまい、物事を決める場でとたんに内気になってしまいます。

例えば決まりそうな時に意見を言うことで長引いて周りが冷たい視線を送ってくるということがありますが、ぐっと堪えることで短時間で問題が片付くことも経験したことがあるのではないでしょうか。

しかしそれは無責任とも言えます。

本当に真剣に考える人は言いにくいことも言う勇気があります。

楽しそうな人達を見ているだけで満足してしまう

楽しそうな人達を見ているだけで満足してしまってこれ以上盛り上げたら周りに迷惑ではないか?

などと思うこともあるでしょう。

また、自分が加わることで空気が冷めてしまうのを恐れている人もいそうです。

そうすると盛り上げ上手な人に場を任せ、自分は内気なまま傍観してしまうようになります。

しかしそれで本当に楽しめているのでしょうか。

内気だからこそ弾けてみせることでみんなはもっと盛り上がるはずですよ。

何事も今好きなだけ、今だけの付き合いと思ってしまう

物事に対してドライな考えを持つ人は今好きなだけとか今だけの付き合いだからどうでもいいと思ってしまい、気持ちがうまくノれません。

そのため気持ちがどんどん冷めていき、内気になっていきます。

しかしそんな自分でいても面白くないはずです。

のめり込むことで失敗することもありますが、のめり込んでいる自分も愛らしいものですよ。

何か夢中になれるものを見つけて気持ちを抑えられない経験をしてみましょう。

人が怒ったり困ったりすることばかり想像してしまう

人が怒ったり困ったりすることばかり想像してしまうと揉め事を避けるために気持ちを閉じ込めるようになってしまいます。

でも相手は気持ちを出してまで揉め事を作っていると思えば自分ばかり損していると思いませんか?

自分をもっと大切にして自分の気持ちをわかってもらうようにしてもやりすぎさえしなければいいはずです。

そうやってわかり合えることも多いものです。

失敗への恐怖心が強い

失敗への恐怖心が強いとやってみようと思ったりやってみるべきかどうかすら考えなくなります。

だからどんどん物事に関心がなくなっていき、内気でつまらない人になってしまいます。

やらないとわからないことはたくさんあり、やってみると案外できることもたくさんあるということは経験してこそわかることです。

失敗を恐れて逃げてばかりいてはいい経験も生まれないと理解してください。

静かな環境で育つと静かでいることが快適に感じる

静かな環境で育った人はそんな環境こそ快適に感じ、内気な自分も正当化してしまいます。

自分が楽に感じてしまうとなかなか脱却できないものです。

人とたくさん関わりを持つようにし、ちょっと面倒だけれど魅力いっぱいな面白い人間と触れ合ってみましょう。

そんな人はいると邪魔にも感じますがいないとつまらないものです。

いつも静かでいるより刺激が増える方が人生が色とりどりになっていきます。

物事に集中したいタイプである

物事に集中したいタイプの人は内気であることの方が何かと都合が良かったりします。

絵を描くのが趣味な人や読書好きな人などです。

しかしその時はその時、別の時間は楽しく過ごしたいですね。

メリハリをつけて過ごすようにするともっと楽しい時間も楽しく感じられるようになりますよ。

内気な自分にそもそも気づいていない

自分が内気であることに気づいてすらいないケースもあります。

たまに自分を振り返ってみて周りにどう見られているかを考える時間も必要です。

理解者がそばにいるのであれば率直な意見を聞いて内気である自分に向き合いましょう。

まずはそこからです。

見た目が大人しそうな顔だと内気な友達が寄って来る

見た目が大人しそうに見える顔であれば自然と内気な友達が気を許して寄って来て内気グループができてしまいます。

ファッションやメイクを工夫したり明るい笑顔を研究するなどして元気な自分に変わるようにしてみてください。

内気な人は暗そうだとか何を考えているかわからないなどと誤解されてしまうこともありますが、優しそうとか信頼できそうというような良い印象を持たれることもあります。

内気をネガティブにばかり捉えなくてもいいのでせめて自分が損をしないようにはしていきたいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-