【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518104211.html
自己中な人の特徴

自己中な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
自己中な人の特徴

自己中心的な人は嫌われがちですが、具体的にどんな性格や特徴を持っているのでしょうか。

性格や特徴をまとめてみました。

  • 自分はとても優秀だと思っている
  • 相手を下に見ている
  • 想像力が乏しい
  • 他人を強く否定しがち
  • 自分に甘い
  • 常識がない
  • 会話のキャッチボールが苦手
  • 言葉が強い
  • 人のせいにする
  • 謝らない
  • 責任感に乏しい
  • 自分が一番じゃないと気が済まない
  • コミュニケーション能力が乏しい
  • 忍耐力がない
  • 感情の起伏が激しい
  • 協調性に欠ける
  • 視野が狭い
  • 思い通りにいかないと不機嫌になる
  • 早とちりが多い
  • 周りに大事にされすぎてきた。
  • まとめ

1. 自分はとても優秀だと思っている

自分はとても優秀だと思っている

自己中心的な人は自分はとても優秀であり、他の人よりも優れていると思っている人がとても多いです。

小さなことでも自分はこれができるから優秀だと捉える傾向にあります。

これだけ聞くとポジティブで良いと思いがちですが、自己中心的な人は、人と比較する事を好みます。

自分はこれが出来るけどあの人はこれが出来ないからダメだと決めつけてしまう事も多くあります。

自己中心的な人の思考には、こういった考えの土台があるようですね。

2. 相手を下に見ている

相手を下に見ている

自分に絶対の自信があるため、自分の価値観と合わない人は総じて下に見ている事が多くあります。

自分とは違う意見であるとは思わずに、この人は間違った事を言っていると思ってしまうようですね。

他にも、自分の方が年齢的に上だからといった理由で相手を下に見ているということもあります。

相手と比較して優位に立とうとすることも、自己中心的な人の特徴と言えるでしょう。

3. 想像力が乏しい

想像力が乏しい

人と話すときにはマナーが存在します。

それは、「これを言ったら相手は傷つくだろうな、怒るだろうな」と人の事を考え、相手を傷つけないようにするというものです。

あえて傷つくような事を言う場面もあるかもしれませんが、普段の会話でそればかり言うということはないでしょう。

自己中な人はそういった想像力が乏しく、相手がどう思うかというところまで思考が追い付いていない為、相手を傷つけてしまう言葉も躊躇わず言ってしまうところがあるようです。

4. 他人を強く否定しがち

他人を強く否定しがち

自己中心的な人はプライドが高く、自分が一番だと思っているところがあります。

相手を下に見ているということも関係しますが、自分の意見に合わないものは排除しようとします。

他人を強く否定したり、時にはけなしたりなど。

自分が面白くないと思った事にはすぐに敵意をむき出しにして噛みついてしまう事が多いようです。

5. 自分に甘い

自分に甘い

人は誰しも自分にはどうしても判定が甘くなってしまいがちですが、自己中心的な人はそれがとても顕著です。

自分は人を傷つけているにもかかわらず、他の人から同じように言われたら酷く傷つくなど、とても自分に甘いのです。

自分が言っていることを返しただけだと言われても、私はそんなことは言っていない、と自分の発言と自分が感じるショックの比率が著しく合っていない事が多いです。

相手のためにやってはいけないことと、自分さえよければいいという天秤が、常に自分さえよければいい方向に傾いていると言えます。

6. 常識がない

常識がない

常識というのは普通に生きていれば、ある程度は身に付いてくるものではありますが、自己中心的な人は、自分が中心にいないと気が済まないという人が多く、多くの物を見落として生きています。

そのため、それはやってはいけないことだということも、自分さえ良ければいいと思っているため、他の人から見たら常識がないと思ってしまうようです。

7. 会話のキャッチボールが苦手

会話のキャッチボールが苦手

人の話を聞かないというのも自己中心的な人の特徴です。

人と話すというのは、相手の意見を受け入れつつ会話を繋げるということですが、自己中心的な人はその会話のキャッチボールが苦手な傾向にあります。

自分の価値観が固定されているため、自分の意見しか言えなかったり、自分に興味のない話だからと早々に話題を切って別のをするなど、会話そのものが苦手という特徴があります。

8. 言葉が強い

言葉が強い

ハッキリとした言葉や、断言する言葉を多く使用するなども、自己中心的な人の特徴として挙げられます。

自分本位な人が多い為、言葉を選ぶと言う事をしない傾向にあり、そのため自然と言葉が強くなってしまうようです。

意見を言うときも自分の価値観が定まっているため、気後れするということがあまりないようです。

自信の表れであるとも言えますが、強い言葉には恐怖を感じるものです。

自己中心的な人は言葉が強いという理由でも煙たがられていると考えられますね。

9. 人のせいにする

人のせいにする

自己中心的な人は前述した通り、自分に甘く他人を卑下する傾向にあります。

そのため、自身の犯した失敗をとにかく人のせいにするという人が多いです。

自分は失敗していない、これは誰かが失敗するように仕向けたからだ、自分は悪くないと、ごくごく自然に思ってしまいます。

自分を守るためなら人が責められても構わない、自分には関係ないと思ってしまうというのも、自己中心的な人特有の性格と言えます。

10. 謝らない

謝らない

失敗を犯してしまったとしても、それは自分のせいではないと思ってしまっているのが自己中心的な人特有の性格です。

そして、失敗を失敗と思わないのであれば、その人の中に謝る必要性というものがなくなります。

そのため、自己中心的な人は謝らないという特徴があります。

謝ったとしても、それは自分の聖じゃないからといった、言い訳込みの謝りであることが多いです。

11. 責任感に乏しい

責任感に乏しい

失敗をしても人のせいにするのであれば、責任感という重みも薄れます。

自分に責任が降りかかる事を極端に嫌がり、それでも功績は欲しいという野心を持っている方が多いです。

野心が強いのに責任が降りかかるのは嫌だという矛盾した心を抱えていますので、言動などもコロコロと変わることが多くあります。

12. 自分が一番じゃないと気が済まない

自分が一番じゃないと気が済まない

誰でにでも自分に注目してほしい時、話しを聞いてもらいたい時というのはありますが、自己中心的な人は、注目されなかったり話を聞いてもらえないということを極端に嫌がる傾向にあります。

自分の話ばかりするのに人の話は聞かない、自分に注目してもらえないと不機嫌になるというのは、自己中心的な性格と言えるでしょう。

13. コミュニケーション能力が乏しい

コミュニケーション能力が乏しい

前述している項目を見て頂ければわかる通り、自己中心的な人は、コミュニケーション能力が乏しい傾向にあります。

人の話を聞かずに自分の話をしたがる、注目されないと不機嫌になるのでは、相手も大変ですよね。

そのためだんだんと周りから人が離れていく傾向にあり、残ったのは自分を盛り上げてくれる人だけになり、自分本位のコミュニケーション法しかみにつかないため、いつまでもコミュニケーション能力が乏しいままであるという特徴があります。

14. 忍耐力がない

忍耐力がない

自分に不利益な事や嫌な事があると、落ち込んだり悲しくなったり、時には大声を出して叫びたくなったり、誰かに八つ当たりしたくなったりするものですが、普通の状態の人であれば、それをぐっとこらえて自分で消化したりするなどして、他人にあまり迷惑をかけない形で我慢します。

しかし、自己中心的な人はすぐ八つ当たりや物に当たる事が多くあります。

忍耐力が無いというのも、自己中心的な人の特徴と言えます。

15. 感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しい

自己中心的な人の特徴に、感情の起伏が激しいというものが挙げられます。

先程までニコニコ笑っていたのに、自分に不利益な話になると途端に不機嫌になるといった、わがままなところがあることが多いです。

怒れば周りが妥協して場を収める事がほとんどでしょう。

そのため自分の意見が通るための常套手段として感情をあえてコントロールしないという方法が身についているという場合もあるようです。

16. 協調性に欠ける

協調性に欠ける

自己中心的な人は、人と協調するということを苦手としている人が多いです。

強調するためには自分の意見を引いたり、時には妥協する事や折り合いを付ける事も必要になってきますが、自己中心的な人にはその行為がとても難しいものになります。

常に自分の意見が通る場所であれば協調も出来るかもしれませんが、常にというのはあり得ない事でしょう。

自分の意見が採用されるとは限らない会議などは苦手とする傾向にあります。

17. 視野が狭い

視野が狭い

自己中心的な人は視野が狭く、自分が見ようとしたもの、もしくは自分の視点から見えたものしか見えないという傾向にあります。

「自分にはこう見えたからそれが事実」と信じて疑わず、その視点が間違っていたとしても、なかなか正そうとせず、その間違いを指摘したとしても、逆に「あなたが間違っている」と言う反応を返される事も多くあるようです。

多角的に物事が見られない、と言うのも、自己中心的な人の特徴です。

18. 思い通りにいかないと不機嫌になる

思い通りにいかないと不機嫌になる

思い通りにいかない事があれば、誰だってテンションが下がったりモチベーションが下がってしまうものですが、自己中心的な人はそれが顕著に現れます。

不機嫌になったり逆ギレをしたりと、酷い時には物や人に当たり散らしたりするなど、周りの被害を考えずに機嫌が悪いということを隠さない傾向にあります。

19. 早とちりが多い

早とちりが多い

自己中心的な人は会話のキャッチボールが苦手というのは前述した通りですが、人の話を半分程度しか聞いていない事が多いようです。

そのため早とちりする事が多く、ミスが多くなるといった特徴があります。

最初に見えたもの、聞こえたものしか反映できないというのも自己中心的な人の特徴として挙げられます。

20. 周りに大事にされすぎてきた。

周りに大事にされすぎてきた。

自己中心的な人の特徴として、今まで大事にされ過ぎていたということが挙げられます。

今まで親などに甘やかされてきた、自分に合わせてくれる生活をしてきたという人がとても多く、自分の意見に合わせるのが当たり前であると思っているところがあり、それが自己中心的な行動に繋がってしまうようです。

まとめ

いかがでしたか?

自己中心的な人の特徴や性格を挙げてみると、嫌われがちな理由がよくわかると思います。

自己中心的な人と付き合っていくのは大変ですが、「話をある程度聞き流す」「話すときは要点だけ話す」ということに気をつけるだけで、だいぶ楽になると思います。

仕事上の付き合いの場合は仕方ない事も多いですが、自分の精神衛生上良くないと思ったら、いっそ離れるということも視野に入れて接してみてください。

自己中心的な人は嫌われがちですが、具体的にどんな性格や特徴を持っているのでしょうか。

性格や特徴をまとめてみました。


自分はとても優秀だと思っている

自己中心的な人は自分はとても優秀であり、他の人よりも優れていると思っている人がとても多いです。

小さなことでも自分はこれができるから優秀だと捉える傾向にあります。

これだけ聞くとポジティブで良いと思いがちですが、自己中心的な人は、人と比較する事を好みます。

自分はこれが出来るけどあの人はこれが出来ないからダメだと決めつけてしまう事も多くあります。

自己中心的な人の思考には、こういった考えの土台があるようですね。

相手を下に見ている

自分に絶対の自信があるため、自分の価値観と合わない人は総じて下に見ている事が多くあります。

自分とは違う意見であるとは思わずに、この人は間違った事を言っていると思ってしまうようですね。

他にも、自分の方が年齢的に上だからといった理由で相手を下に見ているということもあります。

相手と比較して優位に立とうとすることも、自己中心的な人の特徴と言えるでしょう。

想像力が乏しい

人と話すときにはマナーが存在します。

それは、「これを言ったら相手は傷つくだろうな、怒るだろうな」と人の事を考え、相手を傷つけないようにするというものです。

あえて傷つくような事を言う場面もあるかもしれませんが、普段の会話でそればかり言うということはないでしょう。

自己中な人はそういった想像力が乏しく、相手がどう思うかというところまで思考が追い付いていない為、相手を傷つけてしまう言葉も躊躇わず言ってしまうところがあるようです。

他人を強く否定しがち

自己中心的な人はプライドが高く、自分が一番だと思っているところがあります。

相手を下に見ているということも関係しますが、自分の意見に合わないものは排除しようとします。

他人を強く否定したり、時にはけなしたりなど。

自分が面白くないと思った事にはすぐに敵意をむき出しにして噛みついてしまう事が多いようです。

自分に甘い

人は誰しも自分にはどうしても判定が甘くなってしまいがちですが、自己中心的な人はそれがとても顕著です。

自分は人を傷つけているにもかかわらず、他の人から同じように言われたら酷く傷つくなど、とても自分に甘いのです。

自分が言っていることを返しただけだと言われても、私はそんなことは言っていない、と自分の発言と自分が感じるショックの比率が著しく合っていない事が多いです。

相手のためにやってはいけないことと、自分さえよければいいという天秤が、常に自分さえよければいい方向に傾いていると言えます。

常識がない

常識というのは普通に生きていれば、ある程度は身に付いてくるものではありますが、自己中心的な人は、自分が中心にいないと気が済まないという人が多く、多くの物を見落として生きています。

そのため、それはやってはいけないことだということも、自分さえ良ければいいと思っているため、他の人から見たら常識がないと思ってしまうようです。

会話のキャッチボールが苦手

人の話を聞かないというのも自己中心的な人の特徴です。

人と話すというのは、相手の意見を受け入れつつ会話を繋げるということですが、自己中心的な人はその会話のキャッチボールが苦手な傾向にあります。

自分の価値観が固定されているため、自分の意見しか言えなかったり、自分に興味のない話だからと早々に話題を切って別のをするなど、会話そのものが苦手という特徴があります。

言葉が強い

ハッキリとした言葉や、断言する言葉を多く使用するなども、自己中心的な人の特徴として挙げられます。

自分本位な人が多い為、言葉を選ぶと言う事をしない傾向にあり、そのため自然と言葉が強くなってしまうようです。

意見を言うときも自分の価値観が定まっているため、気後れするということがあまりないようです。

自信の表れであるとも言えますが、強い言葉には恐怖を感じるものです。

自己中心的な人は言葉が強いという理由でも煙たがられていると考えられますね。

人のせいにする

自己中心的な人は前述した通り、自分に甘く他人を卑下する傾向にあります。

そのため、自身の犯した失敗をとにかく人のせいにするという人が多いです。

自分は失敗していない、これは誰かが失敗するように仕向けたからだ、自分は悪くないと、ごくごく自然に思ってしまいます。

自分を守るためなら人が責められても構わない、自分には関係ないと思ってしまうというのも、自己中心的な人特有の性格と言えます。

謝らない

失敗を犯してしまったとしても、それは自分のせいではないと思ってしまっているのが自己中心的な人特有の性格です。

そして、失敗を失敗と思わないのであれば、その人の中に謝る必要性というものがなくなります。

そのため、自己中心的な人は謝らないという特徴があります。

謝ったとしても、それは自分の聖じゃないからといった、言い訳込みの謝りであることが多いです。

責任感に乏しい

失敗をしても人のせいにするのであれば、責任感という重みも薄れます。

自分に責任が降りかかる事を極端に嫌がり、それでも功績は欲しいという野心を持っている方が多いです。

野心が強いのに責任が降りかかるのは嫌だという矛盾した心を抱えていますので、言動などもコロコロと変わることが多くあります。

自分が一番じゃないと気が済まない

誰でにでも自分に注目してほしい時、話しを聞いてもらいたい時というのはありますが、自己中心的な人は、注目されなかったり話を聞いてもらえないということを極端に嫌がる傾向にあります。

自分の話ばかりするのに人の話は聞かない、自分に注目してもらえないと不機嫌になるというのは、自己中心的な性格と言えるでしょう。

コミュニケーション能力が乏しい

前述している項目を見て頂ければわかる通り、自己中心的な人は、コミュニケーション能力が乏しい傾向にあります。

人の話を聞かずに自分の話をしたがる、注目されないと不機嫌になるのでは、相手も大変ですよね。

そのためだんだんと周りから人が離れていく傾向にあり、残ったのは自分を盛り上げてくれる人だけになり、自分本位のコミュニケーション法しかみにつかないため、いつまでもコミュニケーション能力が乏しいままであるという特徴があります。

忍耐力がない

自分に不利益な事や嫌な事があると、落ち込んだり悲しくなったり、時には大声を出して叫びたくなったり、誰かに八つ当たりしたくなったりするものですが、普通の状態の人であれば、それをぐっとこらえて自分で消化したりするなどして、他人にあまり迷惑をかけない形で我慢します。

しかし、自己中心的な人はすぐ八つ当たりや物に当たる事が多くあります。

忍耐力が無いというのも、自己中心的な人の特徴と言えます。

感情の起伏が激しい

自己中心的な人の特徴に、感情の起伏が激しいというものが挙げられます。

先程までニコニコ笑っていたのに、自分に不利益な話になると途端に不機嫌になるといった、わがままなところがあることが多いです。

怒れば周りが妥協して場を収める事がほとんどでしょう。

そのため自分の意見が通るための常套手段として感情をあえてコントロールしないという方法が身についているという場合もあるようです。

協調性に欠ける

自己中心的な人は、人と協調するということを苦手としている人が多いです。

強調するためには自分の意見を引いたり、時には妥協する事や折り合いを付ける事も必要になってきますが、自己中心的な人にはその行為がとても難しいものになります。

常に自分の意見が通る場所であれば協調も出来るかもしれませんが、常にというのはあり得ない事でしょう。

自分の意見が採用されるとは限らない会議などは苦手とする傾向にあります。

視野が狭い

自己中心的な人は視野が狭く、自分が見ようとしたもの、もしくは自分の視点から見えたものしか見えないという傾向にあります。

「自分にはこう見えたからそれが事実」と信じて疑わず、その視点が間違っていたとしても、なかなか正そうとせず、その間違いを指摘したとしても、逆に「あなたが間違っている」と言う反応を返される事も多くあるようです。

多角的に物事が見られない、と言うのも、自己中心的な人の特徴です。

思い通りにいかないと不機嫌になる

思い通りにいかない事があれば、誰だってテンションが下がったりモチベーションが下がってしまうものですが、自己中心的な人はそれが顕著に現れます。

不機嫌になったり逆ギレをしたりと、酷い時には物や人に当たり散らしたりするなど、周りの被害を考えずに機嫌が悪いということを隠さない傾向にあります。

早とちりが多い

自己中心的な人は会話のキャッチボールが苦手というのは前述した通りですが、人の話を半分程度しか聞いていない事が多いようです。

そのため早とちりする事が多く、ミスが多くなるといった特徴があります。

最初に見えたもの、聞こえたものしか反映できないというのも自己中心的な人の特徴として挙げられます。

周りに大事にされすぎてきた。

自己中心的な人の特徴として、今まで大事にされ過ぎていたということが挙げられます。

今まで親などに甘やかされてきた、自分に合わせてくれる生活をしてきたという人がとても多く、自分の意見に合わせるのが当たり前であると思っているところがあり、それが自己中心的な行動に繋がってしまうようです。

いかがでしたか?

自己中心的な人の特徴や性格を挙げてみると、嫌われがちな理由がよくわかると思います。

自己中心的な人と付き合っていくのは大変ですが、「話をある程度聞き流す」「話すときは要点だけ話す」ということに気をつけるだけで、だいぶ楽になると思います。

仕事上の付き合いの場合は仕方ない事も多いですが、自分の精神衛生上良くないと思ったら、いっそ離れるということも視野に入れて接してみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-