【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518104158.html
興味のあることしかできない人が他に興味を持つコツ

興味のあることしかできない人が他に興味を持つコツ | LADYCO

LADYCO
興味のあることしかできない人が他に興味を持つコツ

自分に興味のあることしかできない人はしばしばいます。

今回は、興味のあることしかできない人が他に興味を持つコツについてまとめます。

  • 興味があることを深く掘り下げる
  • 自分が食わず嫌いだと認識する
  • 興味を持てない分野の特徴を3つ挙げる
  • 軽い気持ちで始めてみる
  • 形から入る
  • ウィンドウショッピングをする
  • いつもとは違う時間帯に外を歩く
  • 違う趣味・嗜好を持つ友人をつくる
  • まとめ

1. 興味があることを深く掘り下げる

興味があることを深く掘り下げる

特定のことに深い興味があることは非常に良いことです。

男性に多い傾向がありますが、あるスポーツを社会人になってもずっと続けていたり、漫画やアニメに傾倒して大変な知識量を誇るまでになったり、興味を持つ形態はさまざまです。

自分に興味のある分野を掘り下げ、なぜこのように興味があるのかを突き詰めていくと、ある特徴が見えてくることでしょう。

その特徴を認識すれば視野が広がり、特徴が共通する他のことに興味が出るきっかけになります。

2. 自分が食わず嫌いだと認識する

自分が食わず嫌いだと認識する

特定のことにしか興味がない人は、総じて食わず嫌いの傾向があります。

ある一面の印象だけで「自分には興味のないこと」と判断してしまうのです。

もう少しよく知れば、実はハマってしまうほどの分野であった、などということはよく聞きます。

流行しているからといって毛嫌いしたりせず、一度よく知ったり、実際に取り組んでみたりする姿勢が必要です。

そしてそれにはまず、自分が「食わず嫌い」の気質があるということを認識することから始まります。

3. 興味を持てない分野の特徴を3つ挙げる

興味を持てない分野の特徴を3つ挙げる

興味を持たずにスルーしてしまう事柄には、あまり時間を割いて接していないことがほとんどです。

一見して興味を持てない分野でも、その特徴を挙げようとするとある程度の時間を割かずにはいられません。

挙げる特徴は数が多いと、重い腰を上げなければならず、ハードルが高くなるので、3つ程度が無難です。

興味を持てない分野のことを考えているうちに、興味を持てるようになる可能性は上がります。

4. 軽い気持ちで始めてみる

軽い気持ちで始めてみる

興味を持てないと思った分野でも、まずやってみることが重要です。

ここは食わず嫌いをある程度克服してからではないと勇気のいることだとは思いますが、飛び込んでみると意外にハードルは低かったということはよくあります。

その際に、興味を持つようにしようとすると肩に力が入りすぎてかえってよくないので、気に入らなかったら止めればいい、いつでも止められるという軽い気持ちで臨むことが大事です。

趣味などは強制的なものではないので、その分野のことを軽く知ってみるという気持ちで始めるのが良いでしょう。

5. 形から入る

形から入る

興味がない分野を始める時は、形から入ってみることも一案です。

形からというのは、ジョギングだとウエアやシューズを揃えること、編み物だと毛糸と編み棒を揃えることに相当します。

つまり、始めるのに必要な道具を揃えてしまうということです。

また、水泳などだと、ジムの会員登録をしてしまうことも含まれます。

始めるのに、○○がないから、という言い訳を自分で持たないようにしてしまいます。

やらざるを得ない状況をつくり、取り組みやすくするのです。

6. ウィンドウショッピングをする

ウィンドウショッピングをする

興味のあることしかできない人は、興味のあることしか普段から目に触れないように生活しています。

現代は便利になり、インターネットで自分の欲しいものだけ買うことができます。

忙しい現代人にとっては効率的なのですが、他のことに触れる機会が激減しました。

そこで、外に出てデパートなどをブラブラするのです。

興味のない分野のことを嫌でも目にすることになります。

デパートまで行かなくとも、コンビニの本コーナーで何となく目についた本を立ち読みしてみる、というのでも構いません。

新たな視野が開けることでしょう。

7. いつもとは違う時間帯に外を歩く

いつもとは違う時間帯に外を歩く

興味のあることしかできない人は、自分の生活パターンが一辺倒になっている可能性があります。

行動範囲や時間帯が限られているのです。

そこで、いつもとは違う時間帯に家を出てみます。

夜間に外出することが多い人は、日中外出してみましょう。

街を歩く人のタイプが異なったり、目につく物が違ってきたり、発見はさまざまあります。

自分にとって新鮮な刺激を取り入れるのです。

8. 違う趣味・嗜好を持つ友人をつくる

違う趣味・嗜好を持つ友人をつくる

他のことに興味を持つようにするには、人からの影響が大きいです。

自分とは趣味や嗜好が異なる友人、つまりこれまで自分の友人にはなかったタイプの人と友人になるのです。

新たな友人は新たな視点を持っています。

友人になるのが難しければ、たまに話す程度の知人でも十分です。

自分に新しい風を持ってきてくれることでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

小さい頃にはあれもこれもと好奇心が旺盛だったものが、大人になると特定のことに興味が集中していくようです。

それも良いことなのですが、新しいことも時には取り入れて、人生をより豊かにしていきたいものです。

自分に興味のあることしかできない人はしばしばいます。

今回は、興味のあることしかできない人が他に興味を持つコツについてまとめます。


興味があることを深く掘り下げる

特定のことに深い興味があることは非常に良いことです。

男性に多い傾向がありますが、あるスポーツを社会人になってもずっと続けていたり、漫画やアニメに傾倒して大変な知識量を誇るまでになったり、興味を持つ形態はさまざまです。

自分に興味のある分野を掘り下げ、なぜこのように興味があるのかを突き詰めていくと、ある特徴が見えてくることでしょう。

その特徴を認識すれば視野が広がり、特徴が共通する他のことに興味が出るきっかけになります。

自分が食わず嫌いだと認識する

特定のことにしか興味がない人は、総じて食わず嫌いの傾向があります。

ある一面の印象だけで「自分には興味のないこと」と判断してしまうのです。

もう少しよく知れば、実はハマってしまうほどの分野であった、などということはよく聞きます。

流行しているからといって毛嫌いしたりせず、一度よく知ったり、実際に取り組んでみたりする姿勢が必要です。

そしてそれにはまず、自分が「食わず嫌い」の気質があるということを認識することから始まります。

興味を持てない分野の特徴を3つ挙げる

興味を持たずにスルーしてしまう事柄には、あまり時間を割いて接していないことがほとんどです。

一見して興味を持てない分野でも、その特徴を挙げようとするとある程度の時間を割かずにはいられません。

挙げる特徴は数が多いと、重い腰を上げなければならず、ハードルが高くなるので、3つ程度が無難です。

興味を持てない分野のことを考えているうちに、興味を持てるようになる可能性は上がります。

軽い気持ちで始めてみる

興味を持てないと思った分野でも、まずやってみることが重要です。

ここは食わず嫌いをある程度克服してからではないと勇気のいることだとは思いますが、飛び込んでみると意外にハードルは低かったということはよくあります。

その際に、興味を持つようにしようとすると肩に力が入りすぎてかえってよくないので、気に入らなかったら止めればいい、いつでも止められるという軽い気持ちで臨むことが大事です。

趣味などは強制的なものではないので、その分野のことを軽く知ってみるという気持ちで始めるのが良いでしょう。

形から入る

興味がない分野を始める時は、形から入ってみることも一案です。

形からというのは、ジョギングだとウエアやシューズを揃えること、編み物だと毛糸と編み棒を揃えることに相当します。

つまり、始めるのに必要な道具を揃えてしまうということです。

また、水泳などだと、ジムの会員登録をしてしまうことも含まれます。

始めるのに、○○がないから、という言い訳を自分で持たないようにしてしまいます。

やらざるを得ない状況をつくり、取り組みやすくするのです。

ウィンドウショッピングをする

興味のあることしかできない人は、興味のあることしか普段から目に触れないように生活しています。

現代は便利になり、インターネットで自分の欲しいものだけ買うことができます。

忙しい現代人にとっては効率的なのですが、他のことに触れる機会が激減しました。

そこで、外に出てデパートなどをブラブラするのです。

興味のない分野のことを嫌でも目にすることになります。

デパートまで行かなくとも、コンビニの本コーナーで何となく目についた本を立ち読みしてみる、というのでも構いません。

新たな視野が開けることでしょう。

いつもとは違う時間帯に外を歩く

興味のあることしかできない人は、自分の生活パターンが一辺倒になっている可能性があります。

行動範囲や時間帯が限られているのです。

そこで、いつもとは違う時間帯に家を出てみます。

夜間に外出することが多い人は、日中外出してみましょう。

街を歩く人のタイプが異なったり、目につく物が違ってきたり、発見はさまざまあります。

自分にとって新鮮な刺激を取り入れるのです。

違う趣味・嗜好を持つ友人をつくる

他のことに興味を持つようにするには、人からの影響が大きいです。

自分とは趣味や嗜好が異なる友人、つまりこれまで自分の友人にはなかったタイプの人と友人になるのです。

新たな友人は新たな視点を持っています。

友人になるのが難しければ、たまに話す程度の知人でも十分です。

自分に新しい風を持ってきてくれることでしょう。

いかがでしたか。

小さい頃にはあれもこれもと好奇心が旺盛だったものが、大人になると特定のことに興味が集中していくようです。

それも良いことなのですが、新しいことも時には取り入れて、人生をより豊かにしていきたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-