【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518174252.html
ちょっとした事でも許せない人の心理

ちょっとした事でも許せない人の心理 | LADYCO

LADYCO
ちょっとした事でも許せない人の心理

「何でそんなことで怒るの」と言いたくなるような人がいます。

ちょっとした事でも許せない人の性格や、隠された心理を見て行きましょう。

  • 完璧主義の持ち主
  • 「ちょっとした事ではない」場合
  • 価値観が違う人
  • 敏感な人
  • 「暗い虫眼鏡」を持っている人
  • イライラしやすい性格
  • ストレスを感じている人
  • 深刻に考えすぎる人
  • 被害者意識を持っている人
  • 潔癖症の人
  • 自分と性格が真逆な人
  • 嫉妬心からあらさがしをしているケース
  • まとめ

1. 完璧主義の持ち主

完璧主義の持ち主

何でも完璧でないとダメだと思っている人のことを、「完璧主義」と呼びます。

完璧主義な人は、自分にも他人にも完璧を求めます。

しかしどんな人でも完璧に物事を運ぶことはできません。

そのため完璧主義の人は、いつでも何かに起こっています。

完璧でない限り許せないので、ちょっとしたミスでも許せないのです。

完璧かどうかが問題なので、1の大きさのミスも、10の大きさのミスも同様に捉えます。

10のミスならともかく、1のミスくらい怒らなくてもいいのではないかという意見は通りません。

2. 「ちょっとした事ではない」場合

「ちょっとした事ではない」場合

実はその人にとっては「ちょっとした事」ではないケースがあります。

物事の細部まで愛する人は、ちょっとしたキズも許せないものです。

例えば戦艦のプラモデルを壊してしまった時に、小さな部分を折ってしまっただけというケースがあります。

一般的な人から見ると「ちょっとした事」に見えるのですが、その小さな部分がその戦艦にとって大切な部品だった場合は、プラモデルの持ち主にとってちょっとした事だと感じることができません。

「戦艦のアンテナが壊れてしまったら、敵が現れた時に気付けない」「味方と同連絡を取ればいいんだ」となってしまいます。

戦艦好きでプラモ好きな人から見える世界と、一般的な人から見える世界は違います。

このように一般的には「ちょっとした事」でも、マニアから見ると「ちょっとした事ではない」ケースがあります。

3. 価値観が違う人

価値観が違う人

先ほどのプラモデルの例のように、価値観が違う人が出会うといろいろな事が起こります。

アイドルファンの男性の推しメンが恋愛報道された時に、過剰に傷ついて怒るかもしれません。

アイドルファンでない人から見ると「若い女性が誰かを好きになるのは当たり前だ」と思うでしょう。

このように価値観が違うだけで、物事の捉え方が大きく違ってきます。

ちょっとした事でも許せない人は、自分とは価値観が違うだけなのかもしれません。

4. 敏感な人

敏感な人

とても敏感な人は、小さなことにも大きく反応します。

例えば花粉症持ちの人は、スギやヒノキなどの花粉に反応して、くしゃみをして涙を流します。

花粉症ではない人には、花粉が飛んでいることすら気づくことができません。

物事の変化に敏感な人は、小さな変化にも気付くことができます。

誰も気づくことができないことに反応して怒ることもできます。

5. 「暗い虫眼鏡」を持っている人

「暗い虫眼鏡」を持っている人

ネガティブな性格の持ち主の中には「暗い虫眼鏡」を持っているような人もいます。

暗いレンズで世の中を見るので、全てが暗く見えます。

さらに虫眼鏡を通じて、ほんの小さなものでも大きく見えてしまいます。

大したことのない些細なミスを、とんでもない大きなミスのように思ってしまいます。

本人は暗い虫眼鏡を持っていることに気付いていないのが、最大の問題です。

自分の感じ方が正しいと思い込んでいて、変わろうとしないからです。

6. イライラしやすい性格

イライラしやすい性格

すぐにイライラしてしまう性格の人は、ちょっとした事でも許せません。

また季節や周期によって、いつもは穏やかな性格の人も、イライラしやすい時期があります。

このような時期は、普段はスルーできることが引っ掛かってしまいます。

慢性的にイライラしやすい人は、常にちょっとした事もスルーできないタイプの人です。

7. ストレスを感じている人

ストレスを感じている人

家庭が上手くいっていない、友達関係が上手くいっていない人は、常にストレスを感じています。

もう一押しすればストレスが爆発するような状態です。

このような人はちょっとした事が身に降りかかっただけでも、すぐに爆発してしまうでしょう。

8. 深刻に考えすぎる人

深刻に考えすぎる人

物事を深刻に考えすぎる「悩み癖」がある人は、ちょっとした事でも許せません。

例えば友達に「バカだな」と軽く言われたとします。

もちろん冗談ですので、その場はスルーできます。

しかし家に帰った後も「バカだな」と言われたことを深刻に考え続けてしまいます。

そして翌日になると、「許せない暴言だ」とキレてしまいます。

勝手に怒りを増幅してしまうタイプの人です。

9. 被害者意識を持っている人

被害者意識を持っている人

先ほどのタイプと同様に、常に「みんなにひどい目に遭わされている」と思っている被害者意識を持つ人は、ちょっとした事を大きな事にしてしまいます。

ささいな悪口を言われただけなのに、口汚くののしられたと感じてしまいます。

10. 潔癖症の人

潔癖症の人

お皿の汚れや、テーブルのシミ、床のゴミなどに敏感で、ちょっとした事でも許せない人は「潔癖症」かもしれません。

このタイプの人は自分が潔癖症だと知ると、過剰な反応を見せないように心をコントロールできるようになります。

11. 自分と性格が真逆な人

自分と性格が真逆な人

自分と真逆な性格の人や自分と真逆と言えるような社会的立場の人に対して、とても厳しい人がいます。

恋人がいない人が不倫をする芸能人に過剰に怒ったり、暗い性格の人が明るい性格の人がすることにいちいちケチをつけることがあります。

相手のすることが理解できず、ミスをする人の気持ちが分からないためです。

ただこの場合は、許せないと思われたほうが、その指摘をまったく気にしていないケースも多いです。

12. 嫉妬心からあらさがしをしているケース

嫉妬心からあらさがしをしているケース

嫉妬心を持つ人に対して「何かミスをしろ」と身構えているケースがあります。

ミスを待っているくらいですから、ちょっとした事でも許すはずがありません。

浮気をした彼氏が、何をしても彼女にキレられてしまうような状況です。

まとめ

ちょっとした事でも許せない人は、もともと性格的に完璧主義だったり、物事に敏感すぎる人が多いようです。

また「許せない相手」がいる人も、ちょっとした事でキレやすくなります。

さらに実はその人にとって「ちょっとした事ではない」ケースもあります。

なぜちょっとした事でも許せないのか、その時々に相手の心理状態を観察することが必要だと言えそうです。

「何でそんなことで怒るの」と言いたくなるような人がいます。

ちょっとした事でも許せない人の性格や、隠された心理を見て行きましょう。


完璧主義の持ち主

何でも完璧でないとダメだと思っている人のことを、「完璧主義」と呼びます。

完璧主義な人は、自分にも他人にも完璧を求めます。

しかしどんな人でも完璧に物事を運ぶことはできません。

そのため完璧主義の人は、いつでも何かに起こっています。

完璧でない限り許せないので、ちょっとしたミスでも許せないのです。

完璧かどうかが問題なので、1の大きさのミスも、10の大きさのミスも同様に捉えます。

10のミスならともかく、1のミスくらい怒らなくてもいいのではないかという意見は通りません。

「ちょっとした事ではない」場合

実はその人にとっては「ちょっとした事」ではないケースがあります。

物事の細部まで愛する人は、ちょっとしたキズも許せないものです。

例えば戦艦のプラモデルを壊してしまった時に、小さな部分を折ってしまっただけというケースがあります。

一般的な人から見ると「ちょっとした事」に見えるのですが、その小さな部分がその戦艦にとって大切な部品だった場合は、プラモデルの持ち主にとってちょっとした事だと感じることができません。

「戦艦のアンテナが壊れてしまったら、敵が現れた時に気付けない」「味方と同連絡を取ればいいんだ」となってしまいます。

戦艦好きでプラモ好きな人から見える世界と、一般的な人から見える世界は違います。

このように一般的には「ちょっとした事」でも、マニアから見ると「ちょっとした事ではない」ケースがあります。

価値観が違う人

先ほどのプラモデルの例のように、価値観が違う人が出会うといろいろな事が起こります。

アイドルファンの男性の推しメンが恋愛報道された時に、過剰に傷ついて怒るかもしれません。

アイドルファンでない人から見ると「若い女性が誰かを好きになるのは当たり前だ」と思うでしょう。

このように価値観が違うだけで、物事の捉え方が大きく違ってきます。

ちょっとした事でも許せない人は、自分とは価値観が違うだけなのかもしれません。

敏感な人

とても敏感な人は、小さなことにも大きく反応します。

例えば花粉症持ちの人は、スギやヒノキなどの花粉に反応して、くしゃみをして涙を流します。

花粉症ではない人には、花粉が飛んでいることすら気づくことができません。

物事の変化に敏感な人は、小さな変化にも気付くことができます。

誰も気づくことができないことに反応して怒ることもできます。

「暗い虫眼鏡」を持っている人

ネガティブな性格の持ち主の中には「暗い虫眼鏡」を持っているような人もいます。

暗いレンズで世の中を見るので、全てが暗く見えます。

さらに虫眼鏡を通じて、ほんの小さなものでも大きく見えてしまいます。

大したことのない些細なミスを、とんでもない大きなミスのように思ってしまいます。

本人は暗い虫眼鏡を持っていることに気付いていないのが、最大の問題です。

自分の感じ方が正しいと思い込んでいて、変わろうとしないからです。

イライラしやすい性格

すぐにイライラしてしまう性格の人は、ちょっとした事でも許せません。

また季節や周期によって、いつもは穏やかな性格の人も、イライラしやすい時期があります。

このような時期は、普段はスルーできることが引っ掛かってしまいます。

慢性的にイライラしやすい人は、常にちょっとした事もスルーできないタイプの人です。

ストレスを感じている人

家庭が上手くいっていない、友達関係が上手くいっていない人は、常にストレスを感じています。

もう一押しすればストレスが爆発するような状態です。

このような人はちょっとした事が身に降りかかっただけでも、すぐに爆発してしまうでしょう。

深刻に考えすぎる人

物事を深刻に考えすぎる「悩み癖」がある人は、ちょっとした事でも許せません。

例えば友達に「バカだな」と軽く言われたとします。

もちろん冗談ですので、その場はスルーできます。

しかし家に帰った後も「バカだな」と言われたことを深刻に考え続けてしまいます。

そして翌日になると、「許せない暴言だ」とキレてしまいます。

勝手に怒りを増幅してしまうタイプの人です。

被害者意識を持っている人

先ほどのタイプと同様に、常に「みんなにひどい目に遭わされている」と思っている被害者意識を持つ人は、ちょっとした事を大きな事にしてしまいます。

ささいな悪口を言われただけなのに、口汚くののしられたと感じてしまいます。

潔癖症の人

お皿の汚れや、テーブルのシミ、床のゴミなどに敏感で、ちょっとした事でも許せない人は「潔癖症」かもしれません。

このタイプの人は自分が潔癖症だと知ると、過剰な反応を見せないように心をコントロールできるようになります。

自分と性格が真逆な人

自分と真逆な性格の人や自分と真逆と言えるような社会的立場の人に対して、とても厳しい人がいます。

恋人がいない人が不倫をする芸能人に過剰に怒ったり、暗い性格の人が明るい性格の人がすることにいちいちケチをつけることがあります。

相手のすることが理解できず、ミスをする人の気持ちが分からないためです。

ただこの場合は、許せないと思われたほうが、その指摘をまったく気にしていないケースも多いです。

嫉妬心からあらさがしをしているケース

嫉妬心を持つ人に対して「何かミスをしろ」と身構えているケースがあります。

ミスを待っているくらいですから、ちょっとした事でも許すはずがありません。

浮気をした彼氏が、何をしても彼女にキレられてしまうような状況です。

ちょっとした事でも許せない人は、もともと性格的に完璧主義だったり、物事に敏感すぎる人が多いようです。

また「許せない相手」がいる人も、ちょっとした事でキレやすくなります。

さらに実はその人にとって「ちょっとした事ではない」ケースもあります。

なぜちょっとした事でも許せないのか、その時々に相手の心理状態を観察することが必要だと言えそうです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-