【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519092818.html
尽くしすぎる女性に共通する12の特徴

尽くしすぎる女性に共通する12の特徴 | LADYCO

LADYCO
尽くしすぎる女性に共通する12の特徴

今回は「尽くしすぎる女性の特徴」がテーマです。 男性に入れ込んでしまう女性を浅はかだと笑っているあなたも、実は尽くしすぎる女性なのではないでしょうか。

  • 他のことが目に入らなくなる
  • 他の人の助言を聞かない
  • 経済力がある
  • 完璧主義である
  • 母性本能に溢れている
  • その人のためになるかを考えない
  • 自分の尽くしたいという欲を満たしたい
  • 言われるがままに行動してしまう
  • 依存的である
  • ふと我に返って後悔する
  • 自分がいないと、相手は何もできないと思ってしまう
  • 洗脳されやすい
  • まとめ

1. 他のことが目に入らなくなる

他のことが目に入らなくなる

尽くしすぎる女性は、とにかく他のことが目に入らなくなっています。 尽くす相手が目の前にいると、他の人のことはそっちのけなのです。

自分のことすらも二の次であり、なりふり構わずその相手に尽くします。 付き合っている男性、自分の息子、ホスト、ペットなど、尽くす相手は様々ですが、他が目に入らない故に周りに迷惑をかけることが多々あります。

2. 他の人の助言を聞かない

他の人の助言を聞かない

尽くしすぎる女性は、他の人のアドバイスを受けようとしません。 自分は正しいことをやっているという信念に満ちているのです。

周りにいる大事な人の話を聞けなくなってしまうのは悲しいことです。 完全に尽くし尽くされる2人の世界に入っており、その中でのルールが世界のすべてとなるのです。 自分が尽くしすぎていることになんて、気が付きもしません。

 

3. 経済力がある

経済力がある

尽くしすぎる女性は経済力がある場合が多いです。 経済力が豊かであるために、尽くすことができてしまうのです。 ありあまるお金というのも時には困ったものです。

しかしお金がなくても尽くす性質の人はいて、そういった人はあまり良くないと思われる方法でお金を得ていたりします。 結局は尽くす相手にお金は全部持っていかれることになります。

4. 完璧主義である

完璧主義である

尽くしすぎる女性は完璧主義であることがあります。 完璧さを求めるが故に、尽くしすぎてしまうのです。

学生時代に優等生であったタイプが陥りやすいのも、これが原因です。 ほどほどというものを分かっている人や、人には尽くしても100%は尽くしきれないものだということが分かっている人は、尽くしすぎるということにはならないものです。 尽くしすぎる女性は、自分にも相手にも完璧を求めてしまいます。

5. 母性本能に溢れている

母性本能に溢れている

尽くしすぎる女性は、母性本能に溢れています。 母性をうまくくすぐられるがために、相手に尽くしてしまうのです。

人に尽くそうと思うと際限はありません。 母性本能をくすぐられて動いてしまうタイプは、相手が目の前にいると際限なく尽くしてしまうことになります。

相手はその行動を煙たいと思うだけの人もいるでしょうけれど、その尽くすという性質を悪用する詐欺師も世の中にはいるので、十分注意しなければなりません。

6. その人のためになるかを考えない

その人のためになるかを考えない

尽くしすぎる女性は、尽くす対象のためになるかということまで考えてはいません。 人は尽くされすぎると甘い人間に育ってしまいます。

人から何かされるのが当たり前となってしまうので、自分から動こうという自主性や積極性、謙虚さが失われてしまうのです。 自分の足で人生を歩もうという気概すら奪ってしまうのです。 尽くしすぎる女性はそのことに気が付きません。

7. 自分の尽くしたいという欲を満たしたい

自分の尽くしたいという欲を満たしたい

尽くしすぎる女性は、自分の中の「尽くしたい」という強い欲求に従って生きています。 その欲を満たせれば満足なのです。 結局は自分のことしか考えておらず、相手を甘やかすだけに終わり、自分も破滅に向かってしまうのです。

何かを育てたい、愛護したい、大事にしたいという欲求は誰にでもあり、人間として大事な心なのですが、自分の欲だけに走っていないかを時に立ち止まって考える必要があります。

8. 言われるがままに行動してしまう

言われるがままに行動してしまう

尽くしすぎる女性は、相手に言われるがままに行動してしまうことが多いです。 たとえそれが犯罪のような悪事であっても、相手が言うのであればやろうと思ってしまうのが怖いところです。

また、思考停止の状態で言われた通りにばかり行動し、本当は相手が何を欲しているのかを考えないので、見当違いの方向に行きやすいのも特徴です。

9. 依存的である

依存的である

尽くしすぎる女性は依存的な傾向にあります。 何かに依存することで安心感を得るタイプです。 この場合は相手に依存することになるのですが、病的にまで達すると自力では抜け出せなくなります。

自分の息子に対してこうなると、息子が大人になってもいつまでも自分の家に置きたくなり、いつまでも手をかけて育てたいという気持ちになります。

こうして育てられた子供も親に依存することが多く、互いに依存状態を抜け出せないという悪循環に陥りがちです。 こういったときは他者の助けが必要となるでしょう。

10. ふと我に返って後悔する

ふと我に返って後悔する

尽くしすぎる女性は、ふと我に返って自分の行動を振り返った時に、激しく後悔してしまいます。 我に返るまでは相手しか見ていませんので、自分の行動が正しかったのかを考えるきっかけもありません。

いざ周りと比較しておかしいと気づいたときには時すでに遅しという場合もあり得ます。 まだ我に返るだけましかもしれませんが、後悔しすぎて自己嫌悪となってしまわないようにしたいものです。

11. 自分がいないと、相手は何もできないと思ってしまう

自分がいないと、相手は何もできないと思ってしまう

尽くしすぎる女性は、自分がいないと相手は何もできない人間だと、無意識のうちに思ってしまう傾向にあります。 知らず識らずのうちに、相手を下の存在として見ているのです。

対象となる相手は常に自分の箱庭の中にいて、思い通りにできるものと考えています。 本当は自分が踊らされていて尽くすようにされている場合でも、そう思ってしまうのです。 もちろん、何もできないようにさせているのは自分である、ということに気づいてはいません。

12. 洗脳されやすい

洗脳されやすい

尽くしすぎる女性は、総じて洗脳されやすいです。 依存していて思考停止している状態などは、まさに軽く洗脳された状態と言えるでしょう。

洗脳されやすいので騙されやすく、騙された経験があったとしても、その後も何度も騙される羽目になってしまいます。 洗脳されやすいかどうかはなかなか自覚できないところが厄介なところです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 尽くしすぎるというのは深堀りしてみると怖い面もあります。

尽くすという行為は、極めて人間的であり、愛情に溢れた行為なのですが、行き過ぎると良くない結果を招くようでもあります。 何事もほどほどがよい、ということなのでしょう。

今回は「尽くしすぎる女性の特徴」がテーマです。 男性に入れ込んでしまう女性を浅はかだと笑っているあなたも、実は尽くしすぎる女性なのではないでしょうか。


他のことが目に入らなくなる

尽くしすぎる女性は、とにかく他のことが目に入らなくなっています。 尽くす相手が目の前にいると、他の人のことはそっちのけなのです。

自分のことすらも二の次であり、なりふり構わずその相手に尽くします。 付き合っている男性、自分の息子、ホスト、ペットなど、尽くす相手は様々ですが、他が目に入らない故に周りに迷惑をかけることが多々あります。

他の人の助言を聞かない

尽くしすぎる女性は、他の人のアドバイスを受けようとしません。 自分は正しいことをやっているという信念に満ちているのです。

周りにいる大事な人の話を聞けなくなってしまうのは悲しいことです。 完全に尽くし尽くされる2人の世界に入っており、その中でのルールが世界のすべてとなるのです。 自分が尽くしすぎていることになんて、気が付きもしません。

 
経済力がある

尽くしすぎる女性は経済力がある場合が多いです。 経済力が豊かであるために、尽くすことができてしまうのです。 ありあまるお金というのも時には困ったものです。

しかしお金がなくても尽くす性質の人はいて、そういった人はあまり良くないと思われる方法でお金を得ていたりします。 結局は尽くす相手にお金は全部持っていかれることになります。

完璧主義である

尽くしすぎる女性は完璧主義であることがあります。 完璧さを求めるが故に、尽くしすぎてしまうのです。

学生時代に優等生であったタイプが陥りやすいのも、これが原因です。 ほどほどというものを分かっている人や、人には尽くしても100%は尽くしきれないものだということが分かっている人は、尽くしすぎるということにはならないものです。 尽くしすぎる女性は、自分にも相手にも完璧を求めてしまいます。

母性本能に溢れている

尽くしすぎる女性は、母性本能に溢れています。 母性をうまくくすぐられるがために、相手に尽くしてしまうのです。

人に尽くそうと思うと際限はありません。 母性本能をくすぐられて動いてしまうタイプは、相手が目の前にいると際限なく尽くしてしまうことになります。

相手はその行動を煙たいと思うだけの人もいるでしょうけれど、その尽くすという性質を悪用する詐欺師も世の中にはいるので、十分注意しなければなりません。

その人のためになるかを考えない

尽くしすぎる女性は、尽くす対象のためになるかということまで考えてはいません。 人は尽くされすぎると甘い人間に育ってしまいます。

人から何かされるのが当たり前となってしまうので、自分から動こうという自主性や積極性、謙虚さが失われてしまうのです。 自分の足で人生を歩もうという気概すら奪ってしまうのです。 尽くしすぎる女性はそのことに気が付きません。

自分の尽くしたいという欲を満たしたい

尽くしすぎる女性は、自分の中の「尽くしたい」という強い欲求に従って生きています。 その欲を満たせれば満足なのです。 結局は自分のことしか考えておらず、相手を甘やかすだけに終わり、自分も破滅に向かってしまうのです。

何かを育てたい、愛護したい、大事にしたいという欲求は誰にでもあり、人間として大事な心なのですが、自分の欲だけに走っていないかを時に立ち止まって考える必要があります。

言われるがままに行動してしまう

尽くしすぎる女性は、相手に言われるがままに行動してしまうことが多いです。 たとえそれが犯罪のような悪事であっても、相手が言うのであればやろうと思ってしまうのが怖いところです。

また、思考停止の状態で言われた通りにばかり行動し、本当は相手が何を欲しているのかを考えないので、見当違いの方向に行きやすいのも特徴です。

依存的である

尽くしすぎる女性は依存的な傾向にあります。 何かに依存することで安心感を得るタイプです。 この場合は相手に依存することになるのですが、病的にまで達すると自力では抜け出せなくなります。

自分の息子に対してこうなると、息子が大人になってもいつまでも自分の家に置きたくなり、いつまでも手をかけて育てたいという気持ちになります。

こうして育てられた子供も親に依存することが多く、互いに依存状態を抜け出せないという悪循環に陥りがちです。 こういったときは他者の助けが必要となるでしょう。

ふと我に返って後悔する

尽くしすぎる女性は、ふと我に返って自分の行動を振り返った時に、激しく後悔してしまいます。 我に返るまでは相手しか見ていませんので、自分の行動が正しかったのかを考えるきっかけもありません。

いざ周りと比較しておかしいと気づいたときには時すでに遅しという場合もあり得ます。 まだ我に返るだけましかもしれませんが、後悔しすぎて自己嫌悪となってしまわないようにしたいものです。

自分がいないと、相手は何もできないと思ってしまう

尽くしすぎる女性は、自分がいないと相手は何もできない人間だと、無意識のうちに思ってしまう傾向にあります。 知らず識らずのうちに、相手を下の存在として見ているのです。

対象となる相手は常に自分の箱庭の中にいて、思い通りにできるものと考えています。 本当は自分が踊らされていて尽くすようにされている場合でも、そう思ってしまうのです。 もちろん、何もできないようにさせているのは自分である、ということに気づいてはいません。

洗脳されやすい

尽くしすぎる女性は、総じて洗脳されやすいです。 依存していて思考停止している状態などは、まさに軽く洗脳された状態と言えるでしょう。

洗脳されやすいので騙されやすく、騙された経験があったとしても、その後も何度も騙される羽目になってしまいます。 洗脳されやすいかどうかはなかなか自覚できないところが厄介なところです。

いかがでしたでしょうか。 尽くしすぎるというのは深堀りしてみると怖い面もあります。

尽くすという行為は、極めて人間的であり、愛情に溢れた行為なのですが、行き過ぎると良くない結果を招くようでもあります。 何事もほどほどがよい、ということなのでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-