【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518163742.html
異性の友達が少ない女性の特徴

異性の友達が少ない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
異性の友達が少ない女性の特徴

あなたの周りにも異性の友達が多い人、少ない人いると思いますが、異性の友達が少ない人よりは多い人のほうが楽しい時間を過ごしているようにも思えます。

その中で、異性の友達が少ない女性の特徴について挙げたいと思います。

  • 社交的ではない
  • 男性をすぐに性的対象と捉えてしまう
  • 彼氏の束縛が激しい
  • 男性を卑下している
  • 美人、かわいすぎる
  • 性格がいかにも女性
  • 女子校出身である
  • 私は女だから、とすぐ口にする
  • 下ネタに対して異常な拒否反応を示す
  • 男性というものに理想を抱きすぎている
  • 男性の趣味に対して理解がない
  • 過去の恋愛で痛い目をみている
  • 結婚している
  • まとめ

1. 社交的ではない

社交的ではない

社交的ではない人は、やはり異性同性問わず人が寄り付きにくい傾向があるようです。

自分の世界を持つこと自体何も問題はないと思いますが、もし少しでも他人とかかわり異性の友達の輪を広げたいと考えるのであれば、自分からの積極的なコミュニケーションを図ることも大切です。

2. 男性をすぐに性的対象と捉えてしまう

男性をすぐに性的対象と捉えてしまう

最近は、「肉食系女子」であったり、「草食系男子」という言葉がよく聞かれるように女性が男性に積極的なアプローチをかけるということが珍しくありません。

その風潮の中で、仲良くなったらすぐに性的対象とみて動き出してしまう女性は肉体関係上での友達は多くとも、本当の意味での異性の友達は少ないのではないでしょうか。

3. 彼氏の束縛が激しい

彼氏の束縛が激しい

本来大人のお付き合いでは、お互いある程度は干渉せず相手を信じるということが上手くいく秘訣であると思いますが、世の中には相手を想う気持ちが強すぎて束縛を激しくしてしまう男性もいるようです。

そのような男性の彼女は、自分以外の男性とのコミュニケーションを制限されることもあり、そうなってしまうとなかなか異性の友達を作ることは難しそうです。

4. 男性を卑下している

男性を卑下している

やはり固い友情を築くには、お互いをリスペクトすることができるかどうかが非常に大切なことだと思います。

これは、異性間の友情の場合にも当てはまることで、お互いの性差を理解した上でリスペクトするという気持ちは必要です。

そのような中で、心のどこかで男性を卑下している女性は、それが相手の男性にも伝わり、男性の友達を作ることは難しいです。

男性と女性で態度が変わる人に対して、男性はいい気持ちするわけないですよね。

5. 美人、かわいすぎる

美人、かわいすぎる

人間を判断するうえでの第一印象で、一番の判断材料になるのはその人の容姿だとよく言われます。

その時に、あまりに容姿が端麗だと男性としてはその女性を恋愛対象である、すなわち異性として見てしまいなかなか異性の友達という存在として見ることが難しくなってしまうことが多くあります。

これは、男性が女性に対する場合だけでなく、その逆の場合もよくある話ではないでしょうか。

恋愛対象になりやすい=異性の友達が少ない、という場合もあるのですね。

6. 性格がいかにも女性

性格がいかにも女性

性格が女々しい(女性なのだから当たり前の話ですが...)女性よりもサバサバしている、どちらかというと男性っぽい性格の女性のほうが男性としては話しやすく友情が生まれやすいです。

やはり、男性としては女々しくていろいろと気にするのが面倒だと感じ、一緒にいてもストレスを感じることがない一緒にいて楽な女性を友人として求めるようです。

7. 女子校出身である

女子校出身である

女子高、女子大のようにある一定期間男性が身近にいない生活を送っていると、男性とのコミュニケーションの仕方が分からなくなったり男性とコミュニケーションすることに恐怖心を抱くようになってしまいます。

そうなってしまうと、友達になる以前の会話の段階からつまづいてしまうことがあります。

しかし、それは女子校出身であるという事実に対して、実際以上のコンプレックスを抱きすぎているだけで思っているよりも男性とは話しやすい生物なのだとコミュニケーションをとってから分かることがあるはずです。

8. 私は女だから、とすぐ口にする

私は女だから、とすぐ口にする

例えば男性グループの飲み会に一人女性が誘われたとして「私は女だから」などと発言するような女性は男性としては何か遊びたいと思っても誘いづらいと感じてしまいます。

せっかく誘ったのにそのように言われてしまった男性は「いや、女としてでなく友達として誘ったんだけど」と感じるでしょう。

異性間で友情を築くには「男性」「女性」ではなく、一人の「人」「人」として関わることが必要なのです。

9. 下ネタに対して異常な拒否反応を示す

下ネタに対して異常な拒否反応を示す

男性同士の会話で下ネタが会話のネタになることは多々あります。

そんな時にあからさまな拒否反応を示す女性は男性としては面白くなく、会話の輪の中にいれてもつまらないと思ってしまいます。

下ネタだけでなく、女性にとっては面白くないであろう話題にも拒否反応を示さず、聞いてあげるという優しさも必要かもしれませんね。

10. 男性というものに理想を抱きすぎている

男性というものに理想を抱きすぎている

テレビに出ているタレントや俳優を見て、普段からかっこいい人に見慣れており、現実にもそれを求めてしまうため、実際世の中の一般人には興味すらわかないと思ってしまう女性もいるのではないでしょうか。

やはり一切の興味も関心もわかない人に対して友達になりたいという思いはなかなか芽生えにくいでしょう。

理想は高すぎず、低すぎずがいいですね。

11. 男性の趣味に対して理解がない

男性の趣味に対して理解がない

男性といえば、ギャンブルやバイクなど女性とはまた違った特異な趣味を持っていることがあります。

そのような趣味に対して理解がなく会話が成り立たないとなると男性としては話しててあまり面白くないと感じてしまうものです。

逆に男性特有な趣味に理解をもって会話の話題を共有できれば、男性の友達を作るチャンスは生まれるかもしれません。

12. 過去の恋愛で痛い目をみている

過去の恋愛で痛い目をみている

例えば、過去の恋愛の中でひどい振られ方をされたり、DVを受けていたりすると男性に対して恐怖心が芽生えてしまうでしょう。

もちろん世の中にそんな男性ばかりではないのですが、なかなかトラウマから抜け出すことは困難なことです。

そうなってしまうと男性に対して安心感など生まれることなく、友情を築くことは難しくなってしまうでしょう。

13. 結婚している

結婚している

今まで異性の友達が多かった女性でも結婚することによって男性の友達と疎遠になることは多いでしょう。

やはり夫に不安を与えないようにという気持ちが強く、それが家庭の幸せを続けるために必要なことと考えているのかもしれませんね。

まとめ

いかかでしょうか。

こうやって例を挙げてみると男性を異性としてでなく、「一人の人」として向き合うことが友情を築く上で必要なことなのですね。

男女の友情は成り立たないという人も多いようですが、自分の彼氏との悩みを話せたりして、異性の友達がいて損することはないと思います。

是非、皆さんもこれを読んで自分に置き換え、考えてみてはいかかでしょうか。

あなたの周りにも異性の友達が多い人、少ない人いると思いますが、異性の友達が少ない人よりは多い人のほうが楽しい時間を過ごしているようにも思えます。

その中で、異性の友達が少ない女性の特徴について挙げたいと思います。


社交的ではない

社交的ではない人は、やはり異性同性問わず人が寄り付きにくい傾向があるようです。

自分の世界を持つこと自体何も問題はないと思いますが、もし少しでも他人とかかわり異性の友達の輪を広げたいと考えるのであれば、自分からの積極的なコミュニケーションを図ることも大切です。

男性をすぐに性的対象と捉えてしまう

最近は、「肉食系女子」であったり、「草食系男子」という言葉がよく聞かれるように女性が男性に積極的なアプローチをかけるということが珍しくありません。

その風潮の中で、仲良くなったらすぐに性的対象とみて動き出してしまう女性は肉体関係上での友達は多くとも、本当の意味での異性の友達は少ないのではないでしょうか。

彼氏の束縛が激しい

本来大人のお付き合いでは、お互いある程度は干渉せず相手を信じるということが上手くいく秘訣であると思いますが、世の中には相手を想う気持ちが強すぎて束縛を激しくしてしまう男性もいるようです。

そのような男性の彼女は、自分以外の男性とのコミュニケーションを制限されることもあり、そうなってしまうとなかなか異性の友達を作ることは難しそうです。

男性を卑下している

やはり固い友情を築くには、お互いをリスペクトすることができるかどうかが非常に大切なことだと思います。

これは、異性間の友情の場合にも当てはまることで、お互いの性差を理解した上でリスペクトするという気持ちは必要です。

そのような中で、心のどこかで男性を卑下している女性は、それが相手の男性にも伝わり、男性の友達を作ることは難しいです。

男性と女性で態度が変わる人に対して、男性はいい気持ちするわけないですよね。

美人、かわいすぎる

人間を判断するうえでの第一印象で、一番の判断材料になるのはその人の容姿だとよく言われます。

その時に、あまりに容姿が端麗だと男性としてはその女性を恋愛対象である、すなわち異性として見てしまいなかなか異性の友達という存在として見ることが難しくなってしまうことが多くあります。

これは、男性が女性に対する場合だけでなく、その逆の場合もよくある話ではないでしょうか。

恋愛対象になりやすい=異性の友達が少ない、という場合もあるのですね。

性格がいかにも女性

性格が女々しい(女性なのだから当たり前の話ですが...)女性よりもサバサバしている、どちらかというと男性っぽい性格の女性のほうが男性としては話しやすく友情が生まれやすいです。

やはり、男性としては女々しくていろいろと気にするのが面倒だと感じ、一緒にいてもストレスを感じることがない一緒にいて楽な女性を友人として求めるようです。

女子校出身である

女子高、女子大のようにある一定期間男性が身近にいない生活を送っていると、男性とのコミュニケーションの仕方が分からなくなったり男性とコミュニケーションすることに恐怖心を抱くようになってしまいます。

そうなってしまうと、友達になる以前の会話の段階からつまづいてしまうことがあります。

しかし、それは女子校出身であるという事実に対して、実際以上のコンプレックスを抱きすぎているだけで思っているよりも男性とは話しやすい生物なのだとコミュニケーションをとってから分かることがあるはずです。

私は女だから、とすぐ口にする

例えば男性グループの飲み会に一人女性が誘われたとして「私は女だから」などと発言するような女性は男性としては何か遊びたいと思っても誘いづらいと感じてしまいます。

せっかく誘ったのにそのように言われてしまった男性は「いや、女としてでなく友達として誘ったんだけど」と感じるでしょう。

異性間で友情を築くには「男性」「女性」ではなく、一人の「人」「人」として関わることが必要なのです。

下ネタに対して異常な拒否反応を示す

男性同士の会話で下ネタが会話のネタになることは多々あります。

そんな時にあからさまな拒否反応を示す女性は男性としては面白くなく、会話の輪の中にいれてもつまらないと思ってしまいます。

下ネタだけでなく、女性にとっては面白くないであろう話題にも拒否反応を示さず、聞いてあげるという優しさも必要かもしれませんね。

男性というものに理想を抱きすぎている

テレビに出ているタレントや俳優を見て、普段からかっこいい人に見慣れており、現実にもそれを求めてしまうため、実際世の中の一般人には興味すらわかないと思ってしまう女性もいるのではないでしょうか。

やはり一切の興味も関心もわかない人に対して友達になりたいという思いはなかなか芽生えにくいでしょう。

理想は高すぎず、低すぎずがいいですね。

男性の趣味に対して理解がない

男性といえば、ギャンブルやバイクなど女性とはまた違った特異な趣味を持っていることがあります。

そのような趣味に対して理解がなく会話が成り立たないとなると男性としては話しててあまり面白くないと感じてしまうものです。

逆に男性特有な趣味に理解をもって会話の話題を共有できれば、男性の友達を作るチャンスは生まれるかもしれません。

過去の恋愛で痛い目をみている

例えば、過去の恋愛の中でひどい振られ方をされたり、DVを受けていたりすると男性に対して恐怖心が芽生えてしまうでしょう。

もちろん世の中にそんな男性ばかりではないのですが、なかなかトラウマから抜け出すことは困難なことです。

そうなってしまうと男性に対して安心感など生まれることなく、友情を築くことは難しくなってしまうでしょう。

結婚している

今まで異性の友達が多かった女性でも結婚することによって男性の友達と疎遠になることは多いでしょう。

やはり夫に不安を与えないようにという気持ちが強く、それが家庭の幸せを続けるために必要なことと考えているのかもしれませんね。

いかかでしょうか。

こうやって例を挙げてみると男性を異性としてでなく、「一人の人」として向き合うことが友情を築く上で必要なことなのですね。

男女の友情は成り立たないという人も多いようですが、自分の彼氏との悩みを話せたりして、異性の友達がいて損することはないと思います。

是非、皆さんもこれを読んで自分に置き換え、考えてみてはいかかでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-