【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155118.html
猫好きな人と犬好きな人の性格の違い12選

猫好きな人と犬好きな人の性格の違い12選 | LADYCO

LADYCO
猫好きな人と犬好きな人の性格の違い12選

猫好きな人と犬好きな人の性格の違いを13選まとめました。

  • 孤独が好きか嫌いか
  • 自己中心的か、自分以外に尽くすのが好きか
  • アクティブ、非アクティブ
  • 外向的、内向的
  • 几帳面、だらしない
  • 気分屋かそうでないか
  • 感情の表現がはっきりしている、いない
  • 協調性があるかどうか
  • 静かが好き、にぎやかが好き
  • 周りの目を気にする、気にしない
  • 小さいものが好き、大きいものが好き
  • 情熱的、クール、それぞれの恋愛傾向

1. 孤独が好きか嫌いか

孤独が好きか嫌いか

犬が好きな人は寂しがりやさんで、いつも誰かにかまわれていたいタイプの人です。

犬は飼い主が家に帰ってくるとしっぽを振って本当にうれしそうに出迎えてくれます。

そして犬は家にいてもどこにいるかわかりやすいし、存在感があります。

猫のように気分で猫タワーに上りっぱなしということもなく、飼い主がよびかければたいてい寄ってきます。

犬とは意思が疎通できていると実感できます。

犬は考えていることがわかりやすいです。

そのため、寂しがり屋さんの心の隙間をきっちりと埋めてくれます。

猫は何を考えているかわかりにくいので、心が通じ合っている実感があまりありません。

犬好きの人はそれを寂しく感じることが多いようです。

2. 自己中心的か、自分以外に尽くすのが好きか

自己中心的か、自分以外に尽くすのが好きか

犬は、定期的に散歩をする必要がありますし、かまってやらないと寂しそうにしますし、断然猫より飼うのに手間がかかる動物です。

その労力を惜しくないと感じないと犬は飼えません。

猫はエサはあげないといけないですが、ある程度長い時間のお留守番も平気です。

犬ほど寂しがる様子もありません。

いくらかわいいペットでも自分の世界を邪魔されるのは嫌だという人は、猫が好きだと思います。

3. アクティブ、非アクティブ

アクティブ、非アクティブ

犬を飼っていると必ず散歩に行かなくてはいけませんので、何日も家に閉じこもりきりということができません。

外に出るのが億劫、歩くのが億劫な人は絶対に犬は飼えません。

猫は外に出す必要がないので、歩きたくない人でも飼えます。

4. 外向的、内向的

外向的、内向的

犬の場合、散歩に行くと他の犬とすれ違うことがあり、そこから飼い主同士で話が弾むことも多いです。

また、ドッグランに連れて行くとたくさんの犬がいますので、犬同士が絡むと他の飼い主と全く言葉を交わさないというわけにはいきません。

自分の犬だけではなく他の飼い犬を見る機会も多いですので、ある程度社交性が必要です。

猫の場合は、基本的に家の中で飼い、他の飼い主や猫とかかわる必要がありません。

非社交的な人にも苦になりません。

5. 几帳面、だらしない

几帳面、だらしない

猫は散歩に行かなくていいので手がかかりません。

休日はだらだらとして家からでたくない人でも、エサとお水さえあげていればいので、ストレスなく飼うことができます。

犬を飼うと、犬に合わせて生活リズムができあがります。

休日はゆっくり寝ていたい、といっても散歩の時間があるので寝てもいられません。

そのため犬好きの人のほうがこまめに動き、几帳面な人が多いようです。

6. 気分屋かそうでないか

気分屋かそうでないか

犬は人間の様子を伺います。

飼い主が落ち込んでいるときはそれを感じ、本当に心配そうな様子を見せます。

犬は常に人間にかまってほしいので、気分屋の人が気が乗らないときにはとてもうっとうしいと感じるのではないでしょうか。

猫はある程度距離を置いて飼い主を見ていますので、飼い主の機嫌を伺うこともありません。

気分屋の人でも安心して飼えるのは猫と言えるでしょう。

7. 感情の表現がはっきりしている、いない

感情の表現がはっきりしている、いない

犬は言葉こそ話しませんが、気持ちの表現が豊かです。

飼い主が大好き!という気持ちをしっぽを振ったり、顔をなめたり、十分に表現してくれます。

そういう犬が好きな人には同じように感情の表現が上手な人が多いです。

猫はいつもクールで考えていることがよくわからない。

そういう猫が好きな人は同じようにポーカーフェイスの人が多いように思います。

8. 協調性があるかどうか

協調性があるかどうか

犬の場合、ある程度犬に合わせてあげなくてはなりません。

犬は犬で飼い主に寄り添おうとしてくれます。

お互いを常に思いやり、合わせてあげる協調性が必要なので、もともと協調性がない人は犬を飼うのをあまり好みません。

猫の場合は、お互いに愛情はあるのかと思いますが、自分のペースを保つことが第一です。

協調性を持ち合わせていない人は、猫を飼うのが合っていると思いますし、やはり猫好きが多いです。

9. 静かが好き、にぎやかが好き

静かが好き、にぎやかが好き

猫は家にいてもあまり音を発しません。

猫タワーに上るにも、降りるにも、しなやかでドタバタしていません。

家にいて静かに音楽鑑賞をしたり、映画鑑賞をするのが好きな人でも猫の存在は邪魔にならないことが多いです。

犬はシャカシャカと音を出して動くことが多いし、そろそろ散歩の時間だよ~とオーラを出してくるので静かに家で過ごしたい人にはちょっと面倒です。

10. 周りの目を気にする、気にしない

周りの目を気にする、気にしない

犬の場合は散歩に出るので、必ずよその人の目につきます。

犬好きの人は自分の犬がかわいいとすれ違う人に思われていることを意識します。

そこでかわいい服を着せてみたり、首輪を変えてみたりアピールしてみたくなります。

犬がいると、ちょっと見栄っ張りの面もでてきます。

猫の場合はどんなにかわいくても、外の人にアピールする機会はあまりありませんので、自分がかわいいと思えていればそれでいいのです。

11. 小さいものが好き、大きいものが好き

小さいものが好き、大きいものが好き

犬も小さい種類がたくさんいますが、猫はどの猫も人間がひょいと抱きかかえられる大きさです。

大きくなっても自分の腕の中に抱えられる安心感を求めて猫を選ぶ人もいます。

12. 情熱的、クール、それぞれの恋愛傾向

犬好きな人の恋愛は情熱的なタイプが多いです。

犬は感情を表現してくれますので、犬と同様、相手が自分のことを愛してくれているという実感がないと満足できません。

猫の場合は何を考えているかよくわからない、でも一緒にいてやすらぐからそれでいい、という静かでクールな恋愛をする人が多いです。

猫好きな人と犬好きな人の性格の違いを13選まとめました。


孤独が好きか嫌いか

犬が好きな人は寂しがりやさんで、いつも誰かにかまわれていたいタイプの人です。

犬は飼い主が家に帰ってくるとしっぽを振って本当にうれしそうに出迎えてくれます。

そして犬は家にいてもどこにいるかわかりやすいし、存在感があります。

猫のように気分で猫タワーに上りっぱなしということもなく、飼い主がよびかければたいてい寄ってきます。

犬とは意思が疎通できていると実感できます。

犬は考えていることがわかりやすいです。

そのため、寂しがり屋さんの心の隙間をきっちりと埋めてくれます。

猫は何を考えているかわかりにくいので、心が通じ合っている実感があまりありません。

犬好きの人はそれを寂しく感じることが多いようです。

自己中心的か、自分以外に尽くすのが好きか

犬は、定期的に散歩をする必要がありますし、かまってやらないと寂しそうにしますし、断然猫より飼うのに手間がかかる動物です。

その労力を惜しくないと感じないと犬は飼えません。

猫はエサはあげないといけないですが、ある程度長い時間のお留守番も平気です。

犬ほど寂しがる様子もありません。

いくらかわいいペットでも自分の世界を邪魔されるのは嫌だという人は、猫が好きだと思います。

アクティブ、非アクティブ

犬を飼っていると必ず散歩に行かなくてはいけませんので、何日も家に閉じこもりきりということができません。

外に出るのが億劫、歩くのが億劫な人は絶対に犬は飼えません。

猫は外に出す必要がないので、歩きたくない人でも飼えます。

外向的、内向的

犬の場合、散歩に行くと他の犬とすれ違うことがあり、そこから飼い主同士で話が弾むことも多いです。

また、ドッグランに連れて行くとたくさんの犬がいますので、犬同士が絡むと他の飼い主と全く言葉を交わさないというわけにはいきません。

自分の犬だけではなく他の飼い犬を見る機会も多いですので、ある程度社交性が必要です。

猫の場合は、基本的に家の中で飼い、他の飼い主や猫とかかわる必要がありません。

非社交的な人にも苦になりません。

几帳面、だらしない

猫は散歩に行かなくていいので手がかかりません。

休日はだらだらとして家からでたくない人でも、エサとお水さえあげていればいので、ストレスなく飼うことができます。

犬を飼うと、犬に合わせて生活リズムができあがります。

休日はゆっくり寝ていたい、といっても散歩の時間があるので寝てもいられません。

そのため犬好きの人のほうがこまめに動き、几帳面な人が多いようです。

気分屋かそうでないか

犬は人間の様子を伺います。

飼い主が落ち込んでいるときはそれを感じ、本当に心配そうな様子を見せます。

犬は常に人間にかまってほしいので、気分屋の人が気が乗らないときにはとてもうっとうしいと感じるのではないでしょうか。

猫はある程度距離を置いて飼い主を見ていますので、飼い主の機嫌を伺うこともありません。

気分屋の人でも安心して飼えるのは猫と言えるでしょう。

感情の表現がはっきりしている、いない

犬は言葉こそ話しませんが、気持ちの表現が豊かです。

飼い主が大好き!という気持ちをしっぽを振ったり、顔をなめたり、十分に表現してくれます。

そういう犬が好きな人には同じように感情の表現が上手な人が多いです。

猫はいつもクールで考えていることがよくわからない。

そういう猫が好きな人は同じようにポーカーフェイスの人が多いように思います。

協調性があるかどうか

犬の場合、ある程度犬に合わせてあげなくてはなりません。

犬は犬で飼い主に寄り添おうとしてくれます。

お互いを常に思いやり、合わせてあげる協調性が必要なので、もともと協調性がない人は犬を飼うのをあまり好みません。

猫の場合は、お互いに愛情はあるのかと思いますが、自分のペースを保つことが第一です。

協調性を持ち合わせていない人は、猫を飼うのが合っていると思いますし、やはり猫好きが多いです。

静かが好き、にぎやかが好き

猫は家にいてもあまり音を発しません。

猫タワーに上るにも、降りるにも、しなやかでドタバタしていません。

家にいて静かに音楽鑑賞をしたり、映画鑑賞をするのが好きな人でも猫の存在は邪魔にならないことが多いです。

犬はシャカシャカと音を出して動くことが多いし、そろそろ散歩の時間だよ~とオーラを出してくるので静かに家で過ごしたい人にはちょっと面倒です。

周りの目を気にする、気にしない

犬の場合は散歩に出るので、必ずよその人の目につきます。

犬好きの人は自分の犬がかわいいとすれ違う人に思われていることを意識します。

そこでかわいい服を着せてみたり、首輪を変えてみたりアピールしてみたくなります。

犬がいると、ちょっと見栄っ張りの面もでてきます。

猫の場合はどんなにかわいくても、外の人にアピールする機会はあまりありませんので、自分がかわいいと思えていればそれでいいのです。

小さいものが好き、大きいものが好き

犬も小さい種類がたくさんいますが、猫はどの猫も人間がひょいと抱きかかえられる大きさです。

大きくなっても自分の腕の中に抱えられる安心感を求めて猫を選ぶ人もいます。

犬好きな人の恋愛は情熱的なタイプが多いです。

犬は感情を表現してくれますので、犬と同様、相手が自分のことを愛してくれているという実感がないと満足できません。

猫の場合は何を考えているかよくわからない、でも一緒にいてやすらぐからそれでいい、という静かでクールな恋愛をする人が多いです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-