【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155048.html
離婚する女性に共通する13の特徴

離婚する女性に共通する13の特徴 | LADYCO

LADYCO
離婚する女性に共通する13の特徴

離婚する女性に共通する13の特徴をまとめました。

  • 経済的に自立している女性
  • 精神的に自立している女性
  • 決断力がある女性
  • 仕事が充実している女性
  • いつまでも自分が女でいることが優先の女性
  • 子供に夢中で夫は眼中にない女性
  • 浪費家の女性
  • 極端にネガティブな女性
  • 実家に入り浸りの女性
  • モテる女性
  • できちゃった結婚の女性
  • 一人で過ごすのが好きな女性
  • 子供が産めるうちに、と焦って結婚した女性

1. 経済的に自立している女性

経済的に自立している女性

経済的に自立ができてない場合は、よっぽどのことがない限り生活のために多少のことは我慢して離婚はしないと思います。

自分の収入でなんとか生活していけるのであれば、離婚を現実的に考えることができますので、夫婦間のトラブルが発生した場合、離婚に至ることも多いと思います。

2. 精神的に自立している女性

精神的に自立している女性

誰かに頼っていないと生きていけないタイプの女性は、夫に対して不満を感じることがあっても結局は一人になるのは嫌なので、我慢してでも一緒にいようと思うでしょう。 精神的に夫に依存していない人は、離婚して自分一人でも平気なので、簡単に離婚を選択できると思います。

3. 決断力がある女性

決断力がある女性

決断力があるために、夫に相談することなくなんでも決めて進んでしまいます。 もともと決断力があるので、夫に相談するのが面倒だし、夫は夫で自分に相談してくれないことを不満に思い、それが不仲につながっていきます。 そうなった場合に決断力のある女性は、すっぱりと離婚の道を選んでしまいます。 うじうじしていない男らしい女性だと思います。

4. 仕事が充実している女性

仕事が充実している女性

経済的なこととも結びつきますが、仕事が忙しかったり、仕事が楽しくてしかたないという人は頭の中が仕事でいっぱいで、家庭は二の次になってしまいがちです。

そのうえ「家庭さえなければもっと仕事に打ち込めるのに…」と考えてしまい、結局家庭を切り捨てて仕事に打ち込むことを選択する場合もあると思います。

5. いつまでも自分が女でいることが優先の女性

いつまでも自分が女でいることが優先の女性

結婚生活が長くなると、夫婦間は男女としての関係も薄くなるし、子供ができればなおさら「母」としての役割を求められます。

それはそれで安定した幸せだと思いますが、女として満足できない、いつも誰かに「女」として見られていたい気持ちが強い女性は常に家庭から離れて刺激のある生活を常に夢見ています。 きっかけがあればすぐに浮気に走ってしまうパターンも多いのではないでしょうか。

6. 子供に夢中で夫は眼中にない女性

子供に夢中で夫は眼中にない女性

子供が生まれた途端、子供に夢中で夫のことは眼中になくなってしまうタイプです。 夫に対して無関心なだけではなく、子育ての邪魔とまで考えます。

せっかく寝かしつけようとしたところに夫が帰ってきたり、子供に何か買ってあげたいあまり、夫に渡すお小遣いがもったいないと思ったり…。 子供に過剰にお金と時間を使いたがる女性も、家庭をうまく保つのが難しいかもしれません。

7. 浪費家の女性

浪費家の女性

私の周りでも、浪費家の女性は離婚につながるパターンが多いです。 経済的に家庭が破たんしてしまうこともありますし、借金したり、平気でローンを組んだりする女性は先のことを冷静に考えられず破滅型の性格の傾向があります。 何に対しても堅実に考えることができないので、結局結婚生活を安定して送ることもできません。

8. 極端にネガティブな女性

極端にネガティブな女性

メンタル面で弱い人、ネガティブ思考の人は、平和な家庭を築くことが難しい場合が多いです。 自分だけではなく、一緒にいる人までまいってしまうので離婚に至るケースも多いと思います。

9. 実家に入り浸りの女性

実家に入り浸りの女性

相手の実家にはまったく近寄らず、自分の実家にはしょっちゅう帰ったり、実家の親に頼ったり、または実家の家族が遠慮なく勝手に家に出入りしたり…。 これでは夫は自分の役割や居場所がないと感じます。

実家での常識を家庭に持ち込むので、別の家庭で育ってきた夫には受け入れられないことも多いと思います。 二人で新しい家庭を作っていかなくてはいけないのに、実家のしきたりばかり持ち込まれては夫もへきえきしてしまうでしょう。 また、実家とのつながりが深い場合は、離婚しても実家に帰ればいいだけなので簡単に離婚を考えてしまいがちです。

10. モテる女性

モテる女性

昔からモテる女性は、別にこの人じゃなくても、私のことを愛してくれる人はこれからも現れるだろう、という自信があると思います。 実際に独身時代に男性が切れ目なく言い寄ってきた経緯があるので、それが普通だと思っています。

モテなかった女性は、「結婚してくれた夫に感謝」「こんな自分を愛してくれる夫に感謝」という謙虚な気持ちを持っていますが、モテる女性は「私と結婚できたことにもっと感謝したら?」とどこか上から目線です。 夫とトラブルがあった場合は「この私が何で我慢しなくちゃいけないの?」「世の中にはもっと私にふさわしい男がいるはず」と考えます。

11. できちゃった結婚の女性

できちゃった結婚の女性

もともと、結婚を意識する前に子供ができたので慌てて結婚したので、結婚前によく考える時間もないし、結婚する以外、他に選択肢もなかったと思います。 結局結婚してみたら違った…ということも多いようです。

計画外の妊娠自体、よく考えていれば避けられることなのにそれができないということは、他のことに対しても先を見通して考えることができないんだと思います。 結果離婚に至る可能性も高いようです。

12. 一人で過ごすのが好きな女性

一人で過ごすのが好きな女性

独身の頃から一人で過ごすのが好きだったけど、周りが結婚するから、結婚しといたほうがいいのかな、とあまり乗り気じゃないけど結婚してしまった女性。 結婚するとなかなか一人の時間は持てません。

一人で過ごすのが好きな人にはとてもストレスです。 月数回、週1回会う恋人の関係どまりが合っているのでしょう。

13. 子供が産めるうちに、と焦って結婚した女性

30代後半になって、男性との出会いがあった場合、いろいろと考えるよりも女性の本能で「あと何年子供が産める?」と考えてしまいがちです。 自分の体が出産のリミットに近づいていることに、非常に焦りを感じていますので、相手の性格や条件などをゆっくり考える暇はありません。

多少合わない部分があっても、今別れてまた当てもなく次の人を探した時に、その時にはもう子供を産める年ではなくなっているのではないか?と考えると細かいことはそっちのけで結婚に突っ走ってしまいます。 実際に結婚して生活してみると「違った」ということもあると思います。

離婚する女性に共通する13の特徴をまとめました。


経済的に自立している女性

経済的に自立ができてない場合は、よっぽどのことがない限り生活のために多少のことは我慢して離婚はしないと思います。

自分の収入でなんとか生活していけるのであれば、離婚を現実的に考えることができますので、夫婦間のトラブルが発生した場合、離婚に至ることも多いと思います。

精神的に自立している女性

誰かに頼っていないと生きていけないタイプの女性は、夫に対して不満を感じることがあっても結局は一人になるのは嫌なので、我慢してでも一緒にいようと思うでしょう。 精神的に夫に依存していない人は、離婚して自分一人でも平気なので、簡単に離婚を選択できると思います。

決断力がある女性

決断力があるために、夫に相談することなくなんでも決めて進んでしまいます。 もともと決断力があるので、夫に相談するのが面倒だし、夫は夫で自分に相談してくれないことを不満に思い、それが不仲につながっていきます。 そうなった場合に決断力のある女性は、すっぱりと離婚の道を選んでしまいます。 うじうじしていない男らしい女性だと思います。

仕事が充実している女性

経済的なこととも結びつきますが、仕事が忙しかったり、仕事が楽しくてしかたないという人は頭の中が仕事でいっぱいで、家庭は二の次になってしまいがちです。

そのうえ「家庭さえなければもっと仕事に打ち込めるのに…」と考えてしまい、結局家庭を切り捨てて仕事に打ち込むことを選択する場合もあると思います。

いつまでも自分が女でいることが優先の女性

結婚生活が長くなると、夫婦間は男女としての関係も薄くなるし、子供ができればなおさら「母」としての役割を求められます。

それはそれで安定した幸せだと思いますが、女として満足できない、いつも誰かに「女」として見られていたい気持ちが強い女性は常に家庭から離れて刺激のある生活を常に夢見ています。 きっかけがあればすぐに浮気に走ってしまうパターンも多いのではないでしょうか。

子供に夢中で夫は眼中にない女性

子供が生まれた途端、子供に夢中で夫のことは眼中になくなってしまうタイプです。 夫に対して無関心なだけではなく、子育ての邪魔とまで考えます。

せっかく寝かしつけようとしたところに夫が帰ってきたり、子供に何か買ってあげたいあまり、夫に渡すお小遣いがもったいないと思ったり…。 子供に過剰にお金と時間を使いたがる女性も、家庭をうまく保つのが難しいかもしれません。

浪費家の女性

私の周りでも、浪費家の女性は離婚につながるパターンが多いです。 経済的に家庭が破たんしてしまうこともありますし、借金したり、平気でローンを組んだりする女性は先のことを冷静に考えられず破滅型の性格の傾向があります。 何に対しても堅実に考えることができないので、結局結婚生活を安定して送ることもできません。

極端にネガティブな女性

メンタル面で弱い人、ネガティブ思考の人は、平和な家庭を築くことが難しい場合が多いです。 自分だけではなく、一緒にいる人までまいってしまうので離婚に至るケースも多いと思います。

実家に入り浸りの女性

相手の実家にはまったく近寄らず、自分の実家にはしょっちゅう帰ったり、実家の親に頼ったり、または実家の家族が遠慮なく勝手に家に出入りしたり…。 これでは夫は自分の役割や居場所がないと感じます。

実家での常識を家庭に持ち込むので、別の家庭で育ってきた夫には受け入れられないことも多いと思います。 二人で新しい家庭を作っていかなくてはいけないのに、実家のしきたりばかり持ち込まれては夫もへきえきしてしまうでしょう。 また、実家とのつながりが深い場合は、離婚しても実家に帰ればいいだけなので簡単に離婚を考えてしまいがちです。

モテる女性

昔からモテる女性は、別にこの人じゃなくても、私のことを愛してくれる人はこれからも現れるだろう、という自信があると思います。 実際に独身時代に男性が切れ目なく言い寄ってきた経緯があるので、それが普通だと思っています。

モテなかった女性は、「結婚してくれた夫に感謝」「こんな自分を愛してくれる夫に感謝」という謙虚な気持ちを持っていますが、モテる女性は「私と結婚できたことにもっと感謝したら?」とどこか上から目線です。 夫とトラブルがあった場合は「この私が何で我慢しなくちゃいけないの?」「世の中にはもっと私にふさわしい男がいるはず」と考えます。

できちゃった結婚の女性

もともと、結婚を意識する前に子供ができたので慌てて結婚したので、結婚前によく考える時間もないし、結婚する以外、他に選択肢もなかったと思います。 結局結婚してみたら違った…ということも多いようです。

計画外の妊娠自体、よく考えていれば避けられることなのにそれができないということは、他のことに対しても先を見通して考えることができないんだと思います。 結果離婚に至る可能性も高いようです。

一人で過ごすのが好きな女性

独身の頃から一人で過ごすのが好きだったけど、周りが結婚するから、結婚しといたほうがいいのかな、とあまり乗り気じゃないけど結婚してしまった女性。 結婚するとなかなか一人の時間は持てません。

一人で過ごすのが好きな人にはとてもストレスです。 月数回、週1回会う恋人の関係どまりが合っているのでしょう。

30代後半になって、男性との出会いがあった場合、いろいろと考えるよりも女性の本能で「あと何年子供が産める?」と考えてしまいがちです。 自分の体が出産のリミットに近づいていることに、非常に焦りを感じていますので、相手の性格や条件などをゆっくり考える暇はありません。

多少合わない部分があっても、今別れてまた当てもなく次の人を探した時に、その時にはもう子供を産める年ではなくなっているのではないか?と考えると細かいことはそっちのけで結婚に突っ走ってしまいます。 実際に結婚して生活してみると「違った」ということもあると思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-