【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518104228.html
余計な事をする人の特徴

余計な事をする人の特徴 | LADYCO

LADYCO
余計な事をする人の特徴

余計な事をする人って身の回りにいますよね。

しかし本人は無自覚であったり必死であったりして責められないキャラの人もいます。

どんな性格や特徴の人なのか知ってみましょう。

  • おせっかいで世話をやきたがる
  • 用心深いのでつい手を加えてしまう
  • 自分の手柄にしたい
  • 人と違うことをして評価されたい
  • 忙しくしているのが好き
  • 誰かの役に立つと信じている
  • お金を使ってストレス発散している
  • 趣味ややり方が人に理解されない
  • 好奇心旺盛なので少しでも経験したい
  • 記憶力が悪くて経験を生かせない
  • 不器用でスムーズに物事を進められない
  • センスが満ち溢れておりまだまだやりたい
  • 常に挑戦したい
  • まとめ

1. おせっかいで世話をやきたがる

おせっかいで世話をやきたがる

おせっかいな性格の人は誰かが困っていると世話をやきたがったり、頼んでもいないのに良かれと思って手を貸してしまいます。

それが相手や周りの人からすると余計なことに見えるのです。

しかし本人はいいことをしているつもりなので、余計だと言われるとむっとしてしまいます。

傷ついてしまう人もいます。

余計と思われなくなるには相手の頑張りを見守る我慢も必要ですね。

2. 用心深いのでつい手を加えてしまう

用心深いのでつい手を加えてしまう

用心深い性格の人は何か作業をしても最後にちょっと手を加えて完璧に仕上げよとし、かえって完成度を悪くしてしまうようなことがあります。

会話を理解する時も「○○ってことだよね?」と再確認してしまい、イライラさせてしまうこともあるでしょう。

手を加えたり確認するということは本人からすると確実にするためにしている当然のことであり、失敗が怖い人なのでしょう。

しかし周りはけっこうじれったくなる人です。

3. 自分の手柄にしたい

自分の手柄にしたい

自分だけの手柄にしたいと思うような自分本位な人は、みんなで頑張ったことを「私がやりました!」と言ってしまい、周りからヒンシュクをかうことがあります。

頑張ったことをさも大変だったかのような演技を加えて伝えたりということもあります。

余計な発言や言動で自分をアピールし、褒めてもらおうとしているのです。

自分に自信がない証拠でもありますし、負けず嫌いの様子も伺えます。

4. 人と違うことをして評価されたい

人と違うことをして評価されたい

人と違うことをして周りに評価されたいと思う人は同じ課題が出されてもちょっと違う色を加えて個性を出そうとします。

それが周りから見るといかにも一歩頭を抜け出そうとしているのがバレバレで嫌われる要素でもありますが、上司や先生からは頑張りやセンスとして評価されることもあるかもしれません。

でも目立ち過ぎると敵も出てきますから気をつけなくてはいけませんね。

5. 忙しくしているのが好き

忙しくしているのが好き

じっとしているのが苦手で忙しくしているのが好きな人からすると、余計なことと言われても何かをしていたいのです。

せっかくの休みにわざわざ疲れるようなことをして時間を潰すような行動は少しでも楽をしたい人からは理解されず、余計なことをしていると見られます。

でもはっきり言ってそう思われることも余計なことですね。

6. 誰かの役に立つと信じている

誰かの役に立つと信じている

余計なことと言われても誰かの役に立つだろうと信じている人は、相手のためのようでいて自分の気持ちを満たすために行動に移します。

時に暑苦しい人でもありますが、こんな人がいることで助けられる人もいるのは事実です。

しかし冷めた人達からすると犠牲者にしか見えないでしょう。

余計と言われなくなるにはなかなか難しいところです。

7. お金を使ってストレス発散している

お金を使ってストレス発散している

お金を使うことはストレス発散にもなりますから、余計な買い物をしてすっきりさせている人もいます。

買い物依存症で止められない人ももちろんそうですが、中には自分へのご褒美などと言いながらあえて高額な買い物をして気持ちを切り替える人もいます。

この場合は一概に余計とは言えませんが、額が大きくなると後悔して余計だったと思ってしまうこともあります。

8. 趣味ややり方が人に理解されない

趣味ややり方が人に理解されない

趣味ややり方が人に理解されないことも多く、マニアックすぎてついていけないとかなんであんな回りくどいやり方をするのだろうと不思議がられる人は「余計ないことをしている」などと言われてしまうでしょう。

しかしそれは価値観が一致していないだけです。

その人にとっては余計もなにも魅力的なことですし、当然のやり方です。

9. 好奇心旺盛なので少しでも経験したい

好奇心旺盛なので少しでも経験したい

人に余計と言われても好奇心旺盛な人は少しでも経験してみたいという思いがあります。

そのため、自ら進んでやりたがったり新しいアイデアをどんどん出してきます。

早く切り上げたい人から見れば面倒な人物として映るでしょうね。

しかし素晴らしいと言ってくれる人もいそうです。

10. 記憶力が悪くて経験を生かせない

記憶力が悪くて経験を生かせない

記憶力が悪いせいで過去の経験を上手く生かせず、余計なことをしながら何とか一から積み上げていく人もいます。

経験を上手く生かすことができれば余計と言われたりはしないはずなのに、自分を過信したり面倒くさがるせいでまた同じようなことを繰り返してしまいます。

さらに頑固な人は人に助けを求めることもできないため、ますます余計なことをしながらもがくしかありません。

11. 不器用でスムーズに物事を進められない

不器用でスムーズに物事を進められない

不器用な人は当然ながらスムーズに物事を進めることができず、余計な手間や時間も増えます。

必死になりすぎるとかえって冷静さを欠いて余計な部分が増えたりもします。

不器用な人は自分のそんな部分を自覚して少しでも整理してから取り掛かる習慣をつけておくといいですね。

12. センスが満ち溢れておりまだまだやりたい

センスが満ち溢れておりまだまだやりたい

センスが満ち溢れている人はみんなが完成させたことにもまだまだ手を加えたがりますし、決まりかけた計画にも他にいい方法はないだろうかといつまでも頭を悩ませます。

ずいぶん協調性がない人だなと思われることもありますが、こんな人がいるおかげで素晴らしい作品や思い浮かばなかったようなアイデアも生まれてきます。

13. 常に挑戦したい

常に挑戦したい

常に挑戦したいという向上心があれば自分の経験していないことや難しそうなこともやってみようとして失敗もその分増えるでしょう。

それは挑戦しない人からみると余計なことでしかないのです。

しかし余計なことから学ぶことは多く、もはや余計などとは言えなくなっています。

まとめ

余計な事をする人の性格や特徴を考えて見た時、それはとても優しくて向上心いっぱいな人物像が浮かんできます。

周りに余計と言われながらも頑張れるのは強くもありますね。

しかし中には自分勝手な思いから余計なことをしてしらけさせる人もおり、「余計」「ひと手間」に線を引くのはなかなか難しいことのようです。

余計かどうかは自分よりも周りに決められることが多いですから、人からどう思われるかも考えながら出過ぎない努力もしていきたいですね。

余計な事をする人って身の回りにいますよね。

しかし本人は無自覚であったり必死であったりして責められないキャラの人もいます。

どんな性格や特徴の人なのか知ってみましょう。


おせっかいで世話をやきたがる

おせっかいな性格の人は誰かが困っていると世話をやきたがったり、頼んでもいないのに良かれと思って手を貸してしまいます。

それが相手や周りの人からすると余計なことに見えるのです。

しかし本人はいいことをしているつもりなので、余計だと言われるとむっとしてしまいます。

傷ついてしまう人もいます。

余計と思われなくなるには相手の頑張りを見守る我慢も必要ですね。

用心深いのでつい手を加えてしまう

用心深い性格の人は何か作業をしても最後にちょっと手を加えて完璧に仕上げよとし、かえって完成度を悪くしてしまうようなことがあります。

会話を理解する時も「○○ってことだよね?」と再確認してしまい、イライラさせてしまうこともあるでしょう。

手を加えたり確認するということは本人からすると確実にするためにしている当然のことであり、失敗が怖い人なのでしょう。

しかし周りはけっこうじれったくなる人です。

自分の手柄にしたい

自分だけの手柄にしたいと思うような自分本位な人は、みんなで頑張ったことを「私がやりました!」と言ってしまい、周りからヒンシュクをかうことがあります。

頑張ったことをさも大変だったかのような演技を加えて伝えたりということもあります。

余計な発言や言動で自分をアピールし、褒めてもらおうとしているのです。

自分に自信がない証拠でもありますし、負けず嫌いの様子も伺えます。

人と違うことをして評価されたい

人と違うことをして周りに評価されたいと思う人は同じ課題が出されてもちょっと違う色を加えて個性を出そうとします。

それが周りから見るといかにも一歩頭を抜け出そうとしているのがバレバレで嫌われる要素でもありますが、上司や先生からは頑張りやセンスとして評価されることもあるかもしれません。

でも目立ち過ぎると敵も出てきますから気をつけなくてはいけませんね。

忙しくしているのが好き

じっとしているのが苦手で忙しくしているのが好きな人からすると、余計なことと言われても何かをしていたいのです。

せっかくの休みにわざわざ疲れるようなことをして時間を潰すような行動は少しでも楽をしたい人からは理解されず、余計なことをしていると見られます。

でもはっきり言ってそう思われることも余計なことですね。

誰かの役に立つと信じている

余計なことと言われても誰かの役に立つだろうと信じている人は、相手のためのようでいて自分の気持ちを満たすために行動に移します。

時に暑苦しい人でもありますが、こんな人がいることで助けられる人もいるのは事実です。

しかし冷めた人達からすると犠牲者にしか見えないでしょう。

余計と言われなくなるにはなかなか難しいところです。

お金を使ってストレス発散している

お金を使うことはストレス発散にもなりますから、余計な買い物をしてすっきりさせている人もいます。

買い物依存症で止められない人ももちろんそうですが、中には自分へのご褒美などと言いながらあえて高額な買い物をして気持ちを切り替える人もいます。

この場合は一概に余計とは言えませんが、額が大きくなると後悔して余計だったと思ってしまうこともあります。

趣味ややり方が人に理解されない

趣味ややり方が人に理解されないことも多く、マニアックすぎてついていけないとかなんであんな回りくどいやり方をするのだろうと不思議がられる人は「余計ないことをしている」などと言われてしまうでしょう。

しかしそれは価値観が一致していないだけです。

その人にとっては余計もなにも魅力的なことですし、当然のやり方です。

好奇心旺盛なので少しでも経験したい

人に余計と言われても好奇心旺盛な人は少しでも経験してみたいという思いがあります。

そのため、自ら進んでやりたがったり新しいアイデアをどんどん出してきます。

早く切り上げたい人から見れば面倒な人物として映るでしょうね。

しかし素晴らしいと言ってくれる人もいそうです。

記憶力が悪くて経験を生かせない

記憶力が悪いせいで過去の経験を上手く生かせず、余計なことをしながら何とか一から積み上げていく人もいます。

経験を上手く生かすことができれば余計と言われたりはしないはずなのに、自分を過信したり面倒くさがるせいでまた同じようなことを繰り返してしまいます。

さらに頑固な人は人に助けを求めることもできないため、ますます余計なことをしながらもがくしかありません。

不器用でスムーズに物事を進められない

不器用な人は当然ながらスムーズに物事を進めることができず、余計な手間や時間も増えます。

必死になりすぎるとかえって冷静さを欠いて余計な部分が増えたりもします。

不器用な人は自分のそんな部分を自覚して少しでも整理してから取り掛かる習慣をつけておくといいですね。

センスが満ち溢れておりまだまだやりたい

センスが満ち溢れている人はみんなが完成させたことにもまだまだ手を加えたがりますし、決まりかけた計画にも他にいい方法はないだろうかといつまでも頭を悩ませます。

ずいぶん協調性がない人だなと思われることもありますが、こんな人がいるおかげで素晴らしい作品や思い浮かばなかったようなアイデアも生まれてきます。

常に挑戦したい

常に挑戦したいという向上心があれば自分の経験していないことや難しそうなこともやってみようとして失敗もその分増えるでしょう。

それは挑戦しない人からみると余計なことでしかないのです。

しかし余計なことから学ぶことは多く、もはや余計などとは言えなくなっています。

余計な事をする人の性格や特徴を考えて見た時、それはとても優しくて向上心いっぱいな人物像が浮かんできます。

周りに余計と言われながらも頑張れるのは強くもありますね。

しかし中には自分勝手な思いから余計なことをしてしらけさせる人もおり、「余計」「ひと手間」に線を引くのはなかなか難しいことのようです。

余計かどうかは自分よりも周りに決められることが多いですから、人からどう思われるかも考えながら出過ぎない努力もしていきたいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-