【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517144358.html
キャバ譲に向いている人の特徴

キャバ譲に向いている人の特徴 | LADYCO

LADYCO
キャバ譲に向いている人の特徴

ナイトワークで人気のキャバクラ嬢。

今回は、キャバ嬢に向いている人の8つの特徴をご紹介しましょう。

  • 愛嬌があってよく笑う
  • 女性として魅力的
  • ポジティブで打たれ強い
  • トークスキルがあって聞き上手
  • 気遣い上手
  • 体が丈夫
  • 感情をコントロールできる
  • 年上の人と話すのが得意
  • まとめ

1. 愛嬌があってよく笑う

愛嬌があってよく笑う

愛嬌があってよく笑う人は、キャバ嬢に向いているといえます。

キャバクラのお客さんは楽しむために来ているので、いくら美人でも愛想がなく暗いキャバ嬢よりも、容姿は十人並みでもニコニコしていて明るいオーラのあるキャバ嬢が好まれます。

一緒にいると癒されるようなタイプはキャバクラで人気者になれるのです。

2. 女性として魅力的

女性として魅力的

ぱっと見て「あの子いいな」とお客さんに思ってもらえるので、やはりキャバクラで働くのにも美人は有利と言えます。

とはいえ、元々の容姿にあぐらをかかず、日々女性らしさを磨いている女子力の高い人もキャバ嬢に向いています。

キャバクラの店内は暗めとはいえ、お客さんとの距離も近いので気は抜けません。

さらさらの髪とすべすべの肌、そして引き締まったボディをキープしているだけで、かなりポイントが高いのです。

3. ポジティブで打たれ強い

ポジティブで打たれ強い

キャバクラに来るお客さんの全員が紳士的な人だとは限らないので、時には接客中に嫌な思いをすることもあります。

そんな時、過ぎたことをいつまでも引きずってしまうのではなく、「まあしょうがないよね」とパッと切り替えることのできる人はキャバ嬢に向いています。

責任感が強くて真面目なのは良いことですが、それがあまりに過ぎるとこの仕事では苦しくなってしまうので、良い意味でいい加減になれることが大切です。

4. トークスキルがあって聞き上手

トークスキルがあって聞き上手

キャバクラのお客さんはキャバ嬢とのお喋りを楽しみに来ているので、頭の回転が速く話題も豊富な人はキャバ嬢に向いています。

常にテレビや雑誌などをチェックして、話のネタを集めておくことも仕事のうちです。

でも、一方的にこちらが喋るのではなく、お客さんが気持ち良くお喋りできるように聞き上手であることも大切です。

人に「話しやすい」と言われたことのある人は適性があると言えます。

5. 気遣い上手

気遣い上手

キャバ嬢にとって、気遣いは欠かすことができません。

お客さんの言葉やしぐさ、態度から何を欲しているのかいち早く察する能力はとても大切です。

また、一人ひとりお客さんのことをちゃんと覚えていて「この間はどうもありがとうございました」などちょっとした一言が言えるタイプもキャバ嬢に向いています。

6. 体が丈夫

体が丈夫

キャバクラのお仕事は夜遅くまでだったり、お酒もある程度飲んだりしなければならないので、体が丈夫なことがとても大切です。

栄養のあるものをしっかり食べる、適度に運動をする、ちゃんと睡眠時間を取るなど、健康管理をしっかりする必要があります。

ちなみに、キャバ嬢というとお酒に強くなければなれないと思われがちですが、実はあまり強くない人も少なくありません。

アルコールに見せかけたノンアルコールのドリンクも用意されているので、お酒があまり飲めない人も安心して働けます。

7. 感情をコントロールできる

感情をコントロールできる

接客業である以上、キャバ嬢はどんな時もニコニコ明るく振舞うことが求められます。

だから、嫌なことがあったら露骨に顔に出てしまうタイプはあまりキャバ嬢に向いていないと言えます。

いつも笑顔を絶やさないプロ意識の強い人は、キャバクラで引っ張りだこになれます。

8. 年上の人と話すのが得意

年上の人と話すのが得意

キャバクラに来るお客さんの年齢は20代後半から50代くらいと年上の人が多いので、年上の男性と話すのが得意な人にはぴったりです。

「失礼にならないように敬語で話す」「下から目線で接する」といったことがクリアできれば大丈夫でしょう。

また、上の世代の流行を押さえていると一目置かれます。

まとめ

キャバ嬢に必要なのは美しさだけでなく、聞き上手だったり気遣いができたりと内面的な部分も求められるのです。

決して楽なお仕事ではありませんが、その分稼ぎも良くやりがいも大きいはずです。

ナイトワークで人気のキャバクラ嬢。

今回は、キャバ嬢に向いている人の8つの特徴をご紹介しましょう。


愛嬌があってよく笑う

愛嬌があってよく笑う人は、キャバ嬢に向いているといえます。

キャバクラのお客さんは楽しむために来ているので、いくら美人でも愛想がなく暗いキャバ嬢よりも、容姿は十人並みでもニコニコしていて明るいオーラのあるキャバ嬢が好まれます。

一緒にいると癒されるようなタイプはキャバクラで人気者になれるのです。

女性として魅力的

ぱっと見て「あの子いいな」とお客さんに思ってもらえるので、やはりキャバクラで働くのにも美人は有利と言えます。

とはいえ、元々の容姿にあぐらをかかず、日々女性らしさを磨いている女子力の高い人もキャバ嬢に向いています。

キャバクラの店内は暗めとはいえ、お客さんとの距離も近いので気は抜けません。

さらさらの髪とすべすべの肌、そして引き締まったボディをキープしているだけで、かなりポイントが高いのです。

ポジティブで打たれ強い

キャバクラに来るお客さんの全員が紳士的な人だとは限らないので、時には接客中に嫌な思いをすることもあります。

そんな時、過ぎたことをいつまでも引きずってしまうのではなく、「まあしょうがないよね」とパッと切り替えることのできる人はキャバ嬢に向いています。

責任感が強くて真面目なのは良いことですが、それがあまりに過ぎるとこの仕事では苦しくなってしまうので、良い意味でいい加減になれることが大切です。

トークスキルがあって聞き上手

キャバクラのお客さんはキャバ嬢とのお喋りを楽しみに来ているので、頭の回転が速く話題も豊富な人はキャバ嬢に向いています。

常にテレビや雑誌などをチェックして、話のネタを集めておくことも仕事のうちです。

でも、一方的にこちらが喋るのではなく、お客さんが気持ち良くお喋りできるように聞き上手であることも大切です。

人に「話しやすい」と言われたことのある人は適性があると言えます。

気遣い上手

キャバ嬢にとって、気遣いは欠かすことができません。

お客さんの言葉やしぐさ、態度から何を欲しているのかいち早く察する能力はとても大切です。

また、一人ひとりお客さんのことをちゃんと覚えていて「この間はどうもありがとうございました」などちょっとした一言が言えるタイプもキャバ嬢に向いています。

体が丈夫

キャバクラのお仕事は夜遅くまでだったり、お酒もある程度飲んだりしなければならないので、体が丈夫なことがとても大切です。

栄養のあるものをしっかり食べる、適度に運動をする、ちゃんと睡眠時間を取るなど、健康管理をしっかりする必要があります。

ちなみに、キャバ嬢というとお酒に強くなければなれないと思われがちですが、実はあまり強くない人も少なくありません。

アルコールに見せかけたノンアルコールのドリンクも用意されているので、お酒があまり飲めない人も安心して働けます。

感情をコントロールできる

接客業である以上、キャバ嬢はどんな時もニコニコ明るく振舞うことが求められます。

だから、嫌なことがあったら露骨に顔に出てしまうタイプはあまりキャバ嬢に向いていないと言えます。

いつも笑顔を絶やさないプロ意識の強い人は、キャバクラで引っ張りだこになれます。

年上の人と話すのが得意

キャバクラに来るお客さんの年齢は20代後半から50代くらいと年上の人が多いので、年上の男性と話すのが得意な人にはぴったりです。

「失礼にならないように敬語で話す」「下から目線で接する」といったことがクリアできれば大丈夫でしょう。

また、上の世代の流行を押さえていると一目置かれます。

キャバ嬢に必要なのは美しさだけでなく、聞き上手だったり気遣いができたりと内面的な部分も求められるのです。

決して楽なお仕事ではありませんが、その分稼ぎも良くやりがいも大きいはずです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-