【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517114352.html
結婚できない女性の性格10選

結婚できない女性の性格10選 | LADYCO

LADYCO
結婚できない女性の性格10選

結婚できない女性の性格を10選まとめました。

  • 男性よりも稼ぎがあると自負している
  • 理想を追い求めすぎた代償として
  • 意識高い系を極めてしまった
  • 嫉妬心が強く交際が長続きしない
  • 都合のいい女に成り下がったがゆえに
  • 減点法の癖がある
  • 浮気性で長続きしない
  • 過度なコンプレックスで消極的に
  • 実家依存がはげしく主体性がない
  • 結局一人が気楽

1. 男性よりも稼ぎがあると自負している

男性よりも稼ぎがあると自負している

結婚できない女性は往々にして、強い女性が多いです。

自分自身でもそれを自負しています。

そのへんの男よりも、いざとなったら生命力が強く、サバイバルでも生き残れると、本気で思っているのです。

また、そう思うだけの実力も兼ね備えており、学校ではつねに上位の成績を取り、スポーツ万能な少女時代を送り、次第に自己過信に磨きがかかり、年頃になっても 男性を恋愛対象ではなく、競争相手としてしか見ていません。

このような性格だと結婚できないのも無理からぬことかもしれません。

自分が男性よりも稼ぎが高いうちは、結婚できない可能性が濃厚です。

2. 理想を追い求めすぎた代償として

理想を追い求めすぎた代償として

夢見る夢子とは言ったもので、小さな頃から白馬に乗った王子様を本気で捜し求めている。

そんな女性がいます。

よく言えばロマンチスト、悪く言えば夢想家です。

自分の少女のような心を否定して、現実を見ない限りなかなか結婚へは到達できません。

性格的に丸くて女性らしい人が多いのが特徴ですが、年を重ねていくうちに、孤立してしまうパターンでもあります。

3. 意識高い系を極めてしまった

意識高い系を極めてしまった

自分磨きを趣味として、いつも理想の自分に追いつくために、自分探しをしている女性もまた結婚には縁遠くなります。

所謂、意識高い系と呼ばれる人々です。

自分をつねにピカピカに磨いていくそのストイックさは美点ですが、妥協がなく結局相手の男性よりも、自分に興味があるのでボタンの掛け違いが続き破局してしまいます。

それでも前向きで後ろを振り返らないタイプの女性なので、適度に落ち込んだら再浮上してくるので、心配ありません。

4. 嫉妬心が強く交際が長続きしない

嫉妬心が強く交際が長続きしない

愛が深すぎる故か、その愛が嫉妬に変わると、まるで般若のような顔で相手を追い詰めるそんなタイプの女性もまた婚期を逃してしまいがちです。

得てして、このようなタイプの女性は本来は慈悲深く、愛情に長けていますので、調子の良い時は良妻賢母の見本のような人物です。

しかし愛情が憎しみに変わるとき、嫉妬の業火で全てを焼き尽くしてしまいます。

正気に戻り反省する可愛いところもありますが、とき既に遅しということになります。

5. 都合のいい女に成り下がったがゆえに

都合のいい女に成り下がったがゆえに

相手のいいなりになってしまう、消極的な性格の女性も結婚できない事が多いです。

交際している男性に嫌われたくないばかりに、相手の言うことは基本イエスしか言いません。

愛情があったはずなのに、相手もだんだんと、そんな女性を軽んじるようになります。

本命の彼女のはずが、気づけばただの都合のいい女に成り下がっていたということにも・・ プライドが低めの女性が、こうなりがちなので自分というものに自信を持つことが大切かもしれません。

6. 減点法の癖がある

減点法の癖がある

100点の持ち点から、何かあるごとに、男性を減点していく女性がいます。

他人に厳しい性格の女性がこれに該当します。

結婚を考えていた相手を減点しまくって、いつの間にか誰も自分のそばには居なくなってしまった・・という女性は胸に手を当てて考えて欲しいです。

いかに自分が減点法の天才であったか。

この癖があった場合、ただちに改めたほうが得策です。

さもなくば、結婚が遠のくばかりですから。

7. 浮気性で長続きしない

浮気性で長続きしない

身持ちが悪く、恋愛至上主義の女性は、理想の男性が現れてお付き合いする事ができたとしてもかならずほかの男性に目移りして破局してしまいます。

もっと良い人がいるのでは?という甘い期待が度を過ぎると、悪評が立ち結婚してくれそうな男性そのものから避けられる事態に。

これは性癖ですから、治すのは容易ではありません。

しかしそのせいで幸せを逃していると自覚があるならば、カウンセリングを受けて、性格の根本を矯正したほうが、より幸福への近道です。

8. 過度なコンプレックスで消極的に

過度なコンプレックスで消極的に

自身のなさ過ぎる女性は、自分からチャンスをドブに捨てているようなものです。

顔が悪いとか太っているとか、頭が悪いとか、自分自身を裁きまくる自己処罰的性格の女性は、卑屈が災いして結婚が遥か遠くに消えてしまいます。

誰にでもコンプレックスはありますので、自分を責めすぎないで、許してあげることで道は開けるのではないでしょうか。

9. 実家依存がはげしく主体性がない

実家依存がはげしく主体性がない

過保護に育った女性は自分の主体性を親に丸投げにして育ちますので、いつの間にか自分の価値観が消えてしまいます。

自分とは?そう問われると、親の望む自分を想像してしまいます。

そんな傾向性があるときには、結婚どころの話ではないのかもしれません。

結婚は相手との信頼関係が一番重要です。

であるのに、実家の価値観しか持ち合わせなかったら、そこにパートナーとの溝ができるのは致し方ないことです。

お嬢ちゃま気質からの卒業が期待されます。

10. 結局一人が気楽

結婚したい、結婚したいと何度も言う人程、そのじつ結婚したがっていないという事実があります。

胸に手を当てて考えてみたとき、ひとりでいる時間こそを愛していたなら、結婚は難しいでしょう。

「気楽」を選択肢の上位にランクインさせている女性は、現代社会では非常に多いです。

そもそも結婚したくないのですから、結婚できないのも致し方ないかもしれません。

結婚できない女性の性格を10選まとめました。


男性よりも稼ぎがあると自負している

結婚できない女性は往々にして、強い女性が多いです。

自分自身でもそれを自負しています。

そのへんの男よりも、いざとなったら生命力が強く、サバイバルでも生き残れると、本気で思っているのです。

また、そう思うだけの実力も兼ね備えており、学校ではつねに上位の成績を取り、スポーツ万能な少女時代を送り、次第に自己過信に磨きがかかり、年頃になっても 男性を恋愛対象ではなく、競争相手としてしか見ていません。

このような性格だと結婚できないのも無理からぬことかもしれません。

自分が男性よりも稼ぎが高いうちは、結婚できない可能性が濃厚です。

理想を追い求めすぎた代償として

夢見る夢子とは言ったもので、小さな頃から白馬に乗った王子様を本気で捜し求めている。

そんな女性がいます。

よく言えばロマンチスト、悪く言えば夢想家です。

自分の少女のような心を否定して、現実を見ない限りなかなか結婚へは到達できません。

性格的に丸くて女性らしい人が多いのが特徴ですが、年を重ねていくうちに、孤立してしまうパターンでもあります。

意識高い系を極めてしまった

自分磨きを趣味として、いつも理想の自分に追いつくために、自分探しをしている女性もまた結婚には縁遠くなります。

所謂、意識高い系と呼ばれる人々です。

自分をつねにピカピカに磨いていくそのストイックさは美点ですが、妥協がなく結局相手の男性よりも、自分に興味があるのでボタンの掛け違いが続き破局してしまいます。

それでも前向きで後ろを振り返らないタイプの女性なので、適度に落ち込んだら再浮上してくるので、心配ありません。

嫉妬心が強く交際が長続きしない

愛が深すぎる故か、その愛が嫉妬に変わると、まるで般若のような顔で相手を追い詰めるそんなタイプの女性もまた婚期を逃してしまいがちです。

得てして、このようなタイプの女性は本来は慈悲深く、愛情に長けていますので、調子の良い時は良妻賢母の見本のような人物です。

しかし愛情が憎しみに変わるとき、嫉妬の業火で全てを焼き尽くしてしまいます。

正気に戻り反省する可愛いところもありますが、とき既に遅しということになります。

都合のいい女に成り下がったがゆえに

相手のいいなりになってしまう、消極的な性格の女性も結婚できない事が多いです。

交際している男性に嫌われたくないばかりに、相手の言うことは基本イエスしか言いません。

愛情があったはずなのに、相手もだんだんと、そんな女性を軽んじるようになります。

本命の彼女のはずが、気づけばただの都合のいい女に成り下がっていたということにも・・ プライドが低めの女性が、こうなりがちなので自分というものに自信を持つことが大切かもしれません。

減点法の癖がある

100点の持ち点から、何かあるごとに、男性を減点していく女性がいます。

他人に厳しい性格の女性がこれに該当します。

結婚を考えていた相手を減点しまくって、いつの間にか誰も自分のそばには居なくなってしまった・・という女性は胸に手を当てて考えて欲しいです。

いかに自分が減点法の天才であったか。

この癖があった場合、ただちに改めたほうが得策です。

さもなくば、結婚が遠のくばかりですから。

浮気性で長続きしない

身持ちが悪く、恋愛至上主義の女性は、理想の男性が現れてお付き合いする事ができたとしてもかならずほかの男性に目移りして破局してしまいます。

もっと良い人がいるのでは?という甘い期待が度を過ぎると、悪評が立ち結婚してくれそうな男性そのものから避けられる事態に。

これは性癖ですから、治すのは容易ではありません。

しかしそのせいで幸せを逃していると自覚があるならば、カウンセリングを受けて、性格の根本を矯正したほうが、より幸福への近道です。

過度なコンプレックスで消極的に

自身のなさ過ぎる女性は、自分からチャンスをドブに捨てているようなものです。

顔が悪いとか太っているとか、頭が悪いとか、自分自身を裁きまくる自己処罰的性格の女性は、卑屈が災いして結婚が遥か遠くに消えてしまいます。

誰にでもコンプレックスはありますので、自分を責めすぎないで、許してあげることで道は開けるのではないでしょうか。

実家依存がはげしく主体性がない

過保護に育った女性は自分の主体性を親に丸投げにして育ちますので、いつの間にか自分の価値観が消えてしまいます。

自分とは?そう問われると、親の望む自分を想像してしまいます。

そんな傾向性があるときには、結婚どころの話ではないのかもしれません。

結婚は相手との信頼関係が一番重要です。

であるのに、実家の価値観しか持ち合わせなかったら、そこにパートナーとの溝ができるのは致し方ないことです。

お嬢ちゃま気質からの卒業が期待されます。

結婚したい、結婚したいと何度も言う人程、そのじつ結婚したがっていないという事実があります。

胸に手を当てて考えてみたとき、ひとりでいる時間こそを愛していたなら、結婚は難しいでしょう。

「気楽」を選択肢の上位にランクインさせている女性は、現代社会では非常に多いです。

そもそも結婚したくないのですから、結婚できないのも致し方ないかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-