【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095333.html
浅く広く人好き合いをするメリット、デメリット10選

浅く広く人好き合いをするメリット、デメリット10選 | LADYCO

LADYCO
浅く広く人好き合いをするメリット、デメリット10選

友達は多ければ多いほどいいものなのか、それとも少なくても心の友がいる方が良いのか、人好き合いについて、メリット・デメリットを考察してみたいと思います。

  • 友達の数が増える
  • 多くの意見を聞ける
  • 多くのチャンスが得られる
  • 飲み会、合コンなどの機会に恵まれる
  • 面倒なことに巻き込まれにくい
  • 結婚式の二次会など、呼ぶメンバーに困らない
  • 浅く広く人好き合いをするデメリットについて
  • 本当に困ったときに助けてくれる友達がいない
  • 自分をわかってくれる人がいない
  • 強い印象が残らないと忘れられる
  • 隠し事ができない
  • メールの返信を後回しにされる
  • 八方美人と解釈されてしまうことがある

1. 友達の数が増える

友達の数が増える

浅く広く好き合うことで、多くの場所に友達ができると思います。

中には一期一会の出会いがあることもあるかもしれません。

また、会社の中では多くの場所で知り合いが生まれ、部署を超えた友達付き合いがうまれるかもしれません。

2. 多くの意見を聞ける

多くの意見を聞ける

広い好き合いをすることで、より多くの人から意見をもらうことができます。

自分とは異なる分野で働いている人、生い立ちの異なる人などさまざまな人からの意見を聞くことができると思います。

3. 多くのチャンスが得られる

多くのチャンスが得られる

さまざまな分野に友達がいることにより、より多くの機会を得ることができます。

多くの人の話を聞いて転職のチャンスにする、弁護士などの知り合いがいればプライベートを含め、相談し解決できるチャンスがある、といった機会に恵まれると思います。

仕事に対して、今まで気づかなかった側面も見えてくるかもしれません。

4. 飲み会、合コンなどの機会に恵まれる

飲み会、合コンなどの機会に恵まれる

毎日、とはいかないかもしれませんが、より多くの飲み会や合コンに呼ばれると思います。

多くの人に知られている分、みんなが知っているという点で呼びやすいメンバーの一人となることができると思います。

それによって、また多くの出会いが生まれ、関係性がどんどん増えていくと思います。

その中には運命の出会いが待っているかもしれません。

5. 面倒なことに巻き込まれにくい

面倒なことに巻き込まれにくい

浅い付き合いである分、夫婦関係のいざこざや、カップルの浮気といった問題の相談などは少ないと思われます。

その分、第三者として傍観し、感想を述べるにとどまるかと思います。

面倒な話に関与しなくて良いかもしれませんが、少し寂しい気もします。

6. 結婚式の二次会など、呼ぶメンバーに困らない

結婚式の二次会など、呼ぶメンバーに困らない

友達が多ければ、とりあえず仲のいいメンバーとしてより多くの人を二次会などに呼ぶことができます。

にぎやかな会はとても盛り上がること間違いないと思います。

また、周りの人には多くの知り合いがいる、と好意的にみられると思います。

浅く広く人好き合いをするデメリットについて

浅く広く人好き合いをするデメリットについて

ここまで、浅く広く人好きあいをすることによるメリットを考えてきました。

ここからはデメリットに目を向けていきたいと思います。

1. 本当に困ったときに助けてくれる友達がいない

本当に困ったときに助けてくれる友達がいない

浅い好き合いであるため、より深く自分をわかってくれる人が少ないかもしれません。

そのため、いざ困ったことを相談する友達が少なく、一人で解決しなければいけないこともあると思います。

また、困っている本人からも、自分を知らない相手、自分も知らない相手に相談することは、ためらわれることが想像できます。

2. 自分をわかってくれる人がいない

自分をわかってくれる人がいない

自分の意見が通らないとき、その本質を聞き、わかろうとする人が少ないと思います。

やはり、表面上の付き合いからではフォローを受けることや賛同を多く得ること、そして信頼を得ることが難しいと思います。

心の友、と呼べる人が少ないと信頼関係はなかなか生まれないものです。

3. 強い印象が残らないと忘れられる

強い印象が残らないと忘れられる

とても仲の良い人を忘れることはめったにないかと思います。

しかし、あの飲み会にいた、顔はわかるんだけど…名前なんだっけ?など、印象が強くないと名前を憶えてもらえないかもしれません。

顔は広く、みんなに知られていますが、肝心な名前の印象が弱く、あの時の青のネクタイの人、といった特徴で話が進み、結局、名前は出てこない、なんてこともあるかもしれません。

4. 隠し事ができない

隠し事ができない

今やSNSにより誰もが個人情報を見られる時代です。

写真の投稿や日記、ブログの投稿により知られたくない情報が多くに広まり、隠し事ができない状態になると思います。

誰にでも、ここの職場の人には知られたくない、といった話はあると思います。

しかし、友達が多いからこそ、SNSはより多くの人に見られ、情報はあっという間に拡散します。

気づいて削除したときには時すでに遅し、といったことが生じることもあると思います。

5. メールの返信を後回しにされる

メールの返信を後回しにされる

やはり、親友からのメールと顔見知りのメールでは扱いが違うかと思います。

既読スルーやとても遅い返信など、メールや電話がすぐに来ないことがあるかと思います。

しかし、発信側も、そこまで仲良いわけではないし、と電話などによる確認には躊躇すると思います。

そのため、連絡が途切れてしまうこともあるかもしれません。

6. 八方美人と解釈されてしまうことがある

学校、会社など多くの人が出会う場所では男女の感情はつきものです。

しかし、いつも誰にでも優しいや誰にでも話かける、といった誤解を生んでしまうことがあるかもしれません。

どの相手ともうまく距離を保ちつつ、友達が多くほしい、という状態では特定の相手からは、みんなとここが違う、といった特別感を持たれずらいと思います。

問題を起こさないことは良いことですが、全員が同じ対応では、本当に親しい友達やお付き合いする相手に対する特別感を抱かせることが難しいかもしれません。

友達は多ければ多いほどいいものなのか、それとも少なくても心の友がいる方が良いのか、人好き合いについて、メリット・デメリットを考察してみたいと思います。


友達の数が増える

浅く広く好き合うことで、多くの場所に友達ができると思います。

中には一期一会の出会いがあることもあるかもしれません。

また、会社の中では多くの場所で知り合いが生まれ、部署を超えた友達付き合いがうまれるかもしれません。

多くの意見を聞ける

広い好き合いをすることで、より多くの人から意見をもらうことができます。

自分とは異なる分野で働いている人、生い立ちの異なる人などさまざまな人からの意見を聞くことができると思います。

多くのチャンスが得られる

さまざまな分野に友達がいることにより、より多くの機会を得ることができます。

多くの人の話を聞いて転職のチャンスにする、弁護士などの知り合いがいればプライベートを含め、相談し解決できるチャンスがある、といった機会に恵まれると思います。

仕事に対して、今まで気づかなかった側面も見えてくるかもしれません。

飲み会、合コンなどの機会に恵まれる

毎日、とはいかないかもしれませんが、より多くの飲み会や合コンに呼ばれると思います。

多くの人に知られている分、みんなが知っているという点で呼びやすいメンバーの一人となることができると思います。

それによって、また多くの出会いが生まれ、関係性がどんどん増えていくと思います。

その中には運命の出会いが待っているかもしれません。

面倒なことに巻き込まれにくい

浅い付き合いである分、夫婦関係のいざこざや、カップルの浮気といった問題の相談などは少ないと思われます。

その分、第三者として傍観し、感想を述べるにとどまるかと思います。

面倒な話に関与しなくて良いかもしれませんが、少し寂しい気もします。

結婚式の二次会など、呼ぶメンバーに困らない

友達が多ければ、とりあえず仲のいいメンバーとしてより多くの人を二次会などに呼ぶことができます。

にぎやかな会はとても盛り上がること間違いないと思います。

また、周りの人には多くの知り合いがいる、と好意的にみられると思います。

浅く広く人好き合いをするデメリットについて

ここまで、浅く広く人好きあいをすることによるメリットを考えてきました。

ここからはデメリットに目を向けていきたいと思います。

本当に困ったときに助けてくれる友達がいない

浅い好き合いであるため、より深く自分をわかってくれる人が少ないかもしれません。

そのため、いざ困ったことを相談する友達が少なく、一人で解決しなければいけないこともあると思います。

また、困っている本人からも、自分を知らない相手、自分も知らない相手に相談することは、ためらわれることが想像できます。

自分をわかってくれる人がいない

自分の意見が通らないとき、その本質を聞き、わかろうとする人が少ないと思います。

やはり、表面上の付き合いからではフォローを受けることや賛同を多く得ること、そして信頼を得ることが難しいと思います。

心の友、と呼べる人が少ないと信頼関係はなかなか生まれないものです。

強い印象が残らないと忘れられる

とても仲の良い人を忘れることはめったにないかと思います。

しかし、あの飲み会にいた、顔はわかるんだけど…名前なんだっけ?など、印象が強くないと名前を憶えてもらえないかもしれません。

顔は広く、みんなに知られていますが、肝心な名前の印象が弱く、あの時の青のネクタイの人、といった特徴で話が進み、結局、名前は出てこない、なんてこともあるかもしれません。

隠し事ができない

今やSNSにより誰もが個人情報を見られる時代です。

写真の投稿や日記、ブログの投稿により知られたくない情報が多くに広まり、隠し事ができない状態になると思います。

誰にでも、ここの職場の人には知られたくない、といった話はあると思います。

しかし、友達が多いからこそ、SNSはより多くの人に見られ、情報はあっという間に拡散します。

気づいて削除したときには時すでに遅し、といったことが生じることもあると思います。

メールの返信を後回しにされる

やはり、親友からのメールと顔見知りのメールでは扱いが違うかと思います。

既読スルーやとても遅い返信など、メールや電話がすぐに来ないことがあるかと思います。

しかし、発信側も、そこまで仲良いわけではないし、と電話などによる確認には躊躇すると思います。

そのため、連絡が途切れてしまうこともあるかもしれません。

学校、会社など多くの人が出会う場所では男女の感情はつきものです。

しかし、いつも誰にでも優しいや誰にでも話かける、といった誤解を生んでしまうことがあるかもしれません。

どの相手ともうまく距離を保ちつつ、友達が多くほしい、という状態では特定の相手からは、みんなとここが違う、といった特別感を持たれずらいと思います。

問題を起こさないことは良いことですが、全員が同じ対応では、本当に親しい友達やお付き合いする相手に対する特別感を抱かせることが難しいかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-