【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515165259.html
ガムをよく噛む人が得られるメリット10選

ガムをよく噛む人が得られるメリット10選 | LADYCO

LADYCO
ガムをよく噛む人が得られるメリット10選

ガムをよく噛む人が得られるメリットを10選まとめました。

  • ストレス解消
  • 満腹感が得られる
  • 脳の活性化
  • 美肌効果
  • 小顔効果
  • 体内の掃除
  • 虫歯予防
  • 口臭予防
  • 集中力があがる

1. ストレス解消

ストレス解消

ガムを噛むことで、セロトニンという脳内物質が増え、緊張を和らげてくれるため、ストレスを解消することができます。

セロトニンは別名幸せホルモンとも呼ばれ、怒りや喜び、驚き、恐怖などの感情をコントロールし、心を落ち着けてくれる働きがあります。

よく、スポーツ選手がガムを噛んでいるところを見ることがありますが、これはガムを噛むことで緊張を和らげて、ストレスを解消し、精神的に安定させる効果があります。

ストレスがたまると、内臓機能が低下してしまったり、舌苔が発生するなど、さまざまな症状が現れてしまう原因となってしまいます。

ガムを噛むことで、緊張やイライラを緩和し、集中力を高める効果があります。

この時ガムは一定のリズムでよく噛むことが大切です。

セロトニンは、ガムをリズムよく噛むことで活性化し、ストレス解消にもより効果を発揮します。

nofollow”>参照

2. 満腹感が得られる

満腹感が得られる

何かをかみ続けると、脳内の満腹中枢や摂食中枢が刺激されるため、自然と食事の量を減らすことができます。

そのため、ダイエットにも効果的といえます。

運動が苦手だという人や、食事制限が難しいという場合には、ガムを使ったダイエットをおすすめします。

3. 脳の活性化

脳の活性化

ガムを噛むと顎の筋肉が動き、それに伴って脳への血液の循環も促進されます。

そのため、脳が活性化するようになり、判断力や集中力をアップすることができます。

脳の血流が増えると、記憶力が高まりますから、認知症の予防効果も期待できます。

4. 美肌効果

美肌効果

唾液に含まれるパロチンという物質は、歯や骨の再石灰化を助けてくれますし、肌の新陳代謝も促進してくれますから、美肌効果を得ることができます。

5. 小顔効果

小顔効果

ガムを噛むと、顔の筋肉を動かしますから、顎のたるみを防止したり、小顔効果を得ることができます。

また、唾液に含まれているパロチンには、骨や歯の石灰化を助けてくれます。

ただ、気をつけないといけないことは、片側だけでガムをかみ続けると、たるみや法令線の原因になってしまうことがありますから、両方で均等に噛むことが大切です。

口周りの筋肉が衰えてしまうと、口呼吸になってしまい、唾液が蒸発しやすくなってしまいます。

口の中が乾燥してしまうと、口臭が発生してしまいますから、柔らかいものばかり食べている人は、顎の筋力が衰えてしまいますから、ガムを噛んで顎や口周辺の筋力を鍛えることが大切です。

6. 体内の掃除

体内の掃除

唾液の中には、抗菌作用がありますから、ガムを噛むことで唾液がたくさん分泌され、免疫力をあげることができます。

また、唾液に含まれる酵素には、消化を促進する働きがありますから、体の中からきれいにすることができます。

7. 虫歯予防

虫歯予防

また、キシリトールは虫歯の原因になる酸を出さない物質なので、食後30分以内にキシリトールが配合されたガムを噛むことで、さらに虫歯予防効果も得ることができます。

食後すぐに歯磨きをする人も多いかもしれませんが、歯磨きは食事によって分泌された唾液を洗い流す原因になってしまいますから、できれば食後にはガムを噛むことを習慣づけることが大切です。

食後10分以上噛み続けることで、食事によって酸性に傾いた口内環境を、中和させる働きが期待できます。

キシリトールに含まれている甘み成分は、出来の分泌を促進するだけではなく、酸を作りませんから、虫歯予防効果が期待できます。

虫歯予防には、糖類が0gで、キシリトールが50パーセント以上含有されているものが理想とされています。

また、噛みごたえのあるガムを噛むことで、唾液の分泌も促進されますし、筋力アップ効果も期待できます。

最近は、歯磨きガムも販売されています。

歯磨きガムは、糖類が0gで、噛みごたえがある硬めのしっかりとした食感のものが多く、顎の筋肉を鍛えることができます。

また、糖類が含まれていませんから、安心して食後に噛むことができます。

食後には、歯茎と頬の間や歯間などの狭い場所に、食べ物のカスなどがたまりがちです。

また、舌の表面に舌苔ができる原因にもなりますから、ガムで汚れをからめ取るのも虫歯や口臭予防には効果的です。

nofollow”>参照

8. 口臭予防

口臭予防

ガムを噛むことで唾液の分泌量が増え、殺菌効果や自浄作用を得ることができます。

そのため口の中の雑菌の繁殖を抑え、口臭を予防することができます。

唾液の量が低下してしまうと、細菌が繁殖しやすい状況となってしまい、口臭の原因となりますから、ガムを噛んで唾液の分泌量を増やすことが大切です。

9. 集中力があがる

ガムを噛むと唾液が分泌されますが、この唾液には炭水化物を分解して、ブドウ糖へと変化させる働きがあります。

ブドウ糖は脳のエネルギー源となり、脳の働きを活性化させてくれます。

そのため、脳の神経が活性化することで、集中力をアップしたり、判断力を向上させることができます。

ガムをよく噛む人が得られるメリットを10選まとめました。


ストレス解消

ガムを噛むことで、セロトニンという脳内物質が増え、緊張を和らげてくれるため、ストレスを解消することができます。

セロトニンは別名幸せホルモンとも呼ばれ、怒りや喜び、驚き、恐怖などの感情をコントロールし、心を落ち着けてくれる働きがあります。

よく、スポーツ選手がガムを噛んでいるところを見ることがありますが、これはガムを噛むことで緊張を和らげて、ストレスを解消し、精神的に安定させる効果があります。

ストレスがたまると、内臓機能が低下してしまったり、舌苔が発生するなど、さまざまな症状が現れてしまう原因となってしまいます。

ガムを噛むことで、緊張やイライラを緩和し、集中力を高める効果があります。

この時ガムは一定のリズムでよく噛むことが大切です。

セロトニンは、ガムをリズムよく噛むことで活性化し、ストレス解消にもより効果を発揮します。

nofollow”>参照

満腹感が得られる

何かをかみ続けると、脳内の満腹中枢や摂食中枢が刺激されるため、自然と食事の量を減らすことができます。

そのため、ダイエットにも効果的といえます。

運動が苦手だという人や、食事制限が難しいという場合には、ガムを使ったダイエットをおすすめします。

脳の活性化

ガムを噛むと顎の筋肉が動き、それに伴って脳への血液の循環も促進されます。

そのため、脳が活性化するようになり、判断力や集中力をアップすることができます。

脳の血流が増えると、記憶力が高まりますから、認知症の予防効果も期待できます。

美肌効果

唾液に含まれるパロチンという物質は、歯や骨の再石灰化を助けてくれますし、肌の新陳代謝も促進してくれますから、美肌効果を得ることができます。

小顔効果

ガムを噛むと、顔の筋肉を動かしますから、顎のたるみを防止したり、小顔効果を得ることができます。

また、唾液に含まれているパロチンには、骨や歯の石灰化を助けてくれます。

ただ、気をつけないといけないことは、片側だけでガムをかみ続けると、たるみや法令線の原因になってしまうことがありますから、両方で均等に噛むことが大切です。

口周りの筋肉が衰えてしまうと、口呼吸になってしまい、唾液が蒸発しやすくなってしまいます。

口の中が乾燥してしまうと、口臭が発生してしまいますから、柔らかいものばかり食べている人は、顎の筋力が衰えてしまいますから、ガムを噛んで顎や口周辺の筋力を鍛えることが大切です。

体内の掃除

唾液の中には、抗菌作用がありますから、ガムを噛むことで唾液がたくさん分泌され、免疫力をあげることができます。

また、唾液に含まれる酵素には、消化を促進する働きがありますから、体の中からきれいにすることができます。

虫歯予防

また、キシリトールは虫歯の原因になる酸を出さない物質なので、食後30分以内にキシリトールが配合されたガムを噛むことで、さらに虫歯予防効果も得ることができます。

食後すぐに歯磨きをする人も多いかもしれませんが、歯磨きは食事によって分泌された唾液を洗い流す原因になってしまいますから、できれば食後にはガムを噛むことを習慣づけることが大切です。

食後10分以上噛み続けることで、食事によって酸性に傾いた口内環境を、中和させる働きが期待できます。

キシリトールに含まれている甘み成分は、出来の分泌を促進するだけではなく、酸を作りませんから、虫歯予防効果が期待できます。

虫歯予防には、糖類が0gで、キシリトールが50パーセント以上含有されているものが理想とされています。

また、噛みごたえのあるガムを噛むことで、唾液の分泌も促進されますし、筋力アップ効果も期待できます。

最近は、歯磨きガムも販売されています。

歯磨きガムは、糖類が0gで、噛みごたえがある硬めのしっかりとした食感のものが多く、顎の筋肉を鍛えることができます。

また、糖類が含まれていませんから、安心して食後に噛むことができます。

食後には、歯茎と頬の間や歯間などの狭い場所に、食べ物のカスなどがたまりがちです。

また、舌の表面に舌苔ができる原因にもなりますから、ガムで汚れをからめ取るのも虫歯や口臭予防には効果的です。

nofollow”>参照

口臭予防

ガムを噛むことで唾液の分泌量が増え、殺菌効果や自浄作用を得ることができます。

そのため口の中の雑菌の繁殖を抑え、口臭を予防することができます。

唾液の量が低下してしまうと、細菌が繁殖しやすい状況となってしまい、口臭の原因となりますから、ガムを噛んで唾液の分泌量を増やすことが大切です。

ガムを噛むと唾液が分泌されますが、この唾液には炭水化物を分解して、ブドウ糖へと変化させる働きがあります。

ブドウ糖は脳のエネルギー源となり、脳の働きを活性化させてくれます。

そのため、脳の神経が活性化することで、集中力をアップしたり、判断力を向上させることができます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-