【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515174643.html
食洗器のメリットやデメリット10選

食洗器のメリットやデメリット10選 | LADYCO

LADYCO
食洗器のメリットやデメリット10選

食洗器のメリットやデメリット10選をまとめました。

  • 節水
  • 除菌効果
  • 手洗いよりも仕上がりがきれい
  • 食器洗いのストレスから解放される
  • シンクが散らからない
  • 洗いにくいものも簡単に洗える
  • 乾燥まで自動でおこなってくれる
  • 初期費用がかかる
  • 設置場所を選ぶ
  • 食器のサイズや形状などに制約がある

1. 節水

節水

食洗器のメリットとしてまず1番に上げられるのが節水です。

手洗いに比べて食洗器を利用した場合、水の使用量を大幅に削減することができます。

一般的に、通常の手洗いに比べると、4分の1の水量で洗浄することができますから、大きなメリットといえます。

2. 除菌効果

除菌効果

食洗器は、高温の水を使って洗浄していきますから、手洗いに比べると除菌効果が高くなっています。

通常60度前後のお湯で洗浄とすすぎを繰り返していますから、水で洗浄するよりも強い除菌効果を得ることができます。

3. 手洗いよりも仕上がりがきれい

手洗いよりも仕上がりがきれい

食洗器を使ったことがない人は、仕上がりがいまいちなのではないかと疑っている人もいるかもしれませんが、正しい使い方をすれば、手洗いよりも食洗器の方がきれいに洗うことができます。

正しい使い方というのは、汚れがひどい場合には、事前に予洗いをしたり、食器を入れすぎないということで、正しく使うことで食洗器の性能を出し切ることができます。

よく、口コミなどで完全にきれいにならなかったなどというレビューを見ることがありますが、きちんと食器を配置したり、汚れがひどい場合には、予洗いをすることで手洗いよりもきれいに洗うことができます。

汚れが落ちない理由としては、食器を重ねすぎている場合が多く、きちんと放水が当たるように食器を配置すれば、きれいに汚れを落とすことができますし、プラスチックもヌルヌルが残らず、清潔に落とすことができます。

4. 食器洗いのストレスから解放される

食器洗いのストレスから解放される

食洗器は、調理中にでる洗い物も、食べ終わった後の食器も、食洗器にセットしてスイッチを押すだけで、洗浄から乾燥までを自動で行ってくれます。

そのため、今まで食器洗いにかかっていた時間や手間を削減することができ、そのストレスからも解放されます。

食器洗いにかかっていた時間を、リラックスタイムや趣味の時間に使うこともできますから、心にも余裕を持てるようになります。

また、毎年手荒れに悩まされている人も多いかもしれませんが、食洗器を使用すると、水やお湯に触れる時間が大幅に短縮されますから、手荒れをしにくくなります。

特に、冬場にお湯を使って手洗いした場合、指の油分が洗い流されてしまい、乾燥したりひび割れを起こしてしまうことがありますが、食洗器を使えば、お湯を使ったり洗剤を使用する時間が短くなりますから、手荒れがひどい人にはおすすめです。

5. シンクが散らからない

シンクが散らからない

通常、料理をすると洗い物でシンクがごちゃごちゃになってしまいますが、食洗器を利用すると、不要になった食器や調理道具は食洗器の庫内に入れていくことができますから、シンクはいつもきれいに片づいた状態になります。

6. 洗いにくいものも簡単に洗える

洗いにくいものも簡単に洗える

手洗いでザルなどを洗うと、編み目にスポンジなどが引っかかってしまうことがありますが、食洗器を使用すると水の力で網の目に挟まっていた食品のくずなどもしっかりと洗い落とすことができます。

7. 乾燥まで自動でおこなってくれる

乾燥まで自動でおこなってくれる

乾燥機能がついた食洗器を利用すれば、自動で洗浄から乾燥までを行ってくれます。

そのため、洗浄後に食器を拭く手間もありませんし、衛生面でも食洗器の方が安心です。

8. 初期費用がかかる

初期費用がかかる

食洗器にはさまざまなメリットがありますが、デメリットとして初期費用がかかるという点があげられます。

通常、7万円前後が相場となっていますから、導入を検討する場合には、少し躊躇してしまうという人も多いかもしれません。

9. 設置場所を選ぶ

設置場所を選ぶ

もともとシステムキッチンで、埋め込み式になっているものであれば問題ありませんが、後から食洗器を購入して設置しようと思った場合には、設置場所が問題となってきます。

ただ、どこにでお設置できるというわけではなく、高温の排気があるため、周りが壁で囲われていない場所、水やお湯を食洗器にホースで取水が可能であり、食洗器からの排水をシンクに排水できる場所という条件があります。

そのため、設置場所を確保し、きちんとその場所に収まるサイズの食洗器を選ぶ必要があります。

10. 食器のサイズや形状などに制約がある

食洗器を効率よく動かすためには、食器の入れ方や容量を守ることが大切です。

よくばって適当に食器を詰め込んでしまうと、洗えてしない部分があり、再度洗い直しが必要な場合もでてきます。

また、庫内に入る食器のサイズには限界がありますし、異なる形状の食器ばかりを入れると、必然的に収容量も減少してしまいます。

そのほかにも、あまりにもひどい油汚れなどは、事前に予洗いしないとほかの食器がすべて油でべとべとになってしまいます。

そうならないためには、あらかじめ予洗いをしっかりと行う必要があり、少し手間に感じる場合もあるかもしれません。

また、中には洗浄中の音が気になってしまうという人もいますから、購入する場合には、きちんとメリットとデメリットを理解しておくことが大切です。

食洗器のメリットやデメリット10選をまとめました。


節水

食洗器のメリットとしてまず1番に上げられるのが節水です。

手洗いに比べて食洗器を利用した場合、水の使用量を大幅に削減することができます。

一般的に、通常の手洗いに比べると、4分の1の水量で洗浄することができますから、大きなメリットといえます。

除菌効果

食洗器は、高温の水を使って洗浄していきますから、手洗いに比べると除菌効果が高くなっています。

通常60度前後のお湯で洗浄とすすぎを繰り返していますから、水で洗浄するよりも強い除菌効果を得ることができます。

手洗いよりも仕上がりがきれい

食洗器を使ったことがない人は、仕上がりがいまいちなのではないかと疑っている人もいるかもしれませんが、正しい使い方をすれば、手洗いよりも食洗器の方がきれいに洗うことができます。

正しい使い方というのは、汚れがひどい場合には、事前に予洗いをしたり、食器を入れすぎないということで、正しく使うことで食洗器の性能を出し切ることができます。

よく、口コミなどで完全にきれいにならなかったなどというレビューを見ることがありますが、きちんと食器を配置したり、汚れがひどい場合には、予洗いをすることで手洗いよりもきれいに洗うことができます。

汚れが落ちない理由としては、食器を重ねすぎている場合が多く、きちんと放水が当たるように食器を配置すれば、きれいに汚れを落とすことができますし、プラスチックもヌルヌルが残らず、清潔に落とすことができます。

食器洗いのストレスから解放される

食洗器は、調理中にでる洗い物も、食べ終わった後の食器も、食洗器にセットしてスイッチを押すだけで、洗浄から乾燥までを自動で行ってくれます。

そのため、今まで食器洗いにかかっていた時間や手間を削減することができ、そのストレスからも解放されます。

食器洗いにかかっていた時間を、リラックスタイムや趣味の時間に使うこともできますから、心にも余裕を持てるようになります。

また、毎年手荒れに悩まされている人も多いかもしれませんが、食洗器を使用すると、水やお湯に触れる時間が大幅に短縮されますから、手荒れをしにくくなります。

特に、冬場にお湯を使って手洗いした場合、指の油分が洗い流されてしまい、乾燥したりひび割れを起こしてしまうことがありますが、食洗器を使えば、お湯を使ったり洗剤を使用する時間が短くなりますから、手荒れがひどい人にはおすすめです。

シンクが散らからない

通常、料理をすると洗い物でシンクがごちゃごちゃになってしまいますが、食洗器を利用すると、不要になった食器や調理道具は食洗器の庫内に入れていくことができますから、シンクはいつもきれいに片づいた状態になります。

洗いにくいものも簡単に洗える

手洗いでザルなどを洗うと、編み目にスポンジなどが引っかかってしまうことがありますが、食洗器を使用すると水の力で網の目に挟まっていた食品のくずなどもしっかりと洗い落とすことができます。

乾燥まで自動でおこなってくれる

乾燥機能がついた食洗器を利用すれば、自動で洗浄から乾燥までを行ってくれます。

そのため、洗浄後に食器を拭く手間もありませんし、衛生面でも食洗器の方が安心です。

初期費用がかかる

食洗器にはさまざまなメリットがありますが、デメリットとして初期費用がかかるという点があげられます。

通常、7万円前後が相場となっていますから、導入を検討する場合には、少し躊躇してしまうという人も多いかもしれません。

設置場所を選ぶ

もともとシステムキッチンで、埋め込み式になっているものであれば問題ありませんが、後から食洗器を購入して設置しようと思った場合には、設置場所が問題となってきます。

ただ、どこにでお設置できるというわけではなく、高温の排気があるため、周りが壁で囲われていない場所、水やお湯を食洗器にホースで取水が可能であり、食洗器からの排水をシンクに排水できる場所という条件があります。

そのため、設置場所を確保し、きちんとその場所に収まるサイズの食洗器を選ぶ必要があります。

食洗器を効率よく動かすためには、食器の入れ方や容量を守ることが大切です。

よくばって適当に食器を詰め込んでしまうと、洗えてしない部分があり、再度洗い直しが必要な場合もでてきます。

また、庫内に入る食器のサイズには限界がありますし、異なる形状の食器ばかりを入れると、必然的に収容量も減少してしまいます。

そのほかにも、あまりにもひどい油汚れなどは、事前に予洗いしないとほかの食器がすべて油でべとべとになってしまいます。

そうならないためには、あらかじめ予洗いをしっかりと行う必要があり、少し手間に感じる場合もあるかもしれません。

また、中には洗浄中の音が気になってしまうという人もいますから、購入する場合には、きちんとメリットとデメリットを理解しておくことが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-