【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519161920.html
いとこと恋愛するメリットやデメリット12選

いとこと恋愛するメリットやデメリット12選 | LADYCO

LADYCO
いとこと恋愛するメリットやデメリット12選

いとこと恋愛することにはメリットやデメリットが存在しますが、ここではそのうちの13個についてお伝えしています。

  • 怪しまれずに会える
  • 会う機会が増える
  • 別れた後、気まずい
  • お互いをよく知っている
  • お互いの親をよく知っている
  • 何とも言えない距離感がある
  • 親とすでに良い関係ができている場合も多い
  • 相手の親の協力がある
  • 喧嘩すると気まずい
  • 結婚をせかされる
  • 周りの干渉がある
  • 結婚後も束縛される可能性がある
  • まとめ

1. 怪しまれずに会える

怪しまれずに会える

いとこ同士ということで、お互いが顔を合わせるときには家族や親族が誰も二人の関係を怪しむことはありません。

もちろん過度に親しくしていれば怪しまれることもありますが、全く知らない人とお付き合いをしているときとは状況が全く異なるのです。

このような点はメリットとして考えることができます。

2. 会う機会が増える

会う機会が増える

二人で計画を立てて会うことに加え、親族などで集まる機会にも会うことができます。

そのため一般の恋人同士よりも会う機会が増えることになります。

もちろん親族などが周りにいるために二人でゆっくりと話をするような状況ではないかもしれませんが、それでも会う機会が増えるというのは嬉しいものです。

3. 別れた後、気まずい

別れた後、気まずい

ふたりの交際が上手くいくとは限りません。

状況によっては別れてしまうこともあります。

このよなことが生じた場合、非常に気まずい思いをすることになります。

二人の関係がぎくしゃくすることはもちろんのこと、お互い両親や親族も気を使うことでしょう。

そのためいとこ同士の恋愛は慎重に行うべきです。

4. お互いをよく知っている

お互いをよく知っている

お互いの性格をよく知ることは決して容易なことではありません。

中には照れ隠しのためにわざと性格が悪いように振舞う人もおり、そのような人の内奥を知ることは決して簡単ではないのです。

しかしいとこ同士の場合、お互いが小さなころから知っているわけですから、その性格についてもよく知っていることがあります。

このような場合は性格をしるために多くの時間を費やす必要はなくなるために、恋愛がスムーズに進行していきます。

5. お互いの親をよく知っている

お互いの親をよく知っている

お付き合いしている人の親に会うのは決して容易なことではありません。

「何を言われるのだろう」とか「二人の交際を許してくれるのだろうか」といった不安が付きまとうものです。

しかしいとこ同士でお付き合いをしている場合はお互いの両親についてもよく知っています。

そのためこうした心配をする必要はなく、比較的楽な気持ちで両親に挨拶することができます。

6. 何とも言えない距離感がある

何とも言えない距離感がある

全く血縁関係のない人とお付き合いを始めると、「恋人同士」という感覚が強くなります。

しかし血縁関係があると恋人同士でありながらもさらに親しい関係にある感覚になります。

それもそのはずです。

幼いときから会えば家族のようにして接してきたわけですから、特別な感情が湧き起るのも理解できます。

このような感情は見栄や意地などを取り除き、ありのままの自分でいられる状況を作り出してくれます。

7. 親とすでに良い関係ができている場合も多い

親とすでに良い関係ができている場合も多い

お付き合いしている恋人が親に気に入られなかったらどうしようと感じる人がいます。

しかしいとこの場合、自分の親は恋人のことをよく知っています。

そのため恋人と自分の親との関係はすでに良好なのです。

この点も大きなメリットです。

また恋人が家に遊びに来ても親は快く迎えてくれますので、こうした点も大きなメリットであると言えます。

8. 相手の親の協力がある

相手の親の協力がある

自分大家が恋人についてよく知っているだけではなく、向こうの親も自分についてよく知っています。

そのため恋人の親からも何かと協力を得ることができ、お付き合いがスムーズに行われるようになります。

このような状況もいとこ同士でお付き合いを行う大きなメリットであると言えます。

9. 喧嘩すると気まずい

喧嘩すると気まずい

もちろんお互い気心の知れた関係だからと言って、喧嘩しないというわけではありません。

そしていとこ同士であり、お互いの家族や親族が二人がお付き合いしていることを知っている場合は喧嘩して口を利かないなどの状況を周りの人に見られないように気を使う必要が生じてくるために、非常に気まずい思いをすることになります。

10. 結婚をせかされる

結婚をせかされる

お互いの親や親族は二人が幸せになることを願っています。

しかしこの願いが強いあまり、早く結婚することを二人に勧めることがあります。

本人たちはもう少しお付き合いをしてお互いのことをさらに知ろうと考えているのに、親や親族の意向はこれとは異なることがあるのです。

こうした点はデメリットとしてカウントできます。

11. 周りの干渉がある

周りの干渉がある

上記で述べた点も少し関係していますが、二人のビジョンに対してお互いの親や周りの親族が干渉してくることがあります。

自分たちはこうしたいと考えているのに対し、周りの人たちはこうしたほうがいいと自分たちの意見を押し付けてくることがあります。

もちろんこれは二人のことを思って行われているわけですが、それでももう少し自由が欲しいと感じることもあるはずです。

「いとこ同士の恋愛は親族全体で考えるべき」と思っている人もおり、このような状況が厄介な結末を生じさせることもあります。

12. 結婚後も束縛される可能性がある

結婚後も束縛される可能性がある

二人の交際が上手くいき、結婚に至ることもあります。

このような場合、親族によって結婚後の生活に関しても干渉される可能性があります。

どこに住むべきだとか、仕事は俺が探してやるだとか、子どもは何人産むべきだなどと言ったことを押し付ける人もいます。

もちろんこれらを上手にかわせるなら問題はありませんが、そうでない場合は大きなストレスを感じることになります。

まとめ

いとこ同士でお付き合いを始めることにはたくさんのメリットが存在します。

そしてお互いの両親や親族にも喜びを生じさせるために、上手くいけば多くの人を幸せにできます。

しかしこのお付き合いが失敗してしまったときには非常に気まずい状況を作り出すということを思いに留めておかなければなりません。

そのためいとこ同士の交際はより慎重に決定されるべきなのです。

いとこと恋愛することにはメリットやデメリットが存在しますが、ここではそのうちの13個についてお伝えしています。


怪しまれずに会える

いとこ同士ということで、お互いが顔を合わせるときには家族や親族が誰も二人の関係を怪しむことはありません。

もちろん過度に親しくしていれば怪しまれることもありますが、全く知らない人とお付き合いをしているときとは状況が全く異なるのです。

このような点はメリットとして考えることができます。

会う機会が増える

二人で計画を立てて会うことに加え、親族などで集まる機会にも会うことができます。

そのため一般の恋人同士よりも会う機会が増えることになります。

もちろん親族などが周りにいるために二人でゆっくりと話をするような状況ではないかもしれませんが、それでも会う機会が増えるというのは嬉しいものです。

別れた後、気まずい

ふたりの交際が上手くいくとは限りません。

状況によっては別れてしまうこともあります。

このよなことが生じた場合、非常に気まずい思いをすることになります。

二人の関係がぎくしゃくすることはもちろんのこと、お互い両親や親族も気を使うことでしょう。

そのためいとこ同士の恋愛は慎重に行うべきです。

お互いをよく知っている

お互いの性格をよく知ることは決して容易なことではありません。

中には照れ隠しのためにわざと性格が悪いように振舞う人もおり、そのような人の内奥を知ることは決して簡単ではないのです。

しかしいとこ同士の場合、お互いが小さなころから知っているわけですから、その性格についてもよく知っていることがあります。

このような場合は性格をしるために多くの時間を費やす必要はなくなるために、恋愛がスムーズに進行していきます。

お互いの親をよく知っている

お付き合いしている人の親に会うのは決して容易なことではありません。

「何を言われるのだろう」とか「二人の交際を許してくれるのだろうか」といった不安が付きまとうものです。

しかしいとこ同士でお付き合いをしている場合はお互いの両親についてもよく知っています。

そのためこうした心配をする必要はなく、比較的楽な気持ちで両親に挨拶することができます。

何とも言えない距離感がある

全く血縁関係のない人とお付き合いを始めると、「恋人同士」という感覚が強くなります。

しかし血縁関係があると恋人同士でありながらもさらに親しい関係にある感覚になります。

それもそのはずです。

幼いときから会えば家族のようにして接してきたわけですから、特別な感情が湧き起るのも理解できます。

このような感情は見栄や意地などを取り除き、ありのままの自分でいられる状況を作り出してくれます。

親とすでに良い関係ができている場合も多い

お付き合いしている恋人が親に気に入られなかったらどうしようと感じる人がいます。

しかしいとこの場合、自分の親は恋人のことをよく知っています。

そのため恋人と自分の親との関係はすでに良好なのです。

この点も大きなメリットです。

また恋人が家に遊びに来ても親は快く迎えてくれますので、こうした点も大きなメリットであると言えます。

相手の親の協力がある

自分大家が恋人についてよく知っているだけではなく、向こうの親も自分についてよく知っています。

そのため恋人の親からも何かと協力を得ることができ、お付き合いがスムーズに行われるようになります。

このような状況もいとこ同士でお付き合いを行う大きなメリットであると言えます。

喧嘩すると気まずい

もちろんお互い気心の知れた関係だからと言って、喧嘩しないというわけではありません。

そしていとこ同士であり、お互いの家族や親族が二人がお付き合いしていることを知っている場合は喧嘩して口を利かないなどの状況を周りの人に見られないように気を使う必要が生じてくるために、非常に気まずい思いをすることになります。

結婚をせかされる

お互いの親や親族は二人が幸せになることを願っています。

しかしこの願いが強いあまり、早く結婚することを二人に勧めることがあります。

本人たちはもう少しお付き合いをしてお互いのことをさらに知ろうと考えているのに、親や親族の意向はこれとは異なることがあるのです。

こうした点はデメリットとしてカウントできます。

周りの干渉がある

上記で述べた点も少し関係していますが、二人のビジョンに対してお互いの親や周りの親族が干渉してくることがあります。

自分たちはこうしたいと考えているのに対し、周りの人たちはこうしたほうがいいと自分たちの意見を押し付けてくることがあります。

もちろんこれは二人のことを思って行われているわけですが、それでももう少し自由が欲しいと感じることもあるはずです。

「いとこ同士の恋愛は親族全体で考えるべき」と思っている人もおり、このような状況が厄介な結末を生じさせることもあります。

結婚後も束縛される可能性がある

二人の交際が上手くいき、結婚に至ることもあります。

このような場合、親族によって結婚後の生活に関しても干渉される可能性があります。

どこに住むべきだとか、仕事は俺が探してやるだとか、子どもは何人産むべきだなどと言ったことを押し付ける人もいます。

もちろんこれらを上手にかわせるなら問題はありませんが、そうでない場合は大きなストレスを感じることになります。

いとこ同士でお付き合いを始めることにはたくさんのメリットが存在します。

そしてお互いの両親や親族にも喜びを生じさせるために、上手くいけば多くの人を幸せにできます。

しかしこのお付き合いが失敗してしまったときには非常に気まずい状況を作り出すということを思いに留めておかなければなりません。

そのためいとこ同士の交際はより慎重に決定されるべきなのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-