【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519142736.html
洗濯洗剤を入れすぎるデメリット

洗濯洗剤を入れすぎるデメリット | LADYCO

LADYCO
洗濯洗剤を入れすぎるデメリット

洗濯洗剤を入れすぎることにはいくつかのデメリットがあります。

ここではそのうちの10個について取り上げています。

  • コストがかかる
  • 濯ぎが大変
  • 洗剤が残る
  • 香りが強くなる
  • 手荒れが生じることもある
  • ゴミが増える
  • 洗濯機の掃除が大変
  • 色落ちが激しくなる
  • 衣類が傷む
  • 洗濯機の寿命が縮まる
  • まとめ

1. コストがかかる

コストがかかる

洗濯洗剤をたくさん使用すると当然のことながら洗剤の減りが早くなります。

そのため一般的なコストよりも多くのコストが必要となり、経済的ではありません。

もしかするとこのようなコストは大したものではないと考えることがあるかもしれませんが、洗濯洗剤は必ず使用するものですし、積もり積もって最終的には大きな出費につながることになるのです。

2. 濯ぎが大変

濯ぎが大変

必要以上にたくさんの洗剤を使用すると、それだけしっかりと濯ぎを行わなければなりません。

そのため時間がかかってしまいますし、水道代もかかってしまいます。

こうした状況は洗濯にたくさんの時間をかけることになりますし、水道料金がかさむことにもなりかねません。

そのため時間や水道料金を節約するという点では、洗剤の使い過ぎはお勧めできません。

3. 洗剤が残る

洗剤が残る

洗剤をたくさん使いすぎると衣類に洗剤が残ってしまうことがあります。

このような状況が生じると肌トラブルが発生しかねません。

原因不明の痒みなどが生じた場合は洗剤によるものであることもあり、使用する洗剤を減らすことでそれが改善されることもあります。

とりわけもともと肌が弱い人はこのような原因で痒みが生じることもあるために、注意が必要です。

4. 香りが強くなる

香りが強くなる

洗濯洗剤には香りがついています。

もちろんこのような香りは心地よいものです。

しかし洗濯洗剤を使いすぎるとその香りが強くなり、衣類から強烈に発せられることもあります。

中には香りに敏感な人もおり、このような人がそうした衣類に近づくと気分が悪くなることもあります。

また部屋中が洗濯洗剤の香りになることもあり、このような状況を望まない人にとってはデメリットとなります。

5. 手荒れが生じることもある

手荒れが生じることもある

洗濯洗剤をたくさん使用するとそれだけそれが手などに触れる可能性が高くなります。

そして肌の弱い人などは定期的に洗濯洗剤が触れることでかぶれなどのトラブルが生じることがあります。

これは意外と見落とされがちな点ですが、原因不明の手荒れなどが生じた場合は洗濯洗剤を疑うことができます。

最近では肌に優しい成分などが使用されているものがメインですが、肌の状態は人それぞれ異なるために注意が必要です。

6. ゴミが増える

ゴミが増える

1つ目の項目でも考えましたが、洗濯洗剤をたくさん使用するとそれだけ減りも早くなるために、たくさんの洗濯洗剤を購入しなければならなくなります。

そうなると使用済みの洗濯洗剤のパックや容器がたくさん発生することとなり、ゴミが増えてしまいます。

ゴミの回収有料の地域や環境問題に関心がある人にとっては、この点もデメリットとなります。

7. 洗濯機の掃除が大変

洗濯機の掃除が大変

洗濯洗剤をたくさん使用すればそれだけ洗濯機もきれいになると考える人がいます。

もちろんこのような考え方は間違っていません。

洗濯洗剤の中にはカビ防止の成分が入っているものなどもあるために、こうしたものは洗濯機の内部までもきれいにしてくれます。

しかし洗濯洗剤をたくさん使用すると洗濯中にたくさんの泡が発生し、それが洗濯槽からあふれ出ることがあります。

このような泡が本来なら汚れない箇所に汚れをもたらすことがあり、そうした箇所を掃除する必要が生じてくるのです。

8. 色落ちが激しくなる

色落ちが激しくなる

洗濯洗剤には汚れを落とす成分が配合されています。

しかしこれらの成分が衣類のカラーに対しても働いかけることがあり、それが色落ちを生じさせることがあります。

そしてたくさんの洗濯洗剤をしようするとその作用が強くなり、衣類の色が激しく落ちてしまうことがあるのです。

そのため衣類を大切に保ちたいと思ってたくさんの洗濯洗剤を使用するのであれば、逆効果が生じてしまうのです。

9. 衣類が傷む

衣類が傷む

洗濯洗剤に含まれている成分が必要以上に衣類に着くと、傷んでしまうことがあります。

そのため汚れが落ちてきれいになったとしても、衣類の生地そのものがボロボロになってしまうことがあるのです。

またデリケートな衣類は縮んでしまうこともあるために、衣類を大切に保つためには洗剤を適量使用することが非常に重要なのです。

10. 洗濯機の寿命が縮まる

洗濯機の寿命が縮まる

洗濯洗剤をたくさん使用すると洗濯機の中に残ってしまうことがあります。

そのようなものがさびなどを生じさせることがあるために、洗濯機の寿命を縮めてしまうことがあるのです。

とりわけ全自動洗濯機は水の量などを全て洗濯機がコントロールするためにこうした問題が生じやすくなります。

まとめ

洗濯洗剤をたくさん使用すると何となく衣類にとっても洗濯機にとっても大きなメリットがもたらされると感じてしまいがちです。

しかし実際にはその逆で、衣類と洗濯機双方に悪影響を及ぼすのです。

また洗剤や水にかかるコストもかさむこととなり出費も多くなります。

こうしたことを考えると、洗濯洗剤を適量使用することがいかに重要であるかを理解できます。

洗濯洗剤を入れすぎることにはいくつかのデメリットがあります。

ここではそのうちの10個について取り上げています。


コストがかかる

洗濯洗剤をたくさん使用すると当然のことながら洗剤の減りが早くなります。

そのため一般的なコストよりも多くのコストが必要となり、経済的ではありません。

もしかするとこのようなコストは大したものではないと考えることがあるかもしれませんが、洗濯洗剤は必ず使用するものですし、積もり積もって最終的には大きな出費につながることになるのです。

濯ぎが大変

必要以上にたくさんの洗剤を使用すると、それだけしっかりと濯ぎを行わなければなりません。

そのため時間がかかってしまいますし、水道代もかかってしまいます。

こうした状況は洗濯にたくさんの時間をかけることになりますし、水道料金がかさむことにもなりかねません。

そのため時間や水道料金を節約するという点では、洗剤の使い過ぎはお勧めできません。

洗剤が残る

洗剤をたくさん使いすぎると衣類に洗剤が残ってしまうことがあります。

このような状況が生じると肌トラブルが発生しかねません。

原因不明の痒みなどが生じた場合は洗剤によるものであることもあり、使用する洗剤を減らすことでそれが改善されることもあります。

とりわけもともと肌が弱い人はこのような原因で痒みが生じることもあるために、注意が必要です。

香りが強くなる

洗濯洗剤には香りがついています。

もちろんこのような香りは心地よいものです。

しかし洗濯洗剤を使いすぎるとその香りが強くなり、衣類から強烈に発せられることもあります。

中には香りに敏感な人もおり、このような人がそうした衣類に近づくと気分が悪くなることもあります。

また部屋中が洗濯洗剤の香りになることもあり、このような状況を望まない人にとってはデメリットとなります。

手荒れが生じることもある

洗濯洗剤をたくさん使用するとそれだけそれが手などに触れる可能性が高くなります。

そして肌の弱い人などは定期的に洗濯洗剤が触れることでかぶれなどのトラブルが生じることがあります。

これは意外と見落とされがちな点ですが、原因不明の手荒れなどが生じた場合は洗濯洗剤を疑うことができます。

最近では肌に優しい成分などが使用されているものがメインですが、肌の状態は人それぞれ異なるために注意が必要です。

ゴミが増える

1つ目の項目でも考えましたが、洗濯洗剤をたくさん使用するとそれだけ減りも早くなるために、たくさんの洗濯洗剤を購入しなければならなくなります。

そうなると使用済みの洗濯洗剤のパックや容器がたくさん発生することとなり、ゴミが増えてしまいます。

ゴミの回収有料の地域や環境問題に関心がある人にとっては、この点もデメリットとなります。

洗濯機の掃除が大変

洗濯洗剤をたくさん使用すればそれだけ洗濯機もきれいになると考える人がいます。

もちろんこのような考え方は間違っていません。

洗濯洗剤の中にはカビ防止の成分が入っているものなどもあるために、こうしたものは洗濯機の内部までもきれいにしてくれます。

しかし洗濯洗剤をたくさん使用すると洗濯中にたくさんの泡が発生し、それが洗濯槽からあふれ出ることがあります。

このような泡が本来なら汚れない箇所に汚れをもたらすことがあり、そうした箇所を掃除する必要が生じてくるのです。

色落ちが激しくなる

洗濯洗剤には汚れを落とす成分が配合されています。

しかしこれらの成分が衣類のカラーに対しても働いかけることがあり、それが色落ちを生じさせることがあります。

そしてたくさんの洗濯洗剤をしようするとその作用が強くなり、衣類の色が激しく落ちてしまうことがあるのです。

そのため衣類を大切に保ちたいと思ってたくさんの洗濯洗剤を使用するのであれば、逆効果が生じてしまうのです。

衣類が傷む

洗濯洗剤に含まれている成分が必要以上に衣類に着くと、傷んでしまうことがあります。

そのため汚れが落ちてきれいになったとしても、衣類の生地そのものがボロボロになってしまうことがあるのです。

またデリケートな衣類は縮んでしまうこともあるために、衣類を大切に保つためには洗剤を適量使用することが非常に重要なのです。

洗濯機の寿命が縮まる

洗濯洗剤をたくさん使用すると洗濯機の中に残ってしまうことがあります。

そのようなものがさびなどを生じさせることがあるために、洗濯機の寿命を縮めてしまうことがあるのです。

とりわけ全自動洗濯機は水の量などを全て洗濯機がコントロールするためにこうした問題が生じやすくなります。

洗濯洗剤をたくさん使用すると何となく衣類にとっても洗濯機にとっても大きなメリットがもたらされると感じてしまいがちです。

しかし実際にはその逆で、衣類と洗濯機双方に悪影響を及ぼすのです。

また洗剤や水にかかるコストもかさむこととなり出費も多くなります。

こうしたことを考えると、洗濯洗剤を適量使用することがいかに重要であるかを理解できます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-