【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105207.html
顔だけ太ってる男性の原因

顔だけ太ってる男性の原因 | LADYCO

LADYCO
顔だけ太ってる男性の原因

顔だけ太ってる男性の原因や印象的なデメリットを10選まとめました。

  • がっかりイケメン認定されやすい
  • ダイエットに固執して、リンパの流れを阻害している。
  • 似合う服が限られてしまう。
  • 血流を阻害するような生活を送っている。
  • 似合う髪型がそうそう無い。
  • 帽子が被れない。
  • 前のめりの印象を他人に与えてしまう。
  • 体重の増減が激しい生活をしている。
  • そもそも骨格がでかい。
  • 肩が異常に凝る。

1. がっかりイケメン認定されやすい

がっかりイケメン認定されやすい

顔のパーツも整っている、スタイルも悪くない、程よくおしゃれ、なのに顔がでかい。

この最後のオチで、既出のメリットは全てパーになります。

いわゆるがっかりイケメンとして、お酒の席での笑いの鉄板ネタに使われる可能性が非常に高いでしょう。

とはいえそのネタ自体も自分次第でユーモアに変換する事も可能なのですが、いかんせん他に欠点が無い事が災いして、意味の無いプライドを持っている人間が多いです。

そもそもその事を許容できるだけの気概があれば、悩む事も無いのですが。

2. ダイエットに固執して、リンパの流れを阻害している。

ダイエットに固執して、リンパの流れを阻害している。

男性にも女性にも言える事なのですが、スタイルにこだわりすぎて、全体像を見失っている人が多いように感じます。

なぜダイエットをするのか?

その根幹には、美しくあるためという理由がなくてはいけません。

全体のバランスや健康を害してまで、手に入れたスタイルは果たして美しいのでしょうか?

脚の細さを気にする前に、顔周りのリンパの管理を行った方が結果的に痩せて見える事でしょう。

なにせファーストインパクトの90パーセントは顔に印象が集まるのですから。

3. 似合う服が限られてしまう。

似合う服が限られてしまう。

ファッションは全体のバランスです。

均一が取れているものを人は美しいと判断します。

体に対して顔が異様に太っていると、メリハリを利かせる服が逆効果になります。

流行りのスキニーパンツを履こうものなら、顔の大きさが更に強調されてしまうし、バギーパンツやペインターパンツを履こうものなら、野暮ったさが前面に出てしまいます。

Vネックはちょっと勘違いしてる人と思われてしまうし、 衿つきシャツは第一ボタンまで締められないからだらしが無いです。

4. 血流を阻害するような生活を送っている。

血流を阻害するような生活を送っている。

1日の終わりに湯船につからずにシャワーだけで済ませていませんか?

暑いからといって、クーラーをかけたまま就寝していませんか?

食欲が無いからといって、ジャンクフードやアイスばかり食べていませんか?

最近疲れやすくなって、めっきり運動をサボっていませんか?

それは全部体調、血流、リンパ障害になって表面化してきます。

そして顕著に顔周りに結果となり表面化されるでしょう。

気になる項目があれば、今日は湯船に浸かってゆっくり首回りをマッサージしましょう。

それだけで顔周りはだいぶスッキリとするはずです。

5. 似合う髪型がそうそう無い。

似合う髪型がそうそう無い。

1で説明した通り、ネタにされる可能性が非常に高い体質です。

つまり、変わった髪型はご法度、いじってくれと言っているようなものなのです。

顔の大きさをカバーするためにはフェイスラインの出ない髪型が有効ですが、女性ならともかく社会人の男性にそのような髪型を許してくれるオフィスは、今の日本ではまだまだ稀少でしょう。

とにもかくにも、体質を改善しない事には学生時代からの無難な髪型で過ごす他ない運命にあると言えます。

1でも説明した通り、ネタにできるメンタルがあればその限りではありませんので、精神を鍛えてもいいのかもしれません。

6. 帽子が被れない。

帽子が被れない。

5の説明の補足的な扱いなのですが、髪型が拘れないのであれば、帽子を被ればいいのでは? とも思うのですが、そもそも似合う帽子を探すのが大変です。

というより、重症の方は帽子自体が入らないかもしれません。

無理にかぶろうものなら、顔のでかさを強調する結果になるので本末転倒です。

7. 前のめりの印象を他人に与えてしまう。

前のめりの印象を他人に与えてしまう。

とにかく顔が近くにあるように見えるので、相手のパーソナルスペースを知らず識らずのうちに犯している事が多々あります。

ただの日常会話、世間話のシチュエーションでガツガツした印象を与えてしまうのは、無駄なデメリットと言えるでしょう。

ビジネスの人間関係はもちろんの事、気になる女性にそのように思われてしまう事の無いように注意しなければなりません。

8. 体重の増減が激しい生活をしている。

体重の増減が激しい生活をしている。

太りやすく、痩せやすい体質の人に多いこの症状。

ダイエットでの顔周りのお肉は最後の最後に落ちていきます。

つまり、痩せて、太ってを長い期間の中で繰り返していると、顔だけ太った人間が出来上がるのです。

そもそもこのタイプの人は生活習慣を見直すところから始めなくはなりません。

9. そもそも骨格がでかい。

そもそも骨格がでかい。

最初から骨の作りが大きいタイプの人は、生活の改善では限界があります。

このタイプの人に多いのは頬骨が発達してしまっている状態の方が多いです。

あまり思いつめて頑張らずに、頬骨を削るような簡単な整形の施術も存在します。

いろいろな選択肢があるという事を頭に入れて、自分を逃がしてあげてください。

10. 肩が異常に凝る。

体に対して、頭の比重が重いので、首や肩にかかる負荷が他の人よりも増えます。

顔の大きさにとらわれずに、バランスよく体幹の方も鍛えていきましょう。

そうする事で、全体のスタイルも均一が取れて、それほど頭の大きさが気にならなくなるかも知れません。

顔だけ太ってる男性の原因や印象的なデメリットを10選まとめました。


がっかりイケメン認定されやすい

顔のパーツも整っている、スタイルも悪くない、程よくおしゃれ、なのに顔がでかい。

この最後のオチで、既出のメリットは全てパーになります。

いわゆるがっかりイケメンとして、お酒の席での笑いの鉄板ネタに使われる可能性が非常に高いでしょう。

とはいえそのネタ自体も自分次第でユーモアに変換する事も可能なのですが、いかんせん他に欠点が無い事が災いして、意味の無いプライドを持っている人間が多いです。

そもそもその事を許容できるだけの気概があれば、悩む事も無いのですが。

ダイエットに固執して、リンパの流れを阻害している。

男性にも女性にも言える事なのですが、スタイルにこだわりすぎて、全体像を見失っている人が多いように感じます。

なぜダイエットをするのか?

その根幹には、美しくあるためという理由がなくてはいけません。

全体のバランスや健康を害してまで、手に入れたスタイルは果たして美しいのでしょうか?

脚の細さを気にする前に、顔周りのリンパの管理を行った方が結果的に痩せて見える事でしょう。

なにせファーストインパクトの90パーセントは顔に印象が集まるのですから。

似合う服が限られてしまう。

ファッションは全体のバランスです。

均一が取れているものを人は美しいと判断します。

体に対して顔が異様に太っていると、メリハリを利かせる服が逆効果になります。

流行りのスキニーパンツを履こうものなら、顔の大きさが更に強調されてしまうし、バギーパンツやペインターパンツを履こうものなら、野暮ったさが前面に出てしまいます。

Vネックはちょっと勘違いしてる人と思われてしまうし、 衿つきシャツは第一ボタンまで締められないからだらしが無いです。

血流を阻害するような生活を送っている。

1日の終わりに湯船につからずにシャワーだけで済ませていませんか?

暑いからといって、クーラーをかけたまま就寝していませんか?

食欲が無いからといって、ジャンクフードやアイスばかり食べていませんか?

最近疲れやすくなって、めっきり運動をサボっていませんか?

それは全部体調、血流、リンパ障害になって表面化してきます。

そして顕著に顔周りに結果となり表面化されるでしょう。

気になる項目があれば、今日は湯船に浸かってゆっくり首回りをマッサージしましょう。

それだけで顔周りはだいぶスッキリとするはずです。

似合う髪型がそうそう無い。

1で説明した通り、ネタにされる可能性が非常に高い体質です。

つまり、変わった髪型はご法度、いじってくれと言っているようなものなのです。

顔の大きさをカバーするためにはフェイスラインの出ない髪型が有効ですが、女性ならともかく社会人の男性にそのような髪型を許してくれるオフィスは、今の日本ではまだまだ稀少でしょう。

とにもかくにも、体質を改善しない事には学生時代からの無難な髪型で過ごす他ない運命にあると言えます。

1でも説明した通り、ネタにできるメンタルがあればその限りではありませんので、精神を鍛えてもいいのかもしれません。

帽子が被れない。

5の説明の補足的な扱いなのですが、髪型が拘れないのであれば、帽子を被ればいいのでは? とも思うのですが、そもそも似合う帽子を探すのが大変です。

というより、重症の方は帽子自体が入らないかもしれません。

無理にかぶろうものなら、顔のでかさを強調する結果になるので本末転倒です。

前のめりの印象を他人に与えてしまう。

とにかく顔が近くにあるように見えるので、相手のパーソナルスペースを知らず識らずのうちに犯している事が多々あります。

ただの日常会話、世間話のシチュエーションでガツガツした印象を与えてしまうのは、無駄なデメリットと言えるでしょう。

ビジネスの人間関係はもちろんの事、気になる女性にそのように思われてしまう事の無いように注意しなければなりません。

体重の増減が激しい生活をしている。

太りやすく、痩せやすい体質の人に多いこの症状。

ダイエットでの顔周りのお肉は最後の最後に落ちていきます。

つまり、痩せて、太ってを長い期間の中で繰り返していると、顔だけ太った人間が出来上がるのです。

そもそもこのタイプの人は生活習慣を見直すところから始めなくはなりません。

そもそも骨格がでかい。

最初から骨の作りが大きいタイプの人は、生活の改善では限界があります。

このタイプの人に多いのは頬骨が発達してしまっている状態の方が多いです。

あまり思いつめて頑張らずに、頬骨を削るような簡単な整形の施術も存在します。

いろいろな選択肢があるという事を頭に入れて、自分を逃がしてあげてください。

体に対して、頭の比重が重いので、首や肩にかかる負荷が他の人よりも増えます。

顔の大きさにとらわれずに、バランスよく体幹の方も鍛えていきましょう。

そうする事で、全体のスタイルも均一が取れて、それほど頭の大きさが気にならなくなるかも知れません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-