【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514155049.html
女性が好きな人にとる態度20選

女性が好きな人にとる態度20選 | LADYCO

LADYCO
女性が好きな人にとる態度20選

女性は七変化。

特に好きな人の前では別人と成り変わることもありますよね。

そんな女性たちの「好きな人にとる態度」をピックアップしてみました。

  • 上目遣いでお願いする
  • 二の腕を触って親しさアピール
  • 好きな人のことを褒める
  • 感激屋アピール
  • 動物好きアピール
  • 子供好きアピール
  • 手作りする
  • 箱入り娘を気取る
  • お金を無駄に使わない倹約家をアピール
  • 小食を気取る
  • ライバルの悪口をさりげなく言う
  • 好きなものをマメにチェック
  • 関心のあることについての知識を必死に披露
  • 素敵なお嫁さんになりたい夢を語る
  • ちょっぴりの不幸エピソードを語る
  • ポジティブな自分を装う
  • お気に入りの角度からの自分を見せる
  • 家族思いをアピール
  • 無知なふりをする
  • あなただけ

1. 上目遣いでお願いする

上目遣いでお願いする

これは男性がおねだりされると断れないという性質を心得た人が無意識に取ってしまう態度です。

実際に上目遣いで見つめられると、大抵の男性はその女性のことを無視できません。

例え、その女性が意中の人ではないとしても! また、控えめを装って図々しさを感じさせないというメリットもあります。

「私はあなたのことが好きって堂々と言えないけれど、わかってくれるよね」というアピールそのもの。

これをやられて怒る男性はいないでしょう。

反対に、これを女性に目撃されると「媚を売る嫌な女」と噂されてしまうこともあるので注意しましょう。

2. 二の腕を触って親しさアピール

二の腕を触って親しさアピール

二の腕を優しく触られると、ボディタッチの中でも異性に対するアピール度がとても高いので、大抵の男性はドキドキしてしまいます。

しかもこうすると身体と身体の距離感が縮まるので、「好意を持っています」ということが無言で伝えられるのです。

こうなるとどんなに鈍い男性でも、「俺のこと好きなのかな?」と思い込んでしまうでしょう。

告白せずして恋を実らせる女性は、こういう妙技を心得ています。

3. 好きな人のことを褒める

好きな人のことを褒める

好きな人を敬いたいと考えるのが女性の心理。

だからこそ、近くに居ればあらゆる言葉を駆使して無性に褒めたくなるのです。

「○○さんって本当に優しいんですね」とどうでもいいことについても褒め殺し状態。

このタイプの女性は、自分の好意を他人に知られたくないとは思っていないので、誰かがいてもお構いなしです。

つまり、直ぐに「この人のことが好きなのね」と察知されてしまいます。

少々、鬱陶しさを感じさせてしまう残念な女性と思われることも。

4. 感激屋アピール

感激屋アピール

心が繊細でなんにでも直ぐに感動してしまう私が素敵と思い込んでいる女性は少なからずいます。

そういう人は何かがあると誰かの視線を意識して、「なんだか涙が出ちゃう」と感激屋アピールします。

目をうるうるとさせる細かい演出付きの場合も。

すると「素直で感激屋さんなんだな」「優しい子だな」とドツボにハマる男性が相当数いることも確かです。

一昔前に多数生存していた「ぶりっ子」がこれに当てはまります。

今はあまり見かけませんが、それでも自分を良く見せたいアピールとして使われる古典的な手法でもあります。

5. 動物好きアピール

動物好きアピール

動物を好きな人に悪い人はいないというのが世間一般的な常識です。

それを利用すべく、動物がいると無条件で「可愛い〜」を連発。

どんな種類の犬でも、大型の動物でも「可愛い〜」と言わずにはいられません。

しかもそれを好きな人に聞いて欲しいので、声のボリュームを大きめにして言うのが特徴でもあります。

これで好きな人が「へえ、動物が好きなんだ」と反応してくれたらしめたもの。

ポイントを稼げたと得意満面です。

6. 子供好きアピール

子供好きアピール

これは動物好きプラス結婚願望が強く、「私って子供が好きだから、きっといい母親になると思うのよね」という意味が込められたアピールです。

確かに、子供を上手にあやす女性に惹かれる男性も大勢いるでしょう。

だからといって、本当に子供好きとは限りません。

あくまでも自分を良く見せたいがために子供と係わろうとするので、実際に子守りなんてできないのです。

もしかすると、「いつも甥っ子が遊んでって言うから、面倒をよく見ているんです」という言葉の裏には、「遊んでって言われるけど、まっぴらごめん」という真反対の顔が潜んでいるかもしれませんね。

7. 手作りする

手作りする

女性らしさを醸し出すために有効的な「手作り」派。

お弁当はその最たる成果です。

料理上手を期待する男性が多いので、そこに付け込むのですね。

今はお惣菜もお握りも見栄えのいいものが売っているので、それをお弁当箱に詰めるだけで自称・手作り派が誕生します。

3歩譲って本当に全てを手作りしたとしても、料理なんて大人の女性として最低限の嗜みと考えれば、わざわざ自慢するほどのことでもありません。

そこを敢えて自慢したくなる性格なのでしょう。

8. 箱入り娘を気取る

箱入り娘を気取る

普段は好き勝手に遊んで帰り、無断で友達のところへ泊まってしまう女性。

既に社会人となっていれば、それはそれで自立しているのですから当たり前なのかもしれません。

ただし、そこを好きな人の前では上手に隠したがる女性もいます。

「あまり遅くなると両親がうるさくて」とわざわざ言って聞かせるタイプ。

社会人であるならば、「明日の仕事に支障をきたすから帰ります」という言い方もあるはずなのですが、そこで両親を登場させることで「きちんと育てられた箱入り娘」を気取りたい気持ち満々です。

結婚前は羽目を外さずに大人しく過ごした女性の方がポイントが高いと思い込んでいる証拠。

実際にそういう女性を男性が好ましく思っているのも、また事実です。

9. お金を無駄に使わない倹約家をアピール

お金を無駄に使わない倹約家をアピール

マイボトルをいつも持参して、「いつもコーヒーショップへ行くともったいないから」と言う女性には2通りいます。

まずは、本当にお金を無駄にしたくないと意識をしてマイボトルを持ち歩くタイプ。

もうひとつは、男性の前でだけそういうことを言ってマイボトルさえ持っていないタイプ。

こういう女性は、陰では「安いから」と無駄にコンビニでカフェオレを買っています。

裏表がありすぎて怖いですね。

10. 小食を気取る

小食を気取る

好きな人の前で大きな口を開けてモリモリ食べることに抵抗を感じる女性がいたとしても、それは当然のことでしょう。

羞恥心があるからこそです。

でも、「普段からあまり食べられなくて」というのは嘘になります。

男性の中には一緒に楽しく食事が楽しめる女性の方が好きという人もいるのですが、思い込み故に小鳥のような食事しかしません。

これは好ましく思ってくれるか否は個人差が大きく関係してきます。

少ししか食べられない女性を気取るより、「この人と食事をするといつも楽しく過ごせる」と思われた方が得策なような気がしてなりません。

11. ライバルの悪口をさりげなく言う

ライバルの悪口をさりげなく言う

自分の恋を成就させるために、ライバルの存在は許せません。

ただし、あからさまに蹴落とすことは自分のマイナスになりかねないので、やり方に細心の注意を払います。

例えば、「○○ちゃん(ライバル)って、こんなことするらしいよ。

聞いた話だからよくはわからないけど、そんなふうには見えないけどね。

私にはとても優しくしてくれるし」
と伝聞として遠回しに好きな人の耳に入れるのです。

もしも関心のある女性だとすれば、男性も気が気ではないはず。

その様子を観察して、「自分の敵ではないな」と察知したらそれ以上の悪口は言わない。

なんとなく怪しい雰囲気を察知したら、別の方法で再び悪口を吹き込む。

ジワリジワリと貶める陰険なやり方です。

12. 好きなものをマメにチェック

好きなものをマメにチェック

好きな人にひたすら何が好きなのかを聞きます。

そのデータを基にして、様々なアプローチを展開。

みんなで飲み会をしようとなったら、好きな人の好みに合わせた会場を提案する。

海か山へ出かけようとなったら、問答無用で好きな人の好みをみんなに押し付ける。

ひんしゅくを買ってでも、好きな人に気に入られたいという必死な思いが見苦しいほどに感じられます。

13. 関心のあることについての知識を必死に披露

関心のあることについての知識を必死に披露

好きな人の興味の対象についてのデータを入手したら、人知れず知識を詰め込みます。

そして、あたかも「私も実は好きだったんです」的なポーズを装って、会話をしようと頑張ります。

男性は自分の興味に寄り添ってくれる女性には冷たくできません。

優しくされることでもっともっと頑張り、ついには好きな人に気に入られる。

ある意味、努力型ですね。

14. 素敵なお嫁さんになりたい夢を語る

素敵なお嫁さんになりたい夢を語る

「私、結婚願望が強いんです」 自分の希望を好きな人にさりげなく知らしめます。

「専業主婦でもいいし、働けるなら兼業でも頑張っちゃうかな」 役に立つ伴侶となる事をアピール。

「冷凍食品とか苦手だから、ご飯作りだけは妥協したくないんです」 男性が喜ぶツボを心得て、わざと言葉にする。

こんなふうに聞かされると、男性はある意味洗脳されてしまいます。

「この子と結婚したら、しっかりとした家庭を築けそう」 「自分に合わせた家庭づくりに協力してくれそう」 そんな思いを勝手に抱き始めてくれるでしょう。

15. ちょっぴりの不幸エピソードを語る

ちょっぴりの不幸エピソードを語る

少しだけ不幸な女性のことに同情して、いつの間にか感情移入してしまう男性は大勢います。

そこに付け込んで、正真正銘の不幸ではなくライトな不幸話を聞かせるテクニックです。

健気に頑張っていることを知らしめることで、成果を得ます。

16. ポジティブな自分を装う

ポジティブな自分を装う

会社でお局様に意地悪されても、仕事が好きだから負けません。

ちょっとドジを踏んだけど、前を向いて頑張ります。

男性に限らず、ポジティブな人には誰もが感心させられます。

そこで事実をオーバーに語って、頑張る自分を装うのです。

17. お気に入りの角度からの自分を見せる

お気に入りの角度からの自分を見せる

女性は鏡を見るのが大好き。

だから「自分の顔はこの角度から見せると目がパッチリして可愛く見られる」というアピールポイントを自覚している人も多いのです。

そばかすが少なく見える。

輪郭がシャープに見えるなどの理由です。

あっぱれですね。

つまり、その角度から好きな人に見てもらえるような立ち位置を確保することに長けています。

18. 家族思いをアピール

家族思いをアピール

母の日、父の日、家族の誕生日。

それを大事にする私って家庭で大事に育てられている証拠だから、意地の悪いことなんて微塵もないんです。

そんなふうに真っ当な人格形成がされたことをアピールせずにはいられません。

19. 無知なふりをする

無知なふりをする

頭の良い女性の方が話していても楽しいと思うのですが、男性は自分よりも女性の方が優秀であると気が付くと嫌な思いをする男尊女卑傾向にあります。

そこでわざと知らないふりをして、教えてもらったら「知りませんでした。

お蔭で恥を掻かずに済みました」
とお礼をいいつつ接近する作戦です。

馬鹿を装って平気なのですから、知能犯ですね。

20. あなただけ

他の男性とは話せないけれど、あなたとだけは心を開いて何でも言える。

こんなふうに言われて嫌な気持ちになるはずがありません。

分かりやすく、最も効果のある態度です。

女性は七変化。

特に好きな人の前では別人と成り変わることもありますよね。

そんな女性たちの「好きな人にとる態度」をピックアップしてみました。


上目遣いでお願いする

これは男性がおねだりされると断れないという性質を心得た人が無意識に取ってしまう態度です。

実際に上目遣いで見つめられると、大抵の男性はその女性のことを無視できません。

例え、その女性が意中の人ではないとしても! また、控えめを装って図々しさを感じさせないというメリットもあります。

「私はあなたのことが好きって堂々と言えないけれど、わかってくれるよね」というアピールそのもの。

これをやられて怒る男性はいないでしょう。

反対に、これを女性に目撃されると「媚を売る嫌な女」と噂されてしまうこともあるので注意しましょう。

二の腕を触って親しさアピール

二の腕を優しく触られると、ボディタッチの中でも異性に対するアピール度がとても高いので、大抵の男性はドキドキしてしまいます。

しかもこうすると身体と身体の距離感が縮まるので、「好意を持っています」ということが無言で伝えられるのです。

こうなるとどんなに鈍い男性でも、「俺のこと好きなのかな?」と思い込んでしまうでしょう。

告白せずして恋を実らせる女性は、こういう妙技を心得ています。

好きな人のことを褒める

好きな人を敬いたいと考えるのが女性の心理。

だからこそ、近くに居ればあらゆる言葉を駆使して無性に褒めたくなるのです。

「○○さんって本当に優しいんですね」とどうでもいいことについても褒め殺し状態。

このタイプの女性は、自分の好意を他人に知られたくないとは思っていないので、誰かがいてもお構いなしです。

つまり、直ぐに「この人のことが好きなのね」と察知されてしまいます。

少々、鬱陶しさを感じさせてしまう残念な女性と思われることも。

感激屋アピール

心が繊細でなんにでも直ぐに感動してしまう私が素敵と思い込んでいる女性は少なからずいます。

そういう人は何かがあると誰かの視線を意識して、「なんだか涙が出ちゃう」と感激屋アピールします。

目をうるうるとさせる細かい演出付きの場合も。

すると「素直で感激屋さんなんだな」「優しい子だな」とドツボにハマる男性が相当数いることも確かです。

一昔前に多数生存していた「ぶりっ子」がこれに当てはまります。

今はあまり見かけませんが、それでも自分を良く見せたいアピールとして使われる古典的な手法でもあります。

動物好きアピール

動物を好きな人に悪い人はいないというのが世間一般的な常識です。

それを利用すべく、動物がいると無条件で「可愛い〜」を連発。

どんな種類の犬でも、大型の動物でも「可愛い〜」と言わずにはいられません。

しかもそれを好きな人に聞いて欲しいので、声のボリュームを大きめにして言うのが特徴でもあります。

これで好きな人が「へえ、動物が好きなんだ」と反応してくれたらしめたもの。

ポイントを稼げたと得意満面です。

子供好きアピール

これは動物好きプラス結婚願望が強く、「私って子供が好きだから、きっといい母親になると思うのよね」という意味が込められたアピールです。

確かに、子供を上手にあやす女性に惹かれる男性も大勢いるでしょう。

だからといって、本当に子供好きとは限りません。

あくまでも自分を良く見せたいがために子供と係わろうとするので、実際に子守りなんてできないのです。

もしかすると、「いつも甥っ子が遊んでって言うから、面倒をよく見ているんです」という言葉の裏には、「遊んでって言われるけど、まっぴらごめん」という真反対の顔が潜んでいるかもしれませんね。

手作りする

女性らしさを醸し出すために有効的な「手作り」派。

お弁当はその最たる成果です。

料理上手を期待する男性が多いので、そこに付け込むのですね。

今はお惣菜もお握りも見栄えのいいものが売っているので、それをお弁当箱に詰めるだけで自称・手作り派が誕生します。

3歩譲って本当に全てを手作りしたとしても、料理なんて大人の女性として最低限の嗜みと考えれば、わざわざ自慢するほどのことでもありません。

そこを敢えて自慢したくなる性格なのでしょう。

箱入り娘を気取る

普段は好き勝手に遊んで帰り、無断で友達のところへ泊まってしまう女性。

既に社会人となっていれば、それはそれで自立しているのですから当たり前なのかもしれません。

ただし、そこを好きな人の前では上手に隠したがる女性もいます。

「あまり遅くなると両親がうるさくて」とわざわざ言って聞かせるタイプ。

社会人であるならば、「明日の仕事に支障をきたすから帰ります」という言い方もあるはずなのですが、そこで両親を登場させることで「きちんと育てられた箱入り娘」を気取りたい気持ち満々です。

結婚前は羽目を外さずに大人しく過ごした女性の方がポイントが高いと思い込んでいる証拠。

実際にそういう女性を男性が好ましく思っているのも、また事実です。

お金を無駄に使わない倹約家をアピール

マイボトルをいつも持参して、「いつもコーヒーショップへ行くともったいないから」と言う女性には2通りいます。

まずは、本当にお金を無駄にしたくないと意識をしてマイボトルを持ち歩くタイプ。

もうひとつは、男性の前でだけそういうことを言ってマイボトルさえ持っていないタイプ。

こういう女性は、陰では「安いから」と無駄にコンビニでカフェオレを買っています。

裏表がありすぎて怖いですね。

小食を気取る

好きな人の前で大きな口を開けてモリモリ食べることに抵抗を感じる女性がいたとしても、それは当然のことでしょう。

羞恥心があるからこそです。

でも、「普段からあまり食べられなくて」というのは嘘になります。

男性の中には一緒に楽しく食事が楽しめる女性の方が好きという人もいるのですが、思い込み故に小鳥のような食事しかしません。

これは好ましく思ってくれるか否は個人差が大きく関係してきます。

少ししか食べられない女性を気取るより、「この人と食事をするといつも楽しく過ごせる」と思われた方が得策なような気がしてなりません。

ライバルの悪口をさりげなく言う

自分の恋を成就させるために、ライバルの存在は許せません。

ただし、あからさまに蹴落とすことは自分のマイナスになりかねないので、やり方に細心の注意を払います。

例えば、「○○ちゃん(ライバル)って、こんなことするらしいよ。

聞いた話だからよくはわからないけど、そんなふうには見えないけどね。

私にはとても優しくしてくれるし」
と伝聞として遠回しに好きな人の耳に入れるのです。

もしも関心のある女性だとすれば、男性も気が気ではないはず。

その様子を観察して、「自分の敵ではないな」と察知したらそれ以上の悪口は言わない。

なんとなく怪しい雰囲気を察知したら、別の方法で再び悪口を吹き込む。

ジワリジワリと貶める陰険なやり方です。

好きなものをマメにチェック

好きな人にひたすら何が好きなのかを聞きます。

そのデータを基にして、様々なアプローチを展開。

みんなで飲み会をしようとなったら、好きな人の好みに合わせた会場を提案する。

海か山へ出かけようとなったら、問答無用で好きな人の好みをみんなに押し付ける。

ひんしゅくを買ってでも、好きな人に気に入られたいという必死な思いが見苦しいほどに感じられます。

関心のあることについての知識を必死に披露

好きな人の興味の対象についてのデータを入手したら、人知れず知識を詰め込みます。

そして、あたかも「私も実は好きだったんです」的なポーズを装って、会話をしようと頑張ります。

男性は自分の興味に寄り添ってくれる女性には冷たくできません。

優しくされることでもっともっと頑張り、ついには好きな人に気に入られる。

ある意味、努力型ですね。

素敵なお嫁さんになりたい夢を語る

「私、結婚願望が強いんです」 自分の希望を好きな人にさりげなく知らしめます。

「専業主婦でもいいし、働けるなら兼業でも頑張っちゃうかな」 役に立つ伴侶となる事をアピール。

「冷凍食品とか苦手だから、ご飯作りだけは妥協したくないんです」 男性が喜ぶツボを心得て、わざと言葉にする。

こんなふうに聞かされると、男性はある意味洗脳されてしまいます。

「この子と結婚したら、しっかりとした家庭を築けそう」 「自分に合わせた家庭づくりに協力してくれそう」 そんな思いを勝手に抱き始めてくれるでしょう。

ちょっぴりの不幸エピソードを語る

少しだけ不幸な女性のことに同情して、いつの間にか感情移入してしまう男性は大勢います。

そこに付け込んで、正真正銘の不幸ではなくライトな不幸話を聞かせるテクニックです。

健気に頑張っていることを知らしめることで、成果を得ます。

ポジティブな自分を装う

会社でお局様に意地悪されても、仕事が好きだから負けません。

ちょっとドジを踏んだけど、前を向いて頑張ります。

男性に限らず、ポジティブな人には誰もが感心させられます。

そこで事実をオーバーに語って、頑張る自分を装うのです。

お気に入りの角度からの自分を見せる

女性は鏡を見るのが大好き。

だから「自分の顔はこの角度から見せると目がパッチリして可愛く見られる」というアピールポイントを自覚している人も多いのです。

そばかすが少なく見える。

輪郭がシャープに見えるなどの理由です。

あっぱれですね。

つまり、その角度から好きな人に見てもらえるような立ち位置を確保することに長けています。

家族思いをアピール

母の日、父の日、家族の誕生日。

それを大事にする私って家庭で大事に育てられている証拠だから、意地の悪いことなんて微塵もないんです。

そんなふうに真っ当な人格形成がされたことをアピールせずにはいられません。

無知なふりをする

頭の良い女性の方が話していても楽しいと思うのですが、男性は自分よりも女性の方が優秀であると気が付くと嫌な思いをする男尊女卑傾向にあります。

そこでわざと知らないふりをして、教えてもらったら「知りませんでした。

お蔭で恥を掻かずに済みました」
とお礼をいいつつ接近する作戦です。

馬鹿を装って平気なのですから、知能犯ですね。

他の男性とは話せないけれど、あなたとだけは心を開いて何でも言える。

こんなふうに言われて嫌な気持ちになるはずがありません。

分かりやすく、最も効果のある態度です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-