【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514114051.html
雑食系女子の特徴

雑食系女子の特徴 | LADYCO

LADYCO
雑食系女子の特徴

草食系か、はたまた肉食系か!?いずれかであれば理解に及ぶものの、雑食系ってどんな?? その疑問に応えるべく、雑食系女性における10の特徴をご紹介します。

  • 気分屋である
  • 人目を気にしない
  • 食べ物も雑食
  • ファッションの好みもバラバラ
  • 好きなものは好き
  • 順応性が高い
  • 付き合っている彼氏をいつも誰かに紹介する
  • 浮気は当たり前
  • 自分は結婚には向かないと開き直っている
  • いつも誰かと付き合っていて、彼氏が途切れない

1. 気分屋である

気分屋である

そこそこの年齢になったなら、「自分は如何なる人間なのか」ということについて考える機会が訪れます。

でも、雑食系女子はその時々で考えがコロコロと変わるので、物事についてはあまり深く考えないようにしています。

「自己分析して、こうあるべきと行動に縛りを設けるのはナンセンス」という考え方なのです。

エキセントリックとまではいかないものの、いつも言うことが違うのであまり信用が置ける人認定されていません。

2. 人目を気にしない

人目を気にしない

自分が付き合うのだから、自分が良いと思えば誰とでも付き合う。

これが雑食系女子の基本的スタイルです。

誰かに「あなたは○○な人が好きなんだと思ってた」と言われたって、どこ吹く風。

自分が好きなんだから、他人にとやかく言われる筋合いはないという言い分です。

良い意味でも悪い意味でも人目を気にしません。

3. 食べ物も雑食

食べ物も雑食

面白いことに、雑食系女子は食べ物も雑食です。

同性の友人とカフェで楽しく過ごしたかと思えば、おひとり様ラーメンもへっちゃら。

いつかは食べ放題のビュッフェも挑戦したいと思っているくらい、食べ物に関しては我が道を突き進みます。

「食べたいものを食べたいだけ、食べたい時に食べる」がモットーです。

誰かと出かけた時に食べたいものが一致しないと、「別々でも構わない」とさえ思ってしまうほどです。

4. ファッションの好みもバラバラ

ファッションの好みもバラバラ

かなり自由に生きる雑食系女子ですが、ファッションの好みも統一性がありません。

ある時はジーンズ。

またある時は、思いっきりフェミニン。

「どういうものが着たい、どういうふうに見られたい」という概念を持ち合わせていない為、買い物に行っても好みに合わせるというよりも気に入ったものだけを後先考えずに買うというやり方です。

5. 好きなものは好き

好きなものは好き

男性の好みも統一していません。

この間まで肉食系男子と付き合っていたかと思うと、今は草食系とお付き合い。

その時々で、いつも幸せそうな顔をしているのが雑食系女子です。

自分の好みの人とお付き合いができるといった満足感の得かたはなく、「いつも大好きな人と一緒にいられる私はとてもラッキー」という考え方なのです。

体型、顔、髪形、年齢、性格。

どれをとっても付き合う彼氏の容姿などは、いつもバラバラ。

何を基準に男性を選んでいるのか、まったくもって意味不明です。

6. 順応性が高い

順応性が高い

あらゆる男性とのお付き合いで鍛えられているのか、順応性は特段に優れています。

同じ年代の女性ならば戸惑ってしまう場面でも、気後れすることはありません。

普段から様々な男性の生態をじっくりと見ている成果かもしれません。

7. 付き合っている彼氏をいつも誰かに紹介する

付き合っている彼氏をいつも誰かに紹介する

誰のことも愛してしまう博愛主義的な面を持っている雑食系女子。

そして「私が好きなのだから、私の周囲はみんな彼のことを気に入るに違いない」とばかりに、付き合いを始めた時から誰にでも紹介をします。

もちろん、家族にも同様に。

機会があれば家に連れて帰り、紹介。

ご飯を一緒に食べたり、時にはお泊りもしたり。

雑食系女子の彼氏は、交際した途端に知り合いがどんどん増え続けます。

8. 浮気は当たり前

浮気は当たり前

まるでサバンナの動物の如く、本能のままに行動してしまうのが玉にキズ。

既に交際している彼氏の存在があるにも係わらず、気になる男性にアプローチをしてしまう自分を止められません。

また、アプローチされる立場であったとしても、先に「私、彼氏がいるの」といったような野暮なことは絶対に口にしないのです。

つまり、浮気上等! その為、頻繁に彼氏が変わってしまうのです。

9. 自分は結婚には向かないと開き直っている

自分は結婚には向かないと開き直っている

親しい友人から「あなたのような人と結婚した相手が気の毒」と言われ、そうかもしれないと感じるくらいの素直さは持ち合わせています。

その為、「誰かが悲しむなら、結婚はしなくてもいいかな」と考えています。

ただし、恋愛を止めるつもりは一切ありません。

浮気で傷ついてしまう人がいることには思いが至らないようです。

10. いつも誰かと付き合っていて、彼氏が途切れない

基本的に誰の事でも受け入れてしまうので、なんとなく問題がある人物ではありますが、彼氏だけは途切れません。

彼氏にも統一性がないので、別れ方も様々。

中には自分から雑食系女子の元を離れていく人もいます。

また、気が付いたら「俺って彼氏じゃなかったの?」と自失茫然となるケースも。

いずれにしても、憎めない性格なので泥沼化しません。

悪気がないというか、少し足りないというべきか。

多種多様な恋模様の中を歩き続けて尚、「恋愛って奥深い」と殊勝に考えるだけの謙虚さだけは持ち合わせているようです。

これだけのお付き合いを重ねるということは探究心旺盛と言えるかもしれませんね。

草食系か、はたまた肉食系か!?いずれかであれば理解に及ぶものの、雑食系ってどんな?? その疑問に応えるべく、雑食系女性における10の特徴をご紹介します。


気分屋である

そこそこの年齢になったなら、「自分は如何なる人間なのか」ということについて考える機会が訪れます。

でも、雑食系女子はその時々で考えがコロコロと変わるので、物事についてはあまり深く考えないようにしています。

「自己分析して、こうあるべきと行動に縛りを設けるのはナンセンス」という考え方なのです。

エキセントリックとまではいかないものの、いつも言うことが違うのであまり信用が置ける人認定されていません。

人目を気にしない

自分が付き合うのだから、自分が良いと思えば誰とでも付き合う。

これが雑食系女子の基本的スタイルです。

誰かに「あなたは○○な人が好きなんだと思ってた」と言われたって、どこ吹く風。

自分が好きなんだから、他人にとやかく言われる筋合いはないという言い分です。

良い意味でも悪い意味でも人目を気にしません。

食べ物も雑食

面白いことに、雑食系女子は食べ物も雑食です。

同性の友人とカフェで楽しく過ごしたかと思えば、おひとり様ラーメンもへっちゃら。

いつかは食べ放題のビュッフェも挑戦したいと思っているくらい、食べ物に関しては我が道を突き進みます。

「食べたいものを食べたいだけ、食べたい時に食べる」がモットーです。

誰かと出かけた時に食べたいものが一致しないと、「別々でも構わない」とさえ思ってしまうほどです。

ファッションの好みもバラバラ

かなり自由に生きる雑食系女子ですが、ファッションの好みも統一性がありません。

ある時はジーンズ。

またある時は、思いっきりフェミニン。

「どういうものが着たい、どういうふうに見られたい」という概念を持ち合わせていない為、買い物に行っても好みに合わせるというよりも気に入ったものだけを後先考えずに買うというやり方です。

好きなものは好き

男性の好みも統一していません。

この間まで肉食系男子と付き合っていたかと思うと、今は草食系とお付き合い。

その時々で、いつも幸せそうな顔をしているのが雑食系女子です。

自分の好みの人とお付き合いができるといった満足感の得かたはなく、「いつも大好きな人と一緒にいられる私はとてもラッキー」という考え方なのです。

体型、顔、髪形、年齢、性格。

どれをとっても付き合う彼氏の容姿などは、いつもバラバラ。

何を基準に男性を選んでいるのか、まったくもって意味不明です。

順応性が高い

あらゆる男性とのお付き合いで鍛えられているのか、順応性は特段に優れています。

同じ年代の女性ならば戸惑ってしまう場面でも、気後れすることはありません。

普段から様々な男性の生態をじっくりと見ている成果かもしれません。

付き合っている彼氏をいつも誰かに紹介する

誰のことも愛してしまう博愛主義的な面を持っている雑食系女子。

そして「私が好きなのだから、私の周囲はみんな彼のことを気に入るに違いない」とばかりに、付き合いを始めた時から誰にでも紹介をします。

もちろん、家族にも同様に。

機会があれば家に連れて帰り、紹介。

ご飯を一緒に食べたり、時にはお泊りもしたり。

雑食系女子の彼氏は、交際した途端に知り合いがどんどん増え続けます。

浮気は当たり前

まるでサバンナの動物の如く、本能のままに行動してしまうのが玉にキズ。

既に交際している彼氏の存在があるにも係わらず、気になる男性にアプローチをしてしまう自分を止められません。

また、アプローチされる立場であったとしても、先に「私、彼氏がいるの」といったような野暮なことは絶対に口にしないのです。

つまり、浮気上等! その為、頻繁に彼氏が変わってしまうのです。

自分は結婚には向かないと開き直っている

親しい友人から「あなたのような人と結婚した相手が気の毒」と言われ、そうかもしれないと感じるくらいの素直さは持ち合わせています。

その為、「誰かが悲しむなら、結婚はしなくてもいいかな」と考えています。

ただし、恋愛を止めるつもりは一切ありません。

浮気で傷ついてしまう人がいることには思いが至らないようです。

基本的に誰の事でも受け入れてしまうので、なんとなく問題がある人物ではありますが、彼氏だけは途切れません。

彼氏にも統一性がないので、別れ方も様々。

中には自分から雑食系女子の元を離れていく人もいます。

また、気が付いたら「俺って彼氏じゃなかったの?」と自失茫然となるケースも。

いずれにしても、憎めない性格なので泥沼化しません。

悪気がないというか、少し足りないというべきか。

多種多様な恋模様の中を歩き続けて尚、「恋愛って奥深い」と殊勝に考えるだけの謙虚さだけは持ち合わせているようです。

これだけのお付き合いを重ねるということは探究心旺盛と言えるかもしれませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-